ぎ     い  い     |  せ  の  が     と  て  な  式  っ                 
   ` 朝  る  う  そ  ド  ん  車  あ  お  い  古  い  で  た  お              
  そ  早   ゜ の  こ ┌┐ 金  を  る  れ  う  風   ゜  `  ゜ れ              
  ろ  く  あ  に  に  C  が  自  の  は  か  で  そ  ミ  ま  は           箱  
  そ  出  り   `  ` D  な  由  は  貧  生  し  れ  ス  ず  ま              
  ろ  て  が  箱  こ  で  い  に   ` 乏  活  っ  以  キ  は  っ           根  
  休  き  た  根  の  は   ゜ 使  都  学  感  か  上  ャ  見  た              
  み  た  い  な  彼  な  ア  え  内  生  が  り  に  ン  て  く           の  
  た  の  こ  ん  女  く  ル  る  に  だ  お  し  内  パ  く  い              
  く  で  と  ぞ  だ └┘ バ  こ  自  が  れ  て  面  ス  れ  い           坂  
  な   ` だ  へ   ゜ に  イ  と  宅   ` と  い  だ  に  だ  彼              
  っ  渋   ゜ の  新  消  ト  だ  が  唯  マ  る   ゜ 推  が  女              
  た  滞     デ  学  え  代   ゜ あ  一  ッ   ゜ そ  さ   ` を     西        
  の  も     |  期  て  は  し  る  ア  チ  何  の  れ  見  ゲ              
  で  な     ト  前  し  み  か  こ  ド  し  よ  見  て  事  ッ     山        
   ` く     で  の  ま  な  し  と  バ  て  り  か  も  に  ト              
  宮  湯     満  休  う  本   ` と  ン  い  も  け  お  平  し     正        
  ノ  本     足  み  の  と  い   ` テ  る  価  に  か  成  た              
  下  を     し  だ  だ  レ  か  親  |   ゜ 値  反  し  元  と     義        
  の  過     て  と   ゜ コ  ん  父  ジ     観  し  く  年  思              
                                                              
                                          

  そ  男     と   ┐ 連     い  自  一     だ   ┐  ┐ い  い  降     が  町  
  の  も  お  い  二  れ  坂  い  重  応  誰   ゜ え  入  な  で  り  街  ら  営  
  男  振  れ  う  十  た  の  具  し   ` も  入  ッ  っ  所   ` て  道  で  パ  
  の  り  は  男  年  中  上  合  た  男  い  浴  |  て  に  二  み  か   ` |  
  子  向  擦  の  ぶ  年  か  に   ゜ 湯  な  セ └   み   ` 段  る  ら  歩  キ  
  の  い  れ  声  り  の  ら  ほ  実  女  い  ッ  と  よ  い  階  と  脇  い  ン  
  肩  た  違  が  だ  夫   ` て  に  湯  の  ト  な  う  か  に   ` に  て  グ  
  に   ゜ い  聞  ね  婦  小  ら  い  に  で  を  ら  か  に  下  そ  そ  い  に  
  手  お  ざ  こ   ゜ が  学  し  い  分  一  車  な └   も  る  こ  れ  る  車  
  を  れ  ま  え  こ  降  五  て  湯  か  緒  に  い  と  鄙  坂  は  る  人  を  
  か  は  に  た  こ  り  年  出  で  れ  に  取  の  お  び  の  古  急  も  停  
  け  よ  振   ゜ は  て  生  て  あ  て  入  り  が  れ  た  ち  い  な  い  め  
  て  ろ  り     変  き  く  き  っ  い  り  に  彼  は  共  ょ  温  下  な  た  
  坂  け  向     っ  た  ら  た  た  る  た  行  女  言  同  う  泉  り  い   ゜ 
  を  そ  い     て   ゜ い   ゜  ゜ の  か  く  の  っ  浴  ど  街  坂   ゜ 駐  
  下  う  た     な     の     彼  で  っ   ゜ い  た  場  踊  っ  が     車  
  っ  に   ゜    い     男     女   ` た     い   ゜ が  り  ぽ  あ     場  
  た  な  す     な     の     も  そ  の     と  そ  あ  場  い  っ     は  
   ゜ り  る     あ     子     顔  れ  だ     こ  こ  っ  み  佇  た     が  
      ` と    └      を     を  は  が     ろ  で  た  た  ま   ゜    ら  
                                 `           ゜                

「西向の山」ホームへ Copyright © 2007-2008 Nishiyama Masayoshi. All rights reserved. 前の短説 西山作品(3)目次 向山葉子の短説(3)