短説と小説「西向の山」 ホーム随筆の庭>Paul McCartney


Paul McCartney
〜Driving Japan〜 2002

西山正義


 平成14年11月14日、ポール・マッカートニーのコンサートに行ってきた。17、18日に大阪公演があるが、日本ではこれが見納めになるかもしれない。
 東京ドームでの楽日。先行予約のS席にもかかわらず、あまりいい席ではなかった。アリーナではなく2階席。ただ、ステージを正面やや上手方向から見下ろすような場所で、前の席とは落差がかなりあるので、見やすい席ではあるのだが、いかんせ遠いし、どうせよく見えないのなら、アリーナでノリノリになった方がいい。
 まあ、それはともかく、お定まりのように定刻よりやや遅れて、まず仮装パーティー風の「プレ・ショー」から始まった。趣向としては面白いのだが、ちょっと長過ぎる気がした。しかし、この時点では、会場内はまだ出入りの人でざわついていたので、一種の前座として丁度いいくらいなのかもしれない。
 平日である。もちろん若い人もいるが、予期していた通り、年齢層は高めである。会社帰りの、頭の禿げ上がったオッサンもいる。団塊の世代の、昔の「ニューファミリー」夫婦もいる。当然だ。ポール自身が60歳!なのだから。厳密にいえばビートルズ世代より一世代下の僕ら夫婦にしたって、決して若いとはいえない。いや、そんなことはどうでもいい。ポールは、やはりビートルズのあのポールだった! それだけでいい。
 プレ・ショーが終わり、暗転、一瞬の間、例のヘフナー・ベースを抱えたボールのシルエットが映し出される。そして、「ハロー・グッドバイ」からスタート。ウオォォォー。
 2曲目はウイングス時代の「ジェット」。懐かしいという点では、個人的には一番懐かしい部類に入る曲である。リアルタイムで聴きはじめたのは、実はこのあたりからである。アルバム「バンド・オン・ザ・ラン」は1973年の発売だが、この曲がシングルカットされたのは翌74年。小学五年生だった。
 そしてそして、3曲目は「オール・マイ・ラヴィング」。
 例のイントロなしで♪Close Your Eyes とはじまった瞬間、涙が出てきた。“ヴァイオリン”ベースを抱えたポールが生で歌っている! まだ3曲目だが、この曲が聴けただけでももういいような気がした。おじさん・おばさんたちはみんな一緒に歌っていました。結婚式の二次会で、普通の居酒屋だったにもかかわらず、突然ギターを持ち出し、友人らとこの曲を大合唱してしまったのが思い出された。いやそんなことより、この曲は、ポールの曲には違いないが、ジョンの三連符のリズム・ギターあっての曲で、それをポールが演ってくれたのが嬉しい。
 ベースからギターに持ち替えての「レット・ミー・ロール・イット」。タイトなギター・リフ。レスポールのハムパッキング・ピックアップで拾った音がレアに聴こえ気持いい。
 こんな調子で書いていくと切りがない。
 全体の印象を一言で言ってしまえば、今回の世界ツアー「back in the u.s. Live 2002」 は、ジョン、ジョージ、そしてリンダへの鎮魂の巡礼といった趣がある。それはまた、ファンへの“癒し”をも意味している。僕らは、ジョン、ジョージ、リンダを失ったわけだが、何かが救われたような気にさせてくれるライブであった。


〔初出〕平成14年11月15日「創作の台所(Lycosダイアリー)」



「西向の山」ホームへ Copyright © 2002-2011 Nishiyama Masayoshi. All rights reserved. (2011.1.4) 随筆の庭/扉へ戻る