彼の日常(あるいは非日常)

西山正義

Copyright © 1999-2000, 2003 Nishiyama Masayoshi. All rights reserved.

「西向の山」HOME西山正義の小説目次|*|第一部[1]1頁[2]15頁[3]23頁[4]53頁

第二部[1]59頁[2]66頁[3]71頁[4]76頁[5]98頁[6]117頁[7]136頁[8]155頁[9]172頁[10]184頁奥付189頁



  き  目  う  自     溜                                            
  た  に  意  分  と  息  と  |                                彼     
   ゜ 遇  識  が  ん  を   ` |              第             ┌┐       
  と  わ  は  と  で  つ  彼  面                                の     
  に  な  な  ん  も  い  は  倒              一              あ        
  か  け  か  で  な  た  思  く     1                          日     
  く  れ  っ  も  い   ゜ わ  せ              部              る        
  厄  ば  た  な  こ     ず  え                                常     
  介  な   ゜ い  と     舌  な                             い        
  な  ら  ど  こ  に     打  あ              そ                       
  こ  な  う  と  な     ち   ゜                            は        
  と  い  し  を  っ     し                 の        西              
  に  ん  て  し  た     て                                非        
  な  だ  自  て  と      `                日        山              
  っ  と  分  し  は     ひ                                日        
  た  腹  が  ま  思     と                          正              
   ゜ が  こ  っ  っ     つ                                常        
  そ  立  う  た  た     大                          義              
  れ  っ  い  と  が     き                               └┘       
  は  て  う  い   `    く                                         
                                                              
次のページ

     題  一  も  第  振  り  倒  そ  た  り  一     し  し  た  く     方  確  
  し  な  個  の  一  り  し  れ  う  は  だ  室  い  た  れ  と  し  馬  に  か  
  か  の  の  や   ` も  て  た  も  ず  っ  が  つ  も  な  い  て  場  暮  な  
  し  で  無  気  そ  な  い  ま  い  な  た  広  も  の  い  う  い  敏  れ  の  
   ` あ  機  配  こ  け  る  ま  え  の   ゜ く  は  で  が  よ  た  伸  た  だ  
  今  っ  質  が  に  れ  わ  微  る  だ  い  感  圧  あ   ゜ り  ろ  は   ゜ が  
  と  た  の  こ  人  ば  け  動  の   ゜ や  じ  迫  る  い   ` う   `     ` 
  な   ゜ 物  れ  間   ` で  だ  だ  今   ` ら  感   ゜ ず  単  か  そ     さ  
  っ     体  っ  が  息  は  に  が  だ  ほ  れ  を     れ  に   ゜ う     て  
  て     と  ぽ  い  を  あ  し   ` っ  ん  た  感     に  茫  も  や     ど  
  は     化  っ  る  し  る  な  も  て  の   ゜ じ     し  然  っ  っ     う  
   `    し  ち  と  て  ま  い  う   ` 数  部  て     ろ  と  と  て     し  
  そ     て  も  い  い  い   ゜ 一  二  分  屋  い      ` し  も  ど     た  
  れ     い  伝  う  る   ゜ ふ  人  人  前  に  る     ひ  て  途  れ     も  
  は     た  わ  温  様  起  ざ  は  い  ま  は  マ     ど  い  方  く     の  
  ま      ゜ っ  か  子  き  け   ` る  で  彼  ン     く  た  に  ら     か  
  さ     そ  て  み  も  上  て  仰  と  は  一  シ     の  だ  暮  い     と  
  に     れ  こ  ら  な  が  狸  向  い  二  人  ョ     ん  け  れ  立     彼  
  後     が  な  し  い  る  寝  け  え  人  っ  ン     び  か  て  ち     は  
  の     問  い  き   ゜ 素  入  に  ば  い  き  の     り  も  い  尽     途  
            ゜                                                 
前のページ
次のページ

     う  ど  は  納  う   〃 こ  妻  し     ッ  っ  る     い  題  れ  返  祭  
  冷  だ  う  ふ  庫  し  仕  と  が  た  敏  チ  た   ゜ 部  う  は  以  し  で  
  房   ` か  と  に  た  事  だ  撒   ゜ 伸  を  よ  頭  屋  こ   ` 上  が   ` 
  を  帰  確  気  し  も 〃   っ  き   ┐ は  切  う  の  が  と  そ  の  つ  も  
  切  宅  か  づ  ま  の  が  た  散  事  と  る  に  中  虚  で  れ  こ  か  う  
  る  し  め  い  う  か  済   ゜ ら  件  り   ゜ 感  も  ろ  し  が  と  な  ど  
  と  た  た  て   ゜ と  ん  そ  し └   あ  冷  じ  虚  に  か  厄  は  い  う  
  途  と   ゜  ` 収  な  で  う  た  後  え  え  た  ろ  見  な  介  な   ゜ 仕  
  端  き  チ  玄  納  っ  し  し  煙   ` ず  過   ゜ に  え  か  な  い  言  様  
  に  自  ェ  関  庫  た  ま  た  草  彼  掃  ぎ  悪  な  た  っ  お   ゜ う  も  
  む  分  |  の  は  の  っ  あ  の  が  除  て  寒  っ   ゜ た  荷  だ  ま  な  
  っ  で  ン  鍵  玄  だ  て  る  灰  ま  機  い  が  て  や   ゜ 物  か  で  い  
  と  か  も  が  関  っ  は  種  と  ず  を  た  走  ゆ  け     で  ら  も  こ  
  し  け  し  か  脇  た  じ  火  吸  最  片   ゜ る  く  に      ` 敏  な  と  
  て  た  て  か  に   ゜ め  急  殻  初  づ      ゜  ゜ 白     始  伸  い  だ  
  く  の  あ  っ  あ  掃  て  を  を  に  け     冷  一  っ     末  に  こ  っ  
  る  だ  っ  て  っ  除   ` 要  始  し  る     房  瞬  茶     に  と  と  た  
   ゜ っ  た  い  た  機  さ  す  末  た  こ     の  風  け     困  っ  で   ゜ 
  心  た   ゜ る   ゜ を  て  る  す  の  と     ス  が  て     る  て   ` 取  
  な   ゜ そ  か  彼  収  ど     る  は  に     イ  舞  い     と  問  そ  り  
                              `                               
前のページ
次のページ

  う  し  は  か  ぬ  ま  て  関  は  ん  だ  脚  し  突  は  生  ト     を  し  
  ち  掘  飼  っ  と  っ  だ  わ  な  で  な  を  強  い   ` き  虫  :  思  か  
  は  る  育  て  は  た  っ  る  か  電  と  き  く  て  と  物  が  :  わ  生  
  平  だ  箱  い  ど  く  た  も  っ  池  思  れ  押  み  ま  を  死  む  せ  臭  
  気  け  を  た  う  無  の  の  た  を  っ  い  す  た  り  飼  ん  か  た  い  
  で  で  も   ゜ い  感  に  の  が  交  た  に  と   ゜ 木  う  だ  し   ゜ よ  
  触  充  っ  し  う  動   ` 死   ` 換   ゜ 折  簡  動  に  の   ゜  ` 久  う  
  っ  分  て  か  こ  だ  平  を  た  し  さ  り  単  か  し  は  そ  小  し  な  
  て  だ  庭  し  と  っ  然  目  か  て  す  畳  に  な  て  初  の  学  ぶ  気  
  い  っ  に   ` か  た  と  の  が  く  が  ん  ひ  い  あ  め  時  生  り  が  
  た  た  お  そ   ` と  そ  当  昆  れ  の  で  っ   ゜ っ  て  の  の  に  し  
  の   ゜ り  れ  子  い  の  た  虫  と  敏  い  く  押  た  だ  こ  頃  嗅  た  
  に  彼  た  だ  供  え  事  り  と  言  伸  た  り  し  枝  っ  と   ` ぐ   ゜ 
   ` は   ゜ け  な  る  態  に  は  う  も   ゜ 返  上  で  た  が  飼  匂  カ  
  死   ` 穴  だ  り   ゜ を  し  い  よ   ` あ  っ  げ  ち   ゜ 思  っ  い  ブ  
  骸  生  を  っ  に  生  受  た  え  う  生  あ  た  る  ょ  八  い  て  だ  ト  
  と  き  掘  た  一  き  け  の   ` な  き  死   ゜ よ  っ  歳  出  い   ゜ 虫  
  な  て  る   ゜ 応  物  入  は  自  子  物  ん  六  う  と  の  さ  た     の  
  っ  い   ゜ 敏  は  が  れ  初  分  供  が  だ  本  に  つ  敏  れ  カ     匂  
  て  る  少  伸  分  死   ` め  に  で  死  ん  の  少  っ  伸  た  ブ     い  
                                                   ゜          
前のページ
次のページ

  を     残  し  る     て  い  き  ら  そ  素  敏  た  ど  標  ま  落  方  し  
  し  水  飯  に  の  生  い  つ  は  な  う  っ  伸  も  可  を  だ  と  の  ま  
   ` 道  も  は  で  臭  た  死   ` い  と  気  は  の  愛  立  っ  し  ツ  う  
  水  を  ろ  汚  は  い   ゜ ん  土  か  し  な   ` だ  が  て  た  た  ノ  と  
  を  捻  く  れ  な  匂  :  だ  の  も  た  く   ┐ っ  り  よ   ゜  ゜ を  ま  
  満  る  に  た  か  い  :  の  中  し  の  応  う  た   ` う  手  そ  持  る  
  た   ゜ 落  ま  っ  は     か  に  れ  だ  え  ん   ゜ 大  と  を  し  っ  で  
  し  ま  と  ま  た   `    も  も  な  か  て   ` あ  事  い  合  て  て  汚  
  洗  ず  さ  の   ゜ し     知  ぐ  い  ら  い  死  と  に  う  わ  土   ` い  
  剤  残  れ  食  台  か     ら  っ   ゜ 感  た  ん  で  育  発  せ  を  無  も  
  を  飯  て  器  所  し     ぬ  て  そ  心   ゜ だ  母  て  想  た  か  造  の  
  か  を  い  が  か  妻     ま  い  の  だ  そ  よ  親  て  も  り  け  作  で  
  け  流  な  山  ら  か     ま  た  後  っ  れ   ゜ に  い  な  も  埋  に  も  
  る  す  い  と  匂  ら     に  こ  メ  た  で  庭  訊  た  か  し  め  カ  摘  
   ゜  ゜  ゜ 積  っ  発     長  と  ス  と  も  に  か  の  っ  な  た  ブ  む  
  食  シ     ま  て  せ     い  も  が  言  一  埋  れ  に  た  か   ゜ ト  よ  
  卓  ン     れ  く  ら     間  あ  死  わ  応  め  た  淡   ゜ っ  無  虫  う  
  に  ク     て  る  れ     放  る  ん  ね  土  た  と  々  あ  た  言  を  に  
  置  に     い   ゜ て     置  が  だ  ば  に └   き  と  れ   ゜ の  穴  短  
  か  栓     た  流  い     し   ` と  な  帰  と   ` し  ほ  墓  ま  に  い  
            ゜                                                 
前のページ
次のページ

  っ  十  三  は  あ  寝  い     い  思  と  ら  に  が  ん  の  彼  し  ぜ  れ  
  た  五  ヵ  新  っ  室  ら  ふ  心  い   ` れ  か   ` な  役  は  て  泡  た  
   ゜ 年  月  婚  た  に  れ  と  地  が  子  な  労  水  こ  割  食  浮  立  ま  
  新  の  前  旅  旅  駆  な  彼  に  け  供  い  働  は  と  だ  器  い  て  ま  
  婦  人  に  行  行  け  い  は  な  ず  が  気  で  冷  を  っ  洗  て  る  の  
  は  生  一  で  用  込  と  手  っ  面  マ  分  も  た  し  た  い  く   ゜ 食  
   ` で  度  カ  の  ん  い  を  て  白  マ  だ  し  く  て  と  を  る  し  器  
  香   ` 使  ナ  大  だ  う  止  き  い  に  っ  て  て  い  い  始   ゜ ば  も  
  港  彼  っ  ダ  型   ゜ よ  め  た  も  内  た  い  気  る  う  め  栓  ら  一  
  や  に  た  へ  鞄  押  う  た   ゜ の  緒   ゜ な  持  場  わ  た  を  く  緒  
  サ  は  だ  行  を  入  に   ゜    で  で  作  い  良  合  け   ゜ 外  待  に  
  イ  初  け  く  引  を  大  そ      ` 水  業  こ  か  で  で  普  し  つ  漬  
  パ  め  の  の  っ  開  急  う     鼻  遊  に  と  っ  は  は  段   `  ゜ け  
  ン  て  新  に  張  け  ぎ  だ     唄  び  熱  に  た  な  な  か  水  す  る  
  は  の  品  買  り  る  で   `    さ  す  中  は   ゜ い  い  ら  を  る   ゜ 
  お  海  で  っ  出   ゜ 手  こ     え  る  し   ` そ  だ   ゜ 皿  流  と  水  
  ろ  外  あ  た  す  手  を  う     出  み  は  と  れ  ろ  第  洗  し  脂  を  
  か  旅  る  も   ゜ 前  拭  し     か  た  じ  て  に  う  一  い  な  が  掻  
   ` 行   ゜ の  そ  に  い  て     ね  い  め  も   `  ゜ 今  は  が  分  き  
  ア  だ  三  だ  れ  あ   ` は     な  に  る  居  な  だ  こ  彼  ら  離  混  
            ゜                    `                    `       
前のページ
次のページ

     挿  膣  も  よ  ら  い  は  洩  濡  に  手  た     い  ク  掛  年  リ  メ  
  敏  入  の  っ  う  ぐ  だ  な  ら  れ  思  を  太  ミ  込  型  け  に  ア  リ  
  伸  し  中  と  だ  に  ろ  さ  し  て  え  入  腿  ニ  ま  の  て  一  へ  カ  
  は  て  を  よ  っ  ゃ  う  そ  た  い  た  れ  が  ス  れ  ス  い  度  も  西  
  異  み  思  く  た  っ   ゜ う  の  た   ゜ て  妙  カ  て  |  た  は  行  海  
  様  た  い  触   ゜ と  ひ  で  か   ゜ パ  み  に  |  い  ツ   ゜ 同  っ  岸  
  な  い  っ  っ  パ  し  ん   ` と  尻  ン  た  肉  ト  る  ケ  奥  僚  た  へ  
  昂  と  き  て  ン  た  や  湿  彼  の  テ   ゜ 感  が   ゜ |  に  や  こ  も  
  奮  さ  り  み  テ  感  り  っ  は  割  ィ  ま  的  捲  彼  ス  も  遊  と  プ  
  に  え  掻  た  ィ  触  し  て  思  目  越  だ  だ  れ  は  が  う  び  が  |  
  つ  思  き  い  の  で  て  い  っ  の  し  少  っ  上  自  あ  一  仲  あ  ケ  
  つ  っ  混  と  隙   ` い  る  た  方  に  し  た  が  分  る  つ  間  っ  ッ  
  ま  た  ぜ  思  間  腐  る  と  が  ま  性  温   ゜ っ  の   ゜ 同  と  た  ト  
  れ   ゜ た  っ  か  っ   ゜ い   ` で  器  も  敏  て  と  妻  じ  海   ゜ に  
  た     い  た  ら  た  そ  っ  ど  濡  に  り  伸  い  入  の  よ  外  O  も  
   ゜     ゜  ゜ 指  桃  こ  た  う  れ  触  が  は  た  れ  も  う  ツ  L  オ  
  獣     可  そ  を  の  は  方  も  て  っ  あ  恐   ゜ 替  の  な  ア  時  |  
  じ     能  し  入  果  な  が  そ  い  て  る  る  露  え  だ  ト  |  代  ス  
  み     な  て  れ  肉  に  正  う  る  み  よ  恐  出  た   ゜ ラ  に  に  ト  
  た     ら   ` て  の  や  し  で   ゜ る  う  る  し   ゜ 使  ン  出   ` ラ  
   `           `                 ゜                            
前のページ
次のページ

  慌  一  ま  っ  を  し  い  と  な     る  が  完  う  セ  よ  た  な  ん  い  
  て  瞬  裏  た  ち  て  し  も  か  だ  こ  見  璧  な  ッ  う  こ  交  こ  や  
  て  そ  返   ゜ ょ  体   ` と  っ  が  と  て  な  形  ク  な  と  合  ん  ど  
  手  れ  し  指  っ  は  そ  彼  た   ` は  い  |  で  ス  完  の  が  な  ん  
  を  な  に  の  と  反  も  に   ゜ 思  な  る  |  は   ゜ 璧  な  で  経  な  
  引  ら  吸  先  押  応  そ  そ  理  わ  い  わ   ゜ な  む  な  い  き  験  野  
  っ  そ  い  か  し  し  も  う  性  ず   ゜ け  敏  い  ろ  性  よ  る  は  獣  
  込  れ  込  ら  込  て  降  い  で  後     で  伸  だ  ん  交  う  の  初  に  
  め  で  ま  体  ん  い  っ  う  押  ろ     も  は  ろ  そ   ゜ な  で  め  も  
  た  も  れ  が  で  な  て  性  し  を     な  真  う  れ  そ   ` は  て  悖  
   ゜ い  て  反  み  か  湧  向  止  振     い  面   ゜ は  う  そ  な  で  る  
  指  い  い  転  た  っ  い  が  め  り      ゜ 目  し  彼   ` し  い  あ  凶  
  先  と  き  し   ゜ た  た  あ  た  向     夫  に  か  女  ま  て  か  る  暴  
  を  思  そ  て  堪   ゜ よ  っ  の  か     婦  そ  し  が  さ  長   ゜  ゜ な  
  見  っ  う  い  ら  そ  う  た  で  ず     の  う  彼  望  に  年  か  今  色  
  る  た  な  き  な  れ  な  わ  は  に     閨  思  に  ん  完  夢  つ  な  慾  
   ゜ が  気   ` い  で  妄  け  な  は     房  っ  と  で  全  見  て  ら   ゜ 
  な   ` が  そ  感  も  想  で  い  い     だ  た  っ  い  無  て  味   ` も  
  ん  彼  し  の  触  中  に  は   ゜ ら      ゜  ゜ て  た  欠  い  わ  完  ち  
  だ  は  た  ま  だ  指  反  な  も  れ     憚  誰  は  よ  の  た  っ  璧  ろ  
         ゜                                                    
前のページ
次のページ

  ら  よ  う  に  と  る  と  や  い  ろ  顔  あ  間  ま  い     の  駆  同  か  
  は  う  よ  し  思  と  い  そ  る  そ  を  っ  に  じ  る  妻  一  け  時  匂  
  表  な  う  て  っ  き  う  の  よ  れ  歪  た  皺  ま  よ  の  本  込  に  い  
  情  顔  で  い  た  の  の  ど  う  は  め  か  が  じ  う  顔  一  む  吐  を  
  と  つ   ` る  の  よ  で  れ  に   ` た  も  寄  と  だ  を  本   ゜ き  嗅  
  い  き  今  と  は  う  は  で  も  怒  結  し  っ  妻  っ  覗   ` 薬  気  ぎ  
  う  だ  ま  き   ` な  な  も  笑  っ  果  れ  て  の  た  き  爪  用  が  た  
  も  っ  で  の  機  顔  い  な  っ  て  だ  な  い  顔   ゜ 込  の  石  も  い  
  の  た  一  表  嫌  と  だ  い  て  い  っ  い  た  を  知  む  先  鹸  よ  よ  
  が   ゜ 度  情  が  も  ろ   ゜ い  る  た  が   ゜ 見  り   ゜ ま  を  う  う  
  一  と  も  だ  悪  違  う  少  る  よ  の   ` そ  る  合  死  で  何  さ  な  
  切  い  目  っ  い  っ  が  な  よ  う  だ  そ  う  よ  っ  後  念  度  れ  誘  
  消  う  に  た  と  た   ` く  う  に  ろ  れ  見  う  て  硬  入  も  て  惑  
  え  よ  し  が  き   ゜ ぼ  と  に  も  う  は  え  な  八  直  り  こ  き  に  
  て  り  た   ` や  彼  う  も  も  ベ  か  や  た  気  ヵ  が  に  す  た  か  
  い   ` こ  そ  寝  が  っ  安  見  ソ   ゜ は  の  が  月  は  洗  り   ゜ ら  
  た  そ  と  れ  苦  一  と  ら  え  を  だ  り  は  し   ` じ  う  つ  洗  れ  
   ゜ の  が  と  し  番  し  か  た  か  が  苦  錯  た  初  ま   ゜ け  面  た  
  仮  顔  な  も  そ  近  て  な   ゜ い  む  痛  覚   ゜ め  っ      ` 所   ゜ 
  面  か  い  違  う  い  い  顔  い  て  し  に  で  眉  て  て     指  に  が  
                                                            ` 
前のページ
次のページ

  ど     に  照  た  じ  れ  ん  親  の  か  |           ゆ  も  う     の  
  ユ  そ  は  れ  の  が  で  で  し  方  ず  子  妻  と  |  く   ` ま  彼  よ  
  |  も  そ  が  に  す  は  い  む  を  子  と  の  彼  |   ゜ 像  く  は  う  
  モ  そ  う  ま   ` る  い  た  よ  気  と  か  名  は  ス  こ  は  想  妻  だ  
  ア  も  い  ず  彼  か  か   ゜ う  に  い  ス  は  呼  |  ん  ど  い  の  っ  
  の  敏  う  先  は  ら  に  数  に  入  う  |  数  び  子  な  ん  出  平  た  
  セ  伸  軽  に  ど  ス  も  子  な  っ  平  ち  子  か  :  顔  ど  せ  常   ゜ 
  ン  は  快  き  う  |  堅  に  っ  て  凡  ゃ  と  け  :  だ  ん  な  の     
  ス   ` さ  て  し  子  苦  は  て  い  な  ん  い  て  さ  っ  遠  い  顔     
  に  絶  が  し  て  で  し   ` か  た  名  と  っ  み  ん  た  ざ   ゜ を     
  欠  望  欠  ま  も  い  い  見  ら   ゜ 前  呼  た  た   ゜ っ  か  頭  想     
  け  的  け  う  そ  い  し  合  も  し  で  ん   ゜  ゜    け  り  の  い     
  て  と  て  わ  う  わ   ` い   ┐ か  呼  で  親        と   ` 中  出     
  い  い  い  け  呼  よ  ど  の  数  し  ば  い  し        敏  益  で  そ     
  た  っ  た  だ  べ  と  う  当  子  敏  れ  た  い        伸  々  目  う     
   ゜ て   ゜ っ  な  言  も  初  さ  伸  る   ゜ 者        は  朧  を  と     
  冗  も     た  か  わ  へ  か  ん  は  よ  本  は        戸  に  凝  し     
  談  い     が  っ  れ  ん  ら └    ` り  人  み        惑  な  ら  た     
  を  い      ` た  て  な   ` と  慣   ` も  な        っ  っ  し   ゜    
  冗  ほ     彼   ゜ い  感  そ  呼  れ  そ   ` ス        た  て  て  が     
                                                ゜        `    
前のページ
次のページ

  が  益  る  い  っ  な  ト  も  接  つ  に  り  た  と  ッ  を  け  っ  黙  談  
  気  々  も  の  て  い  リ  い  す  と  な  は  印  い  ト  遠  な  た  と  と  
  詰  ぎ  の  だ  し  の  |  い  る  っ  っ  な  象  う  ワ  ざ  い   ゜ い  し  
  ま  こ  で  と  ま  だ  を ┌┐ 際  て  て  い  を  の  |  け   ゜ 妙  う  て  
  り  ち  は  思  う  が  示  そ  の  も  し  の  与  で  ク  て  い  に  よ  適  
  に  な  な  う   ゜  ` す  れ  潤   ` ま  だ  え  は  が  し  ち  生  り  当  
  な  く  い   ゜ 自  勢  こ  で  滑  日  い  が  て  な   ` ま  い  真   ` に  
  る  な  だ  だ  然  い  と  い  剤  常   `  ` し  い  そ  う  ち  面  口  い  
  だ  っ  ろ  が  に  態  が  て  的  の  た  結  ま  の  の  き  重  目  が  な  
  け  て  う   ` ご  度  で  案  な  な  と  果  う  に  名  ら  々  で  重  せ  
  で  く   ゜ そ  く  や  き  外   ` ん  え  的   ゜  ` 前  い  し   ` く  な  
  な  る  意  れ  普  口  な  重  あ  で  ば  に  本  全  に  が  い  気   ` い  
  く   ゜ 識  は  通  調  い  要  る  も  同  は  人  体  反  あ  の  さ  時  と  
   ` す  す  努  に  が   ゜ な  意  な  僚  慇  は  に  し  っ  だ  く  に  こ  
  当  る  れ  力  振  ぎ  つ └┘ 味  い  と  懃  そ  も  て  た   ゜ に  吃  ろ  
  然  と  ば  し  る  こ  ま  軽  で   ` の  無  う  っ  機   ゜ そ  軽  る  が  
  相   ` す  て  舞  ち  り  い  は  人  挨  礼  い  さ  敏  動  れ  口  こ  あ  
  手  彼  る  そ  え  な  愛  コ  ど  と  拶  の  う  り  で  作  で  が  と  る  
  だ  自  ほ  う  ば  く  嬌  ケ  う  人  ひ  よ  つ  と  な  や  友  た  も   ゜ 
  っ  身  ど  す  い  な  が  ッ  で  が  と  う  も  し  い  フ  人  た  あ  寡  
                                                              
前のページ
次のページ

  う  で  た  頃  い  と  必  え  有  か  女  有  無  興  優  呼     だ  な  て  
  と  は  三   ` 響  も  ず  ら  の  ら  性  名  関  味  に  ん  妻  っ  形  気  
  蘭   ` 人  そ  き  か  し  れ  名  な  を  詞  心  を  熱  で  の  た  に  詰  
  ち  ス  組  の  を  く  も  て  詞  の  苦  を  を  示  を  い  こ   ゜ な  ま  
  ゃ  |  の  解  持  彼  そ  い  の  で  手  持  装  さ  上  た  と     る  り  
  ん  ち  ア  散  っ  の  う  な  な   ` と  っ  っ  な  げ  の  も     か  に  
  似  ゃ  イ  ・  て  世  い  い  い  |  し  た  て  い  た  だ   `    ら  な  
  で  ん  ド  引  い  代  う  女   ` |   `  ` い  ま  こ   ゜ 心      ` る  
  あ  と  ル  退  た  に  こ  性  氏  も  避  つ  た  ま  と  敏  の     相   ゜ 
  っ  い   ` を   ゜ と  と  な  素  っ  け  ま  だ  育  が  伸  中     手  最  
  た  う  キ  め  数  っ  で  ら  性  と  て  り  け  っ  な  は  で     は  初  
  が  よ  ャ  ぐ  子  て  も  い  や  も  き  キ  か  て  い   ` は     鼻  か  
  :  り  ン  っ  は   ` な  い  人  だ  た  ャ  も  き  ど  ア   ┐    白  ら  
  :   ` デ  て   ` そ  い  の  格  か  と  ラ  し  た  こ  イ  ス     む  身  
   ゜ ど  ィ  一  彼  の  の  か  が  ら  こ  ク  れ  が  ろ  ド  |     こ  を  
  い  ち  |  世  が  名  だ  と  は  と  ろ  タ  な   ` か  ル  ち     と  引  
  ず  ら  ズ  を  中  は  っ  い  っ  い  が  |  い ┌┐  ` 歌  ゃ     に  い  
  れ  か  の  風  学  懐  た  う  き  っ  あ  の  が  そ  あ  手  ん     な  た  
  に  と  な  靡  生  か  が  と  り  て  っ  あ   ` れ  ま  や └      る  よ  
  し  い  か  し  の  し └┘  ` 与  固  た  る  固  は  り  女  と     の  う  
                     `                                        
前のページ
次のページ

     い  言  で              立  し  た  に  と  そ  ホ  夜  る  |  で  ろ  
  |   ゜ 葉  も  初  |  も  |  場  ま  の   ` き  の  テ  だ   ゜ 子  そ   ` 
  |     は  ま  め  |  う  |  も  っ  が  ひ   ` 時  ル   ゜ い  と  う  交  
  ス     喉  だ  て  :  一  ス  係  た  躓  ど  一  だ  に  挙  や  も  口  際  
  |     の  照  そ  :  度  |  わ  の  き  く  瞬   ゜ 移  式  チ  ス  に  の  
  子     奥  れ  う  ス  呼  子  っ  だ  で  重  の  初  動  ・  ャ  |  出  初  
  さ     に  て  口  |  ん   ゜ て  っ   ` 々  躊  め  し  披  ン  ち  せ  期  
  ん     絡  い  に  ち  で     い  た  そ  し  躇  て   ` 露  ス  ゃ  な  の  
   ゜    ま  る  出  ゃ  み     た   ゜ の  く  い  彼  や  宴  は  ん  か  段  
  :     っ  の  し  ん  た     の  こ  後  数  か  女  っ  が  も  と  っ  階  
  :     て  か  て   ゜  ゜    だ  れ  は  子  ら  を  と  は  う  も  た  で  
  お     思   ` み     応     が  に  も  さ  ス  抱  二  ね  一  呼  が   ` 
  い     う  声  る     答     :  は  は  ん  |  き  人   ` 度  べ  た  い  
   `    よ  は   ゜    は     :  彼  や  と  子  寄  き  成  あ  な  め  か  
  ス     う  嗄  こ     な      ゜ の  機  呼  さ  せ  り  田  っ  か  に  に  
  |     に  れ  の     い        夫  会  ん  ん  よ  に  空  た  っ   ` も  
  子     出  て  期      ゜       婦  を  で  と  う  な  港   ゜ た  つ  軽  
   ゜    て  い  に              間  失  し  呼  と  っ  近  新  の  い  い  
  ス     こ  た  及              で  っ  ま  べ  し  た  く  婚  で  に  調  
  |     な   ゜ ん              の  て  っ  ず  た   ゜ の  初  あ  ス  子  
                                                              
前のページ
次のページ

  し     た  識  し  た  の  る  み  上  れ  か  た  祈        ろ  を     ち  
   ` 敏  わ  の  て  と  が   ゜ れ  不  は  ら  し  ろ  い  |  う  力  肩  ゃ  
  そ  伸  け  所  事  し   ` そ  ば  遜  不   ` て  う  く  |  は  任  を  ん  
  し  は  な  作  実  て  た  こ   ` な  謹  我  も  が  ら  頼  ず  せ  鷲   ゜ 
  て  ス  の  に  は  も  と  に  彼  こ  慎  れ  思   ` 頭  む  が  に  掴     
  蓋  |  で   ` 逆   ` え  数  に  と  な  な  わ  起  を  か  な  引  み     
  を  ツ  あ  彼  な  そ  他  子  舌  は  ど  が  ず  き  下  ら  い  っ  に     
  開  ケ  る  の  の  の  な  が  打  な  と  ら  舌  上  げ  起   ゜ ぱ  し     
  け  |   ゜ 本  だ  舌  ら  横  ち  い  い  不  打  が  て  き     た  て     
  た  ス     音  し  打  ぬ  た  さ  の  う  謹  ち  る  懇  て     こ  激     
   ゜ を     が   ゜ ち  彼  わ  れ  で  次  慎  を  わ  願  く     う  し     
     引     図  だ  は  女  っ  る  あ  元  だ  し  け  し  れ     が  く     
     き     ら  が  な  自  て  謂  っ  で  と  た  が  よ  :      ` 揺     
     寄     ず   ` い  身  動  わ  て  は  思   ゜ な  う  :     も  さ     
     せ     も  そ  で  の  け  れ   ` な  っ  し  い  が        は  ぶ     
      `    出  う  あ  過  な  は  数  く  た  て   ゜  `       や  ろ     
     留     て  い  ろ  失  い  な  子   `  ゜ し  敏  神        反  う     
     金     し  う  う  で  で  い  に  こ  い  ま  伸  や        応  が     
     を     ま  無   ゜ あ  い  で  し  れ  や  っ  は  仏        の   `    
     外     っ  意  ま  っ  る  あ  て  以  そ  て  ま  に        あ  頬     
                                                              
前のページ
次のページ

  も  狸  失  気  ろ  こ  誰  ま  い  し     見  筋  ブ                    
  す  寝  神  が  う  で  か  っ  う  ば  し  え  が  レ  と  |              
  る  入  し  弱   ゜ そ  に  た  よ  ら  か  な  ビ  |  敏  |              
  し  り  て  く  そ  ん  肩  か  り  く  し  い  ク  キ  伸  こ              
  か  が  し  て  れ  な  を  の   ` じ  彼  は  ッ  を  は  の              
  な  関  ま  も  な  こ  叩  よ  腰  っ  は  ず  と  引  呟  辺     2        
  い  の  う   ` ら  と  か  う  か  と   ` で  な  き  い  で              
   ゜ 山  こ  そ  そ  を  れ  に  ら  し  ス  あ  っ  上  て  い              
  よ  で  と  う  れ  さ  そ  動  下  て  テ  る  た  げ   ` い              
  も   ` は  簡  で  れ  う  け  が  い  ア   ゜  ゜ る  車  だ              
  や  気  な  単  い  た  な  な  シ  た  リ  林  こ  音  を  ろ              
  後  を  い  に  い  ら  気  か  |   ゜ ン  道  こ  が  停  う              
  部  失  だ  気   ゜ 卒  が  っ  ト  気  グ  か  な  や  め   ゜             
  座  っ  ろ  を  が  倒  し  た  に  を  を  ら  ら  け  た                 
  席  て  う  失   ` し  た  の  貼  静  抱  も  表  に   ゜                
  に  い   ゜ い  彼  て   ゜ だ  り  め  え  外  通  軋  パ                 
  人  る  せ   ` が  し  も   ゜ 付  る  た  れ  り  ん  |                 
  が  振  い  本  い  ま  し  不  い  た  ま  て  か  で  キ                 
  乗  り  ぜ  当  く  う  今  意  て  め  ま  い  ら   ` ン                 
  っ  で  い  に  ら  だ  こ  に  し  と   ` る  は  背  グ                 
                                    ゜                         
前のページ
次のページ

  い  大  た  し  地  樹  匂     困  全  と  開  消  ヘ  べ     れ  が  認  て  
  被  な   ゜ か  鳴  々  い  シ  難  開  ん  け  す  ッ  き  敏  で  揺  す  い  
  さ  怪  見  し  り  を  だ  |  だ  に  ど  て   ゜ ド  か  伸  も  れ  る  る  
  っ  物  上  物  の  揺   ゜ ト  っ  し  な  み  エ  ラ  ど  は  心  た  勇  は  
  て  の  げ  凄  よ  ら  足  ベ  た   ` い  る  ア  イ  う   ` 臓   ゜ 気  ず  
  く  よ  れ  い  う  す  元  ル  ん  息   ゜  ゜ コ  ト  か  エ  は  風  は  は  
  る  う  ば  速  な  風  は  ト  だ  を  爽  今  ン  を  迷  ン  は  が  な  な  
  よ  に   ` さ  轟  の  湿  を  と  深  や  年  の  消  っ  ジ  ち  梢  か  い  
  う  見  森  で  き  音  っ  外  一  く  か  の  ス  し  た  ン  切  を  っ  の  
  で  え  全  押  が  が  て  し  人  吸  な  夏  イ  忘   ゜ を  れ  揺  た  だ  
  恐   ` 体  し  波  ダ  い   ` で  い  風  は  ッ  れ  ガ  つ  そ  ら   ゜  ゜ 
  ろ  い  が  寄  を  イ  た  車  合  込  が  涼  チ  て  ソ  け  う  し  ウ  だ  
  し  つ  得  せ  打  レ   ゜ か  点  む  入  し  も  い  リ  た  だ  た  イ  が  
  か  ど  体  て  っ  ク  外  ら  し   ゜ っ  い  切  た  ン  ま  っ  だ  ン   ` 
  っ  こ  の  く  て  ト  へ  降  た  そ  て   ゜ る   ゜ は  ま  た  け  ド  振  
  た  か  知  る   ` に  出  り   ゜ う  く  熱   ゜ ま  充  に   ゜ で  |  り  
   ゜ ら  れ  よ  遠  聞  て  る     か  る  帯  少  ず  分  し     あ  の  向  
  し  で  な  う  く  こ  み   ゜     `  ゜ 夜  し  そ  あ  て     る  外  い  
  か  も  い  だ  か  え  る  森     呼  窓  も  窓  れ  る  お      ゜ で  て  
  し  覆  巨  っ  ら   ` と  の     吸  を  ほ  を  を   ゜ く     そ  影  確  
                     `                                        
前のページ
次のページ

