中山道追分宿の〈分去れ〉の常夜燈と石碑群  信濃追分西はずれの〈分去れ〉の常夜燈と道標

芥川龍之介が恋をし、堀辰雄が愛し、立原道造が言葉をなくして立っていた、
僕がこよなく敬慕する信濃追分の「分去れ」の常夜燈と石碑群。
平成15年(2003)8月12日家族旅行にて、
御殿場から草津温泉に向かう途上で西山正義撮影。


© 2003-2005 Nishiyama Masayoshi. All rights reserved. (2005.1.27-2019.2.2)
短説と小説「西向の山」/HOME 中山道追分宿の分去れ 短説「常夜燈」を読む 分去れの常夜燈と石碑群 軽井沢文学散歩/TOP