っ      ┐ 大  る   ┐ 御   ┐ 膝  ほ  寄     夜  ろ  か   ┐            
 て  船  互  き  と  あ  主  萩  枕  ど  せ  母  半  だ  な  母             
  ` 底  い  な  は  な  人  丸   ゜ の  た  は  過  っ  た  さ             
 弾  か  に  お   ` た  様  様  母  女   ゜ 次  ぎ  た  を  ま           ふ 
 け  ら  め  屋  中  様  も  の  と  子  隣  子  に   ゜ 指   `             
 る  き  で  敷  々  の  さ  御  母  を  に  葦  は  暮  さ  島           な 
  ゜ し  た  を  出  御  ぞ  元  は  連  は  丸  濃  方  し  影              
 浮  き  い  普  来  主  や  服  微  れ  も  を  霧  に  て  が           た 
 き  し  こ  請  る  人  お   ` 笑  た  う  膝  と  な   ` 見             
 上  と  と  中  こ  様  待  楽  み  母  一  枕  な  っ  萩  え           び 
 が   ` で  と  と  も  ち  し  合  が  組  し  っ  て  丸  ま             
 り  次 └   か  で   ゜ で  み  っ  あ   ` て  た  霧  が  す             
  ` 第    └   は  出  し  で  た  っ  十   `  ゜ が  言 └      向       
 船  に        ご  商  ょ  ご   ゜ た  歳  萩     漂  っ  青             
 は  音        ざ  い  う  ざ      ゜ ば  丸     い  た  々     山       
 大  は        い  で └   い     同  か  の     は  の  と             
 き  大        ま  成     ま     じ  り  肩     じ  は  深     葉       
 く  き        せ  功     す     よ  と  を     め   ` い             
 か  く        ん  な     ね     う  五  引     て  午  潮     子       
 し  な         ゜ さ      ゜    に  つ  き      ` ご  の             
                                                    
                                                                                

    ち  引      ┐     ┐  ┐  ┐ る  も  し  幼  し      ┐ 萩     知  い 
 母  ら  き  波  萩  母  子  そ  一   ゜ が  ば  い  つ  い  私  丸  母  ら  だ 
 は  と  込  が  よ  は  な  ん  人  萩  き  ら  子  け  ま  は  は  は  せ   ゜
 波  見  ま  来   ` 預  ら  な  だ  丸  進  く  ど  る  一  も  姉  葦  は  舟 
 間  え  れ  て  葦  か  二  無  け  も  ん  す  も  と  人  う  娘  丸  何  人 
 に  た  た   ` を  り  人  情  じ  近  だ  る  二   ` の  浮  の  を  も  た 
 萩   ゜  ゜ 母  連  も  ま  な  ゃ  づ   ゜ と  人  波  母  か  手  胸  な  ち 
 丸     萩  は  れ  の  で   ゜  ゜ い  濡  櫓   ゜ の  は  べ  を  に  か  の 
 の     丸  幼  て  の  じ  せ  沈  て  れ  の  船  間   ` ま  と  抱  っ  怒 
 行     が  子 └   娘  ゃ  め  ん  き  震  音  の  へ  抱  せ  っ  い  た  鳴 
 く     娘  二     を └   て  で  て  え  が  木  と  い  ん  て  て   ゜ り 
 末     を  人     き     子  し  い  る  聞  切  沈  て └   浮   `    声 
 を     抱  と     つ     た  ま  る  手  こ  れ  ん  い     か  海     が 
 託     き  と     く     ち  う   ゜ を  え  に  だ  た     ん  の     響 
 し     寄  も     抱     だ  で     船  て  し   ゜ 小     で  中     い 
 た     せ  に     き     け  な     縁  き  が  母  さ     い  に     て 
  ゜    た  水     し     で └      へ  た  み  の  な     る  あ     い 
       の  の     め     も        と   ゜ つ  腕  娘      ゜ っ     た 
       が  中     た    └         か  母  き  に  を        た     が 
        ` へ      ゜             け  は   ` は  押         ゜     `
                                   `                        

「西向の山」ホームへ Copyright © 2005 Mukouyama Yoko. All rights reserved. 前の短説 向山作品(3)目次 次の短説