  な  れ  照  る  こ  を  せ  す  ろ  腰  れ     気  う  思  馬  る  快  も  そ  
  ん  隠  れ  が  れ  擦  る  る  す  に  は  彼  が  自  っ  鹿   ゜ な  可  の  
  と  し  隠   ` ら  っ   ゜  ゜  ゜ 手  ほ  お  狂  分  た  し  泣  こ  笑  一  
  な  ?  し  ま  一  た  深  地  足  を  と  得  え  が   ゜ い  い  と  し  方  
  く └┘ で  る  連  り  い  面  を  あ  ん  意  た  益  大   ` て  な  い  で  
  落   ゜ あ  で  の   ` 溜  を  蹴  て  ど  の  ら  々  声  茶  い  ど   ゜  ` 
  ち  猫  る  意  動  頭  息  踏  っ   ` 意  独  :  可  を  番  る  あ  何  笑  
  着  は   ゜ 味  作  を  を  み  て  天  味  り  :  笑  出  だ  の  ろ  が  い  
  か   `┌┐ の  は  掻  つ  固   ` を  を  言   ゜ し  し   ` か  う  そ  が  
  な  何  し  な   ` い  く  め  爪  仰  な  を     く  て  ま   ` は  ん  込  
  い  を  か  い  準  た   ゜ る  先  ぐ  す  呟     な  笑  っ  笑  ず  な  み  
  と  す  し  動  備  り  鼻   ゜ の   ゜ 言  く     っ  い  た  っ  が  に  上  
  き  る  一  作  体   ` の  肩  泥  つ  葉   ゜    て  た  く  て  な  可  げ  
   ` か  体  で  操  首  頭  を  を  い  で  ぶ     く  か  馬  い  い  笑  て  
  と  迷  誰  あ  の  を  を  何  払  で  は  つ     る  っ  鹿  る   ゜ し  く  
  り  っ  に  り  よ  回  撫  度  う  地  な  ぶ      ゜ た  げ  の  泪  い  る  
  あ  た  対   ` う  し  で  も   ゜ 面  か  つ     こ   ゜ て  か  が  の   ゜ 
  え  と  す  一  で  た  る  上  一  を  っ  と     の  そ  い   ゜ 出  か  ど  
  ず  き  る  種  も  り   ゜ 下  回  見  た   ゜    ま  う  る  馬  て   ゜ う  
  そ  や  照  の  あ   ゜ 瞼  さ  転  下   ゜ そ     ま  い  と  鹿  く  愉  に  
      `                                                       
前のページ
次のページ

  い  た  遺  人  は     そ  ま  ら  る  東  る  が  し  際     次  そ  ら  こ  
  が  か  体  事  か  そ  う  え   ` よ  京  の  住  く  こ  ま  第  う  す  ら  
   `  ゜ が  件  つ  う  思  に  今  う  都  だ  ん  な  こ  た  に  い  も  に  
  ご  ま  遺  で  て  い  う  来  年  な  の  か  で  い  な  カ  落  う  の  あ  
  く  さ  棄   `  ` え  と  た  小  所  範  ら  い   ゜ ら  ブ  ち  い  だ  る  
  近  か  さ  最  世  ば  少  と  学  で  疇   ` る  い  カ  ト  着  わ  が  も  
  く  同  れ  後  間   ` し  応  校  は  で  き  所  や  ブ  虫  き  ば   ` の  
  の  じ  て  ま  を  と  余  え  に  な  は  っ  で   ` ト  の  を  独  そ  に  
  は  山  い  で  震  彼  裕  れ  上  い  あ  と  も  コ  虫  匂  取  り  の  じ  
  ず  中  た  行  撼  は  が  ば  が   ゜ る  い  時  ク  や  い  り  芝  よ  ゃ  
  だ  と  現  方  さ  は  出  い  っ  そ  が  る  折  ワ  ク  が  戻  居  う  れ  
   ゜ い  場  不  せ  た  て  い  た  う   ` だ  見  ガ  ワ  し  し  を  な  て  
  一  う  の  明  た  と  き   ゜ 甥  だ  本  ろ  掛  タ  ガ  た  て  す  も  み  
  つ  わ  近  だ  幼  気  た  こ  に   ` 来  う  け  く  タ  よ  い  る  の  た  
  年  け  く  っ  女  づ   ゜ れ  カ  何  は   ゜ る  ら  が  う  っ  こ  か  り  
  上  で  で  た  連  い     は  ブ  か  東  こ  こ  い  い  だ  た  と   ゜ し  
  だ  は  は  女  続  た     名  ト  訊  京  こ  と  な  て  っ   ゜ に  と  て  
  が  あ  な  の  誘   ゜    案  虫  か  と  も  が  ら  も  た     よ  に  気  
   ` る  か  子  拐  こ     だ  を  れ  呼  一  で  敏  お   ゜    っ  か  を  
  彼  ま  っ  の  殺  こ      ` 捕  た  べ  応  き  伸  か  実     て  く  紛  
                                                      `       
前のページ
次のページ

  汗  降     開  ま  が  キ  る  か  伸  障  を  に  ジ  ン  厚  も     っ  も  
  が  ろ  車  け  っ   ` |  と  ら  は  り  上  回  ン  の  な  思  要  た  ま  
  吹  す  の  た  た  思  を  辺  手  や  な  げ  転  は  音  匂  え  は   ゜ た  
  き   ゜ ト  ま   ゜ い  差  り  を  は  の   ` 数   ` が  い  ば  気     同  
  出  な  ラ  ま  た  切  し  は  伸  り  と  そ  を  ア  気   ゜  ` の     世  
  す  に  ン  に  だ  っ  た  ま  ば  エ   ` の  落  イ  に  敏  外  持     代  
   ゜ し  ク  し  し  て  ま  さ  し  ン  人  度  と  ド  な  伸  は  ち     だ  
  バ  ろ  か  て  ド  抜  ま  に   ` ジ  に  に  さ  リ  っ  は  気  よ     っ  
  ン  人  ら  お  ア  き  に  森  キ  ン  気  音  な  ン  た  大  持  う     た  
  パ  ひ  旅  い  ロ   ` し  閑  |  を  づ  が  い  グ   ゜ き  い  で     と  
  |  と  行  た  ッ  ズ  て  と  を  止  か  盛  た  の  昨  く  い   `    敏  
  の  り  用   ゜ ク  ボ  お  し  捻  め  れ  り  め  状  今  伸  で  キ     伸  
  上  入  の     は  ン  く  て  る  る  や  上  に  態  の  び  は  ャ     は  
  を  っ  大     し  の  か  い   ゜ こ  し  が   ` で  電  を  な  ン     殊  
  擦  て  型     な  ポ  ど  る  エ  と  な  る  定  も  子  し  い  プ     更  
  っ  い  ト     い  ケ  う   ゜ ン  に  い   ゜ 期   ` 制  た  か  に     の  
  て  る  ラ     で  ッ  か  今  ジ  し  か  そ  的  必  御   ゜  ゜ 来     よ  
  し  の  ン      ` ト  迷  度  ン  た  と  れ  に  要  式  エ  緑  た     う  
  ま  だ  ク     窓  に  っ  は  を   ゜  ` が  回  以  エ  ン  の  と     に  
  っ   ゜ を     も  し  た   ` 切  窓  敏  耳  転  上  ン  ジ  濃  で     思  
                                                              
前のページ
次のページ

  か  た  エ  も  め  し  す  で  に  た  い  気  し  電  で  き     口  す  た  
  ら   ゜ ン  し  て  て  で  ひ  整  跡  た  を  て  灯  持  ず  ま  を └    ゜ 
  す  そ  ジ  れ  お   ` に  と  え  を   ゜ つ  い  を  っ  ら  ず  つ  な  そ  
  こ  れ  ン  な  い  汗  ず  息  る  示  下  け  る  照  て  な  ト  い  ど  れ  
  し  で  を  い  た  を  い  つ   ゜ し  草  た  か  ら  行  い  ラ  て  と  で  
  出  も  か  と   ゜ 拭  ぶ  い  手  て  の  つ  を  す  く  よ  ン  出  い  も  
  過   ` け  思  車  い  ん  て  も  い  倒  も  確   ゜ だ  う  ク  る  う   ` 
  ぎ  助  て  っ  を   ` 時  煙  足  た  れ  り  認  ト  け  に  を   ゜  `  ┐ 
  て  手  音  た  移  ひ  間  草  も   ゜ 具  で  す  ラ  で  抱  藪     敏  ト  
  い  席  を   ゜ 動  と  を  で  泥  そ  合  も  る  ン  も  え  の     伸  ラ  
  る  側  立  が  し  つ  く  も  だ  れ  も  足   ゜ ク  ひ  て  中     に  ン  
  よ  の  て   ` て  深  っ  吸  ら  ら   ` 跡  地  が  と  運  に     似  ク  
  う  フ  る  今  お  呼  て  い  け  の  明  が  面  完  苦  ん  隠     合  か  
  に  ェ  の  更  い  吸  い  た  に  体  ら  た  が  全  労  だ  し     わ  ら  
  思  ン  も  億  た  す  る  い  な  裁  か  く  柔  に  だ  た  た     な  ト  
  え  ダ  避  劫  方  る  よ  と  っ  を  に  さ  ら  藪  っ  め   ゜    い  ラ  
   ` |  け  だ  が  だ  う  思  た  元  人  ん  か  の  た   ` 地     駄  ン  
  ギ  が  た  っ  い  け  な  っ   ゜ の  が  残  い  中   ゜ そ  面     洒  ク  
  ア  木  か  た  い  に  気  た  こ  よ  通  っ  の  に  懐  こ  を     落  を  
  を  陰  っ  し  か  止  が  が  こ  う  っ  て  で  没  中  ま  引     が  出  
            `           `              `                      
前のページ
次のページ

  な  に  の  痛  は  尿  し   ┐ い  っ     方  肩  ム     が  と  て  解  ニ  
  く  垂  後  み  な  は  て  事  つ  と  途  に  に  手  敏  嵌  藪  み  除  ュ  
  続  れ  は  を  か  長  家  件  か  我  中  行  担  袋  伸  ま  に  た  し  |  
  い  流  勢  伴  な  く  を └   ら  慢   ` く  ぐ  を  は  っ  突   ゜  ` ト  
  た  し  い  う  か  続  出  が  我  し  に  と  と  は  も  た  っ  た  ス  ラ  
   ゜ て  が  ほ  出  い  る  起  慢  て  わ  い   ` め  う  ら  込  い  テ  ル  
  も  い  弱  ど  な  た  前  き  し  い  か  う  ま   ` 一  厄  む  し  ア  に  
  っ  る  ま  の  か   ゜ に  る  て  た  に  よ  る  ス  度  介   ゜ て  リ  入  
  と  か  っ  太  っ  我  し  前  い  の  尿  う  で  コ  車  だ  ぬ  変  ン  れ  
  勢  の  た  い  た  慢  て  か  た  を  意  に  土  ッ  の   ゜ か  わ  グ   ` 
  い  よ  反  線   ゜ し  お  ら  の  急  を  藪  木  プ  ト     る  ら  を  パ  
  よ  う  面  と  じ  す  か  か  か  に  も  の  作  を  ラ     み  な  右  |  
  く  に   ` な  れ  ぎ  な  も   ゜ 思  よ  中  業  取  ン     も  い  に  キ  
  出  い  ほ  っ  た  た  か  し  も  い  お  へ  員  り  ク     あ   ゜ 切  ン  
  な  つ  と  て   ゜ た  っ  れ  し  出  す  入  が  出  を     る  こ  り  グ  
  い  果  ん   ゜ 不  め  た  な  か  し   ゜ っ  こ  す  開     の  れ  な  ブ  
  も  て  ど  し  意  か  の  い  し  た  い  て  れ   ゜ け     で  以  が  レ  
  の  る  無  か  に   ` か   ゜ た  の  や  い  か  そ  た     タ  上  ら  |  
  か  と  意  し  出  最   ゜ ど  ら  だ   ` っ  ら  れ   ゜    イ  押  押  キ  
   ゜ も  識  そ  た  初  放  う      ゜ ず  た  土  を  ゴ     ヤ  す  し  を  
               ゜                    ゜                         
前のページ
次のページ

     し  は  公  い  が     た  い  靴  を  没     は  悪  垂  に  な  れ  泣  
  |  か  分  園  る  あ  と   ゜ い  を  着  頭  だ  身  か  れ  し  か  に  け  
  |  し  か  に   ゜ っ  に     と  わ  て  で  が  震  っ  た  ま  っ  誰  て  
  こ   ` ら  指  ま  た  か     し  ざ  こ  き   ` い  た   ゜ う  た  か  き  
  の  あ  な  定  っ   ゜ く     て  わ  な  る  こ  し   ゜ 内  と   ゜ に  そ  
  辺  ま  い  さ  た  し  山      ` ざ  か   ゜ れ  た  放  股   ` や  見  う  
  で  り   ゜ れ  く  か  の     こ  下  っ  誤  で   ゜ 尿  を  最  っ  つ  だ  
  い  遠  持  て  の  も  斜     こ  駄  た  算  す     に  生  後  と  か  っ  
  い  く  ち  い  雑  枝  面     は  箱  の  だ  っ     よ  温  の  出  る  た  
  だ  へ  主  る  木  の  を     や  の  と  っ  き     っ  か  ひ  尽  の   ゜ 
  ろ  行  が  が  林  繁  降     は  奥   ` た  り     て  い  と  く  で  な  
  う  っ  い   ` で  っ  り     り  か  滅  の  し     体  も  雫  し  は  ん  
   ゜ て  る  こ  あ  た  る     長  ら  多  は  た     温  の  が  た  な  て  
     も  か  こ  る  樹   ゜    靴  出  に   `  ゜    も  が  ズ  と  い  情  
     あ  も  も   ゜ 々  少     に  し  履  長  あ     下  伝  ボ  思  か  無  
     と  し  そ  付  に  し     す  て  か  袖  と     が  わ  ン  い  と  い  
     が  れ  う  近  覆  開     べ  き  な  の  は     り  る  の   ` 気  ん  
     大  な  な  は  わ  け     き  た  い  シ  作      `  ゜ 内  ズ  が  だ  
     変  い  の  自  れ  た     だ  の  運  ャ  業     敏  気  側  ボ  気   ゜ 
     だ   ゜ か  然  て  所     っ  は  動  ツ  に     伸  持  に  ン  で  そ  
      ゜                                                       
前のページ
次のページ

  会  サ  わ  出  に  た  て  で  仕  敏  と                 は  く  お     
  社  ラ  ゆ  た  拘  り  い  は  事  伸  り  八  発           あ  て  も  着  
  で  リ  る  ら  束  に  た  な  が  は  あ  月  端           た  も  む  い  
  も  |   ┐ す  さ  重   ゜ い  う  気  え  七  は           し  い  ろ  た  
  一  マ  花  っ  れ  く  そ  が  ま  持  ず  日  こ           も  い  に  と  
  部  ン  の  き  て  溜  れ   ` く  良  業   ` う     3     当  っ  ス  き  
  を  の  金  り  い  ま  が  な  い  く  務  金  で           然  て  コ  と  
  除  多  曜  し  る  っ  澱  に  か  家  か  曜  あ           出  言  ッ  同  
  い  く  日  た  間  て  の  か  な  に  ら  日  っ           る  っ  プ  じ  
  て  は └   い  は  い  よ  煮  い  帰  解   ゜ た           よ  て  を  よ  
  十  明  だ   ゜ と  た  う  え  の  っ  放  一  |           う  た  振  う  
  七  日   ゜ 不  も   ゜ に  切  は  た  さ  週  |           な  じ  る  に  
  日  か  し  景  か  胃  な  ら  今  の  れ  間   ゜          口  ゃ  い  そ  
  ま  ら  か  気  く  が  っ  な  に  で  る  の              振  な  は  う  
  で  休  も  と   ` 痛  て  い  始  は   ゜ 仕              り  い  じ  呟  
  休  暇  夏  は  一  ん   ` も  ま  な  だ  事              だ   ゜ め  き  
  み  で  休  い  歩  だ  鳩  の  っ  か  が  が              っ  お  た   ` 
  に   ` み  え  社   ゜ 尾  が  た  っ   ` 終              た  姑   ゜ 敏  
  な  彼  前   ` 屋  会  の  残  こ  た  馬  わ                 さ     伸  
  る  の  の  い  を  社  あ  っ  と   ゜ 場  る                 ん     は  
   ゜     ゜                          ゜                         
前のページ
次のページ

  だ  鳴  ム  ひ  れ   ┐ 敏  な  し  熱     い  し  彼  係  し  は  っ  彼  し  
   ゜ ら  を  と  目  5  伸  る  か  気  家  が  て  を  は  め  関  た  が  か  
  彼  な  押  つ  を └   は  む  し  も  に   ゜ し  取  な  る  係  と  そ  し  
  は  い  す  曲  閉  の  一  っ  エ  マ  着     ま  り  い  こ  な  い  の  敏  
  鍵   ゜  ゜ が  じ  表  瞬  と  レ  ン  い     っ  巻   ゜ と  い  う  一  伸  
  を  数  が  り  る  示  息  す  ベ  シ  た     た  く  も  に   ゜ こ  部  は  
  あ  日   ` 自   ゜ を  を  る  |  ョ  と     と  あ  ち  な  つ  と  で  そ  
  け  前  反  分  扉  押  止  よ  タ  ン  き     い  ら  ろ  っ  い  と   ` う  
   ` か  応  の  が  す  め  う  |  に  は     う  ゆ  ん  た  で   ` ま  い  
  ノ  ら  が  部  開   ゜  ` な  に  入  十     こ  る   ` こ  に  彼  と  う  
  ブ  調  な  屋  く  扉  そ  熱  は  る  時     と  負  そ  と  い  の  ま  気  
  を  子  い  の   ゜ が  し  気   ` と  を     は  の  う  と  え  胃  っ  分  
  回  が   ゜ 前  鉤  閉  て  が  自  幾  回     い  要  い  も  ば  の  た  に  
  す  お  も  に  型  ま  大  籠  然  分  っ     え  素  う  差   ` 痛  休  は  
   ゜ か  う  立  に  る  き  も  の  や  て     る  が  こ  し  妻  み  み  な  
     し  一  つ  な   ゜ く  っ  も  わ  い     か  そ  と  当  を  と  が  れ  
     か  度   ゜ っ  壁  息  て  の  ら  た     も  こ  を  た  死  は  取  な  
     っ  押  チ  た  に  を  い  と  い   ゜    し  に  含  っ  に  直  れ  か  
     た  す  ャ  角  も  吐  た  は  だ  外     れ  収  め  て  到  接  な  っ  
     の   ゜ イ  を  た  く   ゜ 異   ゜ の     な  斂  て  関  ら  に  か  た  
                     ゜                       `              ゜ 
前のページ
次のページ

  こ  し  付     る  今  家  の  は  そ  れ  住  ク  に  風  い  う  だ  匂     
  は  い  く  靴  よ  日  庭  家  妻  の  は  ま  リ  は  通  る  も  っ  っ  鉄  
  ダ   ゜ よ  を  う  は  に  の  の  二   ` い  |  尚  し  者  の  た  て  の  
  イ  そ  う  脱  だ  そ  馴  匂  匂  つ  自  の  ト  更  の  に  が   ゜ く  扉  
  ニ  れ  だ  ぐ  っ  れ  染  い  い  が  分  妻  特  だ  い  は  あ  ど  る  を  
  ン  を  っ   ゜ た  に  ん  を  の  混  の  の  有  っ  い  ほ  る  こ   ゜ 開  
  グ  掻  た  な   ゜ 加  で  意  方  じ  匂  実  の  た  木  と  だ  の  所  け  
  キ  き   ゜ ぜ     え  い  識  が  り  い  家  匂   ゜ 造  ん  ろ  家  帯  る  
  ッ  分  じ  か     て  な  す  強  合  で  の  い  マ  の  ど  う  に  を  と  
  チ  け  ゃ  手     酒  か  る  い  っ  あ  匂  か  ン  一  意   ゜ も  持   ` 
  ン  て  ら  間     臭  っ  ほ  よ  た  る  い  と  シ  軒  識  だ  そ  っ  た  
  で  す  じ  取     い  た  ど  う  も  と  と  も  ョ  家  さ  が  の  て  ち  
  あ  ぐ  ゃ  っ     匂  と   ` に  の  同  も  思  ン  に  れ  そ  家  初  ま  
  る  左  ら  た     い  も  彼  思  だ  時  違  わ  な  生  る  こ  固  め  ち  
   ゜ に  す   ゜    が  い  は  わ   ゜ に  っ  れ  ど  ま  こ  に  有  て  部  
  テ  曲  る  靴     混  え  ま  れ  し  妻  て  た  の  れ  と  長  の  気  屋  
  レ  が  簾  下     じ  る  だ  た  か  の  い  が  鉄  育  は  年  匂  づ  の  
  ビ  る  が  が     っ   ゜ 新   ゜ し  匂  た   ` 筋  っ  な  住  い  く  匂  
  の  と  鬱  貼     て  だ  し  自  彼  い   ゜ 団  コ  た  い  ん  と  こ  い  
  音  そ  陶  り     い  が  い  分  に  だ  こ  地  ン  彼   ゜ で  い  と  が  
                                 ゜                            
前のページ
次のページ

  で  が  て     り  ス  う  い  す  も  の  の  れ  上  座     る  か  っ  が  
   ` 空  食  敏  抜  チ  と  が  え  飲  も  悪  か  目  卓  数  光  け  た  聞  
  ネ  い  事  伸  け  ャ   ` 鼻  た  み  忘  い  ら  遣  に  子  景  よ   ゜ こ  
  ク  て  を  は  て  |  数  に  よ  散  れ  と   ┐ い  頬  は  で  う   ┐ え  
  タ  き  す  食  ト  を  子  つ  う  ら  て  き  お  に  杖  だ  あ  と  や  た  
  イ  た  る  事  イ  し  は  い  な  か  い  の  か  彼  を  ら  っ  し  っ   ゜ 
  を   ゜ ほ  が  レ   ` と  た  匂  さ  た  声  え  を  つ  し  た  て  ぱ  拍  
  寛  ポ  ど  中  に  急  ん   ゜ い  れ   ゜ だ  り  見  い  な   ゜ 居  り  手  
  げ  テ  で  途  入  に  で   ┐ と  た  キ   ゜└   上  て  く     間  チ  に  
   ` ト  は  半  っ  立  も  誰  ポ  跡  ッ  彼  と  げ  い  横     を  ャ  続  
  妻  チ  な  端  た  ち  な  か  テ  が  チ  は  低  る  た  坐     見  イ  い  
  が  ッ  い  に   ゜ 上  い  来  ト  あ  ン   ┐ い   ゜  ゜ り     る  ム  て  
  出  プ  が  な     が  と  て  チ  っ  の  た  声  一  そ  に     と  壊  コ  
  て  ス   ` っ     る  い  い  ッ  た  テ  だ  で  瞬  の  足      ` れ  マ  
  く  を  に  て     と  う  た  プ   ゜ |  い  言  間  ま  を     そ  た  |  
  る  一  わ  い     彼  よ  の  ス  さ  ブ  ま  っ  が  ま  投     こ  ね  シ  
  の  口  か  た     の  う  ?  の  き  ル └   た  あ  の  げ     は └   ャ  
  を  つ  に   ゜    脇  な └   油  イ  の  を   ゜ り  姿  出     散  と  ル  
  待  ま  小  改     を  ジ  と  の  カ  上  言  機   ` 勢  し     々  声  に  
  っ  ん  腹  め     す  ェ  言  匂  の  に  う  嫌  そ  で   `    た  を  な  
                                                              
前のページ
次のページ

  声  過  十  っ  食  彼                       な  が  れ  体  い  が  た  
  を  保  五  た  事  の  取  |  |  数  |  妻  |  っ  終  な  が  た  ら   ゜ 
  荒  護  に   ゜ を  母  り  |  |  子  |  が  |  た  わ  か  だ  の   ` キ  
  立  に  な  敏  用  親  つ  今  お  は  お  ト  な   ゜ る  っ  る  だ  汗  ッ  
  て  慣  る  伸  意  は  く  日  茶  素  つ  イ  ん     と  た  く  が  ば  チ  
  る  れ  ま  に  し   ` 島  は  漬  っ  ま  レ  か      `  ゜ な   ` ん  ン  
  こ  て  で  は  て  彼  が  お  け  気  み  か  な     観  テ  っ  い  だ  の  
  と  い  親  独  く  が  な  米  と  な  ぐ  ら  い     光  レ  て  っ  服  椅  
  の  た  元  り  れ  ど  い  炊  か  く  ら  戻  ?     案  ビ  き  た  を  子  
  で   ゜ で  暮  た  ん   ゜ い  は  言  い  る        内  の  て  ん  早  に  
  き  し  な  ら   ゜ な  彼  て  ?  っ  し  と  軽     を  画   ` 坐  く  腰  
  な  か  に  し  父  に  は  な     た  か  彼  く     か  面  す  っ  着  掛  
  い  し  不  の  親  遅  む  い      ゜ な  は  で     ね  は  ぐ  て  替  け  
  彼  ど  自  経  よ  く  か  の        い  言  い     た   ` に  し  え  る  
  は  ん  由  験  り  帰  っ  よ        わ  っ  い     ク  コ  は  ま  た   ゜ 
   ` な  な  が  待  っ  腹   ゜       ね  た  ん     イ  マ  動  う  い  家  
  仕  と  く  な  遇  て  が            ゜  ゜ だ     ズ  |  く  と  と  へ  
  方  き  暮  い  が  き  立                 け     番  シ  気  急  思  の  
  な  に  ら   ゜ 良  て  っ                 ど     組  ャ  に  速  っ  道  
  い  も  し  三  か  も  た                  ゜    に  ル  な  に  て  す  
         `           ゜                                        
前のページ
次のページ

  た  子  で     め  て  ゃ  あ     数        呼     と  分  ひ  最  を  の  
   ゜ は   ` 彼  に   ` な  な  |  子  彼  |  び  寝  に  か  と  後  物  で  
  細  居  も  に  車  一  い  た  |  も  は  |  止  室  し  ら  ま  の  色  自  
  長  間  う  は  買  泊   ゜ が  べ  画  思  夏  め  に  た  な  ず  一  し  分  
  い  の  一  返  っ  ぐ  い  ぐ  つ  面  わ  休  ら  行   ゜ か  喉  本  た  で  
  メ  床  度  す  た  ら  く  ず  に  を  ず  み  れ  こ     っ  を  に   ゜ 立  
  ン  に  キ  言  の  い  ら  ぐ   ` 見  数  ど  た  う     た  潤  な  が  っ  
  ソ  片  ッ  葉  か  ど  休  ず  テ  る  子  う   ゜ と      ゜ す  っ   ` て  
  |  膝  チ  が  し  っ  み  し  レ   ゜ と  す     す     と   ゜ て  め  い  
  ル  立  ン  な  ら  か  が  て  ビ  彼  テ  る     る     り  冷  い  ぼ  っ  
  の  て  の  か  ね  行  取  る  の  は  レ  の     と     あ  え  た  し  て  
  煙  て  椅  っ   ゜ け  れ  か  影  口  ビ   ゜     `    え  過  罐  い  冷  
  草  坐  子  た     る  な  ら  響  籠  画        数     ず  ぎ  ビ  も  蔵  
   ゜ り  に   ゜    で  い   ` じ  も  面        子     彼  て  |  の  庫  
  右   ` 腰  上     し  っ  も  ゃ  っ  を        に     は  い  ル  は  を  
  の  煙  掛  着     ょ  て  う  な  た  見         ┐    着  て  を  な  開  
  頬  草  け  だ      ゜ い  夏  い   ゜ 較        ね     替  味  取  か  け  
  が  を  た  け     何  っ  休  の     べ        え     え  が  り  っ   ` 
  歪  銜   ゜ 脱     の  た  み  よ     た       └      る  よ  出  た  な  
  ん  え  数  い     た  っ  じ   ゜     ゜       と     こ  く  し   ゜ か  
                                                      `       
前のページ
次のページ

  の  事  ィ  早  い  式  六  ぐ  わ  正  日  大           :  あ     を  で  
  都  上  |  め  な  場  月  だ  す  月  で  安  二  数  |     い  |  擦  見  
  合  都  ク  る  か  等  中  け  と  に   ` の  人  子  |     だ  |  り  え  
  で  合  に  な  っ  の  旬  の   ` 見  そ  土  が  は  そ     新  だ   ` た  
  そ  が  合  ら  た  手  頃  理  数  合  れ  曜  結  険  れ     婚  っ  葉   ゜ 
  う  い  わ  も   ゜ 配  の  由  子  い  に  日  婚  の  と     旅  て  素  カ  
  は  い  せ  う  そ  に  予  が  側  を  合   ゜ し  あ  こ     行   ` っ  チ  
  い  の  て  二  の  は  定  あ  の  し  わ  翌  た  る  れ     に  し  ぱ  カ  
  か  だ  新  週  日  敏  が  っ  両   ` せ  日  の  声  と     行  よ  に  チ  
  な  が  婚  早  に  伸  繰  た  親  二  た  は  は  で  は     っ  う  煙  と  
  か  と  旅  く  決  は  り  の  が  月  わ  敏  五  言  別     た  が  を  苛  
  っ  彼  行  し  ま  ほ  上  で  挙  の  け  伸  月  っ  よ     ば  な  吐  立  
  た  は  が  て  っ  と  が  あ  式  終  で  の  の  た   ゜    か  い  き  た  
   ゜ 思  予   ` た  ん  っ  る  を  わ  は  三  九   ゜       り  じ  出  し  
  結  っ  定  ゴ  と  ど  た  が  急  り  な  十  日           な  ゃ  す  げ  
  果  た  で  |  き  タ  の  |  ぎ  に  い  五  で           ん  な   ゜ に  
  的  が  き  ル   ` ッ  だ  |   ` 結  の  歳  あ           だ  い     ラ  
  に   ` れ  デ  ど  チ   ゜  ` |  納  だ  の  っ           か   ゜    イ  
  は  式  ば  ン  う  し  結  当  |  を  が  誕  た           ら  こ     タ  
   ` 場  仕  ウ  せ  て  婚  初  急  交   ` 生   ゜          :  の     |  
                                                              
前のページ
次のページ

  を  っ  そ  マ  か  |  れ  よ  た  が     の  な  も  い  は  い  っ  し  ゴ  
  す  た  れ  イ  け   ` は  り  り  面  実  が  い  承  と  い  休  た  が  |  
  る  の  が  ナ  ら  友  電  も  宿  倒  際  彼  と  知  い  っ  み  の  で  ル  
  の  だ  仕  ス  れ  達  話  苦  の  く  敏  女  い  し  う  ぱ  を  だ  き  デ  
  に  が  事  に  な  に  恐  手  手  さ  伸  の  う  て  こ  い  取  が  た  ン  
  電   ` を  な  い  電  怖  な  配  い  は  言  こ  い  と  残  る   ` の  ウ  
  話  そ  う  っ  ほ  話  症  の  を  と  出  い  と  る  に  っ  こ  連  で  ィ  
  を  ん  ま  て  ど  す  と  が  す  い  不  分  で  は  な  て  と  休   ` |  
  す  な  く  い  だ  る  い  電  る  う  精  で  は  ず  っ  い  に  明  彼  ク  
  る  わ  運  た  か  の  っ  話  の  よ  で  あ  な  で  た  た  な  け  ら  の  
  く  け  べ   ゜ ら  で  て  を  が  り  あ  る  い   `  ゜ が  り  か  に  休  
  ら  で  な  マ   ` さ  も  す  苦   ` っ   ゜ の  だ  そ   `  ` ら  と  み  
  い  彼  い  イ  仕  え  い  る  手  旅  た     だ  が  う  夏  そ  一  っ  に  
  な  は  一  ナ  事  意  い  こ  だ  行  が     か   ` い  休  れ  週  て  新  
  ら   ` 番  ス  上  を  ほ  と  っ  の   `    ら  ま  う  み  で  お  は  居  
   ` 宿  の  ど  で  決  ど  で  た  計  出     :  っ  事  は   ` い  好  へ  
  行  泊  原  こ  も  し  だ   ` の  画  掛     :  た  情  取  有  て  都  の  
  か  の  因  ろ  大  な  っ  |  だ  を  け     と  く  は  り  給  再  合  引  
  な  予  で  か  き  い  た  |   ゜ 立  る     い  休  数  に  休  び  で  っ  
  く  約  あ   ` な  と  |  そ  何  て  の     う  め  子  く  暇  長  あ  越  
                                                              
前のページ
次のページ

  |  よ  う  さ  た  人  た  を  で  る  五     交  重  現  い  場  い  も  て  
  |  う  こ  え  と  気  り  立  旅  の  島  敏  渉  い  地   ゜ 合  所  行  も  
  五  な  と  し  え  の  ば  て  行  が  英  伸  す  し  で  い  で  や  き  い  
  島  勇  を  な  休  観  っ  る  す  好  二  が  る   ` 直  き  も  泊  た  い  
  な  気  聞  け  日  光  た  の  る  き  郎  ほ  よ  か  接  な   ` ま  い  と  
  ら  も  い  れ  前  地  り  が  の  で  と  と  り  え  申  り  で  り  な  思  
  こ  な  て  ば  や  で  な  嫌  だ   ` い  ん  は  っ  し  行  き  た  ら  っ  
  う  け  い   ` 連  も  の  い  が  よ  う  ど  ま  て  込  っ  れ  い  日  て  
  も  れ  た  現  休  逆  だ  で   ` く  の  唯  し  手  め  て  ば  場  帰  し  
  言  ば   ゜ 地  中  に  が   ` 敏  思  が  一  で  間  ば  し  電  合  り  ま  
  う   ` し  で  で  辺   ` だ  伸  い  い  親  あ  取  い  ま  話  は  で  う  
  だ  行  か  ど  あ  鄙  そ  か  と  立  て  し  る  る  い  う  予  ど  い  の  
  ろ  動  し  う  っ  な  の  ら  は  っ   ` く   ゜ わ  の  と  約  う  い  だ  
  う  力   ` に  て  所  彼  た  別  て  彼  し     け  だ  い  せ  す   ゜ っ  
   ゜ も  敏  で  も  で  に  い  の  女  は  て     だ   ゜ う  ず  る  日  た  
  子  な  伸  も   ` も   ` て  意  房  車  い     が  そ  手  に  の  帰   ゜ 
  供  か  に  な  選   ` ど  い  味  子  で  る      ` れ  も  済  か  り  ど  
  が  っ  は  る  り  ま  ん  行  で  供  出  同     電  も  あ  ま   ゜ で  う  
  い  た  そ  と  好  た  な  き  予  連  掛  僚     話  気  る  せ  そ  き  し  
  な   ゜ の  い  み   ` に  当  定  れ  け  に     で  が   ゜ た  の  な  て  
                                                              
前のページ
次のページ

  そ  い  い  か  極  間  何  演  に  い  り  が  て     入  る  ね  ら  た  け  
  れ  う  う  を  的  に  度  じ  し  う  も   ` 独  と  っ  し   `  ` だ  れ  
  が  こ  よ  す  に  誘  も  て  ろ  思  仲  遊  身  こ  た  か  と  十  し  ば  
  彼  と  り  る  計  わ  し  き   ` い  間  び  時  ろ  こ  な   ゜ 時   ┐  ` 
  氏  は   ` よ  画  れ  て  た  そ  が  う  好  代  で  と  い  も  ま  ご  最  
  な  当  女  う  を  て  い  の  れ  強  ち  き  に   ` が   ゜ し  で  休  悪  
  り  然  友  な  立  と  る  で  な  く  の  と  ひ  数  な  そ  そ  暇  憩  モ  
  旦  男  達  タ  て  い  わ   ` り   ` 流  い  と  子  い  の  う  を └   |  
  那  が  と  イ  た  う  け  し  に  派  行  う  通  の  の  よ  言  潰  か  テ  
  な  や  の  プ  り  形  だ  た  当  手  に  よ  り  方  だ  う  わ  さ  ら  ル  
  り  る  場  で   ` で  が  が  世  に  取  り  の  も  っ  な  れ  な  入  と  
  の  も  合  は  ツ  あ   ` っ  風  と  り  見  遊   ` た  場  た  け  っ  い  
  務  の  は  な  ア  っ  た  て  な  い  残  栄  び  彼  か  所  ら  れ  た  う  
  め  だ  と  か  |  て  い  海  短  う  さ  っ  を  女  ら  に   ` ば  の  手  
  だ  と  も  っ  の   ` て  外  大  ほ  れ  ぱ  し  は   ゜ 敏  敏  な  で  が  
  と  思  か  た  手  自  い  旅  生  ど  た  り  て  敏     伸  伸  ら  は  あ  
   ゜ っ  く  の  配  分  は  行   ` で  く  で  い  伸     は  は  な  無  る  
     て   ` だ  や  か  遊  な  O  は  な   ` る  と     一  苦  い  駄   ` 
     い  そ   ゜ な  ら  び  ど  L  な  い  何  の  違     度  笑  け  だ  と  
     る  う  と  に  積  仲  も  を  い  と  よ  だ  っ     も  す  ど  か   ゜ 
      ゜                                                       
前のページ
次のページ

