か  通  け  揺  が  が  散  :  も  っ  は  気  し  迷  時                 
 け  っ  て  す  し  悪  歩  本  ち  ち   ` の  た  い   ` こ              
 て  て  き  っ  び  く  し  当  ろ  ゃ  母  迷  の  な  彼  の              
 ま  い  ち  た  れ  な  て  に  ん  う  さ  い  は  ん  が  間           気  
 し  っ  ゃ  り  る  っ  た  消  私  か  ん  の  気  だ  言   `             
 た  て  っ  し  っ  て  時  え   ` も  の  続  の └   い  K           の  
  ゜  ` た  て  て  き  で  ち  冗  し  気  き  迷  っ  ま  君              
  ┐ 気  ん  た  言  た  す  ゃ  談  れ  の  な  い  て  し  と           迷  
 さ  が  で  ん  う └    ゜ っ  だ  な  迷  ん  で   ゜ た  夜              
 よ  つ  す  で  の  と  は  た  と  い  い  だ   ` 何   ゜ 中           い  
 う  く   ゜ す  で  言  じ  ん  思 └   が  そ  K  で   ┐ に              
 な  と  み  け  私  っ  め  で  っ  な  晴  う  君  も  実  ト              
 ら  も  る  ど   ` て  彼  す  て  ん  れ  で  を   ` は  ラ     向        
 ぁ  う  み  :  手  ま  は   ゜ ま  て  た  す  生  お  僕  ン              
└   体  る  :  を  し   ┐ 京  し  言  ら   ゜ ん  母  の  プ     山        
 と  全  う  だ  ほ  た  何  王  た  っ   `  ┐ だ  さ  存  を              
 い  体  ち  ん  ぐ   ゜ だ  百   ゜ て  在  だ  の  ん  在  し     葉        
 う  が  に  だ  し  手  か  花  で  ま  な  か  も  が  は  て              
 声  消  透  ん  た  の  気  苑  も  し  く  ら  そ  結  気  い     子        
 だ  え  き  透  り  先  分  を  :  た  な  僕  の  婚  の  た              
                             ゜                               
                                         

 す  た  気  在     く  い   ┐ 話  し  後  を  ら  に  母  が  ん  行  ん  け  
  ゜ あ  の  ま  と  る  を  あ  し  た  で  開  ね  は  さ  消  が  っ  で  を  
    え  迷  す  い  か  起  い  ま  ら  し  け └   子  ん  え  鼻  た  す  残  
    る  い   ゜ う  ら  こ  つ  し  い  た  て  私  供  は  ち  唄  ん   ゜ し  
    ね  を  今  わ └   し  は  た  い   ` み  は  は  不  ゃ  ま  で  私  て  
   └   起  度  け     て  そ   ゜ か  本  ま  勝  い  思  っ  じ  す   `  ` 
    と  こ  は  で     ご  う  そ  分  も  し  手  ま  議  た  り   ゜ び  や  
    K  し  私   `    ら  い  し  か  レ  た  に  せ  そ  ん  に  玄  っ  が  
    君  た  が  今     ん  う  た  ら  コ   ゜ 上  ん  う  で  お  関  く  て  
    が  か  生  K      ゜ や  ら  な  |  何  が  よ  に  す  掃  の  り  す  
    お  ら  ん  君     す  つ  N  く  ド  も  り   ゜ 見 └   除  扉  し  っ  
    な  で  で  は     ぐ  な  君  な  も  か  込  第  つ  と  し  を  て  か  
    か  す  あ  私     に  ん   ` っ   ` も  ん  一  め  慌  て  開  彼  り  
    の   ゜ げ  の     あ  だ  こ  て  雰  消  で  ま  る  て  い  け  の  消  
    中   ┐ よ  お     い   ゜ う   ` 囲  え   ` だ  ん  て  ま  る  家  え  
    で  も  う  な     つ  君  言  私  気  て  K  独  で  言  す  と  に  て  
    言  う   ` か      ` も  う  N  も  し  君  身  す  う   ゜  ` 知  し  
    っ  す  な  の     戻  気  ん  君   ゜ ま  の  で   ゜ 私   ┐ お  ら  ま  
    て  ぐ  ん  中     っ  の  で  に  ど  っ  部  す   ┐ を  K  母  せ  っ  
    ま  ま  て  に     て  迷  す  電  う  た  屋  か  私  お  君  さ  に  た  
                          ゜                                  

「西向の山」ホームへ Copyright © 1986-2008 Mukouyama Yoko. All rights reserved. 前の短説 向山作品(1)目次 次の短説