空  畑     ま  の  れ  ん  角  す  た  ま  葉   ┐ っ  れ   ┓            
 気  の  午  す  だ  た  な  の   ゜ 微  っ  を  よ  て  幕  よ             
 も  キ  後 └    ゜ の  柔  煙  こ  笑  て  投  う  い  の  う             
 清  ャ  か  さ   ┐ だ  ら  草  こ  み   ` げ  こ  た  下  こ           微 
 々  ベ  ら  ち  ふ  か  か  屋  は  を  横  か  そ   ゜ に  そ             
 し  ツ  は  子  つ  ら  く  の  微  湛  に  け └   そ   `  `          笑 
 か   ` 夫  は  つ   ゜ 微  お  笑  え  い  る   ┐ し  家  さ             
 っ  鎮  に  幸  か  も  笑  ば  み  て  る  の  よ  て  族  ち           み 
 た  守  連  せ  者  う  ん  さ  の   ┐ 夫  だ  う   ` 全  子             
  ゜ の  れ  な  で  あ  で  ん  町  よ  の  っ  こ  さ  員  さ           の 
  ┐ 森  ら  気  す  く  さ  も  だ  う  顔  た  そ  ち  が  ん             
 東   ` れ  持  が  せ  ち   `  ` こ  を   ゜└   子  に ┗            町 
 京  緑  て  ち  よ  く  子  お  と  そ  見  さ  と  の  こ  と     向       
 と  色  散  で  ろ  働  を  巡  さ └   上  ち  口  顔  に  大             
 は  が  歩  頭  し  く  迎  り  ち  と  げ  子  々  を  こ  書     山       
 思  大  に  を  く  こ  え  さ  子  手  た  は  に  見  し  き             
 え  半  出  下  お  と  入  ん  は  を   ゜ 照  歓  る  な  さ     葉       
 な  を  掛  げ  願  も  れ  も  思  差  夫  れ  迎  な  が  れ             
 い  占  け  た  い  な  て   ` う  し  も  て  の  り  ら  た     子       
 わ  め  た   ゜ し  い  く  み   ゜ 出  ま  し  言   ` 坐  垂             
└    `  ゜                                                   
                                         

 町  え  た  り   ┐ た  た  も  家     で  く  げ  道  と  そ  た  ね  に  深 
 を  な   ゜ も  大  い  よ  消  族  一  よ  れ  た  路  夫  う  め   ゜ 答  呼 
 く  い   ┐ か  丈  気  う  え  に  か  し  る  こ  工  は  だ  に  道  え  吸 
 る   ゜ こ  る  夫  分  だ  去  も  月   ` の  と  事  町   ` も  路  る  を 
 く  迂  こ  く  か  に  っ  っ  溶  ほ  と  で  か  夫  行  君  道  工   ゜ し 
 る  回  は  家  し  も  た  て  け  ど   ゜  `  ゜ に  く  の  路  事   ┐ な 
 巡  し  一  を  ら  な   ゜  ` 込  た  君  疲  が  至  人  こ  だ  も  だ  が 
 り  た  方  出 └   っ  そ  妻  ん  つ  は  れ   ` る  に  と  っ  多  ろ  ら 
 遂  先  通  た  と  て  ろ  と  だ  と  も  な  み  ま  一  み  て  い  う  言 
 に  も  行   ゜ 心   ` そ  し   ゜ さ  う  ど  ん  で  々  ん  疎  だ  ?  う 
 駅  ま  だ  駅  配  出  ろ  て  結  ち  こ  感  な   ` さ  な  か  ろ     さ 
 へ  た  か  へ  気  掛  友  の  婚  子  の  じ  み  さ  ち  に  に   ゜ こ  ち 
 辿  工  ら  の  な  け  達  自  前  は  町  な  ん  ち  子  紹  し  子  こ  子 
 り  事 └   道  義  る  に  覚  の  す  の  か  な  子  を  介  な  供  は  に 
 着  中  と  は  母  こ  も  も  あ  っ  人  っ  微  は  紹  し  い  や  保  夫 
 け   ゜ 通  工  を  と  惚  生  ら  か  だ  た  笑  頭  介  な  町  お  護  は 
 な  さ  し  事  後  に  気  ま  ゆ  り  よ   ゜ み  を  し  く  な  年  区  誇 
 か  ち  て  中  に  決  を  れ  る  町 └    ┐ 返  幾  始  ち  ん  寄  だ  ら 
 っ  子  も  だ  足  め  言  て  不  に     こ  し  度  め  ゃ  だ  り  か  し 
 た  は  ら  っ  取  た  い  き  安  も     れ  て  下  た  ね   ゜ の  ら  げ 
  ゜              ゜                          ゜└              

「西向の山」ホームへ Copyright © 1988-2004 Mukouyama Yoko. All rights reserved. 前の短説 向山作品(1)目次 次の短説