  所  だ  に  が  思  に  と  き  た  連     だ  車  前  な  分  る  マ  ス     
  に  が  食  な  う  連  一  タ  い  れ  女  っ  を  ま  い  で   ゜ |  を  国  
  立   ` べ  ん   ゜ れ  枚  イ  場  て  が  た  持  で   ゜ は  し  ト  乗  内  
  っ  女  た  か  同  て  を  ミ  所  っ   `  ゜ っ  ず  新  免  か  じ  り  な  
  て  な  い  食  じ  い  選  ン  が  て  ど     て  っ  婚  許  し  ゃ  継  ら  
   ` ら  も  べ  こ  っ  ん  グ  あ  と  っ     い  と  早  も   ` な  い  彼  
  な   ` の  る  と  て  で  良  る  い  か     な  ペ  々  持  当  い  で  女  
  に  妻  が  も  は  く   ` く  わ  う  行     い  |   ` っ  然   ゜ な  は  
  か  で  浮  の  男  れ  彼   ` け  意  き     敏  パ  彼  て  の  そ  ん  断  
  し  あ  か  な  の  る  女  手  で  味  た     伸  |  女  い  よ  れ  て  然  
  ら  れ  ん  い  側  の  が  持  は  な  い     に  ド  の  な  う  が  か  ド  
  料  ば  で  と  に  が  気  ち  な  の  と      ` ラ  最  い  に  デ  っ  ラ  
  理   ` い  訊  も  男  に  の  い  で  言     車  イ  初  し  助  |  た  イ  
  を  そ  る  く  い  で  入  カ  の   ` う     を  バ  の   ` 手  ト  る  ブ  
  拵  こ  わ  場  え  あ  る  |  だ  具  と     買  |  要  取  席  な  い  だ  
  え  で  け  合  る  る  よ  ド   ゜ 体  き     わ  で  求  ろ  専  ら  し   ゜ 
  て  さ  で   ` の   ` う  か  そ  的   `    せ   ` は  う  門  尚   ` 電  
  ほ  っ  は  具  で  と  な  ら  ん  に  そ     る  自   ` と  で  更  第  車  
  し  と  な  体   ` 女  場  さ  な  行  れ     こ  家  数  も   ` で  一  や  
  い  台  い  的  男  は  所  っ  と  き  は     と  用  年  し  自  あ  ス  バ  
         ゜                                                    
前のページ
次のページ

  れ  る  か  果  ま  い  に  重  っ  に  場  い     し  ら  望  が  時  ま  と  
  ば  と  ら  と  ま  の  し  症  た  叶  合  と  し  て  な  と   ` 代  え  思  
  と  い  ご  し  長  だ  て  の  り  う  は  思  か   ゜ い  し  女  錯  の  う  
  い  う  く  て  ら  っ  も  と  の  よ  友  っ  し      ゜ て  の  誤  よ   ゜ 
  う  こ  親  そ  く  た  そ  い  い  う  人  て  お     そ  相  な  と  う  こ  
  と  と  し  う  独  が  ん  う  わ  に  が  い  互     れ  変  か  も  に  う  
  こ  が  い  い  身   ` な  ほ  ゆ  や   ` れ  い     を  わ  に  反  言  い  
  ろ  で  人  う  で  友  に  ど  る  っ  敏  ば  が     遺  ら  も  動  わ  う  
  は  き  間  こ  親  人  過  で  マ  て  伸  問   `    憾  ず  男  的  れ  こ  
  あ  な  に  と  と  も  保  は  ザ  く  の  題  そ     だ  残  の  と  る  と  
  る  い  し  に  同  少  護  な  コ  れ  場  は  う     と  っ  な  も  昨  は  
  の   ゜ か  な  居  な  に  か  ン  た  合  な  そ     思  て  か  と  今   ` 
  だ  親   ` っ  し  く  育  っ  気   ゜ は  い  う     う  い  に  れ  の  男  
  が  し  相  て  て  恋  て  た  味  敏  母  の  は     か  る  も  る  ご  女  
   ` く  手  し  い  人  た  し  で  伸  親  だ  ま     ど  と  案  か  時  同  
  親  な  に  ま  た  も  つ   ` は  は  が  が  ま     う  言  外  も  世  権  
  し  り  働  っ  の  つ  も  彼  あ   ` す   ` に     か  わ  根  し  に  が  
  く  さ  き  た  で  く  り  の  っ  母  べ  数  な     は  ね  強  れ  お  あ  
  な  え  掛   ゜  ` ら  は  母  た  親  て  子  ら     別  ば  い  な  い  た  
  る  す  け  だ  結  ぬ  な  親  が  べ  意  の  な     に  な  願  い  て  り  
                           `                             `    
前のページ
次のページ

  こ     子  面  っ  だ  の  振  格  ろ  そ  つ  れ  が     な  だ  と     ま  
  と  新  は  に  て  が  問  り  に  う  の  ま  る  不  数  ん  け  は  そ  で  
  が  婚  や  出  く   ` 題  返  深   ゜ 根  ら  よ  満  子  と  で   ` れ  に  
  な  三  け  て  る  そ  な  っ  く  そ  源  な  う  な  の  な  は  単  は  相  
  か  ヵ  に  く   ゜ れ  ら  て  係  れ  を  い  な  の  不  く  な  純  そ  当  
  っ  月  絡  る  し  は   ` 感  わ  ら  は  こ  性  か  満  分  か  に  れ  の  
  た   ` ん  こ  か  や  あ  じ  る  は  っ  と  質  と  は  か  っ  夏  と  時  
  の  一  で  と  し  が  る  て  こ  悉  き  で  の  問   ` っ  た  休  し  間  
  で  度  き  は   ` て  程  い  と  く  り  も  も  わ  し  て  の  み  て  を  
   ` も  た  な  そ  生  度  る  で  敏  指  一  の  れ  か  い  で  を   ` 要  
  彼  喧   ゜ か  う  活  は  こ   ` 伸  摘  つ  で  れ  し  た  あ  ど  数  す  
  は  嘩     っ  し  能  見  と  敏  の  す  一  は  ば   ` の  り  う  子  る  
  面  ら     た  た  力  過  だ  伸  性  る  つ  な   ` 具  で   ` す  の  の  
  食  し      ゜ 問  と  ご  っ  自  格  こ  あ  か  は  体   ` 敏  る  言  だ  
  ら  い     が  題  い  し  た  身   ` と  げ  っ  っ  的  彼  伸  か  わ  っ  
  っ  喧      ` が  う  て   ゜  ` ひ  が  て  た  き  に  は  に  と  ん  た  
  た  嘩     今  今  こ  お  単  わ  い  で  い   ゜ り  彼  身  も  い  と   ゜ 
  よ  を     夜  ま  と  け  に  が  て  き  け  い  答  の  構  そ  う  す     
  う  し     の  で  に  る  性  身  は  る  ば  や  え  ど  え  れ  こ  る     
  に  た     数  表  な  の  格  を  人  だ   `  ` ら  こ  た  が  と  こ     
                                                ゜             
前のページ
次のページ

  ろ     ち  ら  ん  だ        わ  弟  と     く  さ  々  も  彼  て  感  当  
  は  |  の   ゜ じ  っ  |  |  よ  さ  言  |  耳  い  し   ` の  い  覚  惑  
  気  |  方  次  ゃ  て  |  |   ゜ ん  っ  |  を   `  ` ど  方  た  に  す  
  が  で  が  い  な   ` ち  あ     の  て  お  傾  煩  機  う  に  し  は  る  
  早  も  先  つ  い  何  ゃ  あ     法  く  姑  け  わ  嫌  し  も   ` 相  だ  
  い   ` に  や  の  も  ん   `    事  れ  さ  て  し  が  て  言  小  当  け  
  か  ま  決  る  よ  法  と  ご     の  た  ん  お  い  悪  今  い  さ  ひ  だ  
  ら  だ  ま  か   ゜ 事  説  め     件  ?  か  い  と  い  日  分  な  ら  っ  
  な  先  っ  分  十  に  明  ん      `    ら  た  思  の  に  は  行  き  た  
  :  の  て  か  年  出  し   ゜    あ  お  電  方  っ  か  限  あ  き  が   ゜ 
  :  こ  た  ら  振  た  て  ま     な  姑  話  が  た  理  っ  っ  違  あ  も  
     と  ん  な  り  く  お  だ     た  さ  あ  得  が  解  て  た  い  る  っ  
     で  だ  い  の  な  い  言     も  ん  っ  策   ` に  数   ゜ は  こ  と  
     し  か  し  同  い  て  っ      ` の  た  だ  こ  苦  子  が  多  と  も  
     ょ  ら   ` 窓  っ  よ  て     あ  お  わ  と  こ  し  は   ` 々  は   ` 
     う   ゜ そ  会  て  ね  な     た  兄  よ  思  は  む  こ  そ  あ  敏  二  
      ゜    れ  な  言   ゜ か     し  さ   ゜ っ  お   ゜ ん  れ  っ  伸  人  
     お     に  ん  っ  あ  っ     は  ん  ち  た  と  面  な  に  た  も  の  
     ふ     こ  だ  て  た  た     出  だ  ゃ   ゜ な  倒  に  し  の  感  生  
     く     っ  か  る  し   ゜    な  か  ん     し  く  苛  て  で  じ  活  
                                                      `       
前のページ
次のページ

  ん     た  し  舅           思  お  わ  の  一  は  を  ん  ち     に     
  と  |  わ  な  さ  |  |  |  い  ふ  れ  で  端  ま  伸  ?  ょ  そ  し  |  
  も  |   ゜ い  ん  |  |  |  込  く  た   ` が  だ  ば     っ  れ  て  |  
   ゜ あ  ど  と  の  ほ  あ  ね  む  ろ  の  少  母  余  し  な  と  か  よ  あ  
     あ  う  か  会  ら  の  え  と  は  か  し  か  裕   ` ん  訊  ら  ね  た  
      ` す   ゜ 社   ` 件   ` 思  江  も  安  ら  が  努  だ  き  数   ゜ し  
     あ  る  そ  の  結  ?  あ  い  戸  し  心  の  あ  め  い  た  子     が  
     の  つ  の  こ  婚     の  込  っ  れ  し  電  っ  て  ?  い  は     薄  
     話  も  こ  と  前     件  ん  子  な  て  話  た  温 └   ん  言     情  
     ね  り  と   ゜ に     は  で  で  い  も  に   ゜ 和  と  だ  葉     み  
      ゜ な  も  そ  話     ど  し  ず   ゜ い  あ  数  な  い  け  を     た  
     あ  の  お  れ  が     う  ま  け  悪  た  っ  子  顔  う  ど  切     い  
     れ  ?  姑  と  あ     な  う  ず  意   ゜ た  の  を  よ └   っ     に  
     は     さ   ` っ     っ  し  け  は  ほ  こ  不  向  う  と  て     言  
      `    ん  同  た     た  :  も  な  か  と  機  け  に  言   `    わ  
     ま     は  居  で     の  :  の  い  に  が  嫌  た   ` っ   ┐    れ  
     だ     言  す  し     ?   ゜ を  の  も  分  の   ゜ 敏  た  そ     な  
     :     っ  る  ょ           言  だ  何  か  理  こ  伸   ゜ れ     い  
     :     て  と   ゜          う  が  か  っ  由  の  は   ┐ と     よ  
     な     い  か  お           し   ` 言  た  の  時  背  う   `    う  
                              `                               
前のページ
次のページ

  と  し  機  い  引  手  部  を     妹  な  に        い        な  今     
  き  て  的  わ  く  メ  門  経  敏  さ  し  あ  |  |  は  |  |  い  か  |  
  は  い  な  ゆ  不  |  と  営  伸  ん  そ  の  |  |  い  |  |  の  ら  |  
   ` る  投  る  況  カ  し  し  の  だ  う  奥  弟  そ  な  う  う   ゜ は  ま  
  逆   ゜ 資  バ  の  |  て  て  父  っ  に  さ  さ  れ  い  ち  |     っ  だ  
  に  本  を  ブ  影  の  一  い  は  て  見  ん  ん  は  ん  の  ん     き  先  
  納  業  し  ル  響  販  部  た   ` 何  え  年  は  分  だ  こ  :     り  の  
  入  の  な  期  は  売  は   ゜ 小  か  て  上  野  か  し  と  :     さ  問  
  先  電  か  に  そ  代  商  電  さ  考   ` な  心  っ   ` も        せ  題  
  の  子  っ  無  れ  理  社  子  い  え  相  ん  あ  て  一  あ        て  か  
  メ  部  た  謀  な  店  を  部  な  が  当  で  る  る  応  る        お  も  
  |  品  た  な  り  に  兼  品  が  あ  し  し  ん   ゜ 長  の        い  し  
  カ  が  め  拡  に  も  ね  の  ら  る  た  ょ  じ     女  よ        た  れ  
  |  落   ` 大  受  な  て  製  そ  ん  た   ゜ ゃ     と   ゜       方  な  
  の  ち  財  を  け  っ  い  造  こ  じ  か  控  な     し  男        が  い  
  既  込  務  し  て  て  る  販  そ  ゃ  そ  え  い     て  の        い  け  
  製  み  上  た  い  い   ゜ 売  こ  な  う  目  の     は  き        い  ど  
  品  始  は  り  る  た  ま  と  の  い  だ  で   ゜     ゜ ょ        ん   ` 
  販  め  安   ` が   ゜ た   ` 会  の  わ  お  そ        う        じ  で  
  売  た  定  投   ` 長  大  別  社   ゜  ゜ と  れ        だ        ゃ  も  
                                                            ` 
前のページ
次のページ

  工  ら  理  二  く  組  本  と  て  せ  問     も  業  だ  全  い  し  メ  を  
  か  よ  論  癖  こ  ん  業  し  い  た  題  敏  し  員  っ  経  る  た  ン  積  
  ら  く  的  も  と  だ  を  て  な  い  が  伸  れ  を  た  営  輸   ゜ テ  極  
  も  工  な  あ  の  り  立  す  い  意  あ  の  な  増  弟  を  入  そ  ナ  的  
  可  場  リ  る  で   ` て  ぐ  よ  向  っ  父  い  や  や  保  部  れ  ン  に  
  愛  に  |  開  き  パ  直  に  う  も  た  は   ゜ さ  妹  っ  品  に  ス  手  
  が  出  ダ  発  な  テ  す  父  だ  あ   ゜ ま     な  が  て  の  副  に  が  
  ら  入  |  担  い  ン  べ  の  っ  る  母  だ     か  手  い  流  業  力  け  
  れ  り  に  当  戦  ト  き  会  た  よ  親  ま     っ  伝  る  通  と  を  た  
   ` し  な  の  力  を  だ  社   ゜ う  は  だ     た  っ   ゜ が  し  入   ゜ 
  信  て  っ  技  に  研  と  に  工  だ  長  現     こ  た  忙  比  て  れ  販  
  任  い  て  術  な  究  考  入  学  が  男  役     と  り  し  較  創  た  売  
  も  た  い  者  っ  し  え  っ  部   ` で  だ     も  し  く  的  業  こ  そ  
  篤  弟  て  た  て  た   ` た  を  父  あ  が     幸  て  て  好  当  と  の  
  か  は   ` ち  い  り  新  弟  出  は  る   `    い   ` も  調  時  で  も  
  っ   ` 小  の  た   ` 技  は  て  そ  敏  次     し  や   ` な  か  需  の  
  た  古  さ  中   ゜ 今  術   `  ` う  伸  期     て  た  ま  の  ら  要  よ  
   ゜ 株  い  で  一  で  に  や  技  は  に  社     い  ら  だ  で  や  を  り  
  し  の  頃  も  癖  は  取  は  術  考  継  長     る  と  学   ` っ  伸  も  
  か  職  か   ` も  欠  り  り  者  え  が  の     か  従  生  健  て  ば   ` 
                                                              
前のページ
次のページ

     く  に  会  っ  な  き  ぐ  よ  の  の  た  ジ     し  こ  理  敏  に  し  
  案  な  露  社  た  る  な   ゜ そ  つ  も  よ  ョ  敏  肝  そ  想  伸  適   ` 
  外  い  呈  に   ゜ が  い  だ  の  も  そ  う  ン  伸  心  の  だ  を  任  い  
   `  ` す  入  今   `  ゜ が  会  り  う  な  だ  自  の  経  ろ  社  か  か  
  社  そ  る  っ  の  社  サ   ` 社  で  い  電  っ  身  敏  営  う  長  ど  に  
  長  う  の  て  会  長  ラ  そ  で  商  う  子  た   ` 伸  だ   ゜ に  う  も  
  に  思  で   ` 社  な  リ  れ  あ  学  考  機   ゜ 大  が   ゜ 営  据  か  技  
  最  っ  は  自  も  ど  |  は  る  部  え  器  直  学  :  母  業  え  は  術  
  も  て  堪  分  嫌  と  マ  甘  程  の  か  を  接  を  :  の  力   ` 疑  屋  
  向  い  ら  の  だ  て  ン  い  度  経  ら  扱  取  出   ゜ 考  と  弟  問  タ  
  い  る  な  無   ゜ も  な  考  修  営  で  う  引  た     え  技  が  だ  イ  
  て   ゜ い  能  辞  務  ら  え  行  学  あ  メ  や  頃     は  術  片  っ  プ  
  い      ゜ ぶ  め  ま  そ  だ  し  科  っ  |  関  ま     そ  力  腕  た  で  
  る     あ  り  た  る  れ  っ  た  に  た  カ  連  で     う   ゜ に   ゜  ` 
  と     ま  が  い  と  で  た  ら  入   ゜ |  は  は     で  両  な  営  経  
  思     り  社   ゜ は  も   ゜  ` っ  も  に  な  そ     あ  輪  る  業  営  
  わ     関  員  が  思  な  仕  家  た  と  就  い  う     る  が   ゜ 畑  の  
  れ     わ  や   ` え  ん  事  業  の  も  職  が  い      ゜ 揃  そ  出  ト  
  る     り  家  父  な  と  が  を  だ  と  し   ` う     し  っ  れ  身  ッ  
  の     た  族  の  か  か  で  継  し  そ  た  似  ビ     か  て  が  の  プ  
                              ゜                               
前のページ
次のページ

  る  そ  こ  た     然  だ  す  息  頼  こ  と  り  一  は  務  士  っ  て  は  
  ご  れ  と  程  い  嫁  っ  る  子  り  と  は  者  番  社  か  気  て  い   ` 
  と  だ  は  度  ず  に  た  と  二  に  で  き  で  把  員  ら  が  い  る  妹  
  抱  け  家  の  れ  行  が  い  人  し  は  い  押  握  の  製  向  た  う  だ  
  え  で  を  昔  に  く   ` の  を  て  な  た  し  し  生  品  上   ゜ ち  っ  
  る  は  継  気  し  と  満  は  差  い  い  が  が  て  活  の  し  彼  に  た  
  と  な  ぐ  質  ろ  言  更   ` し  る  よ   ` 強  い  の  管  た  女   `  ゜ 
  い  く  と  の   ` い  で  最  置   ゜ う  そ  か  る  こ  理   ゜ が  い  簿  
  う   ` い  会  家  出  は  初  い  父  だ  れ  っ  の  ま   ` そ  い  つ  記  
  こ  従  う  社  内  す  な  は  て  に  っ  は  た  は  ご  営  れ  る  の  学  
  と  業  こ  で  工  か  く  冗  一  し  た  社   ゜ 妹  ま  業  だ  だ  間  校  
  で  員  と   ` 場  も  な  談  番  て   ゜ 長  誰  で  ま  に  け  け  に  を  
  あ  の  で  会  が  し  っ  で  下  も  最  の  も  あ  で  至  で  で  か  出  
  っ  家  も  社  少  れ  て  思  の   ` 近  娘  が  っ   ` る  は  事  社   ` 
  た  族  あ  を  し  な  い  い  子  長  で  だ  彼  た  会  ま  な  務  内  事  
   ゜ も  る  継  大  い  た  つ  を  女  は  か  女  し  社  で  い  所  の  務  
  も  含  の  ぐ  き   ゜  ゜ い  後  と  父  ら  の   ` の   `  ` が  中  を  
  う  め  だ  と  く     が  た  継  は  も  と  言  し  実  さ  経  華  心  手  
  そ  て  が  い  な      ` こ  者  い  妹  い  う  っ  情  ら  理  や  に  伝  
  う  ま   ` う  っ     突  と  に  え  を  う  こ  か  を  に  財  ぎ  な  っ  
                                                      `       
前のページ
次のページ

  た  が  れ  な  そ  こ  別  の  い  破  あ     そ  の  れ  社  宅  場  雰  い  
  が  い  た  っ  の  の  な  O  で  産  た  数  れ  は  を  員  の  も  囲  う  
   ` た  と  た  う  不  資  L   ` し  る  子  と   ` 支  が  一  家  気  時  
  贅   ゜ こ   ゜ ち  景  格  を  も  て  小  自  家  敏  え  家  部  に  も  代  
  沢  工  ろ  そ  家  気  も  辞  っ  思  さ  身  庭  伸  る  に  が  隣  変  で  
  に  場  へ  れ  に  に  な  め  と  わ  な   ` は  が  の  出  社  接  わ  は  
  暮  は  親  で  い  再  い  た  面  ぬ  工  親  別  将  が  入  員  し  っ  な  
  ら  敏  の  も  る  就  の  が  白  事  場  が  だ  来  社  り  寮  て  て  い  
  し  伸  破  一  こ  職  で   ` い  態  を  敏  と  社  長  す  に  い  き  し  
  て  の  産  年  と  場   ` 手  仕  に  経  伸  い  長  夫  る  な  た  た   ` 
  い  父  で  余  に  所  パ  に  事  陥  営  の  う  に  人  こ  っ  し  と  昔  
  た  が  あ  り  慣  な  |  職  が  っ  し  父  こ  な  で  と  て   ` は  と  
  マ  買  る  適  れ  ど  ト  が  し  た  て  の  と  る  あ  が  い  十  い  は  
  ン  い   ゜ 当   ` あ  な  あ  た   ゜ い  会  だ  の  る  多  た  数  え  い  
  シ  取  ま  に  働  る  ら  る  い  一  た  社   ゜ は   ゜ 々  り  年   ` く  
  ョ  る  だ  遊  く  は  と  わ  と  昨  が  と     構  数  あ   ` 前  事  ら  
  ン  形  学  ん  気  ず  も  け  中  年   ` は     わ  子  っ  現  ま  務  か  
  は  に  生  で  も  が  か  で  堅  い  そ  同     な  が  た  在  で  所  社  
  売  な  の  い  な  な  く  も  企  っ  れ  業     い  言   ゜ で  は  も  内  
  り  っ  妹  ら  く  い   ` 特  業  ぱ  が  に     が  う  そ  も  自  工  の  
                  ゜                       `                   
前のページ
次のページ

  も  分  幸  を  た  な  そ  れ  ど  子  期  夫  い  出  夫     事  は  て  払  
  兄  を  い  望  が  っ  れ  を  う  で  待  の  き  世  に  で  情  な   ` わ  
  弟  会  敏  む   ` て  な  と  も  あ  す  出  た  も  は   ` が  か  敏  な  
  は  社  伸   ゜ 結  も  ら  っ  芳  る  る  世  か  望  サ  数  あ  っ  伸  け  
  い  に  の  む  婚  ら   ` て  し   ゜ も  は  っ  ま  ラ  子  っ  た  と  れ  
  な  巻  母  し  前  い  勤  い  く  と  の  望  た  ず  リ  は  た  が  の  ば  
  い  き  は  ろ  と  た  め  る  な  こ  だ  ま   ゜  ` |  そ   ゜  ` 縁  な  
  の  込  後  積  は  い  を  と  く  ろ  し  な  だ  子  マ  う     結  談  ら  
  で  ま  押  極  逆   ゜ 辞  い   ` が   ` い  が  供  ン  い     婚  は  な  
   ` な  し  的  に  そ  め  う  出   ` も  と   ` も  を  う     を  必  く  
  自  い  し  に   ` う   ` こ  世  会  と  言  い  作  望  目     急  ず  な  
  分  で  て  推  こ  い  家  と  ど  社  も  っ  ざ  ら  ん  に     い  し  っ  
  の  ほ  い  し  う  う  業  が  こ  で  と  て  結  ず  で  遇     だ  も  た  
  両  し  る  た  な  希  を  分  ろ  の  見  も  婚   ` い  っ     の  政   ゜ 
  親  い   ゜ い  っ  望  継  か  か  敏  栄   ` し  気  た  て     に  略  だ  
  の   ゜ し  と  た  で  い  っ  後  伸  っ  そ  て  楽   ゜ い     は  的  か  
  こ  妹  か  こ  ら  は  で  て  輩  の  ぱ  こ  み  に  た  る     そ  な  ら  
  と  は  し  ろ  そ  な  社  き  に  業  り  そ  る  や  い  の     う  も  と  
  も  い   ` だ  ち  か  長  た  も  績  な  こ  と  っ  し  で     い  の  い  
  あ  て  自   ゜ ら  っ  に   ゜ 遅  は  数  は   ` て  た   `    う  で  っ  
                                                              
前のページ
次のページ

     る                       と  考        け        ら     も  る  
  |  問  |  |  |  |  |  |  |  ね  え  |  |  ど  |  |   ゜ |  ら   ゜ 
  |  題  |  |  |  |  |  |  |   ゜ て  |  |   ` |  |     |  い  舅  
  そ  じ  ど  そ  そ  あ  自  な  お     よ  考  考  家  仕  そ     と  た  姑  
  れ  ゃ  ち  れ  れ  た  分  に  れ      ゜ え  え  の  事  れ     に  い   ` 
  は  な  ら  も  も  し  の  よ  だ     そ  て  て  こ  の  は     か   ゜ さ  
  そ  い  に  あ  あ  の  将   ゜ っ     れ  る  る  と  こ  :     く     ら  
  う  か  し  る  る  将  来     て     に  ?  さ  は  と  :      `    に  
  か  ら  て   ` し  来  の     :      `     ゜ ね  に        あ     は  
  も  :  も  じ  :  は  こ     :     態  じ      ゜ 口        な     小  
  し  :   ` ゃ  :  ?  と           度  ゃ        出        た     姑  
  れ     二  な        も           で  あ        し        が     と  
  な     人  い        あ           示   `       す        は     の  
  い     だ  わ        る           し  も        る        っ     同  
  わ     け  よ        し           て  っ        つ        き     居  
  よ     で   ゜       :           も  と        も        り     も  
   ゜    決           :           ら  ち        り        し     勘  
  で     め                       わ  ゃ        は        な     弁  
  も     ら                       な  ん        な        い     し  
   `    れ                       い  と        い        か     て  
                                                              
前のページ
次のページ

  女  は  煙  れ  吸  い  も  た  な              し              じ  あ  
  性  あ  草  る  わ  う  煙  り  っ  硝  |  |  |  ゃ  数  |  |  |  ゃ  た  
  の  ま  を  も  な  の  草  つ  て  子  |  |  |  っ  子  |  |  |  な  し  
  喫  り  吸  の  い  は  は  い  い  製  あ  吸  タ  と  の  :  な  だ  い  た  
  煙  気  っ  だ  者  酒  吸  て  た  の  た  い  バ  握  煙  :  に  か  の  ち  
  が  持  た  が  は  と  っ  い   ゜ 大  し  過  コ  り  草  :  に  ら   ゜ の  
  恰  良   ゜  ` 全  違  た  た  フ  振  の  ぎ  な  潰  が     つ  っ     考  
  好  く  し  敏  く  っ  が   ゜ ィ  り  勝  じ  い  す  切     け  て     え  
  良  思  か  伸  吸  て   ` 敏  ル  の  手  ゃ  ?   ゜ れ     て  :     を  
  く  っ  し  は  わ   ` 嗜  伸  タ  灰  で  な        た     も  :     は  
  見  て   ` 時  な  吸  む  は  |  皿  し  い         ゜    優        っ  
  え  い  女  々  い  う  程  嫌  に  に  ょ   ゜       か     柔        き  
  る  な  性  思  と  者  度  な  は  は   ゜          ら     不        り  
  こ  い  が  い  い  は  だ  感  口  吸              に     断        さ  
  と   ゜ 煙  出  う  常  っ  じ  紅  殻              な     よ        せ  
  も  そ  草  し  風  習  た  が  の  が              っ     ね        て  
  あ  れ  を  た  に  的   ゜ し  跡  山              た      ゜       お  
  る  で  吸  よ  二  に  煙  た  が  盛              箱              く  
   ゜ も  う  う  分  吸  草   ゜ べ  り              を              べ  
  だ   ` の  に  さ  い  と  彼  っ  に              ぐ              き  
                  `                                           
前のページ
次のページ

  か  の  っ        う  た  つ  た     ほ  軽  と     て  い  っ        が  
  れ  と  け  |  |  る  で  も  も  |  ど  け  き  |  数   ` て  だ  |   ` 
  て  こ   ` |  |  さ  し  り  や  |  ほ  れ  の  |  子  箪  そ  が  |  数  
  い  ろ  弟  そ  ぼ  い  ょ  あ  っ  余  ど  ば   ゜ 間  に  笥  の   ` か  子  
  る  の  さ  の  く  だ   ゜ り  ぱ  計  に  い  こ  違  渡  の  ま  そ  ら  の  
  じ  エ  ん  わ  も  け  冗  ま  り  な  し  い  っ  っ  し  抽  ま  う  だ  吸  
  ゃ  リ  の  り  子  で  談  せ  子  お  な  っ  ち  て  た  斗  に  言  に  い  
  な  ち  子  に  供   ゜ じ  ん  供  世  い  て  の  ス   ゜ か  な  い  良  方  
  い  ゃ  供  は  は     ゃ  か  ほ  話  と  も  方  |     ら  っ  な  く  は  
   ゜ ん  を   ` 苦     な  ら  し  よ   ゜ の  が  パ     持  て  が  な  な  
     な  遊  ケ  手     い  ね  い   ゜    じ  い  |     っ  い  ら  い  に  
     ん  ば  ン  だ     わ   ゜ の  あ     ゃ  い  ラ     て  た  も  よ  か  
     か  せ  ち  よ     よ  そ  ね   `    な  で  イ     く  煙  彼   ゜ 勘  
     に  た  ゃ   ゜     ` う   ゜ 分     い  し  ト     る  草  は     に  
     は  り  ん        子  い  あ  か     ら  ょ  買     と  が   `    障  
     ず   ` っ        供  う  た  っ     し  う  っ      ` あ  間     っ  
     い  五  て        な  約  し  た     い   ゜ ち     封  っ  違     た  
     ぶ  島  い        ん  束  は   `    か  で  ゃ     を  た  っ      ゜ 
     ん  さ  っ        て  だ  産  あ     ら  も  っ     切  と  て        
     懐  ん  た         ` っ  む  な      `  ` た     っ  思  買        
                                                              
前のページ
次のページ

     嘆  年  の  こ        か  た        ん        い           懐     
  |  い  は  面  の  |  |  ら  っ  |  |  で  |  |  た  |  |  |  っ  |  
  |  て  キ  倒  間  |  |  課  て  |  |  し  |  |  わ  |  |  |  こ  |  
  い  い  ャ  も  の  ま  :  長  言  リ  そ  ょ  給  え   ゜ 五  だ  そ  い  そ  
  や  た  ン  あ  会  あ  :  補  っ  ス  う   ゜ 料   ゜    島  っ  う  し  れ  
  :  わ  プ  ま  社   ` :  佐  て  ト  だ     の        さ  て  か   ` は  
  :   ゜ に  り  の  人     に  た  ラ  け     こ        ん   ` し  ケ  :  
  あ  き  も  み  バ  様     な  わ  で  ど     と        っ  子  ら  ン  :  
  の  っ  行  て  ザ  の     っ  よ   `  ゜    で        て  供   ゜ タ   ` 
  奥  と  け  も  |  こ     た  ね  開        よ        言  な     は  エ  
  さ  自  そ  ら  で  と     そ   ゜ 発         ゜       え  ん     一  リ  
  ん  慢  う  え   ` は     う  で  部        五        ば  て     応  ち  
  は  し  に  な  忙  ど     じ  も  か        島         ` :     甥  ゃ  
  そ  た  な  く  し  う     ゃ   ` ら        さ        こ  :     っ  ん  
  ん  い  い  な  く  で     な  あ  営        ん        の  と     子  は  
  な  の  っ  っ  な  も     い  ち  業        っ        間  て     だ  誰  
  人  よ  て  た  っ  い      ゜ ら  に        て         ` も     し  に  
  じ   ゜ 奥  し  て  い        は  回        同        恥   ゜     ゜ で  
  ゃ     さ   ` 子  け        係  さ        期        を           も  
  な     ん  今  供  ど        長  れ        な        か           人  
                  `                                           
前のページ
次のページ

  :  い                    し           な           い  て     い  
  :  て  |  |  |  |  |  |  な  |  |  |  に  |  |  |   ゜ も  |  よ  
     い  |  |  |  |  |  |  い  |  |  |  か  |  |  |      ` |   ゜ 
     た  マ  余  余  な  な  お  で  あ  そ  な  あ  い  会  あ     あ  そ     
     り  ン  計  計  に  に  れ  よ  と  れ  に  っ  っ  わ  れ     た  う     
     :  シ  な  な  も  も  が  ね   ` に  も  た  た  な  か     し  よ     
     :  ョ  こ  こ  し  し  な   ゜ あ  し  な  の  い  い  ら     に   ゜    
     よ  ン  と  と  な  な  に  あ  ん  て  い  ?   ` わ  会     し  仮     
     れ  の  っ  は  い  い  し  た  ま  は  わ     今  よ  っ     て  に     
     よ  ま  て  す  っ  か  た  し  り  :  よ     日   ゜ た     み  そ     
     れ  わ   ` る  て  ら  っ  が  外  :   ゜    は  電  の     れ  う     
     の  り  い  く  こ  言  て  恥  で           ど  話  ?     ば  い     
     恰  意  つ  せ  と  っ  い  か  み           う  で         ` う     
     好  味   ` に  は  て  う  く  っ           し  一        立  つ     
     で  も  な   ゜ な  る  ん  ん  と           ち  度        場  も     
     出  な  に     い  の  だ  だ  も           ゃ  話        な  り     
     掛  く  し     だ   ゜ よ  か  な           っ  し        い  じ     
     け  う  た     ろ      ゜ ら  い           た  た        じ  ゃ     
     た  ろ  ?     う         ゜ こ           の  だ        ゃ  な     
     り  つ         ゜          と            ゜ け        な  く     
                                             ゜                
前のページ
次のページ

