る  製  一     が  で  や  く  て  ろ     こ     の   ┐  ┐            
  ° の  式  そ   ` は  ろ  の  い  下  私  と  小  は  な  え             
 内  ケ  を  れ  今  な  う  が  た  の  は  に  学  な  に  |             
 部  |  取  を  で  い  と  好  の  息  こ  な  四  ァ  言   `          娘 
 の  ス  り  再  も  し  思  き  を  子  の  っ  年   ` っ  こ             
 ス  は  出  び  道   ` っ  だ  半  に  日  た  生  汚  て  ん           の 
 テ  相  し  活  具  と  て  っ  ば  か  を   ° に  れ  る  な             
 ン  当  て  用  は  う  い  た  忘  ま  待  絵  な  て  ん  の           父 
 レ  に  き  で  大  に  た  娘  れ  け  っ  画  っ  る  だ  使             
 ス  痛  て  き  切  絵   ° に  て  て  て  教  た  方   ° う             
 の  み   ` る  に  は  と   ` い   ` い  室  娘  が  こ  の             
 仕   ` 娘  日  保  や  い  油  た  そ  た  に  が  カ  う  ォ             
 切  絵  の  が  管  め  っ  絵   ° う   ° 通   ` ッ  い └      西       
 り  具  前  来  し  て  て  の  早  い  だ  っ  油  コ  う                
 に  に  に  た  て  し  も  手  く  う  が  て  絵  い  道        山       
 は  ま  広  の  あ  ま  私  解  か  時   ` 七  を  い  具                
 油  み  げ  だ  っ  っ  は  き  ら  期  こ  年  は  ん  っ        正       
 が  れ  た   ° た  て  専  を  絵  に  の  目  じ  だ  て                
 固  て   ° 私   ° い  門  し  を  な  と   ° め └   い        義       
 ま  い  木  は     た  家  て  描  っ  こ     る     う                
                                                            
                                        

 と  っ  を  夢  の  と     店  内  ら  路  す  は  私     る  シ      ┐ っ 
 い  て  飲  中  使  ウ  家  舗  に  れ  地  っ   ` は  も   ° ン  パ  で  て 
 う  い  ん  に  い  エ  に  に  あ  て  裏  か  母  久  ち   ┐ ナ  レ  も  い 
 声  る  で  な  方  ス  帰  は  っ  行  の  り  と  し  ろ  ど  |  ッ   ` た 
  ° と  い  っ  と  を  り  な  た  っ  小  定  娘  ぶ  ん  う  で  ト  こ   °
 私   ` た  た  溶  た   ` い   ° た  さ  着   ` り  消  だ  溶  に  れ  油 
 は   ┐  °  ° き  く  さ   ` 薄  店  な  し  父  に  耗   ° か  は  は  壺 
 娘  お  さ  私  油  さ  っ  そ  暗  は  画  て  と  娘  品  こ  し  絵  使  な 
 の  父  て  は  の  ん  そ  れ  い  移  材  い  息  と  は  れ  な  具  え  ど 
 部  さ  自  満  調  用  く  ら  店  転  屋  た  子  二  新  で  が  の  な  は 
 屋  ん  分  足  合  意  描  し  内  し   °  ° と  人  調  使  ら  山  い  錆 
 へ   ` の  し  か  し  か  い   ° た  か  目  い  で  し  え   ` が  で  び 
 飛  こ  こ   ` ら   ` せ  雰  溶  が  つ  星  う  出  な  る  ナ  こ  し  つ 
 ん  こ  と  居   ° ま  て  囲  剤   ` て  は  行  掛  く  だ  イ  び  ょ  い 
 で  は  を  間  娘  ず  み  気  の  現  私  つ  動  け  て  ろ  フ  り  う  て 
 行  ど  や  で  は  は  る  が  匂  在  が  け  パ  た  は  う  で  つ └   い 
 っ  う  ろ  コ  す  パ   ° あ  い  も  母  て  タ   ° な └   こ  い     る 
 た  す  う  |  ぐ  レ  古  る   ° 同  に  あ  |  近  ら     そ  て      °
  ° る  と  ヒ  さ  ッ  新   ° 大  じ  連  っ  ン  頃  な     げ  い       
    の  思  |  ま  ト  聞     型  市  れ  た  が  で  い     と  た       
   └                               °        °        °      

「西向の山」ホームへ Copyright © 2001-2002 Nishiyama Masayoshi. All rights reserved. 前の短説 子どもをめぐる短説目次 次の短説