を  か  売  が  ロ  や     て  い  く  い  そ  の  場                 
  同  二   ゜ り   ` ン  り  手  き   ゜ か  た  こ  無  野  通              
  僚  枚  人  物  と  ぐ  し  に  た  僕  と   ゜ に  人  菜  勤              
  の  集  が  だ  て  ら  て  と   ゜ が  思  色  つ  の  の  途           玉  
  披  金  来  ろ  も  い  い  っ  僕  近  っ  と  い  掘  販  中              
  露  箱  た  う  食   ゜ る  て  は  づ  た  い  ぞ  っ  売   `             
  宴  に   ゜ か  べ  こ   ゜ み  立  く   ゜ い  見  建  所  朝              
  で  入  鞄   ゜ ら  ん  大  る  ち  と  が  艶  た  て  が  晩              
  も  れ  で  誰  れ  に  き  と  止   `  ` と  こ  小  あ  通              
  ら   ` 隠  か  そ  ゃ  さ   ` ま  そ  そ  い  と  屋  っ  る              
  っ  ア  す  の  う  く  は  意  り  の  れ  い  の  で  た  鉄              
  た  パ   ゜ い  に  玉  ち  外   ` 玉  に   ` な  あ   ゜ 路              
  皿  |  と  た  は  の  ょ  に  周  が  し  最  い  る  葦  沿     西        
  を  ト  り  ず  な  よ  う  ず  り  ニ  て  初  物   ゜ 簾  い              
  引  に  あ  ら  い  う  ど  っ  を  ッ  は  は  体  あ  を  の     山        
  っ  持  え  で   ゜ で  プ  し  見  と  異  玉  が  る  張  細              
  張  ち  ず  は  そ  も  リ  り  回  笑  様  こ  置  日  っ  道     正        
  り  帰  百  な  も  あ  ン   ` し  い  に  ん  か  の  た  に              
  出  っ  円  い  そ  っ  ス  ひ  た  か  大  に  れ  帰  だ   `    義        
  し  た  玉  の  も  た  メ  ん   ゜ け  き  ゃ  て  り  け  地              
      ゜                                   `                   
                                          

  僕  な     行     た  の  体  る     と  分  洗  す     れ  そ  る  気  て  
  は  っ  そ  か  朝  か  か  こ   ゜ し   ` を  っ  と  数  ば  い  よ  持  き  
  ア  た  し  な  起  と   ゜ れ  僕  か  加  含  て   ` 日  か  つ  う  ち  て  
  パ   ゜ て  い  き  言  同  は  は  し  速  ん  み  喜  後  り  を  な  が   ` 
  |  人  つ   ゜ る  う  僚  何  ま   ` 度  だ  た  ん   ` 眺  机   ゜ な  そ  
  ト  間  い  僕   ゜  ゜ は  か  た  僕  的  か   ゜ で  少  め  の  生  ご  の  
  を  が  に  は  会  曖   `  ゜ 触  が  に  ら  す  い  し  て  真  き  む  上  
  引  入   ` そ  社  昧  こ  こ  ら  い  膨  で  る  る  大  い  ん  て  よ  に  
  き  る  そ  い  か  に  ん  い  ず  な  張  は  と  よ  き  る  中  い  う  の  
  払  隙  れ  つ  ら  こ  な  つ  に  い  す  な  さ  う  く  よ  に  る  な  せ  
  い  間  は  を  帰  た  僕  は  は  間  る  く  ら  に  な  う  飾  よ   ` て  
   ` も  部  日  る  え  に  何  い  に  よ   ` に  見  っ  な  り  う  不  お  
  会  な  屋  夜   ゜ る  も  か  ら  縮  う  ど  大  え  て  こ   ` に  吉  く  
  社  く  を  さ  週  し  つ  の  れ  ん  だ  う  き  る  い  と  家  も  な   ゜ 
  も  な  圧  す  末  か  い  反  な  で   ゜ も  く   ゜ た  に  に  思  予  見  
  辞  っ  す  っ  は  な  に  映  く  い     僕  な  二   ゜ な  い  え  感  て  
  め  た  る  た  ど  い  女  で  な  た     が  っ  週  手  っ  る  る  が  い  
  た  の  ま   ゜ こ   ゜ が  は  る  り     さ  た  間  を  た  時   ゜ し  る  
   ゜ で  で     へ     で  な   ゜ も     す   ゜ 後  か   ゜ は  僕  て  と  
      ` に     も     き  い  一  す     る  水   ` ざ     そ  は  く   ` 
                                                              

「玉」批評と推敲の過程
「西向の山」ホームへ Copyright © 2005-2006 Nishiyama Masayoshi. All rights reserved. 前の短説 西山作品(3)目次 次の短説