     文  と  敏  は     し  な  れ  で  冷  っ  た  な  一        か        
  数  字   ` 伸  す  敏  れ  い  ば  き  静  て   ゜ い  方  そ  |  り  |  |  
  子  通  新  が  で  伸  な  し   ` な  で  絡  数  か  的  れ  |  気  |  |  
  は  り  し  一  に  も  い   ` そ  い  も  ん  子  も  に  か  君  に  と  そ  
   ` 命  い  杯  な  飲   ゜ も  れ   ゜ あ  で  は  し  攻  ら  だ  し  に  れ  
  ど  取  ウ  飲  か  ま     っ  は  最  っ  く  だ  れ  撃  ど  っ  て  か  は  
  う  り  イ  み  っ  ず     と  そ  初  た  る  い  な  し  ん  て   ` く  :  
  し  に  ス   ` た  に     違  れ  か   ゜ と  ぶ  い  て  な  :  肝   ` :  
  て  な  キ  数   ゜ は     っ  で  ら  だ  い  酔   ゜ く  口  :  心  ど     
  は  っ  |  子  ウ  い     た  対  ヒ  か  う  っ  こ  る  論     な  う     
  っ  た  の  が  イ  ら     展  処  ス  ら  感  て  ん  の  に     こ  で     
  き   ゜ 口  残  ス  れ     開  方  テ  適  じ  は  な  だ  な     と  も     
  り     を  り  キ  な     に  が  リ  当  で  い  こ  か  っ     が  い     
  言     開  を  |  か     な  あ  ッ  に  は  た  と  ら  た     抜  い     
  え     け  乾  も  っ     っ  っ  ク  か  な  が  は  口  ろ     け  よ     
  な     た  し  残  た     て  た  に  わ  く   ` 初  論  う     て  う     
  い      ゜ て  り   ゜    い  か  な  す   ` 酔  め  と   ゜    る  な     
  の     そ  し  僅  ビ     た  も  っ  こ  ひ  っ  て  は  数     の  こ     
   `    れ  ま  か  |     か  し  て  と  ど  ぱ  だ  い  子     よ  と     
  煮     が  う  で  ル     も  れ  い  が  く  ら  っ  え  が      ゜ ば     
         `     `                                              
前のページ
次のページ

  し  た  矢     か  に           な        に  な  を  ぶ  の  わ  し  え  
  た   ゜ 継  数  っ  窮  と  |  |  の  |  |  言  た  何  ん  に   ` っ  切  
  唇  ぷ  ぎ  子  た  し   ` |  |  よ  |  |  っ  っ  度  の   ` 結  か  ら  
  が  か  早  は   ゜  ` 数  こ  お   ゜ 仕  だ  た  て  か  ん  と  婚  り  な  
  フ  ぷ  に  た  数  一  子  れ  れ     方  っ   ゜ い  口  び  か  前  し  い  
  ィ  か  煙  て  子  瞬  は  で  だ     な  て     つ  に  り   ` は  て  わ  
  ル  と  を  続  が  目  敏  も  っ     い   `    も  し  し  真  き  く  ね  
  タ   ゜ 吸  け  嘲  が  伸   ` て     じ  仕     そ  た  て  面  っ  れ   ` 
  |  そ  っ  に  笑  泳  を  な  :     ゃ  方     う  が  る  目  ち  な  と  
  を  れ  て  煙  っ  い  睨  に  :     な  な     な   ` の  な  り  き  か  
  離  は  は  草  た  だ  み  よ  こ     い  い     の  最  ね  の  し  ゃ   ` 
  れ  比  吐  を  よ   ゜ つ   ゜ れ     で  じ    └   後   ` は  た   ` 男  
  る  喩  き  吸  う  そ  け     で     し  ゃ     と  に  と  分  人  と  な  
  と  で   ` っ  に  れ  た     も     ょ  な     吐   ` い  か  だ  か  ん  
  き  は  吸  た  見  は   ゜    :      ゜ い     き   ┐ う  る  と   ` だ  
   ` な  っ   ゜ え  自  敏     :     だ  か     捨  ど  よ  け  思  見  か  
  実  く  て  そ  た  分  伸           か   ゜    て  う  う  ど  っ  損  ら  
  際   ` は  し   ゜ で  は           ら        る  し  な   ` て  な  も  
  そ  乾  吐  て     も  返           駄        よ  て  こ  ず  い  っ  っ  
  の  燥  い   `    分  答           目        う  あ  と  い  た  た  と  
                                                              
前のページ
次のページ

     も  が  な  敏  れ  斜  に  で  硝  灰           み  彼  数  い   ┐ よ  
  敏  し   ` に  伸  は  め  接  き  子  皿  そ  と  |  消  女  子  た  な  う  
  伸  れ  も  す  の  し  後  触  た  の  を  れ   ` |  し  は  の   ゜ ん  に  
  は  な  し  る  踝  な  ろ  し   ゜ 灰  投  だ  数  あ  た  吸  目  数  だ  音  
  立  い  か  ん  に  か  の  た  敏  皿  げ  け  子  な   ゜ い  が  子  そ  を  
  ち   ゜ し  だ  ご  っ  戸   ゜ 伸  は  つ  で  が  た  そ  か  か  は  の  立  
  上     た └   ろ  た  棚  そ  は  下  け  は  止  が  の  け  っ  聞  吸  て  
  が     ら  と  っ  が  に  れ  と  手  た  な  め  頼  時  の  と  き  い  た  
  っ     声  敏  と   ` 当  に  っ  か   ゜ か  を  り  だ  煙  見  逃  方   ゜ 
  た     に  伸  跳  吸  た  よ  さ  ら  思  っ  刺  な  っ  草  開  さ  は  そ  
   ゜    は  は  ね  殻  っ  っ  に  浮  わ  た  す  い  た  を  か  な └   の  
  ぶ     な  叫  返  を  て  て  避  き  ぬ   ゜ よ  か   ゜ ぞ  れ  か  と  吸  
  る     っ  ん  っ  撒  弾  少  け  上  力  次  う  ら     ん  た  っ  敏  い  
  ぶ     て  だ  て  き  け  し  た  が  が  の  に  で     ざ  よ  た  伸  方  
  る     い  つ  き  散  た  方   ゜ る  入  瞬  怒  し     い  う   ゜ は  が  
  震     な  も  た  ら   ゜ 向  が  よ  っ  間  鳴  ょ     に  に  そ  ぽ  気  
  え     か  り   ゜ し  灰  が   ` う  て   ` っ  !     灰  な  の  つ  に  
  て     っ  だ   ┐ な  皿  変  肘  に  い  数  た        皿  っ  刹  り  障  
  く     た  っ  な  が  は  わ  の  飛  た  子   ゜       に  た  那  と  っ  
  る     か  た   ` ら  割  り  先  ん   ゜ が           揉   ゜  ` 呟  た  
                  `     `                                   ゜ 
前のページ
次のページ

  全  伸  数  と  け     た  貼  た  飛  べ  ロ  軌  っ  触  思  し  て  元  の  
  身  の  子  か  に  数   ゜ り   ゜ ん  き  |  道  直  は  っ  り  い  に  を  
  を  耳  が  く  倒  子     付  一  だ  か  ル  が  ぐ  い  た  重  た  あ  感  
  ぴ  に  床  ら  れ  は     い  瞬   ゜  ゜ が  は  飛  つ   ゜ か   ゜ っ  じ  
  く  は  に  い  た  声     た   ` そ  瓶  良  っ  ん  ま  し  っ  そ  た  た  
  っ  聞  倒  は   ゜ を      ゜ そ  し  は  す  き  で  で  か  た  れ  ウ   ゜ 
  と  こ  れ  声  い  発     そ  れ  て  回  ぎ  り  い  も  し   ゜ は  イ  そ  
  い  え  る  を  や  す     こ  は   ` 転  た  分  っ  残  取  手  ま  ス  し  
  わ  て  音  洩   ` る     だ  額  数  せ   ゜ か  た  っ  り  を  だ  キ  て  
  せ  こ  も  ら   ┐ 間     け  に  子  ず  あ  っ   ゜ た  返  離  口  |   ` 
  た  な   ` し  う  も     静  め  の  に  る  た  手   ゜ し  れ  を  の  ほ  
  が  か  瓶  た  ッ  な     止  り  額   ` い   ゜ を  ウ  は  た  開  瓶  と  
   ` っ  が  か └   く     画  込  に  底  は  あ  離  イ  つ  瞬  け  を  ん  
  そ  た  転  も  と   `    像  ん  ま  を  悪  ま  れ  ス  か  間  た  数  ど  
  の   ゜ が  し  か  そ     の  だ  と  頭  す  り  た  キ  な   ` ば  子  反  
  あ  数  る  れ   ┐ の     よ  か  も  に  ぎ  に  瞬  |  い   ┐ か  に  射  
  と  子  音  な  ぐ  ま     う  の  に  一  た  も  間  の   ゜ あ  り  投  的  
  は  は  も  い  え  ま     に  よ  命  直  と  コ  に  瓶  そ  ッ  で  げ  に  
   ` 一   `  ゜ ッ  仰     な  う  中  線  言  ン  そ  は  の └   ず  返   ` 
  も  度  敏  が └   向     っ  に  し  に  う  ト  の  真  感  と  っ  し  手  
      `     `                                                 
前のページ
次のページ

  ま     て  ひ  体  さ  せ                       咳  踏  吐  介     う  
  た  藪  い  と  を  ず  え  そ  馬              と  き  ん  き  抱  何  二  
  難  に  た  仕  動  に └   の  場              に  込  づ  気  す  が  度  
  儀  隠   ゜ 事  か  は  と  間  敏              か  ん  け  が  る  ど  と  
  で  し  実  終  し  い  呟  中  伸              く  だ  た  し  ま  う  動  
   ` て  際  え  て  ら  い   ` は     4        こ   ゜  ゜ て  で  な  か  
  勘  お  そ  た  労  れ  て   ┐  `             れ  床  服  き  も  っ  な  
  弁  い  れ  あ  働  な  い  あ  ひ              を  に  に  た  な  た  か  
  し  た  は  と  し  い  た  あ  た              始  は  か   ゜ か  の  っ  
  て  ト  重   ` た  仕   ゜ 面  す              末  大  か  半  っ  か  た  
  く  ラ  労  彼  と  事  そ  倒  ら              し  量  っ  歩  た   ゜  ゜ 
  れ  ン  働  は  い  だ  れ  く  ス              な  の  た  よ   ゜ た     
  と  ク  だ  微  う  っ  で  せ  コ              け  吸  灰  ろ  頭  だ     
   ` を  っ  笑  充  た  も  え  ッ              れ  殻  が  め  が  ち     
  腹  運  た  み  実   ゜ そ   ` プ              ば   ゜ 舞  い  く  に     
  が  ぶ   ゜ さ  感  久  れ  あ  を              |     う  た  ら  了     
  立   ゜    え  が  し  は  あ  振              |      ゜  ゜ く  解     
  っ  こ     浮  あ  ぶ  汗  面  る               ゜    敏  灰  ら  で     
  て  れ     か  っ  り  を  倒  っ                    伸  皿  す  き     
  く  が     べ  た  に  流  く  た                    は  を  る  た     
               ゜           ゜                          ゜  ゜    
前のページ
次のページ

  す  で  ん  幸  覗     た  身  な  な  ち  な  ト  寝  立  ま  っ  出  た  る  
   ゜ 押  と  い  く  穴   ゜ が  る  い  な  が  ラ  か  て  で  て  し   ゜ ほ  
  し  し   ` 顔   ゜ の     ご   ゜  ゜ か  ら  ン  せ  て  は  い  て  開  ど  
  か  込  変  は  顔  奥     そ  も  手  っ   ` ク  る  入  ア  る  き  け  だ  
  し  む  な  向  が  に     っ  う  が  た  穴  の  と  れ  シ  よ  た  る  っ  
  そ   ゜ 具  こ  こ  ち     と  一  痛   ゜ に  留  途  た  が  う  ら  の  た  
  れ  ま  合  う  ち  ゃ     穴  度  い  蓋  向  金  中  の  つ  に  ど  が   ゜ 
  は  た  に  を  ら  ん     に  蹴   ゜ を  け  を  で  で  き  思  う  恐  ト  
   ` 吐  飛  向  を  と     落  っ  こ  蹴  て  外  つ  は  や  え  し  ろ  ラ  
  穴  き  び  い  向  落     ち  た  ち  飛  蓋  す  か  あ  す  た  よ  し  ン  
  を  気  出  て  い  ち     た   ゜ ら  ば  を  と  え  ま  い   ゜ う  か  ク  
  掘  が  し  い  て  た      ゜ さ  ま  し  開   ` る  り  し  し   ゜ っ  ご  
  っ  し  て  た  い  か     反  ら  で  た  け  一   ゜ 埋   ` か  数  た  と  
  て  た  い   ゜ な  と     動  に  ず   ゜ た  方  彼  ま  深  し  子   ゜ 埋  
  い   ゜ た  片  い   `    で  も  り  そ   ゜ の  は  ら  さ  ト  の  ゾ  め  
  た  汗   ゜ 足  の  敏     尻  う  落  れ  す  把  目  な  は  ラ  目  ン  た  
  と  が  ス  が  を  伸     餅  一  ち  で  ぐ  手  を  い  あ  ン  が  ビ  い  
  き  吹  コ  ぴ  祈  は     を  度  そ  も  に  を  瞑   ゜ っ  ク  赫  が  と  
  の  き  ッ  ょ  っ  穴     つ   ゜ う  落  は  抑  っ  横  た  の  く  飛  思  
  汗  出  プ  こ  た  を     い  中  に  ち  落  え  て  に  が  ま  光  び  っ  
               ゜                          `     `             
前のページ
次のページ

  思  所  す  ン  し  焦     一  た  配  き  を  乗     も  更  い  と  中  と  
  う  で  る  ジ  物  る  か  言   ゜ 置  て  盛  っ  土  振  と  い  掬  を  は  
  よ  い   ゜ ン  は  な  ら  も  手  す   ` り  か  が  ら  て  の  い  つ  違  
  う  っ  そ  を  な  と  の  言  を  る  そ   ` っ  だ  ず  も  で  か  っ  っ  
  に  た  し  か  い  彼  ト  わ  合   ゜ の  さ  て  い  に  そ  は  け  突  て  
  い  ん  て  け  か  は  ラ  ず  わ  足  上  ら  土  ぶ  死  ん  な  た  い   ` 
  か  車  前  る   ゜ 自  ン  に  せ  跡  に  に  を  余  体  な  い  と  て  明  
  な  を  進   ゜ 変  分  ク   ` る  を  撒  踏  踏  っ  を  こ  か  き  押  ら  
  い  停  す  一  な  に  を  彼  こ  消  く  み  み  た  埋  と  と   ` し  か  
   ゜ め  る  度  跡  言  抱  は  と  す   ゜ 固  固   ゜ め  は  思  一  込  に  
  夜  る   ゜ バ  は  い  え  そ  も   ゜ 折  め  め  気  た  で  っ  瞬  ん  脂  
  が   ゜ 数  ッ  残  聞  て  の  な  ま  れ  た  た  持   ゜ き  た   ` だ  汗  
  明  車  十  ク  っ  か  車  場  く  っ  た   ゜  ゜ 悪     な   ゜ 服   ゜ だ  
  け  輪  メ  し  て  せ  に  を   ` た  枝  腐  そ  か     い  し  を  土  っ  
  る  の  |  て  い  て  戻  立  さ  く  を  葉  し  っ      ゜ か  脱  を  た  
  に  跡  ト  藪  な  い  る  ち  よ  利  さ  土  て  た     あ  し  が  か   ゜ 
  は  を  ル  か  い  た   ゜ 去  う  己  り  を  残  が     と   ` せ  け  さ  
  ま  消  離  ら  か   ゜ 焦  っ  な  的  気  集  り   `    は  も  た  る  ら  
  だ  す  れ  脱   ゜ 落  る  た  ら  だ  な  め  の  上     脇  う  方   ゜ に  
  間   ゜ た  出  エ  と  な   ゜ の  っ  く  て  土  に     目  今  が  ひ  背  
                     `                                        
前のページ
次のページ

  の  が  か  鉄  ル  往  た  中  者  不     走  緩  い  っ  た     進  限  が  
  中  横  が  錆  ご  年   ゜ 目  の  法  そ  る  め   ゜ て  泥  舗  さ  界  あ  
  に  倒  崩  び  と  の  自  を  正  投  こ   ゜ る  事  は  が  装  せ  だ  っ  
  ト  し  れ  た  な  名  動  付  規  棄  は  脇   ゜ 故  い  跳  路  た  っ  た  
  ラ  に  た  匂  く  車  車  け  の  さ  廃  道  山  で  け  ね  に   ゜ た   ゜ 
  ン  な   ゜ い   ` だ  に  て  施  れ  材  へ  道  も  な  て  出  も   ゜ だ  
  ク  っ  肉  が  屋  っ  詳  い  設  て  置  入  だ  起  い   ` る  う  適  が  
  を  て  屋  し  根  た  し  た  で  い  場  る   ゜ こ   ゜ 車  と  一  当   ` 
  捨  い  で  た  に   ゜ く  の  は  る  だ   ゜ カ  し  も  体  加  つ  に  こ  
  て  た  使   ゜ は  タ  な  だ  な  の  っ     |  た  と  の  速  仕  誤  の  
  た   ゜ う  一  洗  イ  い   ゜ さ  だ  た     ブ  ら  も  下  し  事  魔  場  
   ゜ 中  よ  歩  濯  ヤ  敏  ひ  そ  ろ   ゜    が  最  と  で  た  が  化  に  
  カ  は  う  踏  機  は  伸  し  う  う  い     続  悪  運  弾   ゜ 残  し  長  
  モ  か  な  み  が  四  で  ゃ  だ   ` や     く  だ  転  け  タ  っ   ` 居  
  フ  ら  大  出  乗  本  も  げ  っ  廃   `     ゜  ゜ は  る  イ  て  敏  す  
  ラ  だ  き  す  っ  と  知  た  た  棄  粗     十  ス  得   ゜ ヤ  い  伸  る  
  |  っ  な  た  て  も  っ  車   ゜ 物  大     キ  ピ  意  こ  に  る  は  の  
  ジ  た  冷  び  い  ホ  て  が  来  処  ゴ     ロ  |  で  こ  付   ゜ 車  は  
  ュ   ゜ 蔵  に  た  イ  い  あ  る  理  ミ     ほ  ド  は  で  着     を  も  
  の  そ  庫  何   ゜ |  る  っ  途  業  が     ど  を  な  焦  し     発  う  
                                                              
前のページ
次のページ

     で  げ  め  ず  十  気  喉  ぶ     い  り  か     れ  げ  し  ら  め  た  
  煙  や  た  て  に  ま  に  が  退  し  で  あ   ゜ こ  を  た  て  な  た  め  
  草  っ  仕  人   ゜ で  流  カ  避  ば  は  え  あ  れ  振   ゜  ` い   ゜  ` 
  に  と  事  の  も  自  し  ラ  帯  ら  な  ず  る  で  り  投  ウ   ゜ パ  そ  
  火  俺  だ  助  し  分  込  カ  が  く  か  や  意  す  払  げ  イ  事  ッ  こ  
  を  も  っ  け  か  一  む  ラ  あ  走  っ  る  味  べ  う  た  ス  務  キ  ら  
  つ  一  た  を  し  人   ゜ だ  っ  る  た  こ  で  て  よ  瞬  キ  机  ン  に  
  け  人  か  借  た  で  爽  っ  た  と  が  と  は  終  う  間  |  を  グ  あ  
  る  前  も  り  ら  や  快  た   ゜  `  ` は  始  わ  に   ` の  運  が  る  
   ゜ に  し  ず   ` っ  だ   ゜ そ  自  妙  や  ま  っ  再  嫌  瓶  ん  い  も  
  深  な  れ  に  こ  た  っ  ス  こ  動  な  っ  り  た  び  な  を  で  か  の  
  く  っ  な   ` れ  の  た  ポ  へ  販  満  た  と   ゜ 車  感  思  き  れ  を  
  吸  た  い  自  ま  だ   ゜ |  車  売  足   ゜ も  果  を  触  い  て  て  詰  
  い  と   ゜ 分  で   ゜ 思  ツ  を  機  感  後  い  た  発  が  っ  前  い  め  
  込  彼  そ  一  の  誰  え  ド  滑  が  が  味  え  し  進  蘇  き  を  て  ら  
  む  は  う  人  人  の  ば  リ  り  い  あ  の  る  て  さ  っ  り  塞  ド  れ  
   ゜ 思  だ  で  生  力   ` ン  込  く  っ  悪   ゜ そ  せ  た  遠  い  ア  る  
  煙  っ   ` や  で  も  一  ク  ま  つ  た  さ  が  う  た  が  く  だ  が  だ  
  草  た  こ  り   ` 頼  か  を  せ  か   ゜ が   ` な   ゜  ` へ   ゜ 閉  け  
  が   ゜ れ  遂  初  ら  ら  一  た  並     な  と  の     そ  投  そ  ま  詰  
                           ゜                                  
前のページ
次のページ

                       か  ど     を  気  後  さ  は     永  消  ま  こ  
                       な  な  だ  右  配  ろ  ら  大  前  遠  え  ま  ん  
                       さ  い  が  に  だ  か  に  急  方  に  る  ど  な  
                       そ   ゜  ` 出   ゜ ら  バ  ぎ  か  夜  こ  こ  に  
                       う  や  ど  し  車  は  イ  で  ら  が  と  か  旨  
                       だ  は  こ  た  を  軽  ク  車  ヘ  明  が  に  い  
                       っ  り  へ   ゜ 出  自   ゜ に  ッ  け  で  行  も  
                       た   ` 行     す  動  そ  滑  ド  な  き  っ  の  
                        ゜ 自  け     し  車  れ  り  ラ  け  れ  て  だ  
                          分  ば     か  が  か  込  イ  れ  ば  し  と  
                          の  い     な  減  ら  む  ト  ば   ゜ ま  は  
                          マ  い     い  速  大   ゜ が  |  あ  い  知  
                          ン  ん      ゜ し  型  続  近  |  る  た  ら  
                          シ  だ     彼  て  ト  い  づ   ゜ い  か  な  
                          ョ   ゜    は  来  ラ  て  い     は  っ  か  
                          ン  行     ウ  た  ッ  二  て      ` た  っ  
                          に  く     イ   ゜ ク  台  き     こ   ゜ た  
                          帰  当     ン  停  ま  来  た     の  い   ゜ 
                          る  て     カ  ま  で  た   ゜    ま  や  こ  
                          し  な     |  る   ゜  ゜ 彼     ま   ` の  
                                                              
前のページ
次のページ

  ろ  に  い  し  い     覚  う  る  九     に  目                       
  う  し  で  た   ゜ 床  め  ひ  の  時  上  |  が  翌                    
  か  て  目   ゜ そ  に  て  と  だ  半  半  |  覚  朝              第     
   ` も  が  日  れ  就  し  眠   ゜  ゜ 身   ゜ め   `                   
  そ  よ  覚  は  で  い  ま  り  な  今  を     た  馬              二     
  れ  く  め  す  も  て  っ  し  に  日  ひ      ゜ 場     1              
  と  眠  た  で  ず  か  た  よ  も  は  ね     ま  敏              部     
  も  れ  の  に  い  ら   ゜ う  焦  土  り     る  伸                    
  久  た  か  高  ぶ  三     と  っ  曜   `    で  は                    
  し   ゜ も  く  ん  時     思  て  日  宮     何   `             そ     
  ぶ  疲  し  昇  眠  間     っ  起   ゜ 棚     事  思                    
  り  れ  れ  っ  っ  ほ     た  き  ゆ  の     も  い              の     
  に  切  な  て  て  ど     が  る  っ  時     な  の                    
  ベ  っ  い  い  い  し      ` こ  く  計     か  ほ              後    
  ッ  て   ゜ る  た  か     す  と  り  を     っ  か                   
  ド  寝  し   ゜ よ  経     っ  は  し  見     た  す                    
  を  た  か  暑  う  っ     か  な  て  る     か  っ                    
  占  か  し  さ  な  て     り  い  い   ゜    の  き                    
  領  ら  そ  の  気  い     目   ゜ ら  ま     よ  り                    
  し  だ  れ  せ  が  な     が  も  れ  だ     う  と                    
                                                              
前のページ
次のページ

     す  か  が  珍  ッ  や  間     い  の  く  前  は  ぐ     目  我  ち  て  
  顔  る  ら   ` し  チ  は  の  敏   ` 虚  な  夜  ず  る  思  覚  れ  に  眠  
  を   ゜ だ  そ  く  ン  り  カ  伸  気  し  い  の  が   ゜ わ  め  な  熟  れ  
  洗      ゜ こ  彼  を  半  |  は  持  さ   ゜ こ  な  果  ず  だ  が  睡  た  
  い     敏  に  よ  通  分  テ  弾  の  が  が  と  い  て  傍  っ  ら  で  か  
   `    伸  立  り  っ  閉  ン  み  い  な   ` が   ゜ は  ら  た  訝  き  ら  
  歯     は  っ  早  た  め  を  を  い  い  こ  夢  彼  上  に   ゜ し  た  だ  
  を     思  て  く  と  て  開  つ  朝  わ  の  だ  は  掛  手     く  よ  ろ  
  磨     わ  微  起  き  お  け  け  だ  け  爽  っ  苦  け  を     思  う  う  
  く     ず  笑  き   ` く  る  て  と  で  快  た  笑  を  延     う  だ  か  
   ゜    瞬  ん   ` 彼   ゜  ゜ ベ  彼  は  感  と  す  ひ  ば     ほ   ゜  ` 
  冷     き  で  朝  は  洗  一  ッ  は  な  は  思  る  っ  す     ど  夢  と  
  蔵     し  い  食  一  面  度  ド  思  か  な  う   ゜ ぺ   ゜     ` す  も  
  庫      ` る  を  瞬  所  全  か  っ  っ  ん  ほ  い  返  布     妙  ら  か  
  を     ま  よ  作  ぎ  へ  開  ら  た  た  だ  ど  く  す  団     に  見  く  
  開     た  う  っ  ょ  行  に  降   ゜ が  ろ  彼  ら   ゜ の     晴  な  短  
  け     も  に  て  っ  く  し  り      ` う  は  な  妻  中     れ  か  時  
  る     や  見  い  と  の  た  た     清   ゜ 虫  ん  が  を     や  っ  間  
   ゜    苦  え  る  し  に  が   ゜    々  一  が  で  い  ま     か  た  の  
  た     笑  た  妻  た  キ   ` 居     し  抹  良  も  る  さ     な   ゜ う  
                  ゜                       ゜                   
前のページ
次のページ

  使  っ  で  く  ズ     辿  時  に  の  る  た  に        と  に  は  烈  い  
  っ  て  き  の  ッ  最  り  前  は  だ  前  の  就  前     は  か  な  な  し  
  た  い  な  だ  ク  初  着  だ  す  が  に  が  け  夜     何  け  れ  空  た  
  の  た  い   ゜ の  は  く   ゜ で   `  ` 明  た  と     も  る  な  腹  も  
  だ  の   ゜ が  運  階  こ  な  に  マ  人  け  の  い     な   ゜ い  感  の  
  が  で  扉   ` 動  段  と  ん  日  ン  目  方  は  う     い  そ   ゜ に  は  
   ` は  が  エ  靴  の  が  と  が  シ  に  だ  明  の     の  し  牛  襲  入  
  五  や  開  レ  と  方  で  か  昇  ョ  つ  っ  け  か     だ  て  乳  わ  っ  
  階  り  い  ベ  は  が  き  人  っ  ン  か  た  方  今     っ  食  は  れ  て  
  ま  切  て  |  い  人  た  目  て  の  な   ゜ で  朝     た  べ  あ  た  い  
  で  れ   ` タ  え  に   ゜ に  い  駐  い  夏  あ  と      ゜ る  っ  が  な  
  の  な  そ  |  音  遇     つ  た  車  よ  の  る  い         ゜ た   ` い  
  距  い  の  で  も  い     く   ゜ 場  う  日   ゜ う        す   ゜ 買   ゜ 
  離   ゜ 向  は  立  そ     こ  そ  に  に  は  い  の        る  コ  い  卵  
  の  そ  こ  逃  つ  う     と  れ  車  帰  早  や  か        と  |  物  す  
  長  れ  う  げ   ゜ な     な  で  を  り  い   `  `       も  ン  に  ら  
  か  で  に  る  意  気     く  も  入  た   ゜ 家  や        う  フ  行  な  
  っ  階  誰  こ  外  が     部  ま  れ  か  日  に  っ        や  レ  く  い  
  た  段  か  と  に  し     屋  だ  る  っ  が  戻  と        る  |  気   ゜ 
  こ  を  立  が  響  た     に  五  頃  た  昇  っ  床        こ  ク  に  猛  
                  ゜                                           
前のページ
次のページ

  不  よ  だ  と  部  三     そ  静  わ  い  よ  ね  く  を  よ  手  よ  の  と  
  敵  う  が  顔  か  和  完  し  か  ぬ  け  う  り  音  添  う  に  り  扉  と  
  と  に  そ  が  ら  土  璧  て  に  音  な  に   ` を  え  に  握  緊  の  い  
  い  歪  れ  ほ  ふ  に  だ  チ   ゜ が  い  体  わ  立  る  手  っ  張  前  っ  
  う  ん  は  こ  つ  へ   ゜ ェ  そ  出   ゜ を  ず  て   ゜ に  て  し  に  た  
  よ  だ  本  ろ  ふ  た  ほ  |  し  る  ド  室  か  な  そ  つ  い  た  立  ら  
  り  に  当  ん  つ  り  っ  ン  て   ゜ ア  内  に  い  う  か  た   ゜ っ   ゜ 
  薄  や  の  で  と  込  と  を  錠  ノ  を  に  開  よ  し  な   ゜ 鍵  た  し  
  気  に  笑  く  妙  む  す  か  を  ブ  閉  入  け  う  て  い  あ  は  と  か  
  味  や  み  る  な   ゜ る  け  下  を  め  れ  た  に  鍵   ゜ ま  す  き  し  
  悪  笑  で  の  力  し  と  る  ろ  ひ  る  る  隙  キ  穴  鍵  り  で  だ  一  
  か  い  は  が  が  か  力   ゜ す  ね  と   ゜ 間  |  に  を  握  に  っ  番  
  っ   ゜ な  自  湧  し  が     の  っ  き  そ  か  を  差  握  り  ポ  た  緊  
  た  他  い  分  い   ` 抜     も  た  が  こ  ら  回  し  っ  締  ケ   ゜ 張  
  ろ  人   ゜ で  て  す  け     ゆ  ま  要  で  滑  す  込  た  め  ッ  出  し  
  う  が  ひ  も  き  ぐ  た     っ  ま  注  安  り   ゜ み  右  て  ト  て  た  
   ゜ 見  き  分  た  に   ゜    く   ` 意  心  込  ノ   ` 手  い  か  行  の  
  自  た  つ  か   ゜ 体  玄     り  静  だ  し  ま  ブ  な  に  て  ら  く  は  
  分  ら  っ  っ  自  の  関     と  か   ゜ て  せ  を  る  左  思  出  と  自  
  で   ` た  た  然  内  の      ゜ に  思  は  る  ひ  べ  手  う  し  き  室  
            ゜                 `                       `       
前のページ
次のページ

  る  撥     浴  始  車  い  々  靴  だ     だ  く  汗  い  長     い  抱  も  
  よ  ね  シ  室  末  の  や  泥  は  の  敏  け  肌  か  た  い  彼  転  え  そ  
  う  て  ャ  に  し  フ   ` を  見  だ  伸  で  に   `  ゜ 時  が  げ  て  う  
  に  い  ワ  入  よ  ロ  駐  撒  る  が  は  な  へ  そ  こ  間  そ  た  大  思  
  頭  る  |  っ  う  ア  車  き  影   ` 衣  く  ば  れ  め  で  う  い  声  う  
  を   ゜ を  た   ゜ マ  場  散  も  ほ  服  シ  り  と  か  は  や   ゜ で   ゜ 
  洗  シ  頭   ゜ 靴  ッ  で  ら  な  と  を  ャ  つ  も  み  な  っ  で  笑  と  
  う  ャ  か     や  ト  念  し  く  ん  脱  ツ  く  単  か  い  て  も  い   ` 
   ゜ ン  ら     服  が  入  て  て  ど  ぎ  も   ゜ 純  ら   ゜ へ  心  た  笑  
  い  プ  浴     も  泥  り  き   ` 新   ` 泥  よ  な  汗  熱  た  底  か  い  
  っ  |  び     だ  ま  に  た  ふ  品  い  だ  く  汗  が  帯  り  笑  っ  出  
  た  を  る      ゜ み  落  の  と  同  や  ら  見  か  流  夜  込  え  た  し  
  ん  つ   ゜    |  れ  と  で  心  様  そ  け  る   ` れ  に  ん  な   ゜ た  
  シ  け  髪     |  だ  し  は  配  だ  の  だ  と  シ  た  室  で  い  泪  く  
  ャ  る  の     と   ゜ た  な  に  っ  前  っ   ` ャ   ゜ 内  い   ゜ が  な  
  ン   ゜ 毛     に  あ   ゜ い  な  た  に  た  ズ  ツ  冷  は  た     出  っ  
  プ  掻  に     か  れ  そ  か  っ  白  靴   ゜ ボ  が  汗  蒸  の     る  た  
  |  き  も     く  は  れ   ゜ た  い  を     ン  生  か  さ  は     ほ   ゜ 
  の  む  泥     彼  後  よ  い   ゜ 運  脱     の  ぬ   ` れ  そ     ど  腹  
  泡  し  が     は  で  り  や  道  動  い     裾  る  脂  て  う     笑  を  
                        `                                     
前のページ
次のページ

  が  る  り  あ  反  て  し  て     て  ら  に  プ  に  女  た  前  た  ふ  を  
  ハ   ゜ 緊  っ  面  い  た  ぞ  す  い  な  つ  の  あ  は   ゜ は  も  と  洗  
  イ  疲  張  て   ` た   ゜ わ  る  っ  い  け  ポ  っ  兼  数  ご  の  そ  い  
  に  労  す  の  さ   ゜ 股  ぞ  と  た   ゜ よ  ン  た  用  子  く  だ  の  流  
  な  も  る  勃  も  ど  間  わ   `  ゜ そ  う  プ   ゜ す  が  普   ゜ 手  し  
  っ  あ  と  起  あ  う  に  し  妙     れ  と  を  が  る  そ  通  彼  が  て  
  て  る  か  で  り  し  手  て  な     で  す  押   ` の  れ  の  に  止   ` 
  き  程  え  は  な  て  を  く  感     仕  る  し  彼  を  ぞ  石  は  ま  ボ  
  て  度  っ  な  ん  こ  延  る  覚     方  と  た  は  嫌  れ  鹸  男  る  デ  
   ` の  て  か  と  ん  ば  よ  に     な   `  ゜ あ  が  専  し  性   ゜ ィ  
  一  と  性  っ  も  な  す  う  陥     く  な  掌  え  っ  用  か  用  そ  ソ  
  種  こ  欲  た  思  時  ま  な  っ     手  ぜ  で  て  た  に  使  の  れ  |  
  の  ろ  が  が  え  に  で  感  た     で  か  泡  数   ゜ 揃  っ  が  は  プ  
  昂  を  昂   ` て  と  も  覚   ゜    体  タ  立  子  彼  え  た  別  数  に  
  奮  越  じ  極  く  訝  な   ゜ 毛     に  オ  た  の  用  た  こ  に  子  手  
  状  え  る  度  る  し  く  一  穴     な  ル  せ  ボ  の  も  と  あ  が  を  
  態  る  こ  に   ゜ か   ` 瞬  が     す  が   ` デ  は  の  が  る  使  延  
  に  と  と  疲  性  っ  勃  身  拡     り  見  タ  ィ  そ  だ  な   ゜ っ  ば  
  な  気  が  れ  欲  た  起  震  が     つ  当  オ  ソ  の   ゜ か  結  て  す  
  る  分  あ  た  が  が  し  い  っ     け  た  ル  |  奥  彼  っ  婚  い   ゜ 
   ゜              `                                           
前のページ
次のページ

