が      ┐ 見      ┐ ど  オ  は  あ     な  届  が  だ                
 座  進  龍  つ  ヨ  こ  明  レ  私  っ  息  い  い  回  っ  が             
 っ  ん  が  め  シ  わ  る  ン  を  た  子   ゜ て  っ  た  し             
 て  で  い  て  ト  く  く  ジ  見   ゜ の     い  た   ゜ ゃ           岩 
 い  い  る  い  は  な  は  色  上  急  小     る  音  だ  ん             
 て  く  ん  る  私  い  な  の  げ  い  さ     は  に  が   ゜          屋 
  ` と  だ   ゜ の  ?  い  照  て  で  な     ず  過  そ  鉄             
 黙   ` っ     質 └    ゜ 明  笑  追  背     な  ぎ  れ  の           入 
 っ  小  て     問        は  っ  い  中     の  な  は  扉             
 て  さ └      に        あ  て  つ  は     に  か   ` が           洞 
 小  な        は        る  見  い   `     ` っ  入  閉             
 さ  小        答        が  せ  て  も     波  た  場  じ             
 な  屋        え         ` る  手  う     の   ゜ 口  た     向       
 手  が        ず        先   ゜ を  薄     音  飛  の  よ             
 燭  あ        に        を  ぼ  握  闇     は  沫  カ  う     山       
 を  っ         `       見  ん  る  の     聞  が  ウ  な             
 渡  た        奥        通  や   ゜ 向     こ  そ  ン  大     葉       
 し   ゜       の        せ  り  ヨ  こ     え  こ  ト  き             
 て  老        闇        る  し  シ  う     て  ま  バ  な     子       
 く  人        を        ほ  た  ト  に     こ  で  |  音             
                                                               
                                                                                

 岩  う      ┐ ヨ      ┐     ┐ 髪     感  に  こ  輪  さ  壁  水     れ 
 に   ゜ ヨ  龍  シ  老  岩  す  龍  の  奥  じ  見  ん  郭  れ  に  が  二  た 
 足  揺  シ  が  ト  婦  の  れ   ` 真  の  た  え  で  も  て  並  滴  つ   ゜
 を  れ  ト  逃  は  人  間  違  い  っ  闇   ゜ る  い  は  い  ん  っ  の  息 
 取  な  の  げ  奥  が  に  う  ま  白  の      ゜ く  っ  く  で  て  頼  子 
 ら  が  手  ち  に  付  隠  時  し  な  中     ヨ  時  き  の  彫  い  り  に 
 れ  ら  が  ゃ  向  け  れ   ` た  老  か     シ  に  り  だ  ら  く  な  も 
 な  遠  掌  う  か  足  て  男  よ  婦  ら     ト   ` し  ろ  れ   ゜ い  ち 
 が  ざ  か └   っ  す  し  性 └   人   `    の  目  な  う  た  時  灯  ゃ 
 ら  か  ら     て  よ  ま  が     と  戻     体  の  く   ゜ 観  折  火  ん 
 追  っ  す     走  う  い  さ      ` っ     に  あ  な  鼻  音   ` が  と 
 い  て  り     り  に  ま  さ     手  て     力  た  っ  も  様  頬  揺  一 
 か  い  抜     出  言  し  や     を  く     が  り  て  口  は  に  れ  つ 
 け  く  け     し  う  た  い     引  る     入  だ  い  も   ` も  て   ゜
 る  背  て     た  の  け  た     く  火     っ  け  る  丸  少  落  い    
 の  中  い      ゜ を  ど   ゜    中  影     た  が   ゜ く  し  ち  る    
 だ  を  っ        訊  ね        年  が     の  瞬  光  な  ず  て   ゜   
 っ   ` て        く  え        の  あ     を  く  が  っ  つ  く  壁    
 た  滑  し        と └         男  る     掌  よ  回  て  浸  る  面    
  ゜ る  ま         `          性   ゜    に  う  り   ` 食   ゜ を    
                             ゜                              

「西向の山」ホームへ Copyright © 2005 Mukouyama Yoko. All rights reserved. 前の短説 子どもをめぐる短説目次 次の短説