  間  っ  ワ     が  ら  浮  ろ  分  ま  ま  気  れ  凶  一  |  そ  た  に     
  が  た  |  逡  な  だ  か  う  の  な  で  も  た  暴  瞬  ベ  の   ゜ 昨  こ  
  も   ゜ だ  巡  い  っ  ん  と  脳  い  も  な   ゜ な  思  |  遺  そ  夜  ん  
  ど  熱  け  し  と  た  で  彼  裡   ゜ と  く  本  情  っ  シ  体  う  か  な  
  か  め  で  て  思   ゜ い  は  を  今  い  は  当  欲  た  ョ  を  す  ら  時  
  し  の  な  い  っ  こ  た  思  占  何  う  な  は  が  と  ン  埋  れ  の  は  
  い  湯  く  る  た  ん   ゜ っ  め  か  よ  か  そ  湧  き  す  め  ば  こ  出  
   ゜ を   ` う   ゜ な  そ  た  る  を  う  っ  れ  い  と  る  た  よ  と  し  
  バ  浴  や  ち  だ  い  れ   ゜ の  思  な  た  に  て  同  男  あ  く  を  て  
  ス  槽  は  に  か  や  は  そ  は  い   ゜  ゜ 溺  き  じ   ゜ と  眠  洗  し  
  タ  に  り  萎  ら  ら  だ  う  妻  浮  だ  ど  れ  た  よ  妻   ` れ  い  ま  
  ブ  満  湯  え  と  し  ら  思  の  か  が  う  て  が  う  の  そ  る  流  う  
  に  た  に  て  い  い  し  う  死  べ   ` せ  し   ` な  死  の  だ  し  に  
  寄  す  浸  し  っ  も  な  先  体  る  想  堕  ま  さ   ` 体  同  ろ  て  限  
  り   ゜ か  ま  て  の  く  か  以  と  像  ち  い  す  変  を  じ  う  し  る  
  掛  待  り  っ  :  は   ` ら  外  し  力  る  た  が  態  犯  手   ゜ ま   ゜ 
  か  っ  た  た  :  見  ひ  も  に  た  が  な  い  に  性  し  で  妻  い  精  
  る  て  い   ゜  ゜ た  ど  う  な  ら  先  ら  と  躊  欲  た  マ  を  た  と  
  と  い  と  シ     こ  く  頭  い   ` へ  何  い  躇  的  い  ス  殺  か  一  
  猛  る  思  ャ     と  淫  に  だ  自  進  処  う  わ  な  と  タ  し  っ  緒  
                                                      `       
前のページ
次のページ

  体  こ  整  覚  靄  か  こ  の     を  な                 こ     の  烈  
  も  と  え  め  が  も  の  は  静  つ  い  何              う  熱  に  な  
  ぼ  は  て  た  か  し  辺   ` か  い  の  も              し  い  と  睡  
  や  な   ` と  か  れ  り  も  な  て  で  す              て  湯  思  魔  
  け  い  腹  思  っ  な  は  う  週   `  ` る              馬  に  う  に  
  て  し  を  っ  て  い  普  夏  末  彼  さ  こ     2        場  浸   ゜ 襲  
  き   ` 満  た  き  が  段  休   ゜ は  し  と              敏  か  何  わ  
  た  何  た  の  た   ` よ  み  耳  ぼ  て  は              伸  る  も  れ  
  の  も  し  も  せ  そ  り  の  が  ん  苦  な              は  と  か  る  
  だ  す  て  束  い  れ  ひ  と  遠  や  に  か              床  よ  も   ゜ 
   ゜ る  し  の  だ  だ  っ  こ  く  り  な  っ              に  う  が  こ  
     気  ま  間   ゜ け  そ  ろ  な  し  ら  た              就  や  面  の  
     が  え   ` す  で  り  も  っ  て  な  が              い  く  倒  ま  
     な  ば  と  っ  な  と  あ  た  い  い   `             た  落  く  ま  
     い   ` り  き  く  し  り  よ  た   ゜ し              の  ち  さ  死  
     の  ほ  あ  り   ` て   ` う   ゜ 食  た              だ  着  い  ね  
     で  か  え  爽  頭  い  住  に     卓  い              っ  い   ゜ た  
      ` に  ず  快  の  る  宅  感     に  こ              た  て     ら  
     頭  や  身  に  中  せ  街  じ     頬  と               ゜ き     い  
     も  る  を  目  に  い  の  る     杖  も                 た     い  
                                                      ゜       
前のページ
次のページ

  求  彼  え  る  は  た  な  と  い  ま  た  模  け  は  ら  屈  し  ら  か     
  め  だ  ず   ゜ 面  ま  い  な   ゜ ら  だ  型  で  い  つ  だ  ま  な   ` 何  
  て  っ  何  時  白  に   ゜ ど  な  な  じ  作  も  つ  い  と  う  い  頭  も  
  動  て  で  に  い  向  そ  望  ら  い  っ  り  ビ  も  最  い   ゜ の  が  す  
  こ  溌  も  は  し  こ  れ  ん  家   ゜ と  に  デ  こ  近  う  溜  か  ぼ  る  
  う  剌  行  不   ` う  よ  で  に  が  し  熱  オ  ん  ま  の  息   ゜ や  気  
  と  と  動  愉  外  か  り  い  い   ` て  中  を  な  で  で  し  脳  け  が  
  い  す  す  快  に  ら  面  な  れ  外  い  す  見  感   ` は  か  み  て  な  
  う  る  れ  な  出  や  倒  い  ば  に  る  る  る  じ  つ  な  出  そ  い  い  
  気  の  ば  こ  た  っ  く   ゜ い  出   ゜ わ  わ  だ  ま  い  な  は  る  か  
  に  だ  そ  と  り  て  さ  刺  い  て  そ  け  け  っ  り   ゜ い  働  か  ら  
  は  が  れ  が  人  く  い  戟   ゜ も  う  で  で  た  結  思   ゜ か  ら  頭  
  な   ` な  あ  に  れ   ゜ も  そ  面  し  も  も  の  婚  え  だ  ず  何  が  
  れ  あ  り  っ  会  ば  そ  ほ  も  白  て  な  な  だ  す  ば  か   ` も  ぼ  
  な  え  に  て  え   ` れ  し  そ  い  家  く  く   ゜ る   ` ら  体  す  や  
  い  て  楽  も  ば  面  で  い  も  こ  に   `  ` 本  ま  学  と  も  る  け  
   ゜ 自  し   ` 刺  白  も  と  面  と  い  家  ゲ  を  で  生  い  固  気  て  
  そ  分  い  と  戟  い  や  は  白  な  て  の  |  読   ` の  っ  ま  が  く  
  れ  か  の  り  も  こ  は  思  い  ど  も  中  ム  む  週  頃  て  っ  起  る  
  で  ら  で  あ  あ  と  り  わ  こ  な  つ  で  や  わ  末  か  退  て  こ  の  
         `           `                                        
前のページ
次のページ

  言  た  伸  盛  た  に  大  っ     自  の  ば  こ  き  余  く     そ  か  面  
  っ   ゜ も  り  ろ  し  振  て  妻  分  一  い  と  り  計  て  も  れ  な  白  
  て  当  手  の  う  て  り   ` を  の  番  け  が  し  な  も  ち  で  い  い  
  は  て  元  吸   ゜ も  の  断  死  身  の  な  あ  て  こ  よ  ろ  不   ゜ か  
  い  る  に  殻  そ  そ  硝  じ  な  を  悪  い  る  い  と  い  ん  自  つ   ` 
  け  つ  あ  を  れ  れ  子  て  せ  護  い  こ  の  る  を   ゜  ` 由  ま  と  
  な  も  っ  撒  が  ほ  の  殺  た  る  癖  と  で  だ  し  む  す  を  ら  問  
  い  り  た  き  意  ど  灰  し  の  た  だ   ゜ は  ろ  な  し  る  感  な  わ  
  言  な  ウ  散  外  強  皿  た  は  め  っ  そ  な  う  け  ろ  こ  じ  い  れ  
  葉  ど  イ  ら  な  く  を  の   ` な  た  れ  い   ゜ れ  し  と  た  人  れ  
  を  な  ス  し  強  投  投  で  そ  の   ゜ を  か  だ  ば  な  が  こ  間  ば  
  吐  い  キ  な  さ  げ  げ  は  う  だ  仕  先   ゜ が   ` い  な  と  だ   ` 
  い   ゜ |  が  で  る  つ  な   ` か  事  送  い   ` 地  方  い  は  と  別  
  た  確  の  ら  飛  つ  け  い  死  ら  で  り  や  今  球  が  な  な  自  に  
  の  か  瓶   ゜ ん  も  ら   ゜ な   ゜ は  に   ` は  は  い  ら  い  分   ` 
  で  に  を  反  で  り  れ  過  せ     な  す  や  本  も  い   ` の  で  と  
   ` 数  投  射  き  は  た  失  た     い  る  ら  当  っ   ゜ 何  だ  も  答  
  そ  子  げ  的  た  な   ゜ で  の     の  の  な  は  と  人  も  っ  思  え  
  れ  は  返  に   ゜ か  数  あ  で     だ  が  け  や  す  間  し  た  う  る  
  に   ` し  敏  山  っ  子  る  あ      ゜ 彼  れ  る  っ  が  な   ゜ が  し  
                        ゜                                `    
前のページ
次のページ

  れ  喧  よ  び  の  除  て  し  い  で  な     の  て  し  け  ス  し  と  よ  
  た  嘩  さ  っ  瞬  な  も  な  た  は  ら  だ  だ  も  か  ら  キ  て  い  っ  
  の  し  そ  く  間  ん   ` か  の  な   ` が  か  正  言  れ  |  や  っ  て  
  は  た  う  り   ` か  介  っ  か  い  重   ` ら  当  い  た  の  殺  て  彼  
  自  の  な  し  思  し  抱  た  ど  の  大  そ  過  防  様  腹  瓶  し  数  は  
  分  で  の  た  い  て  す  こ  う  だ  な  の  失  衛  が  い  を  て  子  激  
  の  は  に  は  も  い  ら  と  か   ゜ 過  あ  と  と  な  せ  投  や  へ  昂  
  妻  な  :  ず  寄  る  せ   ゜  ゜ 本  失  と  い  は  い  に  げ  れ  の  寸  
  な  い  :  で  ら  場  ず  い  ま  当  を  が  っ  い   ゜ す  返  と  憎  前  
  の   ゜  ゜  ` ぬ  合  に  や  ず  の  犯  い  て  え  も  ぎ  し  思  悪  だ  
  だ  こ  街  反  成  で  放  処  そ  と  し  け  い  な  ち  な  た  っ  が  っ  
  か  こ  で  射  り  は  置  置  こ  こ  た  な  い  い  ろ  い  の  た  湧  た  
  ら  は  見  的  行  な  し  な  で  ろ  と  か   ゜ が  ん   ゜ は  の  い  わ  
   ゜ 自  ず  に  き  い  て  ど  何   ` は  っ      ` ど  手   ` で  た  け  
     分  知  駆  に   ゜ い  で  ら  す  い  た     故  ん  元  灰  も  わ  だ  
     の  ら  け   ` そ  た  き  か  ぐ  え   ゜    意  な  が  皿  な  け  が  
     家  ず  寄  と  も  こ  な  の  絶   ` こ     で  に  狂  を  く  で   ` 
     で  の  っ  も  そ  と  い  処  命  犯  こ     は  弁  っ  投   ` も  だ  
      ` 者  て  か  も   ゜ に  置  し  罪  ま     な  護  た  げ  ウ   ` か  
     倒  と  も  く  そ  掃  し  を  て  者  で     い  し  と  つ  イ  ま  ら  
                                                              
前のページ
次のページ

  る  ま  か     な  さ  徹  む  後  よ     る  い  て  考  で  あ  し  は     
   ゜ っ  っ  彼  い  ん  あ  し  戻  う  し   ゜ な  い  え  あ  り  に  言  決  
  土  て  た  は  の  あ  る  か  り  に  か     か  る  ら  ろ   ` か  い  定  
  曜  い   ゜ し  だ  る  の  な  は  動  し     っ  の  れ  う  そ  か  逃  的  
  日  た  と  か   ゜ だ  み  い  で  い  な     た  で  ず  が  の  わ  れ  な  
  だ   ゜ い  し     ろ   ゜  ゜ き  て  の     に   `  `  ` 行  ら  が  の  
  か  独  う   `    う  と  中  な  し  だ     し  い  あ  心  動  ず  で  は  
  ら  身  よ  結      ゜ な  途  い  ま   ゜    ろ  や  る  神  が   ` き   ` 
  と  時  り  局     ぼ  れ  半   ゜ っ  彼      `  ` は  喪  多  こ  な  遺  
  い  代   `  `    ん  ば  端  な  た  の     こ  あ  っ  失  少  れ  い  体  
  っ  か  家  そ     や   ` は  ら  の  側     の  と  き  状  行  以   ゜ を  
  て  ら  の  の     り  や  も  ば  だ  に     時  の  り  態  き  降  事  遺  
   ` そ  中  後     し  る  う   ` か  立     点  こ  し  に  当  は  前  棄  
  何  れ  で  一     て  べ  許  そ  ら  て     か  と  た  陥  た  計  の  し  
  か  に  じ  日     い  き  さ  の  仕  ば     ら  は  目  っ  り  画  計  た  
  し  は  っ  中     る  こ  れ  先  方   `    確  よ  的  て  ば  的  画  こ  
  な  慣  と  何     場  と  な  を  が  も     信  く  に  い  っ  な  の  と  
  け  れ  凝  も     合  は  い  突  な  う     犯  考  向  た  た  行  あ   ゜ 
  れ  て  り  し     で  た   ゜ き  い  そ     と  え  か  と  り  動  る  こ  
  ば  い  固  な     は  く  貫  進   ゜ の     な  て  っ  は  的  で  な  れ  
                                                              
前のページ
次のページ

  た  込  わ  い  か  次  ッ  う     た                 し  た  見  自  な  
   ゜ ま  ん  る   ` の  と  ド  や   ゜ 日              た  の  せ  然  ら  
  な  れ  ば  か  な  瞬  な  ア  は     曜              も  で  る  だ  な  
  ん  る  か  の  ぜ  間  っ  に  り     日              の  は  よ  っ  い  
  だ  音  り  よ  か  に  た  駆  気      ゜             で  な  り  た  理  
   ` が  に  う  ほ  は  の  け  に     明     3        あ  い  ず   ゜ 由  
  と  し  笑  に  っ  も  だ  寄  な     け              る   ゜ っ  結  は  
  妙  て  み   ` と  う  っ  っ  る     方               ゜ 彼  と  果  な  
  に   ` さ  来  し  観  た  て  の      ゜                の  良  的  い  
  拍  す  え  た  て  念   ゜ く  だ     新                 性  か  に   ゜ 
  子  ぐ  こ  か  い  し  一  る   ゜    聞                 格  っ  は  む  
  抜  さ  ぼ   ` た  て  瞬  足  最     配                 が  た   ` し  
  け  ま  れ  待   ゜ い  身  音  初     達                 妙  の  早  ろ  
  し  足  た  っ  ま  た  が  に   `    の                 な  だ  々  こ  
  た  音   ゜ て  る   ゜ 縮   ` ド     音                 と   ゜ に  の  
  よ  は  新  ま  で  そ  ま  敏  タ     で                 こ  意  妙  方  
  う  遠  聞  し  歓  れ  っ  伸  ド     目                 ろ  図  な  が  
  な  ざ  が  た  迎  ど  た  は  タ     が                 で  的  動  彼  
  感  か  差  と  し  こ  が  ド  と     覚                 幸  に  き  に  
  じ  っ  し  言  て  ろ   ` キ  い     め                 い  し  を  は  
                                                              
前のページ
次のページ

     真  誘  で  何  っ  に  ら     腐  眠  ず  る  ん  前  っ     っ  そ  に  
  |  上  わ  分  を  て  は  し  何  る  っ  に  に  な  に  て  ひ  た  れ  な  
  |  だ  れ  か  言  い  ド  い  か  ま  て  惰  限  に  寝  も  と   ゜ か  っ  
  き   ゜ る  ら  っ  る  ッ  そ  声  で  い  眠  る  眠  て  眠  ま     ら  た  
  ょ  意   ゜ な  て   ゜ プ  の  が  眠  る  を   ゜ い  い  っ  ず     彼  が  
  う  外  ふ  い  い  妙  ラ  声  聞  り  と  貪  何  の  た  て  安     は   ` 
  :  な  い   ゜ る  に  |  は  こ  た  き  る  が  か   ゜ も  堵     ま  内  
  :  近  に  さ  の  間  効  遠  え  い  が  こ  愉   ゜ 昼  眠  す     た  心  
  八  さ  そ  ざ  か  延  果  ざ  た  |  一  と  し  そ  寝  い  る     夏  で  
  月  で  の  波   ` び  を  か   ゜ |  番  ほ  い  う  も  よ  と     掛  は  
  九  あ  声  の  頭  し  伴  っ  夢   ゜ 幸  ど  っ  な  し  う   `    け  ほ  
  日  る  が  よ  の  た  っ  た  う     せ  愉  て  の  て  な  実     に  っ  
  は   ゜ は  う  中  よ  て  り  つ     で  し   ` だ  い  :  に     く  と  
  :     っ  だ  を  う   ` 近  つ     あ  い  誰   ` る  :  よ     る  し  
  :     き   ゜ 旋  に  遠  寄  の     る  こ  に  眠   ゜  ゜ く     ま  て  
   `    り  益  回  聞  く  っ  中      ゜ と  も  い  ど  前  眠     っ  い  
  長     聞  々  す  こ  近  た  で     脳  は  邪  と  う  日  れ     て  る  
  崎     こ  眠  る  え  く  り   `    み  な  魔  き  し  は  た     目  の  
  に     え  気  だ  る  う   ゜ 女     そ  い  さ  は  て  九   ゜    を  で  
  :     た  を  け   ゜ ね  時  性     が   ゜ れ  寝  こ  時  眠     瞑   ` 
         ゜                                                    
前のページ
次のページ

  フ  へ  場  う  こ  な     争  に  人  な           う  で  ょ  祷  り  :  
  ァ  の  合  と  と  か  彼  で  そ  に └   不  |  |  :  す  う  を  :  原  
  ッ  倒  の  思  が  っ  は  も  う  漏  と  謹  |  |  :  :  :  捧  :  爆  
  シ  錯  ミ  っ  あ  た   ` :  口  ら  い  慎  黙  プ     :  :  げ  正  が  
  ョ  的  リ  て  っ  が  あ  :  を  し  う  な  祷   `    正  八  ま  午  :  
  ン  な  タ  い  た   ` ま └   突  た  の  話  !  プ     午  月  す  の  :  
  と  憧  リ  た   ゜ 一  り  と  い  こ  が  だ      `    の  :   ゜ 時  落  
  し  れ  ズ  時  高  時  一   ゜ て  と  敏  が     プ     :  :  :  報  と  
  て  の  ム  期  校  ミ  つ     し  は  伸   `     `    :  は  :  と  さ  
  で  結  と  も  を  リ  の     ま  な  の   ┐    プ     一  :  ピ  と  れ  
  あ  果  い  あ  中  タ  こ     う  い  口  戦      `    分  :  ン  も  た  
  っ  と  う  る  退  リ  と     の   ゜ 癖  争     ポ     間  長  ポ  に  日  
  た  い  の   ゜ し  ズ  に     だ  が  だ  で     |     :  崎  ン   ` で  
  し  う  は  も  て  ム  熱      ゜  ` っ  も     ン     :  に  パ  一  す  
   ` よ   ` っ  自  に  中      ┐ こ  た  起      ゜    ま  :  ン  分   ゜ 
  自  り  フ  と  衛  凝  す     あ  と   ゜ こ           す  :  ポ  間  :  
  衛   ` ァ  も  隊  っ  る     |  あ  も  ら           :  原  |  の  :  
  隊  一  シ   ` に  て  方     あ  る  ち  な           :  爆  ン  :  こ  
  に  種  ズ  こ  入  い  で      ` ご  ろ  い           き  :   ゜ :  れ  
  入  の  ム  の  ろ  た  は     戦  と  ん  か           ょ  :  き  黙  よ  
                                                              
前のページ
次のページ

  い  こ  け  分  人  か  も  か  遇  う  事  し     何  や  は  も  け  あ  り  
  た  う  で  か  の   ゜ な  る  で  の  件  た  三  か  は  忘  の  で  っ  た  
   ゜ し   ゜ っ  問  世  い  の  は  と  を  と  年  と  り  れ  が  は  た  い  
  た  た  少  て  題  の   ゜ だ  な  い  引  嘘  前  ん  昂  て  あ  な  だ  と  
  い  感  な  い  な  中  一  っ  く  う  き  吹  の  で  奮  い  っ  い  け  い  
  し  情  く  る  の  や  体  た  心  よ  起  い  春  も  し  た  て  の  で  う  
  た  が  と  の  だ  社  こ   ゜ 情  り  こ  て   ` な  た  が   ` だ   ` の  
  こ   ` も  で   ゜ 会  う  こ  |   ` し   ` ハ  い   ゜  ` 社  が  本  も  
  と  ど  敏  は  た  が  し  れ  |  そ  た  大  ル  こ  昭  湾  会   ` 気   ` 
  で  こ  伸  な  ぶ  悪  た  は   ゜ れ  某  騒  マ  と  和  岸  人  こ  で  時  
  は  か  に  い  ん  い  心  も  敏  へ  カ  ぎ  ゲ  が  X  戦  に  う  入  々  
  な  ら  は  か   ` せ  情  は  伸  走  ル  で  ド  起  |  争  な  し  ろ  ふ  
  い  来   `  ゜ 当  い  は  や  に  る  ト  は  ン  こ  D  が  っ  た  う  と  
  の  る  自  認  人  で  ど  宗  は  信  集  済  が  ら  A  勃  て  気  と  そ  
  だ  の  分  め  た  は  こ  教  そ  者  団  ま  ど  な  Y  発  し  持  考  う  
   ゜ か  の  た  ち  な  か  で  れ  の   ゜ さ  う  い  の  し  ば  に  え  思  
  す  分  中  く  も  い  ら  も  が  心  教  れ  し  か  と  た  ら  は  て  う  
  べ  か  に  な  本   ゜ 来  思  よ  境  祖  な  た  な  き  と  く  根  い  こ  
  て  っ  潜  い  当  そ  る  想  く   ゜ が  い  こ  と  も  き  の  深  た  と  
  自  て  む  だ  は  の  の  で  分  境  ど  大  う   ゜  ` は  間  い  わ  が  
                                                              
前のページ
次のページ

     た  い  に  か  は  た  な     で  し  掛  っ  思  こ  し  思  と  か  分  
  |   ゜ が  と  に  手  わ  っ  も  も  れ  か  た  う  ま  な  想  い  ら  の  
  |      ` は  お  を  っ  た  ち  な  な  っ  の   ゜ で  い  ∨  う   ` せ  
  黙     な  さ  眠  合  た  人  ろ  れ  い  て  も  も  行   ゜ よ  の  い  い  
  祷     ん  す  り  わ  ま  々  ん  と   ゜ い   ` し  っ  待  り  に  っ   ゜ 
  を     だ  が  く  せ  ま  へ   ` い  少  て  そ  か  て  っ  も  過  そ  自  
  終     か  に  だ  た  と  の  そ  う  し   ` う  し  し  て  危  ぎ  戦  分  
  わ     も  言  さ   ゜ い  気  う  気  力  指  し  た  ま  い  険  な  争  が  
  り     う  え  い  同  う  持  か  が  が  先  た  ら  え  る  な  い  で  に  
  ま     遠  な └   時  の  は  と  あ  入  を  潜   ` る  だ  こ   ゜ も  っ  
  す     い  い  と  に  は  別  い  っ  り  微  在  妻  彼  け  と  こ  起  ち  
   ゜    世  と  唱   ` ど  で  っ  た  過  妙  意  を  ら  で  だ  れ  こ  も  
        界  こ  え   ┐ う  あ  て  か  ぎ  に  識  死  が  あ   ゜ は  っ  さ  
        の  ろ  て  ど  か  る   ` ら  た  狂  が  な  羨  る  が   ` て  っ  
        よ  が  い  う  と   ゜ 戦  で  の  わ  ど  せ  ま   ゜  ` ど  世  ち  
        う  チ  た  か  思  ベ  争  は  も  せ  こ  る  し  だ  敏  ん  の  も  
        な  ク   ゜  ` う  ッ  の  な   ` た  か  こ  い  か  伸  な  中  い  
        気  リ  安  君  が  ド  犠  い  ど  の  に  と  と  ら  は  ∧  全  か  
        が  と  ら  も   ` に  牲  の  う  か  引  に  さ   ` 行  危  部  な  
        し  痛  か  静  彼  横  に  か  に  も  っ  な  え  そ  動  険  が  い  
                              ゜                               
前のページ
次のページ

  読  い  大  そ  よ  る  み     休  動  面  て                 始        
  み   ` 学  れ  く  と  な  彼  み  で  を  新  敏              ま  昼  |  
  な  せ  に  は  出   ` さ  は  の  あ  開  聞  伸              る  で  |  
  さ  め  入  高  る  中  い  テ  日  る  い  受  は              だ  あ  ピ  
  い  て  る  校  か  学  と  レ  に   ` た  か  起              け  る  ン  
  と  君  と   ` ら  受  い  ビ  は  と   ゜ ら  き     4        だ   ゜ ポ  
  言  た   ` 大  と  験  う  も  ま  は  こ  朝  る              っ  起  ン  
  わ  ち  最  学  い  を  こ  新  ず  い  れ  刊  と              た  き  パ  
  れ  商  近  受  う  し  と  聞  と  え  ら  を  ま               ゜ れ  ン  
   ` 学  の  験  こ  な  は  も  ら  な  は  取  ず                 ば  ポ  
  就  部  学  の  と  か   ` 嫌  な  い   ` っ  テ                 以  ン  
  職  や  生  と  で  っ  小  い  い   ゜ い  て  レ                 前   ゜ 
  課  政  は  き  耳  た  学  だ  行  平  つ  く  ビ                 と     
  で  経  新  も  に  彼  校  っ  動  日  も  る  を                 変     
  も  学  聞  言  入  に  も  た  で  は  と  と  つ                 わ     
  そ  部  す  わ  っ  も  高   ゜ あ  と  変   ` け                 ら     
  う  の  ら  れ  て   ` 学  新  る  も  わ  真  た                 ぬ     
  指  学  読  た  き  入  年  聞   ゜ か  ら  先   ゜                日     
  導  生  ま  し  た  試  に  を     く  ぬ  に  そ                 常     
  さ  は  な   `  ゜ に  な  読      ` 行  三  し                 が     
                                                              
前のページ
次のページ

  の  見  第  が  ぐ  チ  る  な  社  景  だ  よ  い     聞  か  な  も  ど  れ  
  中  出  一  :  ら  ェ  べ  く  会  を  け  そ  う  通  を  な  か  の  と  た  
  の  し  に  :  い  ッ  き  て  人  目  は  活  の  勤  読  く  っ  だ  い   ゜ 
  こ  だ  新   ゜ は  ク  だ  も ┌┐ に  熱  字  は  電  む  な  た  か  う  そ  
  と  け  聞  彼  目  し  し  一  こ  す  心  に  お  車  気  っ  が  ら  も  れ  
  に  で  の  は  を  た   ` 般  と  る  に  縁  決  の  に  て   `  ` の  で  
  ま  う  文  べ  通  い  取  紙  に  と  読  が  ま  中  は  く  さ  新  は  も  
  る  ん  章  つ  し   ゜ 引  の  営  彼  ん  な  り  で  な  る  す  聞  身  学  
  で  ざ  自  に  て  そ  先  経  業  は  で  さ  の  新  れ   ゜ が  を  近  生  
  興  り  体  文  お  う  や  済  マ  ど  い  そ  図  聞  な  だ  に  読  な  に  
  味  す  が  学  く  で  関  関  ン  う  た  う  で  を  い  が  社  ま  も  と  
  が  る  読  青  べ  な  連  連 └┘ も  り  に  あ  読  の   ` 会  な  の  っ  
  な   ゜ む  年  き  く  企  の  な  居  す  み  る  む  だ  彼  に  い  と  て  
  い  と  に  で  で  て  業  記  ら  心  る  え   ゜ サ  っ  は  出  の  し   ` 
  の  ど  耐  は   ` も  の  事   ` 地   ゜ る  同  ラ  た  ど  る  は  て  社  
  だ  の  え  な  と   ` 株  は  経  が  そ  者  僚  リ   ゜ う  と  彼  実  会  
  っ  つ  な  か  思  三  価  読  済  悪  う  が  で  |     し  そ  だ  感  の  
  た  ま  か  っ  う  面  は  ん  新  く  い   ` も  マ     て  う  け  が  動  
  が  り  っ  た  の  記  毎  で  聞  な  う  新   ` ン     も  も  で  な  き  
   ` 世  た  が  だ  事  日  い  で  る  光  聞  お  と     新  い  は  い  な  
         ゜  `                 ゜                               
前のページ
次のページ

  て  今  の  あ  だ  う  ろ  嫌  け  け     ッ  朝  ら  よ  し  談  た  た  こ  
  狭  ま  場  る   ` が  う  う  れ  れ  と  ク  刊   ` そ   ` く   ゜  ゜ れ  
  い  で  合   ゜ テ   ` が  こ  ば  ば  こ  行  も  彼  テ  折  ら  世  数  に  
  家  彼  は  家  レ  そ   ` と  い  い  ろ  き   ` ら  レ  込  い  の  子  関  
  に  は   ` 族  ビ  ん  世  は  い  い  で  と  時  は  ビ  広  は  主  は  し  
  住  そ  自  の  は  な  の  な   ゜ し   ` い  に  朝  の  告  目  婦  彼  て  
  む  う  室  誰  見  こ  中  い  た   ` 新  う  は  刊  番  す  を  の  に  は  
  よ  し  に  か  た  と  の   ゜ だ  テ  聞  こ  折  し  組  ら  通  常  輪   ` 
  う  て  退  が  く  は  話  た  そ  レ  は  と  り  か  表  邪  す  と  を  妻  
  に  き  散  テ  な  知  題  と  れ  ビ  読  も  畳  と  だ  魔  と  し  か  の  
  な  た  す  レ  く  っ  に  え  だ  も  み  あ  ま  っ  け  に  い  て  け  数  
  る   ゜ れ  ビ  て  た  つ  情  け  見  た  っ  れ  て  で  し  う   ` て  子  
  と  と  ば  を  も  こ  い  報  の  た  く  た  た  い  こ  て  こ  家  新  と  
  そ  こ  い  つ  目  と  て  や  こ  く  な   ゜ ま  な  と  い  と  庭  聞  も  
  う  ろ  い  け  に  じ  い  流  と  な  け     ま  か  足  た  も  欄  を  意  
  は  が  の  る  入  ゃ  け  行  で  け  れ     古  っ  り  ほ  し  と  読  見  
  い   ` だ   ゜ る  な  な  に   ` れ  ば     新  た  た  ど  な  か  ま  が  
  か  結  っ  だ  こ  い  く  疎  な  ば  読     聞   ゜  ゜ で  か  人  な  一  
  な  婚  た  が  と   ゜ な  く  に  見  ま     ス  そ  だ   ` っ  生  か  致  
  く  し   ゜ そ  が  た  ろ  な  も  な  な     ト  の  か  お  た  相  っ  し  
                                                              
前のページ
次のページ

  も  傾  る  一  来  け  入  人  い  そ  あ  楽  見  の  が     な  の  し  な  
   ゜ 向  の  体  て  で  る  の  の  し  っ  し  た  テ  嫌  テ  ら  を   ` っ  
  彼  は  が  ど   ` は  な  下  で  て  た  み  い  レ  い  レ  見  邪  音  て  
  ら  彼  癖  う  彼  な  り  宿   ` ニ   ゜ に  と  ビ  と  ビ  た  魔  は  く  
  は  の  に  い  の  い  テ  に  暇  ュ  ド  し  思  が  い  の  い  す  聞  る  
  そ  弟  な  う  部   ゜ レ  遊  潰  |  ラ  て  う  嫌  う  ど  で  る  こ   ゜ 
  う  や  っ  つ  屋  別  ビ  び  し  ス  マ  い  番  い  こ  こ  仕  こ  え  見  
  し  妹  て  も  に  の  を  に  に   ゜ や  た  組  な  と  が  方  と  て  た  
  な  に  い  り  テ  友  つ  行  つ  見  サ  ア  は  の  も  嫌  な  は  く  く  
  い  も  る  か  レ  人  け  く  け  た  ス  ニ  あ  だ  あ  い  い  で  る  な  
  と  あ  の  と  ビ  は  た  と  て  い  ペ  メ  る  っ  っ  っ  の  き   ゜ く  
  落  っ  だ  思  は   `  ゜  ` お  も  ン  の  し  た  た  て  だ  な  人  て  
  ち  た  ろ  う  な  敏  そ  そ  く  の  ス  ひ   `  ゜ が   ` が  い  が  も  
  着   ゜ う   ゜ い  伸  れ  の  こ  だ   ` と  子  彼   ` テ  :   ゜ 見  目  
  か  そ  が  テ  の  の  で  友  と  け  映  つ  供  だ  つ  レ  :  い  た  に  
  な  し   ` レ  か  家  見  人  は  を  画  や  の  っ  け  ビ   ゜ や  い  入  
  い  て  こ  ビ  と  に  て  は  な  見  に  ふ  頃  て  っ  そ      ` と  っ  
  の  数  う  を  訊  遊  い  部  い  れ  特  た  は  時  ぱ  の     見  い  て  
  か  子  い  つ  ね  び  る  屋   ゜ ば  番  つ  毎  に  な  も     た  う  く  
  も  に  う  け  た  に  わ  に  友  い   ` は  週  は  し  の     い  も  る  
               ゜                                              
前のページ
次のページ

  は     く  せ  か  っ  と  犯  の  か     そ  る  い  ビ  報  デ  ぎ  テ  し  
   ` そ  さ  そ   ` た  は  罪  は  っ  そ  う  だ   ゜ を  替  ィ  た  レ  れ  
  気  ん  ん  れ  見   ゜ 関  者   ` て  こ  い  け  そ  つ  わ  |  あ  ビ  な  
  ま  な  だ  に  た  最  係  で  今  い  ま  う  で  れ  け  り  ド  た  嫌  い  
  ぐ  彼  っ  乗  く  新  が  も  が  た  で  顔  不  ど  な  に  ラ  り  い  が  
  れ  が  た  れ  も  の  な  注  旬   ゜ 毛  は  機  こ  く  見  マ  か  は   ` 
  で   `  ゜ な  な  情  い  目  の  い  嫌  見  嫌  ろ  な  る  が  ら  年  敏  
  も  テ     い  け  報  し  さ  輝  ず  い  せ  に  か  っ  以  流   ` 々  伸  
  な  レ     の  れ  だ   ` れ  い  れ  す  な  な  家  て  外  行  そ  度  は  
  ん  ビ     だ  ば  と  そ  て  て  に  る  い  っ  の  い  は  り  れ  を  逆  
  で  を     か  聞  か  ん  い  い  し  理  よ  た  中  た   ` 出  は  増  に  
  も  つ     ら  き  巷  な  る  る  ろ  由  う   ゜ で   ゜ 自  し  丁  し  苛  
  な  け      ゜ た  の  も  わ  人  テ  は  に  さ  テ  ニ  分  た  度  て  々  
  く  新     新  く  話  の  け  た  レ  何  し  す  レ  ュ  か  頃  い  き  し  
   ` 聞     し  も  題  は  だ  ち  ビ  か  て  が  ビ  |  ら  だ  わ  て  て  
  当  を     い  な  や  見   ゜ で  画   ゜ い  に  が  ス  は  が  ゆ   ` く  
  然  開     話  い  流  た  所   ` 面  彼  た  新  つ  す  一   ` る  三  る  
  の  い     な   ゜ 行  く  詮  た  に  に  が  妻  い  ら  切  朝  ト  十   ゜ 
  こ  た     ど  ど  な  な  自  と  映  は   ゜ に  て  見  テ  に  レ  を  彼  
  と  の     た  う  ん  か  分  え  る  分     は  い  な  レ  時  ン  過  の  
                                                              
前のページ
次のページ

  た  が  る  少     く  べ  ソ  を  っ     こ  ん  減        っ  い  行  な  
   ゜ 小  と  し  帰  閑  た  バ  駆  て  近  の  と  っ  と     た  記  方  が  
  順  さ   ` 寄  途  散   ゜ 屋  っ  く  く  ま  な  て  に      ゜ 事  で  ら  
  番  い  こ  り   ` と  駅  が  て  る  の  ま  く  き  か        も  は  理  
  待  せ  ち  道  洗  し  前  あ  駅  と  コ  で  気  た  く        な  な  由  
  ち  い  ら  を  車  て  は  る  ま  い  ン  い  後   ゜ も        け  く  は  
  が  も  は  し  を  い   `  ゜ で  う  ビ  る  れ  外  う        れ   ` た  
  で  あ  大  て  し  た  普  彼  行  手  ニ  わ  が  に  昼        ば  そ  だ  
  き  っ  盛   ` な   ゜ 段  は  っ  も  エ  け  し  出  過        ニ  の  一  
  て  た  況  コ  け     の  そ  た  あ  ン  に  て  る  ぎ        ュ  発  つ  
  い  が  で  イ  れ     日  こ   ゜ っ  ス  も   ` の  で        |  覚   ゜ 
  る   ` あ  ン  ば     曜  で  駅  た  ス  い  恐  は  あ        ス   ゜ 死  
  ほ  車  っ  洗  と     日  か  舎  が  ト  か  ろ  億  る        で  幸  体  
  ど  と  た  車  思     に  き  の   ` ア  な  し  劫   ゜       も  い  の  
  で  人   ゜ 場  っ     較  揚  脇  敏  で  い  く  だ  さ        報  に  行  
   ` で  そ  を  た     べ  げ  に  伸  弁   ゜ も  っ  す        道   ` 方  
  こ  溢  こ  覗   ゜    て  ソ  立  は  当     あ  た  が        さ  そ   ゜ 
  れ  れ  は  い  そ     も  バ  食  自  で     っ  し  に        れ  れ  い  
  で  て  規  て  れ     ひ  を  い  転  も     た   ` 腹        な  ら  や  
  は  い  模  み  で     ど  食  の  車  買     が  な  が        か  し   ` 
                                       `                      
前のページ
次のページ

  タ  衆     ン  シ  ら  っ     が  規  う  あ  た  出  度  結  は  は     ど  
  ・  車  彼  ス  ョ  か  た  タ   ` 模  で  ま   ゜ さ  ほ  婚  車  カ  水  う  
  カ  を  の  タ  ン  と  こ  イ  そ  の  あ  り  本  れ  ど  し  を  ッ  し  仕  
  ロ  代  車  ン  に  い  と  ヤ  こ  大  る  良  当  た  来  て  ぴ  プ  ぶ  様  
  |  表  は  ド  戻  う  も  や  も  き   ゜ く  は   ゜ た  自  か  ル  き  も  
  ラ  す  ご  へ  る  と  あ  車  似  い  も  な  炎  そ  こ  家  ぴ  で  が  な  
  で  る  く  行  と  車  る  体  た  セ  う  い  天  れ  と  用  か  楽  眩  い  
   ` 車  普  っ   ` 内  が  に  よ  ル  少  の  下  は  が  車  に  し  し   ゜ 
  グ  種  通  た  洗  の   ` 跳  う  フ  し  だ  で  そ  あ  を  磨  げ  か     
  レ   ゜ の   ゜ 車  方  彼  ね  な  サ  離  が  の  れ  る  買  く  に  っ     
  |  あ  小     道  で  が  た  状  |  れ   ` 洗  な   ゜ っ  趣  洗  た     
  ド  り  型     具  あ  洗  泥  況  ビ  た  い  車  り  そ  た  味  車   ゜    
  は  て  4     を  っ  い  を  だ  ス  所  か  や  に  の  直  な  に  家     
  中  い  ド     積  た  た  洗  ろ  の  に  に  ワ  楽  時  後  ど  興  族     
  級  に  ア     ん   ゜ い  い  う  洗  も  も  ッ  し  の  は  な  じ  連     
   ` い  セ     で  敏  の  落   ゜ 車   ` 気  ク  い  こ   ` か  て  れ     
  色  え  ダ      ` 伸  は  と     場  こ  持  ス  も  と  数  っ  い  で     
  も  ば  ン     ガ  は   ` し     が  こ  良  掛  の  が  子  た  る   `    
  ノ  ト   ゜    ソ  マ  ど  た     あ  よ  さ  け  だ  思  と  が   ゜ ま     
  |  ヨ  大     リ  ン  ち  か     る  り  そ  は  っ  い  二   ` 彼  た     
                                                              
前のページ
次のページ

  入  め  り     ち  を  車  て  っ  す  っ  車  信  子  無  ジ  い  か  子  マ  
  っ  た  も  給  に  出  に  き  て  る  て  種  の  の  理  |  は  ら  に  ル  
  て   ゜ せ  油  な  す  は  た   ` 取  以  に  な  望  だ  プ  2   ` は  の  
  来  そ  ず  し  っ  の  詳  と  こ  引  来  し  い  み  と  タ  ド  ス  不  白  
  な  こ  に  て  た  も  し  こ  の  先  ず  た  敏  は  し  イ  ア  カ  満   ゜ 
  か  は  そ  も   ゜ 彼  く  ろ  と  が  っ  か  伸  そ  て  プ  の  イ  だ  凡  
  っ  居  こ  ら     だ  な  な  こ  替  と  っ  は  う  も   ゜ ス  ラ  っ  庸  
  た  住  を  い     っ  い  の  ろ  わ  ペ  た   ` い   ` 新  ポ  イ  た  を  
  し  者  出   `    た   ゜ だ  よ  り  |   ゜ 会  う  小  車  |  ン   ゜ 絵  
   ` か  て  洗     の  結  っ  う  営  パ  大  社  も  さ  な  ツ  と  年  に  
  ド  宅   ` 車     で  局  た  や  業  |  学  で  の  く  ら  タ  か  式  描  
  ア  配  団  機      `  `  ゜ く  で  ド  卒  使  だ  て   ` イ  マ  の  い  
  を  便  地  に     数  運  数  会  車  ラ  業  っ  っ  も  高  プ  |  古  た  
  開  の  内  か     子  転  子  社  を  イ  間  て  た  お  額  か  ク  い  よ  
  け  車  の  け     が  す  に  の  使  バ  際  い  が  洒  な   ` U  中  う  
  放  く  道  る     折  る  し  車  う  |  に  る   ` 落  も  思  と  古  な  
  し  ら  に   ゜    れ  の  て  に  よ  で  免  の  運  な  の  い  か  で  車  
  て  い  車  拭     た  も  も  も  う   ` 許  と  転  車  は  切   ゜ も  で  
  お  し  を  き     か  資  自  慣  に  担  を  同  に   ゜ 到  っ  あ  い   ` 
  け  か  停  取     た  金  動  れ  な  当  取  じ  自  数  底  て  る  い  数  
                                                              
前のページ
次のページ

  し  赤  の  傷  る  し  な  に  ケ     で  レ  ト  た  そ     い  で  も  る  
  て  い  箇  は  と  凹  い  ぶ  |  バ  い  |  は   ゜ こ  ボ  が  お  っ  だ  
  い  塗  所  そ  こ  み   ゜ つ  ス  ン  た  キ  洗  運  の  デ   ゜ お  と  け  
  た  料  に  こ  ろ   ` よ  け  を  パ   ゜ ペ  う  転  土  ィ     ぴ  も  の  
   ゜ が   ` だ  は  引  く  た  下  |  小  ダ  よ  席  が  は     ら   ` ス  
  や   ` 数  け   ` き  よ  の  ろ  上  枝  ル  り  の  残  す     に  居  ペ  
  や  ほ  子  だ  キ  摺  く  な  す  部  を  の  捨  フ  っ  っ     水  住  |  
  茶  ん  の  と  ャ  ら  見  ら  と  の  拾  滑  て  ロ  て  か     を  者  ス  
  色  の  ス  思  ス  れ  て  こ  き  傷  っ  り  て  ア  い  り     引  で  が  
  っ  僅  |  っ  タ  た   ` の  に  は  て  止  し  が  な  乾     く  は  あ  
  ぽ  か  ツ  て  |  よ  彼  よ  で   ` き  め  ま  ひ  い  い     と  な  り  
  く  で  ケ  い  が  う  は  う  き  数  て  の  お  ど  か  て     い  い   ` 
   ` は  |  た  当  に  ぎ  な  た  子   ` 溝  う  か   ゜ い     う  彼  共  
  錆  あ  ス  ら  た  塗  ょ  箇  も  を  こ  に   ゜ っ  隅  た     わ  が  用  
  が  る  の   ` っ  装  っ  所  の  入  そ  泥  ア  た  々   ゜    け  ホ  の  
  付  が  も  そ  た  が  と  に  だ  れ  げ  が  ク   ゜ ま  と     に  |  水  
  い  一  の  こ  の  剥  し  傷   ゜ た  取  入  セ  カ  で  に     は  ス  道  
  た  筋  ら  と  だ  げ  た  は  ど  ス  る  り  ル  |  点  か     い  を  も  
  よ  付  し  は  ろ  て   ゜ で  こ  |   ゜ 込  や  ペ  検  く     か  繋  あ  
  う  着  い  別  う  い  少  き  か  ツ     ん  ブ  ッ  し  あ     な  い  る  
               ゜                                            ゜ 
前のページ
次のページ

  は  れ  て  し     る  洗  一  な  か  割  し  あ  ち  し  ら     が  っ  に  
  数   ` き  か  そ  気  車  体  細  り  れ  て  の  ら  て  も  そ   ` た  も  
  子  別  た  な  れ  休  す  ど  工  で  る  も  ス  の  い   ` う  彼  し  見  
  云  の   ゜ い  で  め  る  こ  は  分   ゜  ` |  塗  た  こ  し  は   ` え  
  々  こ  一   ゜ も  に  の  へ  し  か  た  死  ツ  料   ゜ ん  て  す  別  た  
  の  と  度  だ   ` 過  も  行  て  っ  と  体  ケ  が  当  な  小  か  の   ゜ 
  こ  が  手  が  こ  ぎ  徒  っ  い  て  え  が  |  付  然  こ  さ  さ  も  以  
  と  重  を   ` こ  な  労  て  な  し  白  出  ス  い  の  と  な  ず  の  前  
  で  く  休  次  ま  い  の  し  い  ま  骨  て  が  て  こ  を  刷  タ  が  に  
  は  伸  め  第  で   ゜ よ  ま  の  う  化  く  発  い  と  し  毛  ッ  当  付  
  な  し  る  に  や     う  っ  だ  だ  し  れ  見  る  な  て  で  チ  た  い  
  か  か  と  手  っ     に  た  っ  ろ  て  ば  さ  だ  が  も  丹  ア  っ  た  
  っ  か  精  の  た     思  の  た  う  も   ` れ  ろ  ら  無  念  ッ  た  も  
  た  っ  神  動  ら     え  か   ゜  ゜  ` 身  る  う   ` 駄  に  プ  よ  の  
   ゜ て  の  き  最     て   ゜ 第  そ  何  元  の  か  あ  だ  塗  し  う  か  
     く  集  は  後     き  そ  一  こ  ら  な  は  ら  ち  と  り  た  に  も  
     る  中  鈍  ま     た  う   ` ま  か  ど  難   ゜ ら  彼  潰   ゜ も  し  
      ゜ は  く  で      ゜ 思  数  で  の  す  し  い  に  は  し     見  れ  
     そ  途  な  や     単  う  子  巧  手  ぐ  い  や  も  苦  な     え  な  
     れ  切  っ  る     な  と  は  妙  掛  に  と   ` こ  笑  が     た  か  
                        `                                     
前のページ
次のページ

  に  よ  仕  常  を     訪  に  日  っ  と     遍  事  一  さ  夏  終  か     
  あ  う  事  に  変  一  れ  月  は  た   ` そ  で  の  切  せ  場  日  し  日  
  る  な  上  鈍  え  度  て  曜  ま   ゜ も  う  台  こ  忘  た  は  気  な  曜  
  こ  気  の  痛  よ  そ  し  日  だ  暮  う  な  無  と  れ  い  夜  持  く  日  
  と  掛  こ  が  う  う  ま  病  高  れ  鳩  の  し  が  て  の  が  良  て  と  
  で  か  と  し  と  な  う  と  く  て  尾  だ  に  頭  い  だ  長  く  も  い  
  は  り  で   ` し  っ  の  い   ` く  の   ゜ な  を  れ   ゜ い  過   ` う  
  な  な   ` 時  て  て  だ  う  夕  る  あ  敏  っ  掠  ば  し   ゜ ご  気  の  
  い  こ  休  折  も  し   ゜ の  方  と  た  伸  て  め  の  か  夜  し  分  は  
   ゜ と  み  差   ` ま     が  と  い  り  は  し  る  話  し  寝  た  は   ` 
  所  が  の  し  胃  う     あ  い  っ  が   ` ま  と  で  そ  る  い  浮  遊  
  詮  あ  日  込  の  と     る  う  て  重  日  う   `  ` れ  ま  も  き  び  
  サ  る  に  ん  痛   `    が  に  も  く  曜   ゜ そ  ほ  は  で  の  立  に  
  ラ  と  ま  で  み  も      ` は  夏  な  日     う  ん   ` そ  で  っ  行  
  リ  い  で  く  は  う     そ  ま  の  っ  も     い  の  仕  の  あ  て  っ  
  |  う  危  る  消  い     れ  だ  こ  て  暮     う  一  事  気  る  い  た  
  マ  の  惧   ゜ え  く     が  早  と  く  れ     気  瞬  の  分   ゜ る  り  
  ン  は  さ  会  な  ら     早  い  で  る  て     分  で  こ  は  こ  も  特  
  で  滅  れ  社  い  気     く   ゜ あ  の  く     は  も  と  持  と  の  に  
  あ  多  る  や   ゜ 分     も  俗  る  だ  る     一  仕  を  続  に  で  何  
                              ゜                          `    
前のページ
次のページ

  活  見  話  ば  レ     は  良  だ  な  何     肉  影  な     胃  な  次  る  
  と  合  が  に  ン  学  あ  く  っ  い  か  会  体  響  い  も  の  に  の   ゜ 
   ` い  降  差  ド  生  っ  出  た   ゜ 集  社  の  し   ゜ ち  痛  思  瞬  月  
  そ  し  っ  し  の  時  た  社   ゜ い  中  や  痛   ` 敏  ろ  み  っ  間  曜  
  れ   ` て  掛  一  代  の  す  休  や  で  仕  み  肉  伸  ん  は  て  に  日  
  は  婚  湧  か  人  を  だ  る  み   ` き  事  が  体  は  肉  消  い  は  は  
  身  約  い  ろ  も  含   ゜  ゜ の  も  る  の  続  の  い  体  え  る   ` 月  
  辺  か  た  う  い  め  そ  敏  日  は  こ  こ  け  方  た  的  な  わ  も  曜  
  上  ら  よ  と  な  て  れ  伸  は  や  と  と  ば  が  っ  に  い  け  う  日  
  の  結  う  い  か   ` が  に  目  そ  が  な  神  尾  て  故   ゜ で  会  で  
  一  婚  に  う  っ  恋  こ  だ  一  う  あ  ど  経  を  健  障     は  社  ど  
  大  ま  持  昨  た  人  こ  っ  杯  い  れ  忘  も  引  康  が     な  や  う  
  異  で  ち  年  彼  は  数  て  遊  う  ば  れ  ま  く  だ  あ     い  仕  に  
  変   ` 上  の  に  お  年   ` ん  問  い  て  た  と   ゜ る     の  事  か  
  で  そ  が  暮   ` ろ  :  そ  で  題  い  い  曇  い  神  と     に  の  な  
   ` し  り  れ  三  か  :  う   ` で  の  ら  る  う  経  い      ` こ  る  
  気  て   `  ` 十  ガ   ゜ い  翌  は  か  れ   ゜ こ  が  う     そ  と   ゜ 
  持  新  正  縁  代  |     う  朝  な  も  る     と  肉  の     れ  を  だ  
  は  婚  月  談  も  ル     時  気  い  し  ほ     か  体  で     で  そ  か  
  そ  生  に  の  半  フ     期  持  の  れ  ど      ゜ に  は     も  ん  ら  
                                    `                         
前のページ
次のページ

     臭  掃  へ  た  な  う  に        た  で  が  つ  多  に  リ  込  立  ち  
  数  い  除  ば  と  い  な  な  敏  や   ゜  `  ` の  少  多  ッ  め  つ  ら  
  子  が  の  り  こ  か  と  っ  伸  は     必  そ  点  は  く  ジ  て  と  に  
  の  気  必  つ  ろ   ゜ こ  て  は  り     ず  れ  に  あ  見  ブ  く  い  集  
  遺  に  要  い  変  そ  ろ  い   ` 会     し  に  つ  る  ら  ル  る  う  中  
  体  な  も  て  わ  ん   ゜ た  最  社     も  は  い  だ  れ  |   ゜ も  さ  
  を  っ  な  い  っ  な  開  の  後  の     そ  心  て  ろ  る  と  胃  の  れ  
  運  て  い  る  た  馬  け  だ  に  こ     う  と  相  う  わ  い  の  だ  て  
  ん  い   ゜ 小  様  鹿  た  が  ト  と     い  き  当   ゜ け  う  痛   ゜ い  
  だ  た  い  さ  子  な  途   ` ラ  だ     う  め  気  し  だ  の  み  そ  た  
  の  の  や  な  は  こ  端  開  ン  |     こ  く  に  か  が  が  を  れ  は  
  は  だ  実  塵  な  と   ` け  ク  |     と  期  病  し   ` あ  伴  で  ず  
   `  ゜ の  を  い  は  煙  る  を   ゜    で  待  ん  彼  男  っ  っ  も  だ  
  ま     と  取   ゜ な  で  の  開        は  も  で  の  性  て  て  常  し  
  だ     こ  る  カ  い  も  が  け        な  伴  い  場  の   `  ゜ に   ` 
  腐     ろ  く  |  だ  出  恐  た        さ  っ  た  合  側  こ  い  暗  気  
  敗     汚  ら  ペ  ろ  る  ろ   ゜       そ  て  節   ` に  れ  わ  雲  分  
  す     れ  い  ッ  う  の  し  一        う  い  は  あ  だ  は  ゆ  が  も  
  る     よ  で  ト   ゜ で  い  番        だ  た  あ  る  っ  女  る  垂  浮  
  以     り   ` に  見  は  よ  気        っ  の  る  一  て  性  マ  れ  き  
         `                                                    
前のページ
次のページ

  た  が     か  ク  ま  が  髪  カ     で  で  で  だ  い  瞬  長  :  は  前  
  と  あ  車  が  を  で   ` が  |  数  は  は   ` ろ  が  間  い   ゜ な  で  
  き  る  内  め  覗  神  ト  落  ペ  子  な  あ  陰  う  し  に  時  そ  い  あ  
   `  ゜ に  る  く  経  ラ  ち  ッ  の  い  る  湿   ゜ な  逃  間  れ   ゜ る  
  ド  学  落  こ  こ  質  ン  て  ト  髪   ゜ ま  な  カ  い  げ  入  が  そ   ゜ 
  ア  生  ち  と  と  に  ク  い  に  の  気  い  臭  |  で  た  れ  い  れ  し  
  の  の  た  だ  だ  な  内  た  も  毛  分  し  い  ペ  も  か  て  つ  で  か  
  把  頃  女  っ  っ  る  の   ゜ 数  が  の  そ  は  ッ  な  も  お  ま  も  も  
  手   ` の  て  て  必  髪  そ  本  落  問  こ  し  ト  い  し  い  で  ど  直  
  に  友  髪  あ   ` 要  は  ち   ` ち  題  ま  な  は  が  れ  た  も  こ  接  
  長  人   ゜ っ  荷  は  :  ら  や  て  だ  で  い  む   ` な  の  籠  と  ト  
  い  の  そ  た  物  な  :  は  や  い   ゜ 嗅   ゜ し  ト  い  で  も  な  ラ  
  髪  車  れ  の  の  い   ゜ 気  赤  る     ぎ  い  ろ  ラ   ゜ も  っ  く  ン  
  が  に  で  だ  出  だ  だ  に  み   ゜    分  ず  日  ン  蒸  な  て  魚  ク  
  落  乗  思  か  し  ろ  が  な  を  座     け  れ  向  ク  れ  い  い  臭  に  
  ち  せ  い  ら  入  う   ` ら  帯  席     ら  に  臭  特  た  し  は  い  載  
  て  て  出   ゜ れ   ゜ も  な  び  や     れ  し  い  有  よ   ` し  よ  せ  
  い  も  す     で  ト  う  か  た  フ     る  ろ  く  の  う  開  な  う  た  
  た  ら  こ     頭  ラ  そ  っ  長  ロ     も   ` ら  臭  な  け  い  な  の  
   ゜ っ  と     を  ン  こ  た  い  ア     の  犬  い  い  臭  た  か  :  で  
                                                      ゜       
前のページ
次のページ

  す           っ  し  |  い  し  め  に  自  女  前  が  り  姉  家  そ  そ  
  る  団     そ  た  く  ト  た  ま  つ  彼  分  が   `  ` 合  や  族  の  れ  
   ゜ 地     れ   ゜ も  カ  る  っ  眇  は  の  帰  数  妙  い  妹  と  友  が  
  そ  内     が     あ  ッ  と  て  め  ひ  部  っ  子  に  の  の  は  人   ` 
  こ  の     わ     り  ト  こ  お  つ  ど  屋  た  を  艶  女  と  離  に  静  
  に  シ     ず      ` だ  ろ  い  眺  く  に  あ  彼  め  性  か  れ  恋  電  
  は  ョ     か     生  っ  に  た  め  昂  女  と  の  か  を  い  て  人  気  
   ` ッ     数     身  た  落  ほ  て  奮  の  に  部  し  乗  う  暮  が  で  
  団  ピ     ヵ     の  の  ち  ど  い  し  髪  髪  屋  く  せ  の  ら  い  彼  
  地  ン     月     女  で  て  だ  た  た  が  の  に  感  た  で  し  る  の  
  中  グ     前     以   ` い  っ   ゜  ゜ 落  毛  初  じ  だ  は  て  素  手  
  央  セ     の     上  長  た  た  そ  そ  ち  が  め  た  け  な  い  振  に  
  商  ン     こ     に  い  が   ゜ し  れ  て  一  て  も  な  い  た  り  巻  
  店  タ     と     女  髪   ` 女  て  を  い  本  迎  の  の  だ  の  は  き  
  街  |     だ     を  と  母  の   ` 摘  る  残  え  で  か  ろ  で  な  つ  
  と  で     と     感  い  も  髪  机  み  と  さ  た  あ  も  う   ` か  い  
  は  買     は     じ  う  妹  な  の  上  い  れ  と  る  し   ゜ 母  っ  て  
  別  い     |     た  の  も  ど  抽  げ  う  て  き   ゜ れ  単  親  た  き  
  に  物     |     の  は  シ  家  斗   ` こ  い   ` 結  な  に  と  が  た  
   ` を      ゜    だ  珍  ョ  中  に  矯  と  た  彼  婚  い  知  か   `  ゜ 
                                       ゜                      
前のページ
次のページ

  姿  一  な  行  と  犬  て  っ  開     ず  イ  こ  た  が  所  物  利  た  何  
  も  方  い  機  尻  が  い  た  し  週  な  ン  買  商  続  は  な  だ   ゜ で  
  多  で   ゜ が  尾  お  る  と  て  末  か  に  い  店  い   ` ど  っ  駅  も  
  く  中  す  飛  を  と   ゜ は  い  は  っ  し  物  街  て  最  し  た  方  揃  
  見  高  で  ん  振  な  夫  い  る  家  た  た  を  で  い  寄  た   ゜ 面  う  
  掛  年  に  で  る  し  が  え   ゜ 族   ゜ ス  す  あ  る  り  こ  結  へ  大  
  け  の  歴  ゆ   ゜ く  カ   ` 少  で     |  る  る   ゜ の  と  婚  出  き  
  ら  男  史  く  犬  繋  |  広  子  買     パ  こ   ゜ 昔  駅  が  前  る  な  
  れ  性  の   ゜ が  が  ト  場  化  い     |  と  帰  な  を  な  ま  よ  ス  
  た  が  古  街  空  れ  を  で  で  物     な  は  宅  が  降  か  で  り  |  
   ゜ 一  く  灯  を  て  引  は  め  を     ど  あ  途  ら  り  っ  敏  こ  パ  
     人  な  は  見  い  く  子  っ  す     に  っ  中  の  る  た  伸  ち  |  
     で  っ  ま  上  る   ゜ 供  き  る     立  て  そ  小  と   ゜ は  ら  マ  
     惣  た  だ  げ   ゜ 街  た  り   ゜    ち  も  こ  売  し  彼   ` の  |  
     菜  こ  点  る  子  灯  ち  子  そ     寄   ` で  店  ば  の  日  方  ケ  
     な  の  灯   ゜ 供  の  が  供  ん     る  食  ち  が  ら  実  用  が  ッ  
     ど  団  さ  米  が  柱  走  の  な     こ  料  ょ  軒  く  家  品  近  ト  
     を  地  れ  軍  近  に  り  数  図     と  品  こ  を  商  が  の  く  が  
     買  で  て  の  寄  は  回  が  が     は  を  ち  連  店  あ  買  て  あ  
     う  は  い  飛  る  柴  っ  減  展     ま  メ  ょ  ね  街  る  い  便  っ  
         `                                                    
前のページ
次のページ

  雑  そ  そ  濯  に  庭     気  何  や  い  染  で  パ  み  染  を  構  気     
  貨  れ  ん  用  し  で  陳  持  か  か  物  み  高  |  な  み  す  わ  に  家  
  に  ま  な  の  て  使  列  は  ほ  で  の  る  級  マ  い  て  る  ぬ  す  の  
  ま  で  も  洗  い  う  棚  か  の  は  愉  こ  な  |  夫  い  こ  恰  る  中  
  で  目  の  剤  た  も  に  つ  ぼ  あ  し  と  店  ケ  婦  て  と  好  ス  で  
  目  に  は  だ   ゜ の  は  て  の  る  み  に  も  ッ  と  嫌  に  を  タ  は  
  が  も  一  と  し  だ  さ  知  と  が  を  歓  あ  ト  い  だ  ま  し  イ  案  
  行  留  度  か  か   ゜ ま  ら  す   ` 知  び  る  で  う  と  だ  て  リ  外  
  っ  め  も  ガ  し  家  ざ  な  る  そ  っ  を   ゜ も  の   ゜ 抵  こ  ス  だ  
  て  て  買  ス   ` で  ま  か  一  の  た  感  し   ` は  確  抗  の  ト  ら  
  し  い  っ  テ  サ  も  な  っ  瞬  さ  の  じ  か  も  い  か  が  手  の  し  
  ま  な  た  |  ラ  当  も  た  で  さ  だ  て  し  っ  る  に  あ  の  数  な  
  い  か  こ  ブ  ダ  た  の   ゜ あ  や  っ  い  敏  と   ゜ 結  っ  ス  子  か  
   ` っ  と  ル  オ  り  が     る  か  た  た  伸  都  ま  婚  た  |  は  っ  
  ク  た  が  の  イ  前  あ      ゜ さ   ゜  ゜ は  心  た  し  よ  パ   ` た  
  レ  つ  な  覆  ル  の  る     そ  が  そ  結   ` に   ` て  う  |  な  が  
  ジ  ま  か  い  だ  よ   ゜    の  い  れ  婚  逆  は  同  も  だ  で  り   ` 
  ッ  ら  っ  だ  と  う  み     よ  い  は  し  に  都  じ  所   ゜ 買  ふ  体  
  ト  な  た  と  か  に  な     う  の  さ  て  所  会  ス  帯  所  い  り  面  
  カ  い   ゜ か  洗  目  家     な  で  さ  買  帯  的  |  染  帯  物  も  を  
            `                 `                               
前のページ
次のページ

  越  さ  い  近  マ     だ  も           た   〃 い  っ  け  き  し  い  |  
  し  ん  な  所  ン  こ  か  ぎ  と  |  レ  が  レ  っ  と  に  た  に  過  ド  
  て  と  か  に  シ  こ  と  く   ` |  ジ   ゜ ン  た  も  止  こ  な  ぎ  が  
  き  い  っ  も  ョ  へ  っ  り  突  あ  へ     ジ  も  食  め  と  る  て  サ  
  た  う  た  知  ン  引  さ  と  然  ら  向     で  の  料  て  に  そ  し  イ  
  当  の   ゜ り  内  っ  に  す  声   ` か     チ  や  品  お  途  の  ま  ン  
  初  が  だ  合  で  越  は  る  を  こ  お     ン   ` と  い  中  ス  う  レ  
   ` 一  が  い  は  し  分  こ  か  ん  う    〃   イ  い  た  で  |   ゜ ス  
  ゴ  人   ` と  相  て  か  と  け  に  と     と  ン  っ   ゜ 気  パ  だ  で  
  ミ  く  ど  い  互  き  ら  は  ら  ち  す     い  ス  て  そ  づ  |  が  使  
  の  ら  こ  え  に  て  な  な  れ  は  る     っ  タ  も  う  き  専  今  え  
  出  い  に  る  ほ  ま  か  い  て   ゜ と     た  ン   `  `  ` 用  日  る  
  し  は  で  ほ  と  だ  っ  の  ぎ      `    類  ト  パ  つ  必  の  は  の  
  方  い  も  ど  ん  三  た  だ  く           の  ラ  ン  ま  要  カ   ` で  
  は  て  世  の  ど  ヵ   ゜ が  り           物  |  に  り  最  |  現   ` 
  ど   ` 話  顔  交  月      ` と           ば  メ  牛  食  低  ド  金  つ  
  う  そ  焼  見  流  ち     相  し           か  ン  乳  料  限  を  が  い  
  の  の  き  知  が  ょ     手  た           り  と   ` 品  の  忘  払  つ  
  自  人  小  り  な  っ     が   ゜          だ  か  卵   ゜ 物  れ  い  い  
  転  は  母  は  く  と     誰  何           っ     と  も  だ  て  戻  買  
      `        `  ゜                                           
前のページ
次のページ

  ら  と  物     な  り     顔  い  た     え  い              ン  と  車  
   ` ん  ま  |  く  ま  ど  も  カ  が  彼  る  た  嫌  と  |  そ  に   ` は  
  素  で  で  |  て  で  う  で  モ   ` は  仕  所  な  言  |  の  住  や  こ  
  っ  も  し  い  も  交  し  き  を  な  曖  種  で  人  っ  お  主  む  れ  こ  
  頓  な  て  い  :  え  て  な  見  お  昧  も  も  に  た  一  婦  六  か  に  
  狂  い  く  わ  :  て  そ  い  つ  も  に  暑  汗  遇   ゜ 人  は  十  れ  ち  
  な   ゜ れ  よ   ゜  ` ん  の  け  話  頷  苦  を  っ     で   ` 過  と  ゃ  
  も  た  て  ね     そ  な  で  た  し  い  し  か  た     お  彼  ぎ  忠  ん  
  の  ま   ゜ え     ん  に  彼  と  か  て  い  い  と     買  を  の  告  と  
  買  に  羨   `    な  大  も  言  け   `  ゜ て  思     い  値  主  し  整  
  っ  行  ま  近     に  声  立  わ  て  レ     い  っ     物  踏  婦  て  理  
  て  っ  し  頃     い  な  ち  ん  く  ジ     る  た     ?  み  だ  く  し  
  く  て  い  の     き  の  止  ば  る  の      ゜  ゜       す  っ  れ  て  
  る  く   ゜ ご     せ  か  ま  か   ゜ 列     ハ  こ        る  た  た  置  
  し  れ  う  主     き   ゜ る  り  退  に     ン  ん        よ   ゜ 同  く  
   ゜ た  ち  人     切  身   ゜ だ  屈  並     カ  な        う     じ  よ  
     と  の  は     っ  振      ゜ 凌  ぼ     チ  冷        に     マ  う  
     思  な   ゜    て  り     知  ぎ  う     を  房         `    ン  に  
     っ  ん  買     喋  手     ら  に  と     押  が              シ  な  
     た  か  い     ら  振     ん  い  し     さ  効              ョ  ど  
         `                                                    
前のページ
次のページ

  :  名  た  思  ま     て  し  押  と     ら  も  そ  め     め  初  し     
  :  ら  の  う  し  |   ` い  し  会  彼   ` う  う  で  |  ん  の  ょ  |  
  そ  し  よ  け  た  |  い  こ  つ  話  は  き  夏   ` し  |  な  う  う  |  
  れ  く   ゜ ど  ?  そ  ち  の  け  ら  い  ょ  休  お  た  最  さ  ち   ` あ  
  に  て  こ   `    う  い  小  が  し  い  う  み  昼  っ  近  い  だ  な  な  
  し   ` こ  昔  最  言  ち  母  ま  い  加  は  か  頃  け  見   ` け  に  た  
  て  遠  の  は  近  え  生  さ  し  会  減  日  し   `  ゜ な  変  か  も  た  
  も  く  は  う  越  ば  真  ん  く  話  辟  曜  ら  車  お  か  な  も  か  ち  
  毎  か  凄  ち  し   ` 面  に  は  を  易  日   ゜ で  忙  っ  こ  し  も  新  
  日  ら  い  の  て  こ  目  な  あ  ま  し  だ  あ  出  し  た  と  れ  新  婚  
  暑  わ  で  マ  き  の  に  ん  っ  る  た  っ  ら  掛  そ  わ  言  な  鮮  だ  
  い  ざ  し  ン  た  あ  受  と  た  で  が  た  そ  け  う  ね  っ  い  で  っ  
  わ  わ  ょ  シ  方  い  け  な  が  し   ` わ  う  て  で  え  て  け   ゜ た  
  ね  ざ  う  ョ  は  だ  応  く   ` て  こ  よ  ね  行  い   ゜  ゜ ど  ま  わ  
   ゜ 来   ゜ ン  ご  の  え  安  妙  い  の  ね   ゜ っ  い  ど     ね  あ  よ  
  で  る  け  か  存  花  し  心  に  な  二  :  あ  た  わ  ち      ゜  ` ね  
  も  み  っ  ら  じ  火  て  感  慣  か  日  :  た  で  ね  ら     あ  そ   ゜ 
   ` た  こ  も  な  大  い  を  れ  っ  間     し  し   ゜ に     ら  れ  い  
  ま  い  う  見  い  会  た  覚  慣  た   `    っ  ょ  そ  お      ` も  い  
  あ  よ  有  え  と  見   ゜ え  れ  し  人     た  う  う  勤     ご  最  で  
   `  ゜                       `           ゜                   
前のページ
次のページ

  る  て  会     う     え     注  だ  え  に  す  が  遅           :  夏  
  し  も  の  |  か  |  た  一  意  っ  る  も  る  家  か  敏  と  |  :  は  
  :  ら  こ  |  ら  |   ゜ 瞬  し  た  小  必  の  で  っ  伸   ` |     暑  
  :  お  と  あ   ` い     不  な   ゜ 母  ず  は  待  た  は  彼  と     い  
   ゜ う  な  ら  友  え     意  け  そ  さ  一  こ  っ   ゜ 思  の  こ     ぐ  
  な  と  ん   ` 達   `    を  れ  う  ん  人  れ  て  ど  わ  買  ろ     ら  
  ん  思  だ  そ  の  い     突  ば  だ  な  は  が  い  う  ず  い  で     い  
  な  っ  け  う  家  な     か  い   ` の  い  数  る  見  か  物   `    の  
  ら  て  ど   ゜ に  い     れ  け  こ  で  た  回  と  て  ご  か  奥     方  
   `  ゜  ` :  泊  ん     た  な  う   ` ど  目  は  も  を  ご  さ     が  
  ご  秋  今  :  ま  で     が  い  い  危  こ  だ  思  男  引  を  ん     い  
  主  に  度  い  り  す      `  ゜ う  う  か  が  え  の  き  覗  お     い  
  人  は  若  え  に   ゜    彼     人  く  懐   ` な  買  寄  き  宅     の  
  で  地  い  ね  行  実     は     は  気  か  彼  い  い  せ  込  に     よ  
  も  域  人   ` っ  は     冷     あ  を  し  の   ゜ 物  よ  む  い      ゜ 
  い  運  に  地  て  :     静     な  許  い  育  彼  で  う   ゜ る     ホ  
  い  動  も  区  い  :     に     ど  す  感  っ  女  あ  と     か     ホ  
  わ  会  加  の  て   `    こ     れ  と  じ  た  と  る  し     し     ホ  
  よ  も  わ  自  :  き     う     な  こ  を  町  話   ゜ た     ら     ホ  
   ゜ あ  っ  治  :  の     応     い  ろ  与  内  を  妻  が     ?     ホ  
                              ゜                               
前のページ
次のページ

     い  い  旦  婚  の  県     う  ず  せ     や  尾   ┐ の  こ        い  
  さ  か  ん  那  式  友  の  |  付  っ  で  と  っ  に  そ  で  と  新  |  つ  
  ら  ら  で  さ  に  達  方  |  け  と  も  こ  と  並  れ   ` に  婚  |  も  
  に  と  す  ん  来  と  に  え  加  考  と  ろ  逃  ん  で  ち   ` の  は  男  
  言  い  ね  の  ら  い  友  え  え  え  っ  で  れ  だ  は  ょ  幸  妻  あ  手  
  う  う   ゜ 転  れ  う  達   ` て  て  さ   ` る   ゜└   う  い  が  :  が  
  な  の  最  勤  な  の  が  そ  い  い  の  彼  こ  彼  と  ど  彼  単  :  足  
  ら  で  低  で  か  は  い  う  た  た  思  が  と  女  恭  レ  女  身     り  
   ` :  で  タ  っ   ` る  な  で  こ  い  言  が  は  し  ジ  は  泊     な  
     :  も  イ  た  事  ら  ん  あ  と  つ  っ  で  こ  く  が  特  ま     く  
      ゜ 五  だ  ん  情  し  で  ろ  だ  き  た  き  れ  お  空  に  り     て  
        年  か  で  が  い  す  う  っ  で  こ  た  か  辞  き  詮  掛     ね  
        は  ど  す  あ  ん   ゜  ゜ た  も  と   ゜ ら  儀  は  索  け     え  
        帰  こ   ゜ っ  で  な      ゜ な  は     買  を  じ  し  で     :  
        っ  か  そ  て  す  ん     必  か   `    い  し  め  て  出     :  
        て  に  れ  私  け  で     要  っ  口     物  て  た  こ  掛        
        来  行  で  た  れ  も     な  た  か     で  列  の  な  け        
        ら  く   ` ち  ど   `    ら   ゜ ら     あ  の  を  か  て        
        れ  ら  今  の   ` 愛      ` 実  出     る  最  潮  っ  い        
        な  し  度  結  そ  知     こ  は  任      ゜ 後  に  た  る        
               `                                `             
前のページ
次のページ

  ら                 ら  が  た  く  は     な  れ  て  現  野  い  発     
  ず  月              |   ` の  な  言  と  ん  で   ` 場  県  っ  の  |  
  に  曜              |  の  だ  い  わ   ゜ で   ` そ  事  と  て  技  |  
  出  日               ゜ ち   ゜  ゜ な  だ  す  二  こ  務  の  も  術  そ  
  勤  の                 に  い  実  い  が   ゜  ` が  所  県  名  者  の  
  し  朝     5           こ  ろ  際  に   `    三  非  に  境  古  ら  旦  
  た   `                の  い   ` 限  訊     日  常  近  に  屋  し  那  
   ゜ 馬                 案  ろ  こ  る  か     泊  に  い  近  と  く  さ  
  妙  場                 は  考  の   ゜ れ     ま  不  農  い  か  て  ん  
  に  敏                 却  え  時  あ  も     り  便  家  奥  で   ` と  
  新  伸                 下  た  こ  ま  し     掛  な  の  地  は  そ  い  
  鮮  は                 さ  末  う  り  な     け  所  離  に  な  れ  う  
  な   `                れ  の  喋  調  い     で  ら  れ  い  く  で  の  
  感  そ                 る  妙  ら  子  の     :  し  を  る  て  今  が  
  じ  れ                 こ  案  な  に  に     :  い  間  ん   ` も   ` 
  だ  ま                 と  だ  く  乗  余     と  ん  借  で  岐   ` プ  
  っ  で                 に  と  て  る  計     い  で  り  す  阜  愛  ラ  
  た  と                 な  思  良  の  な     う  す  し  っ  県  知  ン  
   ゜ 変                 る  っ  か  は  こ     こ   ゜ て  て  と  県  ト  
  長  わ                 か  た  っ  良  と     と  そ  い   ゜ 長  と  開  
                                                              
前のページ
次のページ

  が     だ  な  際  の  で  出  同  セ  と  え  イ  機  な  く     永  う  い  
  い  電  っ  か   ` は  妻  喰  じ  |  に  ず  に  能  か  る  最  い  だ  休  
  つ  車  た  っ  数   ` が  わ  マ  ジ  電  様  も  を  っ  電  も  二  ろ  暇  
  も  は  の  た  子  か  留  し  ン  は  話  子  対  作  た  話  懸  日  う  を  
  よ  す  で  ら  が  え  守  て  シ  一  は  を  応  動   ゜  ゜ 念  間   ` と  
  り  こ  あ   ` い  っ  に  し  ョ  件  一  見  し  さ  自  幸  さ  だ  こ  っ  
  広  ぶ  る  い  な  て  し  ま  ン  も  本  れ  て  せ  宅  い  れ  っ  の  た  
  々  る   ゜ つ  い  良  て  っ  に  録  も  ば  い  て  の  数  た  た  週  あ  
  と  空     も  の  か  い  た  住  音  な  い  る  い  電  子  の  の  末  と  
  見  い     以  が  っ  る  が  む  さ  か  い   ゜ た  話  は  は  だ  は  の  
  え  て     上  本  た  こ   ` う  れ  っ  の  か   ゜ は  携   ` か   ` よ  
  た  い     に  当  の  と  不  る  て  た  だ  か  ナ  日  帯  数  ら  彼  う  
   ゜ た     静  に  か  を  自  さ  い   ゜ が  っ  ン  頃  電  子   ゜ に  で  
  視   ゜    か  不  も  匂  然  型  な  留   ` て  バ  か  話  あ     し  あ  
  界  窓     で  自  し  わ  で  の  か  守  あ  き  |  ら  を  て     て  る  
  が  か     平  然  れ  せ  な  小  っ  中  り  て  デ  常  所  に     み   ゜ 
  す  ら     和  な  な  て  い  母  た  に  が  も  ィ  に  持  か     れ  そ  
  っ  の     な  こ  い  お  か  さ   ゜ も  た  と  ス  留  し  か     ば  れ  
  き  景     週  と   ゜ い  た  ん  唯  メ  い  り  プ  守  て  っ     実  も  
  り  色     末  で  実  た  ち  に  一  ッ  こ  あ  レ  番  い  て     に  そ  
                              `                               
前のページ
次のページ

  思  の     沙  所  商  き  な  ね  い  は  の  |  と  に     く  リ  っ  す  
  わ  前  事  汰  の  品  交  ん  っ  な   ` 部  プ  し  大  会   ` |  た  る  
  ず  を  務  で  小  搬  う  と  て  い  普  品  や   ` 々  社  乗  マ   ゜ 感  
  覗  通  所  あ  父  出  フ  な  い  が  段  な  コ  す  的  も  客  ン  世  じ  
  く  る  棟  る  さ  入  ォ  く  る   ` か  ど  ン  で  な  閑  の  も  間  で  
  と  と  に   ゜ ん  の  |  心   ゜ そ  ら  精  パ  に  点  散  顔  殺  の   ` 
   `  ` 入     も  ト  ク  許  そ  れ  外  密  ク  完  検  と  に  気  大  通  
  壁  煙  る      ` ラ  リ  な  れ  で  に  機  ト  全  を  し  は  立  半  勤  
  に  草   ゜    こ  ッ  フ  い  が  も  響  器  デ  休  行  て  一  っ  は  途  
  寄  の  受     れ  ク  ト  感  ぴ  常  く  を  ィ  業  っ  い  様  て  夏  上  
  り  煙  付     で  も  も  じ  た  に  よ  製  ス  に  た  た  に  は  休  と  
  掛  が  嬢     は  出  片  で  り  機  う  造  ク  入  後   ゜ 余  い  み  し  
  か  た  も     な  入  隅  あ  と  械  な  し   ` っ   ` 工  裕  な  で  て  
  っ  だ  い     る  り  で  る  止  的  大  て  複  て  電  場  が  い   ` は  
  て  よ  な     ほ  し  休   ゜ ん  な  音  い  写  い  源  は  感   ゜ 出  上  
  煙  っ  い     ど  な  ん  倉  で  電  響  る  機  る  を   ` じ  彼  勤  々  
  を  て   ゜    手  い  で  庫  い  気  は  こ  や   ゜ す  先  ら  だ  す  の  
  吐  き  給     持   ゜ い  間  る  音  発  の  通  磁  べ  週  れ  け  る  気  
  き  た  湯     ち  守  る  を  と  が  し  工  信  気  て  の  た  で  サ  分  
  出   ゜ 室     無  衛   ゜ 行   ` う  て  場  機  テ  落  頭   ゜ な  ラ  だ  
                                                              
前のページ
次のページ

  も     は  の  要  す  ど  た  が  三  定  も  の     だ  着  こ  |  員  す  
  火  彼   ` ん  で  る  う   ゜ 外  課  表  出  係  オ  制  い  の  の  は  女  
  急  に  長  び  一  に  や  二  を  の  を  社  長  フ  服  て  部  女  休  子  
  を  は  期  り  部  暇  ら  課  眺  自  見  す  と  ィ  に  い  署  子  み  社  
  要  や  休  し  忙  な  机  の  め  分  る  る  二  ス  も  な  は  社  で  員  
  す  り  暇  て  し  の  の  社  な  の  と  社  課  コ  着  け  若  員  あ  と  
  る  残  前  い  い  で  周  員  が  席  み  員  の  |  替  れ  干  だ  っ  目  
  も  し  は  る  部  あ  り  は  ら  に  な  が  若  デ  え  ば  始  け  た  が  
  の  の  相   ゜ 署  っ  を  落  大  着  直  い  手  ィ  て  な  業  は  が  合  
  で  仕  当  敏  も  た  片  ち  き  い  行  る  社  ネ  い  ら  が  半   ` っ  
  は  事  に  伸  あ   ゜ づ  着  く  た  に  は  員  |  な  な  早  数  お  た  
  な  が  忙  が  っ  休  け  き  伸   ゜ な  ず  が  ト  か  い  い  近  客   ゜ 
  い  あ  し  入  た  み  て  な  び  遠  っ  で  出  事  っ  の  の  く  様  ほ  
   ゜ っ  い  社  が  前  い  く  を  く  て  あ  て  業  た  だ  で  が  サ  と  
  こ  た  も  し   ` の  る  動  す  に  い  る  い  部   ゜ が   ` 出  |  ん  
  の   ゜ の  て  全  駆  ら  い  る  一  る  が  た  で      ` す  社  ビ  ど  
  と  と  だ  き  体  け  し  て  の  課   ゜  `  ゜ は     彼  で  し  ス  の  
  こ  い  っ  た  的  込  い  い  が  の  敏  行  ほ   `    女  に  て  セ  女  
  ろ  っ  た  当  に  み   ゜ る  見  係  伸  動  か  一     は  席  い  ン  子  
  落  て  が  時  は  需  要  が  え  長  は  予  に  課     ま  に  た  タ  社  
         ゜              `                             ゜       
前のページ
次のページ

  じ  方  い  る  分  と  の  で  さ     の  れ  課  の     作  理  の  ら  ち  
  る  が  余  と  の  い  だ  途  れ  彼  遅  ず  長  は  会  成   ゜ 作  が  着  
  と  拙  計  急  や  う  っ  端  な  は  い   ` や  久  社  は  課  成  残  い  
   ` い  な  に  り  の  た  に  く   ` 彼  自  係  し  に   ` 長  と  っ  て  
  ど  場  こ  自  方  が   ゜ 手  て  へ  だ  分  長  ぶ  い  明  か  管  て  事  
  う  合  と  分  で  あ  誰  の  も  ん  っ  の  が  り  て  日  ら  理  い  務  
  し  も  を  の  堂  る  に  動   ` に  て  ペ  い  だ  こ  ゆ  頼  表  た  処  
  て  多  考  や  々   ゜ で  き  人  口  そ  |  な  っ  ん  っ  ま  の  だ  理  
  も  々  え  り  と  人  も  は  に  出  れ  ス  い  た  な  く  れ  チ  け  が  
  そ  あ  て  方  で  に  人  ぎ  見  し  な  で  か   ゜ に  り  て  ェ  だ  で  
  れ  る  し  に  き  見  そ  こ  ら  さ  り  仕  ら  原  落  や  い  ッ   ゜ き  
  が  の  ま  自  る  ら  れ  ち  れ  れ  に  事  だ  因  ち  れ  る  ク  前  な  
  気  だ  う  信  の  れ  ぞ  な  て  た  能  が   ゜ は  着  ば  製   ゜ 週  か  
  に  が   ゜ が  に  て  れ  く  い  り  率  で  誰  分  い  よ  品  納  ま  っ  
  な   ` 実  な   ` い  仕  な  る  う  は  き  に  か  た  い  別  入  で  た  
  っ  人  際  く  見  な  事  っ  と  る  上  れ  も  っ  気   ゜ 統  品  の  の  
  て  の  そ  な  ら  け  の  て  い  さ  が  ば  口  て  持     計  の  売  で  
   ` 目  の  り  れ  れ  や  し  う  く  る   ` 出  い  で     資  資  上   ` 
  た  を  や   ` て  ば  り  ま  だ  指   ゜ 仕  し  た  い     料  料  台  そ  
  と  感  り  つ  い  自  方  う  け  示     事  さ   ゜ る     の  整  帳  れ  
                                                              
前のページ
次のページ

  用  そ  ス  事  が  て  っ  あ  な  事  整  も     き  な  く  れ  し  な  え  
  件  こ  ム  は   ` し  て  っ  も  に  え  ふ  そ  な  問  な  ま  ま  こ  ば  
  が  で  |  ス  ひ  ま   ` た  の  取   ` た  れ  か  題  っ  で  い  と  何  
  入  せ  ズ  ム  と  う  往  が  で  り  気  呼  か  っ  で  て  普  と  で  も  
  る  っ  な  |  つ  し  々   `  ` 掛  持  吸  ら  た   ` し  通  す  も  考  
   ゜ つ  の  ズ  ひ   ` に  あ  彼  か  を  も  彼   ゜ 敏  ま  に  れ  具  え  
  す  か  で  に  と  そ  し  ま  に  れ  整  お  は     伸  う  で  ば  合  ず  
  る  れ   ` 運  つ  の  て  り  と  な  理  い   `    は   ゜ き  す  が  に  
  と  る  端  ぶ  落  分  肝  意  っ  か  し  て  何     自  そ  て  る  お  機  
  途   ゜ か   ゜ ち  人  心  味  て  っ  て   ` を     分  れ  い  ほ  か  械  
  端  口  ら  し  着  よ  な  の  は  た  か  ま  す     で  は  た  ど  し  的  
  に  出  は  か  い  り  こ  な  必   ゜ ら  ず  る     も  性  こ  意  く  に  
  ペ  し  そ  し  て  遅  と  い  要  そ  で  身  の     ど  格  と  識  な  進  
  |  さ  う  そ  こ  く  が  無  不  れ  な  の  で     う  と  も  し  っ  め  
  ス  れ  は  れ  な  な  後  駄  可  は  い  回  も     す  い   ` て  て  れ  
  は  る  見  は  し  る  回  な  欠  儀  と  り   `    る  う  突  し  く  ば  
  乱   ゜ え  彼  て  わ  し  動  な  式   ` の  ひ     こ  か  如  ま  る  い  
  れ  ほ  な  だ  い  け  に  き  行  み  次  環  と     と  神  で  う   ゜ い  
   ` か  い  け  け  だ  さ  で  為  た  の  境  呼     が  経  き   ゜ 意  よ  
  思  の   ゜ が  ば   ゜ れ  あ  で  い  仕  を  吸     で  的  な  そ  識  う  
               `                                              
前のページ
次のページ

  互  緒  に  社  の  て     く  は  ひ  な  そ     誰  で  れ  ば  っ  融  わ  
  い  に  は  員  社  き  昼  な  気  と  い  れ  だ  も  も  て  で  て  通  ぬ  
  に  ラ  三  食  員  た  近  る  持  つ  が  で  が  待  い  も  き  し  が  ミ  
  牽  ン  人  堂  は  が  く  ほ  良  ひ   ` も  今  っ  い  仕  る  ま  利  ス  
  制  チ  し  は  午   ` に  ど  か  と  彼  端  日  て  が  方  と  え  か  も  
  し  を  か  工  前  す  な  だ  っ  つ  と  か  は  は   ` が  い  ば  ず  す  
  あ  し  い  場  中  ぐ  っ  っ  た  着  し  ら  違  く  そ  な  う  そ   ` れ  
  っ  た  な  と  戻  に  て  た   ゜ 実  て  見  っ  れ  れ  い  の  れ  臨  ば  
  て  こ  か  連  っ  ま  部   ゜ い  に  は  た  た  な  で   ゜ で  ま  機   ` 
  い  と  っ  動  て  た  長     ち  処  て  ら   ゜ い  は  仕  は  で  応  抜  
  る  は  た  し  こ  出  と     い  理  き  ど  思   ゜ 日  事   ` だ  変  け  
  よ  な   ゜ て  な  掛  二     ち  が  ぱ  う  い     が  以  能  が  に  て  
  う  い  こ  休  か  け  課     済  済  き  だ  の     暮  外  力   ` 対  し  
  な   ゜ の  み  っ  て  の     マ  ん  と  っ  ほ     れ  の  が  時  応  ま  
  気  な  メ  で  た  い  課     |  で  仕  た  か     て  こ  な  間  で  う  
  配  ん  ン  あ   ゜ っ  長     ク  い  事  か  仕     し  と  い  さ  き  こ  
  だ  と  バ  る  昼  た  が     を  く  を  は  事     ま  な  と  え  な  と  
  っ  な  |   ゜ に   ゜ 出     付   ゜ こ  分  が     う  ら  見  か  い  も  
  た  く  で  部  な  ほ  勤     け  そ  な  か  捗     し  そ  做  け  と  あ  
   ゜ お  一  内  る  か  し     た  れ  し  ら  る      ` れ  さ  れ  い  る  
               ゜                 `     ゜                    ゜ 
前のページ
次のページ

  グ  と     く              の        ま  ん        そ  う     ま  正  
  を  一  結  の  |  |  |  と  女  |  と  し  で  |  と  れ  し  |  ず  午  
  連  緒  局   ゜ |  |  |  係  子  |  二  ょ  す  |  水  と  ま  |  一  の  
  発  に  ど     久  様  ま  長  社  で  課  う  よ  あ  を  も  し  カ  課  鐘  
  す  な  ち     々  子  あ   ゜ 員  も  の   ゜  ゜  ` 向  ロ  ょ  係  の  が  
  る  っ  ら     だ  見   `    で   ` 若     美  ぼ  け  ン  う  長  係  鳴  
   ゜ た  も     な  て  行     一  あ  い     味  く  る  グ   ゜ は  長  る  
  敏   ゜ 混     あ   ` っ     杯  そ  社     し  ロ  と  ブ  ア  お  に   ゜ 
  伸  係  ん      ゜ 空  て     な  こ  員     い  ン   ` |  葵  弁   ` 珍  
  に  長  で     会  い  み     ん  は  が     ら  グ     ツ  亭  当     し  
  は  が  い     社  て  ま     じ   ` 立     し  ブ     :  で  で     く  
  あ  い  た     に  い  す     ゃ  き  ち     い  |     :  も  し     敏  
  り  わ   ゜    い  る  か     な  ょ  上     で  ツ        行  た     伸  
  が  ゆ  途     て  方   ゜    い  う  が     す  行        っ  っ     か  
  た  る  中     外  と        か  あ  る     ね  っ        て  け     ら  
  か  オ  で     に  い         ゜ た   ゜     ゜ た        み  ?     声  
  っ  ヤ  女     喰  う           り        そ  こ        ま        を  
  た  ジ  子     い  こ           は        こ  と        す  食     か  
   ゜ ギ  社     に  と           う        に  な        か  事     け  
  人  ャ  員     行  で           ち        し  い         ゜ ど     た  
                  ゜                                         ゜ 
前のページ
次のページ

  合  と     け  ば  が  業  り  ィ  な  と  で  は  じ  て     っ  終  つ  数  
  う  い  退  れ  い  重  時  に  ン  が  大  も  済  は  く  午  た  始  あ  が  
  つ  う  社  ば  け  く  間  気  グ  ら  変  整  ん  な  る  後   ゜ し  い  増  
  も  話  間  |  な  な  が  持  に  過  な  理  で  い  社  も      ` だ  え  
  り  が  際  |  い  っ  近  良  出  ご  こ  し  い   ゜ 員  快     午  も  れ  
  は  一   `  ゜ こ  て  づ  く  て  し  と  よ  た  四  も  調     後   ` ば  
  な  部  こ     と  き  い  仕  い  た  に  う   ゜ 時  何  に     は  当  彼  
  か  で  れ     が  た  て  事  た   ゜ な  と  い  を  人  仕     少  た  は  
  っ  盛  か     あ   ゜ く  が  連  チ  る  思  い  回  か  事     し  り  喋  
  た  り  ら     る  家  る  で  中  |  の  っ  機  っ  い  が     遅  障  ら  
  が  上  ビ      ゜ に  に  き  も  ム  で  た  会  た  た  進     れ  り  な  
   ` が  ア     も  帰  従  た  戻  を   ` が  だ  頃  が  ん     て  の  く  
  限  っ  ガ     う  っ  っ  と  っ  組  適   ` か  に   ` だ     そ  な  て  
  ら  た  |     そ  た  て  思  て  ん  当  そ  ら  は  あ   ゜    れ  い  済  
  れ   ゜ デ     ろ  ら   ` っ  く  で  に  れ  昨   ` く  そ     ぞ  よ  む  
  た  敏  ン     そ  や  だ  た  る  納  お  を  年  予  せ  の     れ  も   ゜ 
  社  伸  に     ろ  ら  ん   ゜  ゜ 入  茶  や  度  定  く  う     の  や  順  
  員  は  行     動  な  だ  が  久  セ  を  り  の  の  す  ち     席  ま  番  
  し  付  こ     か  け  ん   ` し  ッ  濁  出  資  仕  る  戻     に  話  を  
  か  き  う     な  れ  気  終  ぶ  テ  し  す  料  事  感  っ     戻  に  待  
                                                              
前のページ
次のページ

  う  L  ひ  い  名     子  ま  時        か  だ  う  婚  明  誘  課  ば  出  
  い  時  と  が  招  結  の  だ  近  八     う  と   ゜ さ  日  っ  の  付  社  
  う  代  き  な  待  婚  友  大  く  時     電  い  外  ん  冷  て  社  き  し  
  関  の  わ  さ  し  式  人  袈  に  を     車  う  は  と  や  早  員  合  て  
  係  元  華  そ  て  に  に  裟  な  回     に  彼  ま  い  か  々  は  わ  い  
  か  同  や  う  い  は  当  に  っ  っ     乗  と  だ  う  さ  に  デ  な  な  
  い  僚  か  で  た   ` た  騒  た  た     っ  乗  明  こ  れ  タ  |  い  か  
  ま  で  な  あ   ゜ 中  っ  ぐ   ゜  ゜    た  換  る  と  る  イ  ト  わ  っ  
  ひ  も  三  る  だ  学  て  こ  電  ぐ      ゜ 駅  か  で  か  ム  だ  け  た  
  と  あ  人   ゜ が  や  み  と  話  ず        で  っ  大  も  カ  と  に  の  
  つ  る  組  二   ` 高  る  は  す  ぐ        別  た  目  し  |  言  は  で  
  曖  と   ゜ 次  最  校  こ  な  る  ず        れ   ゜ に  れ  ド  っ  い   ` 
  昧  い  そ  会  近   ` と  い  な  し         ` 渋  見  な  を  て  か  全  
  だ  う  の  ま  は  短  に  だ  ら  て        敏  谷  て  い  押  い  な  員  
  っ  こ  う  で  あ  大  し  ろ  今  い        伸  で  も  が  し  た  い  が  
  た  と  ち  残  ま  の  た  う  し  る        は  待  ら   `  ` の   ゜ 行  
   ゜ だ  一  っ  り  友   ゜  ゜ か  う        郊  ち  え  敏  社  で  だ  く  
  要  が  人  た  付  人     ま  な  ち        外  合  る  伸  を   ` が  と  
  す   ` は  の  き  も     ず  い  に        へ  わ  だ  は  出  彼   ` な  
  る  ど  O  は  合  数     数   ゜ 九        向  せ  ろ  新  た  を  二  れ  
                                                   ゜          
前のページ
次のページ

  遂  し  り  時  ジ  か     は     す  か     江  ッ  に     電  前  ほ  に  
  な  た  合  ぐ  実  ら  |  た  |   ゜  ゜ |  利  セ   ` 何  話  と  ど  遊  
  の  と  い  ら  は  連  |  い  |  ド  あ  |  子  |  留  度  し  顔  前  び  
  か  い  だ  い   ` 絡  そ  し  あ  ど  の  モ   ゜ ジ  守  も  て  が  新  友  
  ど  う  か  だ  先  あ  れ  た   ` う  ォ  も     は  番  台  み  一  居  達  
  う  連  友  っ  週  り  で  お  い  も   ` し     入  電  詞  た  致  に  な  
  な  絡  人  た  の  ま  :  構  え  夜  馬  も     れ  話  を   ゜ し  遊  の  
  の  が  だ  と  金  せ  :  い   ` 分  場  し     ず  だ  反     な  び  だ  
  か  入  か  思  曜  ん  な  も  コ  に  と   `    に  っ  芻     い  に  ろ  
  も  っ  が  う  日  で  ん  で  こ  突  申  鈴     そ  た  し     が  来  う  
   ` た   ` の   ` し  で  き  ち  然  し  木     の  の   `     ` た   ゜ 
  詳  ら  北  で  私  た  す  ず  ら  す  ま  さ     ま  で  意     と   ゜ そ  
  し  し  陸  す  が  で  が  に  こ  み  す  ん     ま  拍  を     り  誰  の  
  い  い  の  が  帰  し   ` :  そ  ま   ゜ の     切  子  決     あ  が  三  
  こ  ん  海   ` 宅  ょ  な  :  ど  せ  カ  お     り  抜  し     え  誰  人  
  と  で  で  な  し  う  に     う  ん  数  宅      ` け  て     ず  だ  組  
  は  す   ` ん  た  か  か     も   ゜ 子  で     次  し  か     秋  っ  は  
  分  ね  ジ  で  の   ゜  `     ゜    の  し     に  た  け     村  た  一  
  か   ゜ 自  も  は  :  数     先     夫  ょ     鈴   ゜ た     恵  か   ト  
  ら  未  殺  知  十  :  子     日     で  う     木  メ  の     に  名  月  
                                                              
前のページ
次のページ

  ん     で  っ  な  と  も     な  で  ん  な     の  三     取  セ  い  な  
  だ  |  し  て  に  い  迂  |  の   ゜ で  い  |  で  日  |  る  ル  ん  い  
  か  |  た  十  し  う  闊  |  で  ケ  す  ん  |  す  経  |  物  が  で  ん  
  余  そ  か  一  ろ  こ  で  え   ` |  が  で  そ  か  っ  で  も  取  す  で  
  計  う  ら  時  慌  と  し  え  も  タ   ` す  う  ら  て  :  と  れ   ゜ す  
  な  で   ゜ 頃  て  は  て   ` う  イ  去   ゜ な  :  も  :  り  た  :  が  
  ご  す     の  て   ` :  北  少  も  年  前  ん  :   `  ` あ  と  :   ` 
  心  か     出  行  新  :  陸  し  今  の  は  で     数  そ  ず  い  ソ  そ  
  配   `    発  き  潟   ゜ と  待  度  暮  P  す     子  の  出  う  そ  の  
  お  ス     で  ま  か  た  い  つ  安  れ  H   ゜    か  後  掛  の  れ  人  
  か  す     す  し  金  だ  っ  と  く  に  S  彼     ら   ` け  で  で  に  
  け  み     よ  た  沢   ` て  か  て  壊  を  女     な  ど  て   `  ` は  
  し  ま     ね  の  だ  夜  も  言  い  し  持   `    ん  う  行  私  夜  身  
  て  せ      ゜ で  と  行  ど  っ  い  て  っ  ケ     の  な  っ  と  行  寄  
  し  ん     も  ね  思  バ  こ  て  の  し  て  |     連  っ  た  入  バ  り  
  ま  で     う   ゜ う  ス  な  ま  が  ま  い  タ     絡  た  ん  れ  ス  が  
  っ  し     ぎ  夜  の  で  の  し  出  っ  た  イ     も  の  で  替  の  な  
  て  た     り  行  で  行  か  た  る  た  ら  持     な  か  す  わ  キ  い  
   ゜  ゜    き  バ  す  っ   ゜  ゜ そ  と  し  っ     い  :   ゜ り  ャ  ら  
  :  な     り  ス  が  た  私     う  か  い  て     も  :     に  ン  し  
                  ゜                             `     `       
前のページ
次のページ

  い  所  そ  た  愛  愛  ン  昨  数  も     り  ん     し  外  い     ら  :  
  う  も  こ   ゜ 知  知  シ  日  子  な  鈴  が  に  |  れ  旅  う  |   ` で  
  の  決  ま  ま  出  県  ョ  洗  か  こ  木  と  訊  |  ま  行  関  |  恐  は  
  は  ま  で  た  身  云  ン  車  ら  と  江  う  い  あ  せ  の  係  え  れ   ` 
  不  っ  事   ` で  々  の  し  の  で  利  ご  て   ` ん  ツ  の   ` 入  も  
  自  て  情  い  あ  の  主  な  連  あ  子  ざ  み  は  が  ア  人  あ  り  し  
  然  い  を  く  る  話  婦  が  絡  る  が  い  ま  い  :  |  だ  あ  ま  数  
  で  る  知  ら  こ  は  に  ら  も   ゜ 心  ま  す   ゜ :  か  か   ` す  子  
  あ  の  っ  僻  と   ` 言  考  な  心  当  し   ゜ 分   ゜ な  は  そ  が  か  
  る  に  て  地  が  短  っ  え  い  当  た  た  い  か     に  :  の  よ  ら  
   ゜ 連  い  と  分  大  て  て  と  た  り   ゜ ろ  り     か  :  お  ろ  な  
     絡  て  い  か  時  し  い  言  り  な     い  ま     で   ゜ 友  し  に  
     先   ` う  り  代  ま  て  う  あ  い     ろ  し     知  も  達  く  か  
     が  は  こ   ` の  う   `  ゜ っ  と     す  た     り  し  と  お  連  
     分  っ  と  場  友  と  危  当  た  言     み   ゜    合  か  い  願  絡  
     か  き  に  所  人  こ  う  然  ら  う     ま  で     っ  し  う  い  あ  
     ら  り  し  を  の  ろ  く  で  困  の     せ  は     た  た  の  し  り  
     な  行  て  変  一  だ  同  あ  る  は     ん  沼     人  ら  が  ま  ま  
     い  く  も  更  人  っ  じ  る  の  ご      ゜ 尾     か   ` ど  す  し  
     と  場   ` し  が  た  マ   ゜ だ  尤     あ  さ     も  海  う   ゜ た  
                              ゜                               
前のページ
次のページ

        と     み  恵  で  だ  し  な  で     し     思  て     た  と     
  |  も  こ  |  た  は  ス  ん  く  ん   ` 沼  ら  |  い  い  |  の  は  続  
  |  ち  ろ  |  い  小  タ  だ   ` と  あ  尾  ァ  |  込  た  |  で  想  い  
  ス  ろ  な  そ  な  柄  イ  ん  ぽ  な  っ  妙   ゜ あ  ん  ん  ス  最  定  て  
  |  ん  ん  れ  目  で  ル  思  っ  く  け  子  実  ら  で  で  す  初  し  沼  
  子  妙  で  で  を  ス  が  い  ち  顔  ら  は  は   ` い  す  み  戸  て  尾  
  に  子  す   ` し  レ  良  出  ゃ  が  か  び  人  そ  ま  ね  ま  惑  い  妙  
  そ  も  が  い  て  ン  く  し  り  思  ん  っ  妻  れ  し   ゜ せ  っ  た  子  
  ん  心   ` ま  い  ダ   ` て  と  い  と  く  だ  っ  た  独  ん  た  が  に  
  な  当  実   ` る  |  こ  き  コ  出  喋  り  っ  て   ゜ 身   `  ゜  ` 電  
  友  た  は  鈴  と  だ  の  た  ロ  さ  る  す  た  若     だ  突     ご  話  
  達  り  :  木  思  が  人   ゜ コ  れ   ゜ る  ん  く     と  然     主  す  
  い  は  :  さ  っ  顔  が  鈴  ロ  て  そ  く  で  見     ば   ゜    人  る  
  た  な     ん  た  は  元  木  し  き  の  ら  す  え     か  :     ら   ゜ 
  か  い     に  の  一  同  江  た  た  声  い  よ  た     り  :     し  家  
  し  と     も  だ  番  僚  利  感   ゜ を  の   ` っ     :  ご     き  族  
  ら  言     電  っ  美  だ  子  じ  一  聞  大  こ  て     :  結     男  が  
  ね  う     話  た  形   ゜ は  の  番  い  き  れ  こ     勝  婚     性  出  
  え   ゜    し   ゜  ゜ 秋  長  人  若  て  な  で  と     手  さ     が  る  
   ゜       た     猫  村  身  だ  々   ` 声  も  か     に  れ     出  こ  
                           ゜           ゜                      
前のページ
次のページ

  だ  最  だ  だ     夫  図  こ     い  の  べ  合     い  と  に  し  く     
   ゜ 初  か  が  ど  で  星  と  |  に  ね  た  っ  |  が  も  思  て  る  電  
  こ  か  ら   ` う  し  ?  じ  |  な   ゜ ら  た  |  受  い  え  い  よ  話  
  の  ら  仕  そ  も  ょ     ゃ  ま  る  で  そ  の  も  話  え  る  て  う  の  
  程  大  方  も  あ  う  ま  な  さ  か  も  ん  よ  と  器  な  が   ` だ  向  
  度  ご  な  そ  ま   ゜ あ  い  か  し   ` な   ゜ も  か  い   ` 人  っ  こ  
  に  と  い  も  り      ` わ   ` ら  ま  に  だ  と  ら  情  丸  妻  た  う  
  抑  に   ゜ 敏  深     子  よ  夫  ね  あ  古  か  わ  ダ  感  み  ら   ゜ で  
  え  し  大  伸  刻     供  ね  婦  え   ` く  ら  た  イ  が  を  し  あ  首  
  て  て  騒  が  に     じ  え  喧   ゜ も  か   ` し  レ  あ  帯  い  ま  を  
  お  し  ぎ  切  受     ゃ   ゜ 嘩     う  ら  江  た  ク  り  び  色  り  傾  
  い  ま  す  羽  け     な  あ  し     け  の  利  ち  ト   ` た  気  に  げ  
  た  う  る  詰  止     い  れ  た     っ  付  子  は  に  生  そ  も  も  る  
  方  と  の  ま  め     ん  ェ  と     こ  き  さ  サ  伝  々  の  な  あ  仕  
  が  い  は  っ  て     だ   ` か     う  合  ん  イ  わ  し  声  に  っ  種  
  い  ろ  ま  て  い     か  も   `    長  い  な  パ  っ  い  に  も  け  ま  
  い  い  だ  い  な     ら  し  そ     い  じ  ん  ン  て  女  は  な  ら  で  
   ゜ ろ  早  な  い      ` か  う     付  ゃ  か  で  く  の   ` い  か  見  
     面  い  い  よ     大  し  い     き  な  に  知  る  息  な  よ  ん  え  
     倒   ゜ の  う     丈  て  う     合  い  較  り   ゜ 遣  ん  う  と  て  
                        `                                     
前のページ
次のページ

  っ  え  心  し  な     そ  す        も  は     に  わ  ど  人  ぽ  ず     
  て  る  配  ら  っ  妙  っ   ゜ |  |   `  ` |  な  た   ` と  つ  一  |  
  い  よ  な  と  て  子  ち  あ  |  |  ま  や  |  ら  し  で  知  ん  人  |  
  た  う  い  思  し  の  の  と  い  え  さ  っ  で  な  た  も  り  と  ぐ  た  
  が  に  だ  う  ま  調  線  は  え   ` か  ぱ  も  か  ち  ね  合  ク  ら  し  
   ` 喋  ろ  が  っ  子  と   `  ` ま  ね  り   ` っ  は  え  い  ラ  い  か  
  最  っ  う   ` た  に  か  学  ご  さ  え  夫  ご  た  あ   ` に  イ  は  に  
  後  て   ゜ あ   ゜ 引  は  生  め  か  :  婦  主  口  ま  ス  な  人   ` ね  
  の  い  そ  れ  ご  き  ?  時  ん  ?  :  喧  人  だ  り  |  る  っ  み  え  
  難  た  れ  だ  主  ず     代  な        嘩  と  し  そ  子  と  て  ん   ` 
  関  の  と  け  人  ら     の  さ        じ  し  ィ  う  も  い  い  な  ツ  
  が  か  も  の  が  れ     こ  い        ゃ  て  :  い  そ  う  る  と  ア  
  残   ゜ わ  大  い  て     と   ゜       な  は  :  う  う  の  も  打  |  
  っ  も  ざ  声  て  思     は  な        い  心     人  だ  は  の  ち  な  
  て  う  と  な  大  わ     知  ん        の  配     と  と  可  よ  解  ん  
  い  十  旦  ら  丈  ぬ     ら  で        ォ  ね     は  思  能   ゜ け  か  
  る  一  那  ご  夫  長     な  も         ゜  ゜    お  う  性  そ  ず  で  
   ゜ 時  に  主  な  電     い  な        そ  ほ     近  け  あ  う  に  も  
  一  を  聞  人  の  話     か  い        れ  ん     づ  ど  る  い  一   ` 
  番  回  こ  も  か  に     ら  で        と  と     き  ォ  け  う  人  必  
                        `                       `             
前のページ
次のページ

        さ     で  を  と  宅  当  や  繰     に     ど        く  か  肝  
  と  |  な  母  目  着  つ  す  に   ` り  江  な  と  う  |  母  れ  え  心  
   ` |  か  親  に  て  で  る  そ  細  返  利  っ  開  な  |  親  れ  っ  な  
  な  北  っ  も  浮  い  慌  の  う  か  す  子  た  口  さ  あ  が  ば  て  実  
  に  陸  た   ` か  た  た  と  い  く   ゜ や   ゜ 一  っ  ら  出  :  い  家  
  か  ね   ゜ 危  ぶ  か  だ  入  う  説  す  妙     番  た   ` た  :  い  で  
  引  え     惧   ゜  ゜ し  れ  気  明  っ  子     そ  の  ま   ゜  ゜ か  あ  
  っ  :     し     ど  く  替  が  し  か  に     う   ゜ あ        も  る  
  掛  :     た     ん  出  わ  し  て  り  言     言  も   `       し   ゜ 
  か        ほ     な  て  り  て  い  頭  っ     わ  う  敏        れ  遅  
  る        ど     様  い  に  き  る  に  た     れ   ` 伸        な  い  
  よ        の     子  っ   ` た  う  入  こ     た  夫  さ        い  く  
  う        大     だ  た  ボ   ゜ ち  っ  と     の  婦  ん         ゜ ら  
  な        袈     っ  数  ス  あ  に  て  を     で  喧   ゜       最  い  
  言        裟     た  子  ト  の   ` し   `     ` 嘩  こ        初  の  
  い        な     か   ゜ ン  日  な  ま  ま     少  ?  ん        は  時  
  方        反      ゜ ど  バ   ` ん  っ  た     し     ば        妹  間  
  を        応     情  ん  ッ  彼  だ  た  一     気     ん        が  の  
  し        は     景  な  グ  が  か   ゜ か     が     は        出  方  
  た        示     ま  服  ひ  帰  本  い  ら     楽      ゜       て  が  
                                                              
前のページ
次のページ

     た     本  ま     不  婚  数     家  々  ち     な  全  思  が     の  
  北  ら  |  海  れ  |  名  早  子  一  出  そ  ょ  |  い  然  う   ` |  で  
  陸  連  |  と  て  |  誉  々  に  度  と  う  っ  |  と  分  ん  北  |   ` 
  と  絡  ア  い  い  で  な  そ  あ  出  い  い  と  あ  い  か  で  陸  え  一  
  い  が  ハ  う  る  も  こ  う  る  掛  う  う  言  の  う  ら  す  地  え  瞬  
  う  あ  ハ  と  と   ` と  い  の  け  こ  こ  い  ね  の  な   ゜ 方   ` 彼  
  言  る  ハ   ` か  ま  だ  う  は  る  と  と  に   ` は  く  友  に  た  は  
  葉  で   ` ど   ゜ さ  が  こ  薄  と  で  が  く  敏  :  て  達  縁  だ  ひ  
  に  し  そ  こ  そ  か   ` と  々   ` は  あ  い  伸  :   ゜ に  が   ` る  
  な  ょ  ん  か  の   ` 今  が  感  鉄  な  り  の  さ     そ  も  あ  そ  ん  
  に  う  な  の  |  事  の  あ  じ  砲  い  ま  で  ん     れ  当  る  の  だ  
  か  し  馬  国   ` 故  彼  っ  て  玉  の  し  す   ゜    に  た  人  自  が  
  含   ゜ 鹿  に  な  と  に  て  い  み  で  て  が  あ      ` っ  だ  殺   ` 
  み     な  拉  ん  か  は  は  た  た  す  ね   ` な     と  て  と  し     
  が      ゜ 致  で  事  好  旦   ゜ い  が  え  あ  た     に  見  は  た     
  感     事  さ  す  件  都  那  し  な   ゜ :  の  の     か  た  限  っ     
  じ     故  れ  ね  に  合  と  か  と     :  子  前     く  の  ら  て     
  ら     だ  た  え  巻  で  し  し  こ      ゜ は  で     連  で  な  い     
  れ     と  と   ` き  あ  て   ` ろ     い   ` は     絡  す  い  う     
  た     し  か  日  込  る  は  新  が     え  時   `    が  が  と  人     
            ゜        ゜              `              `          
前のページ
次のページ

  な  自     に  は  そ  た  肩  い  が  な        す  電  夜     が  し  が  
  る  然  ベ  捜  す  れ   ゜ か   ` 大  に  受  と   ゜ 話  遅  |  聞   `  ` 
   ゜ と  ッ  索  ら  ほ  だ  ら  受  の  電  話  い     で  く  |  こ  な  お  
  ま  笑  ド  願  す  ど  が  腕  話  苦  話  器  う     も  お  そ  え  ん  姉  
  だ  み  に  い  ら  し   `  ` 器  手  し  を  こ     あ  騒  れ  た  で  ち  
  昂  が  横  云  言  ど  白  背  を  な  た  置  と     り  が  で  の  も  ゃ  
  奮  浮  た  々  え  ろ  々  中  握  彼  の  く  で     ま  せ  は  で  な  ん  
  し  か  わ  と  た  も  し  に  る  は  は  と   `    し  し   `  ` い  ど  
  て  ぶ  る  い   ゜ ど  い  か  手   ` 初   ` 電     た  ま  も  あ  わ  う  
  い   ゜  ゜ う  首  ろ  嘘  け  に  ど  め  ど  話     ら  し  う  ま  と  か  
  る  突  頭  話  尾  に  を  て  必  う  て  っ  を      ` た  少  り  義  し  
   ゜ 然  が  で  は  も  言  か  要  し  か  と  切     よ   ゜ し  深  母  た  
  静  オ  冴  は  上  な  っ  ち  以  て  も  疲  っ     ろ  一  様  入  が  の  
  め  ナ  え  具  々  ら  て  か  上  も  し  れ  た     し  応  子  り  応  と  
  な  ニ  渡  合  で  ず  い  ち  に  緊  れ  が   ゜    く  そ  を  す  じ  い  
  く  |  っ  が  あ   ` る  に  力  張  な  出        お  ち  見  る  る  う  
  て  が  て  悪  る  彼  割  凝  が  し  い  た        願  ら  て  前  や  妹  
  は  し  い  い   ゜ に  り  っ  入  て   ゜  ゜       い  の  み  に  り  の  
  :  た  る  の  す  し  に  て  る  し  電  こ        し  方  ま   ` と  声  
  :  く   ゜ だ  ぐ  て  は  い   ゜ ま  話  ん        ま  に  す     り  が  
   ゜        ゜                                      ゜          
前のページ
次のページ

  そ     も  分  半  け  同     日  定  迂  街  立  定  無                 
  れ  数  思  の  分  だ  じ  彼  間  食  回  に  て  時  事  火              
  か  子  っ  部  物   ゜ 私  の  だ  屋  し  出  て  に  だ  曜              
  ら  の  た  屋  置  敏  鉄  実  っ  で  た  る  ど  退  っ   `             
  沼  母  が  が  と  伸  沿  家  た  食  り  こ  こ  社  た  水              
  尾  親   ` 妙  化  が  線  は   ゜ 事   ` と  と  し   ゜ 曜     6        
  妙  か  あ  に  し  長   ゜ 会     を  公  も  い   ` 毎  と              
  子  ら  ま  懐  て  年  途  社     し  園  な  う  街  日   `             
  か  は  り  か  い  使  中  と     マ  を  く  当  を  こ  会              
  ら  翌  人  し  た  っ  下  マ     ン  散   ` て  ぶ  ん  社              
  も  日  に  い  が  て  車  ン     シ  歩  普  も  ら  な  は              
   ゜ に  会   ゜ そ  い  す  シ     ョ  し  段  な  つ  調  ト              
  秋  も  い  寄  の  た  れ  ョ     ン  た  通  か  い  子  ラ              
  村  電  た  っ  ま  部  ば  ン     に  り  ら  っ  た  な  ブ              
  恵  話  く  て  ま  屋  実  の     帰  し  な  た   ゜ ら  ル              
  は  が  な  い  で  は  家  中     る  て  い  の  だ  い  も              
  相  あ  か  こ  あ   ` と  間     と   ` 住  で  が  い  な              
  変  っ  っ  う  る  家  い  に     い  最  宅   `  ` と  く              
  わ  た  た  か   ゜ 族  う  あ     う  後  街  繁  取  思  平              
  ら   ゜  ゜ と  自  の  わ  る     二  は  を  華  り  う  穏              
                        ゜                    ゜                
前のページ
次のページ

  は  納  と  末  な  を  手  服  か  ホ  の     や  れ  録  れ  は  う  の  ず  
  別  し  り  し  ら  思  に  を  ら  ル  ボ  と  目  を  中  て  登  し  だ  留  
  の   ` あ  よ  な  っ  取  紙  二  ダ  ス  そ  的  持  心  い  録   ` が  守  
  私  押  え  う  い  た  る  袋   ` |  ト  こ  地  っ  の  な  さ  第   ` だ  
  鉄  し  ず  か  の   ゜ の  に  三   ` ン  で  の  て  小  い  れ  一  そ  っ  
  の  入  彼   ゜ が  つ  は  入  日  携  バ  彼  場  出  型   ゜ て  そ  こ  た  
  沿  り  は  ま  靴  い  初  れ  分  帯  ッ  は  所  掛  の  ス  お  の  ま   ゜ 
  線  に   ` た   ゜ で  め  た  の  用  グ  は  を  け  シ  ケ  ら  番  で  実  
  で  隠  そ  あ  そ  に  て   ゜ 着  の  に  っ  メ  た  ス  ジ  ず  号  追  は  
  あ  し  れ  そ  れ  生  か  女  替  化   ` と  モ  は  テ  ュ   ` は  い  携  
  る  て  ら  こ  ら  理  も  性  え  粧  そ  な  し  ず  ム  |  数  電  か  帯  
  が  お  を  へ  を  用  し  の  を  品  の  り  て  だ  手  ル  子  話  け  電  
   ` い  更  捨  揃  品  れ  下  詰  や  手   `  ゜  ゜ 帳  帳  の  機  る  話  
  直  た  に  て  え  も  な  着  め  歯  帳  ル     バ   ゜ と  手  の  こ  の  
  線   ゜ 段  に   ` 詰  い  を   ` ブ  と  イ     ス  数  い  帳  電  と  番  
  距  数  ボ  行  さ  め  と  こ  着  ラ  財  ・     の  子  う  に  話  は  号  
  離  子  |  こ  て   ` 妙  の  て  シ  布  ヴ     座  は  よ  し  帳  な  は  
  で  の  ル  う  ど  忘  な  よ  い   ` に  ィ     席  当  り  か  機  い  分  
  は  実  に  か  う  れ  こ  う  っ  そ  キ  ト     番  然  忘  書  能  だ  か  
  彼  家  収   ゜ 始  て  と  に  た  れ  |  ン     号  こ  備  か  に  ろ  る  
                                                              
前のページ
次のページ

  し  し  が  数  時  っ     実  で  れ  て  日  る  も  巻  事  も     て  の  
  て   ` 出  子  代  て  残  際   ` た  右  間  節  し  き  故   ` 数  も  実  
  い  結  て  の  も  も  業  そ  彼  甲  往  の  が  か  込  と  案  子  お  家  
  た  婚  き  作  皆   ` や  う  は  斐  左  彼  あ  し  ま  か  外  の  か  と  
  が  前  た  る  無  定  付  な  我  性  往  の  る  た  れ  誘  落  母  し  そ  
   ` か  り  料  に  時  き  の  れ  の  す  生  か  ら  た  拐  ち  親  く  う  
  一  ら   ` 理  等  に  合  か  な  な  る  活  ら  家  末  と  着  も  な  変  
  応  料  決  は  し  退  い  も  が  い  旦  ぶ  で  出  の  か  い  沼  い  わ  
  ひ  理  し   ` か  社  で  し  ら  旦  那  り  は  な  行  要  て  尾  の  ら  
  と  は  て  時  っ  し  外  れ  苦  那  と  は  な  の  方  す  い  妙  だ  な  
  通  好  上  々  た  て  で  な  笑  の  い   ` い  で  不  る  る  子   ゜ い  
  り  き  手  得   ゜ 外  夕  い  を  そ  う  妻  の  は  明  に  の  や      ゜ 
  の  じ  と  体  そ  食  食  と  禁  れ  よ  が  か  な  と  な  は  鈴     い  
  も  ゃ  は  の  の  と  を  思  じ  と  り  行   ゜ い  い  ん   ` 木     つ  
  の  な  言  知  侘  い  と  っ  え  い   ` 方  確  か  う  ら  数  江     突  
  は  い  え  れ  し  う  る  た  な  っ  妻  不  か  と  の  か  子  利     然  
  で  の  な  な  さ  の  こ   ゜ か  た  に  明  に  思  で  の  の  子     訪  
  き  と  か  い  た  は  と     っ  雰  逃  に  こ  い  は  事  失  に     ね  
  た  公  っ  も  る  独  は     た  囲  げ  な  の  当  な  件  踪  し     て  
   ゜ 言  た  の  や  身  あ      ゜ 気  ら  っ  二  た  く  に  が  て     き  
               ゜                             `     `          
前のページ
次のページ

  れ  は  自  う  る  夕  も  基  そ  味  み  ち  祖  ボ  に  祖  い  コ  は  最  
  込   ` 分  の  こ  食  有  本  れ  が  ん  出  母  リ  な  父  う  ン  い  初  
  ん  祖  だ  が  と  と  り  的  に  変  な  し  が  ュ  っ  母  こ  気  え  は  
  で  父  け  嫌  な  い  合  な  敏  わ  が  て  作  |  て  が  と  味   ` 物  
  く  母  一  だ  く  う  わ  味  伸  る  勝  き  る  ム  い  生  は  で  そ  珍  
  る  が  人  っ  思  の  せ  付  の   ゜ 手  て  こ  は  た  き  な  は  の  し  
  こ  相  馴  た  っ  は  で  け  母  関  に  魚  と  あ  頃  て  か  あ  味  さ  
  と  次  染  こ  て  そ  も  は  も  西  味  を  も  っ  は  い  っ  っ  に  も  
  も  い  め  と  き  う   ` 大  数  風  付  焼  あ  て   ` た  た  た  も  手  
  な  で  な  が  た  い  家  同  子  だ  け  い  っ  も  食  り   ゜ が  う  伝  
  く  死  い  あ   ゜ う  で  小  も  っ  す  た  た  味  事   ` も   ` 慣  っ  
  な  に  よ  る  た  も  家  異  東  た  る  り  し  付  は  自  と  お  れ  て  
  り   ` う   ゜ だ  の  族  で  京  り  も   ゜  ` け  大  宅  も  ふ  て   ` 
  :  社  な  中   ` だ  と  あ  生  関  の  す  社  は  人  の  と  く  い  わ  
  :  員   ゜ 学  一  と  食  る  ま  東  だ  き  員  大  数  一  敏  ろ  た  ず  
   ゜ が  だ  生  時  彼  事   ゜ れ  風  か  焼  が  雑  で  部  伸  の   ゜ か  
  と  食  が  の  期  は  を  残  だ  だ  ら  き  七  把   ` が  の  味  彼  三  
  に  事  そ  頃  そ  意  す  り  か  っ   ` な  輪  だ  品  社  実  云  は  ヵ  
  か  に  の  だ  う  識  る  物  ら  た  毎  ど  を  っ  数  員  家  々  マ  月  
  く  紛  後   ゜ い  す   ゜ で   ` り  回  は  持  た  や  寮  は  と  ザ  と  
   `                          ゜           ゜        `          
前のページ
次のページ

  ラ  放  み     も  の  ケ  を  だ  遅  そ  て  ト  う  う  こ        は  独  
  イ  感  で  寄  な  四  ッ  挟  け  い  れ  い  バ  こ  し  も  木     |  身  
  ブ  が  あ  り  か  日  ト  ん  し  昼  が  る  ン  と  て  お  曜     |  な  
  で  あ  る  道  っ  間  ベ  で  て  食  昼  の  に  で  も  盆  日      ゜ ら  
  も  る  が  も  た  は  ル  月  退  を  過  で  積   ` こ  休  に        と  
  し   ゜  ` せ  が  一  の  曜  社  と  ぎ  楽  ん  彼  の  み  な        も  
  よ  ど  そ  ず   ゜ 度  ス  日  し  り  に  で  で  は  日  で  っ        か  
  う  こ  れ  に     も  イ  ま  た  会  済  あ  出  技  に  あ  た        く  
  か  か  で  マ     鳴  ッ  で   ゜ 社  む  る  掛  術  納  る   ゜        ` 
   ゜ に  も  ン     ら  チ  四  こ  に  と   ゜ け  部  品   ゜ 八        新  
  マ  行  普  シ     な  が  連  れ  戻  そ  厄  て  員  据  だ  月        婚  
  ン  き  段  ョ     か  消  休  で  る  れ  介  い  と  付  が  十        の  
  シ  た  の  ン     っ  せ   ゜ 彼  と  で  な  っ  一  け   ` 三        夫  
  ョ  い  週  に     た  る  こ  も   ` 仕  仕  た  緒  し  あ  日        が  
  ン  と  末  帰     し   ゜ れ  夏  部  事  事   ゜ に  て  る   ゜       外  
  の  思  と  る      ` も  で  休  内  は  で  道  品  ほ  取  さ        食  
  駐  っ  は   ゜    そ  っ  や  み  の  お  も  路  物  し  引  す        と  
  車  た  違  短     の  と  っ   ゜ 戸  し  な  が  を  い  先  が        い  
  場   ゜ う  い     心  も  と  土  締  ま  い  空  ラ  と  が  に        う  
  を  ド  解  休     配  こ  ポ  日  り  い   ゜ い  イ  い  ど  ど        の  
                                 ゜                            
前のページ
次のページ

  子  あ  か  く  し  た  の  の  て  抱  の  い  披  ッ  高  い     い  泉  覗  
  の  る  と  分  お  だ  で  実  い  き  前  が  露  セ  校  た  留  る  に  く  
  母   ゜ い  か  電  い  す  家  る  な  に   ` 宴  |  ま   ゜ 守  場  で  と  
  も  当  う  り  話  て  が  に   ゜ が  立  数  の  ジ  で  再  番  合  も   ` 
  い  然  内  ま  し   `  ` 行  彼  ら  っ  子  こ   ゜ 一  生  電  で  行  車  
  ろ  と  容  せ  た  も  数  っ  女  の  た  側  と  途  緒  し  話  は  き  は  
  い  い  だ  ん  ら  う  子  て  の  ス  人  の  は  中  だ  て  の  な  た  だ  
  ろ  え  っ   ` 留  び  の  い  メ  ピ  だ  友  緊  か  っ  み  メ  い  い  い  
  当  ば  た  ど  守  っ  お  て  ッ  |  ろ  人  張  ら  た  る  ッ   ゜  ゜ ぶ  
  た  当   ゜ う  の  く  母   ` セ  チ  う  代  し  赤  と  と  セ  数  い  出  
  っ  然  一  い  よ  り  様  今  |  だ   ゜ 表  て  ん  い   ` |  子  や  払  
  て  な  時  う  う  し  か  帰  ジ  っ  生  と  い  坊  う  数  ジ  を   ` っ  
  い  の  間  こ  な  ち  ら  っ  は  た  後  し  て  の  植  子  ラ  捜  そ  て  
  た  だ  ほ  と  の  ゃ  留  て   ` の  間  て  よ  泣  松  と  ン  さ  ん  い  
  の  が  ど  な  で  っ  守  き  し  で  も  最  く  き  智  は  プ  な  な  る  
  だ   ` 前  の   ` て  番  た  ば  印  な  初  覚  声  美  小  が  く  こ   ゜ 
   ゜ や  の  で  事   ` 電  と  ら  象  い  に  え  が  か  学  点  て  と  山  
     は  電  し  情  折  話  こ  く  に  子  マ  て  混  ら  校  滅  は  を  奥  
     り  話  ょ  が  り  を  ろ  主  残  供  イ  い  じ  の  か  し  |  し  の  
     数  で  う  よ  返  い  な  人  っ  を  ク  な  る  メ  ら  て  |  て  温  
                                          ゜           ゜       
前のページ
次のページ

  そ  み  は  に  が  が  た  よ  行  掛  人  う  近  う  仕  の  し  ば  美     
  ち  る   ` 行  伝  :  ら  う  き  け  が  か  く  こ  事  で  た  い  に  躊  
  ら  と  中  っ  わ  :   ` で  先  て  全  と  に  と  で  す   ゜ け  電  躇  
  の  言  学  て  っ   ゜ 昔   ` そ  行  く   ゜ な  だ  し  か  そ  な  話  っ  
  方  っ  の  ら  て  そ  の  何  の  っ  の  と  り  っ  て  と  れ  か  す  て  
  面  た  友  っ  い  れ  :  も  他  た  謎  に  ま  た   ` 彼  で  っ  る  い  
  は   ゜ 達  し  な  で  :  残  の  と  で  か  す  ん  し  女   ` た   ゜ て  
  何  で  と  ゃ  い   ` 彼  っ  メ  も  し  く  の  で  ば  は  捜  の  本  も  
  卒  は  高  っ  か  誰  氏  て  モ  思  て   ` で  す  ら  言  索  で  当  仕  
  宜   ` 校  た  と  か  と  い  と  え  :  そ   ` が  く  う  願  す  は  様  
  し  誠  の  の   ゜ 自  か  な  か  な  :  の  明   ` 様   ゜ い  が  私  が  
  く  に  同  で  で  殺  な  い  も  い   ゜ 自  日  も  子  い  と  と  か  な  
  お  恐  窓  は  も  し  の  ん  本  ん  何  殺  に  う  を  え  か   ` ら  い  
  願  れ  会  :   ` た  か  で  人  で  か  を  で  そ  見   ` は  ま  お   ゜ 
  い  入  役  :  ご  な  も  す  が  す  嘘  計  も  ろ  ま  私  も  た  電  す  
  致  り  員   ゜ 主  ん  し   ゜ 持  ね  を  っ  警  そ  し  も  う  一  話  ぐ  
  し  ま  に  植  人  て  れ  も  っ   ゜ つ  た  察  ろ  ょ  今  出  か  し  に  
  ま  す  訊  松  の  い  ま  し  て  た  い  と  に  一  う  日  さ  ら  な  植  
  す  が  い  智  実  う  せ  か  出  だ  て  い  行  週  と  ま  れ  説  け  松  
  と   ` て  美  家  話  ん  し  た   ` 出  う  こ  間  い  で  た  明  れ  智  
   `                                                          
前のページ
次のページ

  で  お  く  母  く  親  れ  ら  信  も  が  る  そ     る  え  女  た  絡  彼  
  応  前  具  は  て  か  か   ` 号  考  ば  と  の  電  よ  て  は  可  が  は  
  じ  も  合  出  は  ら  ら  彼  音  え  っ  は  場  話  う  い  や  能  な  神  
  ら  夏  が  掛  思  連  行  は  か  な  と  な  に  を  だ  る  や  性  い  妙  
  れ  休  悪  け  っ  絡  け   ` ら  い  跳  し  引  切  っ  よ  強  が  と  な  
  る  み  い  て  た  が  ば  な  呼  ま  ね  に  っ  る  た  う  い  高  い  口  
  と  な   ゜ い   ゜ い  い  ん  出  ま  起  天  繰  と   ゜ に  語  い  う  調  
  言  ん  ど  る  し  く  い  だ  音  彼  き  井  り   `    し  調  と  の  で  
  い  だ  う  と  か  前  の   ` に  は   ` を  返  ひ     か  で  い  は  言  
  づ  ろ  し  い  し  に  だ  電  音  実  再  見  っ  と     思  付  う   ` っ  
  ら  う  た  う   ` や  と  話  が  家  び  つ  た  つ     え  け  こ  何  た  
  い   ` ん   ゜ 出  は  も  な  変  の  受  め   ゜ 溜     な  加  と  か   ゜ 
   ゜ と  だ  親  た  り  思  ん  わ  番  話  た  大  息     い  え  で  事  ど  
  結  至   ` 父  の  知  っ  か  る  号  器   ゜ の  を     彼  た  す  件  ち  
  局  極  な  で  は  ら  た  し  の  を  を  だ  字  つ     に   ゜ よ  に  ら  
   ` の  ん  は  父  せ  が  な  を  押  上  が  に  い     苛  の  ね  巻  に  
  何  ど  か  な  だ  て   ` く  聞  し  げ   ` な  て     立  ん  え  き  し  
  の  か  用  ん  っ  お  数  て  き  て  た  す  っ   `    っ  び   ` 込  て  
  用  な  か  と  た  か  子  も  な  い   ゜ ぐ  て  彼     て  り  と  ま  も  
  で  声   ` な   ゜ な  の  こ  が  た  何  に  見  は     い  構  彼  れ  連  
                              ゜                               
前のページ
次のページ

  と  げ  し  の  な  み  ま  と  っ  と  ゃ  た  お  電     受  ん  い  話  電  
  凄  る  な   ` い  な  た  思  た  母  な  の  母  話  そ  話  連  が  に  話  
  い  か  さ  な  の  ま  事  っ   ゜ の  い  ?  さ  が  れ  器  れ   ` な  し  
  剣  ら  い  に   ` で  の  た  思  声   `    ん  か  か  を  て  ど  っ  た  
  幕   `  ` や  そ  聞  顛   ゜ わ  を  数  あ  か  か  ら  置  来  こ  て  の  
  で  警  な  っ  れ  か  末  だ  ず  聞  子  な   ` っ  一  い  な  に  し  か  
   ` 察  ん  て  で  ず  を  が  本  い  さ  た  な  て  時  た  さ  も  ま  分  
  も  な  な  る  ど   ` 始   ` 当  た  ん  が  ん  き  間   ゜ い  出  っ  か  
  う  ん  ら  の  う  そ  め  辛  の  瞬  は  電  だ  た  も     と  掛  た  ら  
  す  て  わ   ` し  れ  か  ろ  こ  間  い  話  じ   ゜ し     い  け   ゜ な  
  ぐ  時  た  今  た  は  ら  う  と   ` な  に  ゃ  も  な     う  な  あ  い  
  に  間  し  か  の  え  説  じ  を  彼  い  出  な  し  い     の  い  れ  よ  
  で  関  も  ら   ` ら  明  て  言  は  の  る  い  も  う     に  な  か  う  
  も  係  一  で  警  い  し  踏  っ  泪  ?  な  わ  し  ち     曖  ら  ら  な  
  駆  な  緒  も  察  こ  出  み  て  が     ん  よ   ` に     昧   ` し  要  
  け  い  に  捜  に  っ  し  止  し  出  う  て   ` あ   `    に  ま  ば  領  
  つ  で  行  索  は  ち  た  ま  ま  そ  ん  珍  何   ` 母     返  た  ら  を  
  け  し  っ  願  行  ゃ   ゜ っ  お  う  :  し  か  な  親     事  数  く  得  
  て  ょ  て  い  っ  じ  母  て  う  に  :  い  あ  ん  か     し  子  来  な  
  き   ` あ  出  た  ゃ  は   ` か  な   ` じ  っ  だ  ら     て  さ  な  い  
                                                              
前のページ
次のページ

  し     し  言  の     ら  こ  も  と  で  れ  に  う  で  よ  を  日  っ  そ  
  よ  し  て  っ  実  い  と  う  う  に   ` は  は  か  も   ` 抑  行  て  う  
  う  か  は  た  家  よ  電  し  少  か  な  も  知  も  新  会  え  く  い  な  
  か  し  居  手  に  い  話  て  し  く  ん  ち  ら  分  潟  社  た  か  る  気  
   ゜  ` ら  前  電  よ  を  い  連  数  て  ろ  せ  か  に  は   ゜ ら  ん  配  
  近  出  れ  が  話  大  切  る  絡  子  お  ん  て  ら  行  休  明  と  だ  だ  
  所  掛  な  あ  し  ご  っ  間  を  の  っ  だ  あ  な  け  み  日  彼   ` っ  
  を  け  か  る  て  と  た  に  待  友  し  よ  る  い  る  な  っ  は  今  た  
  う  て  っ  が  い  に   ゜ も  っ  達  ゃ   ` ん  し  じ  ん  て  慌  日   ゜ 
  ろ  は  た   ` る  な     連  て  に  っ  月  で  :  ゃ  で   ` て  い  い  
  う  み   ゜ 彼  だ  っ     絡  み  も  て  曜  し  :  な  し  今  て  っ  や  
  ろ  た     は  ろ  た     が  る  当  い  日  ょ   ` い  ょ  日  言  ぱ   ` 
  し  も     と  う   ゜    入  か  た  た  に  う  数   `  ` 行  い  い  今  
  て  の     て   ゜ 母     る  ら  っ  ?  電  ね  子  い  そ  っ   ` 様  も  
  い  の     も  連  は     と  と  て     話  え  さ  や  し  ち  と  子  い  
  る   `    家  絡  す     い  彼  い  う  し   ` ん   ` た  ゃ  に  を  ろ  
  と  さ     に  待  ぐ     け  は  る  ん  て  あ  の  新  ら  い  か  見  い  
  ま  て     じ  ち  に     な  言  ん  :  :  あ  お  潟  明  な  く  て  ろ  
  た  ど     っ  だ  数     い  い  で  :  :   ` う  か  日  さ  母   ` 当  
  あ  う     と  と  子     か   `  `  `  ` そ  ち  ど  に  い  親  明  た  
                                                              
前のページ
次のページ

     室  高  込  で  品  せ  た     に  東  間  の  く     人  っ  つ  慌  の  
  窓  に  く  み  光  の  こ  が  新  合  京  に  高  彷  さ  込  と  も  た  小  
  口  入  響  を  々  量  ま   ` 宿  わ  駅  家  速  徨  す  み  人  列  だ  母  
  に  っ  く  掻  と  販  し  い  に  な  の  を  バ  っ  が  に  で  が  し  さ  
  は  て   ゜ き  し  店  い  つ  着  い  八  出  ス  て  に  紛  ご  で  さ  ん  
  三  い  彼  分  て  で  バ  の  い   ゜ 重  て  タ  い  こ  れ  っ  き  が  に  
  人  っ  は  け  い   ` ス  間  た     洲  数  |  る  こ  た  た  る  な  遇  
  の  た   ` て  る  ネ  タ  に  と     口  子  ミ  う  は  い  返  ラ  い  い  
  女   ゜ 受  バ   ゜ オ  |  か  き     や  が  ナ  ち  人   ゜ し  |   ゜ そ  
  性     付  ス  大  ン  ミ  す  は     浜  乗  ル  に  で  敏  た  メ  ひ  う  
  職     カ  を  層  サ  ナ  っ  ま     松  る  に   ` い  伸  所  ン  っ  だ  
  員     ウ  誘  な  イ  ル  か  だ     町  と  行  ふ  っ  は  に  屋  そ   ゜ 
  が     ン  導  賑  ン  の  り  明     の  し  っ  と  ぱ  新  行  も  り  住  
  並     タ  す  わ  と  目  暮  る     バ  た  て  思  い  宿  き  お  と  宅  
  ん     |  る  い  店  の  れ  さ     ス  ら  み  い  だ  に  た  盆  し  街  
  で     の  笛  で  内  前  て  が     乗  こ  た  つ   ゜ 出  い  休  て  に  
  い     あ  の  あ  の  は  い  残     場  こ   ゜ い  当  た   ゜ み  い  は  
  る     る  音  る  蛍  電  た  っ     で  だ  あ  て  て   ゜ そ  だ  る  夕  
   ゜    待  が   ゜ 光  化   ゜ て     は  ろ  の  西  も     し   ゜  ゜ 方  
  そ     合  甲  人  灯  製  せ  い     間  う  時  口  な     て  も  い  の  
                                    ゜                         
前のページ
次のページ

  で  約  付  こ  は  と  リ  だ  か  い  が  ん  す  が  の     が  き  男  れ  
  す  の  セ  と  た  も  ス   ゜ る  じ   ` で  が   ` 夜  彼  お  交  性  ぞ  
  と  み  ン  は  め  可  ト  そ   ゜ ゃ  何  し   ` 北   ` は  年  う  職  れ  
  い  で  タ  で  し  能  か  れ  電  な  を  ょ  ど  陸  馬  思  寄   ゜ 員  列  
  う  す  |  き  に  だ  ら  が  車  い  馬  う  こ  方  場  わ  り  ち  が  が  
  こ  が  は  る   ` が  名  完  な  か  鹿  か  行  面  数  ず  へ  ょ  待  で  
  と   ` 別  の  予   ` 前  璧  ど  と  な  と  き  の  子  近  の  う  機  き  
  で  も  に  で  約  そ  は  に  と  思  こ  尋  の  夜  と  寄  説  ど  し  て  
  あ  し  あ  し  な  の  割  揃  違  い  と  ね  バ  行  い  っ  明  恰  て  い  
  る  座  っ  ょ  し  必  り  っ  っ  直  を  て  ス  バ  う  て  を  幅  い  る  
   ゜ 席  て  う  で  要  出  て  て  し   ` み  に  ス  三  い  終  の  る   ゜ 
  し  が   ` か  こ  が  せ  い  乗  た  そ  よ  乗  に  十  っ  え  い   ゜ ほ  
  か  空  基  と  こ  あ  る  な  客   ゜ ん  う  っ  乗  二  て  た  い  狭  か  
  し  い  本  訊  へ  る   ゜ く  名  調  な  か  た  っ  歳   ` と  温  い  に  
   ` て  的  い  来  だ  偽  て  簿  べ  女  と  か  た  ぐ  先  こ  和  場  も  
  夏  い  に  て  て  ろ  名  も  が  れ  い  思  分  と  ら  週  ろ  そ  内  応  
  休  れ  は  み  飛  う  を   ` あ  ば  る  っ  か  思  い  の  で  う  を  対  
  み  ば  電  た  び  か  使  予  る  す  わ  た  り  う  の  金  あ  な  人  に  
  直  可  話   ゜ 乗   ゜ う  約  は  ぐ  け   ゜ ま  の  女  曜  る  職  が  出  
  前  能  予  受  る  彼  こ  者  ず  分  な  だ  せ  で  性  日   ゜ 員  行  る  
                                                              
前のページ
次のページ

  行  め  話  れ  れ  義  を  牛     で  何  便  J  八  王  新  へ  た  刻  の  
  に  て  し  て  な  母  過  丼  ス  調  に  が  R  王  八  潟  行   ゜ 表  金  
  行  連  て  い  か   ` ぎ  を  タ  べ  な  多  系  子  王  や  く  長  を  曜  
  っ  絡  み  た  っ  沼  て  食  ン  る  る  い  の  と  子  金  の  野  貰  日  
  て  し  た   ゜ た  尾  い  べ  ド  の   ゜ か  夜  い  か  沢  は  や  っ  の  
  い  ま  が  植  秋  妙  た  て  バ  か  捜  も  行  う  ら  に  な  飛  た  夜  
  て  す   ` 松  村  子   ゜ 彼  |  |  索  し  バ  手  金  行  い  騨   ゜ で  
   ` と  み  智  恵   ` 留  は  で  |  願  れ  ス  も  沢  く  で  高  路  は  
  い  の  ん  美  か  植  守  マ  黒   ゜ い  な  が  あ  行  便  は  山  線  そ  
  ま  こ  な  は  ら  松  番  ン  ビ     を  い  出  る  き  が  な  行  図  れ  
  成  と  出   ` の  智  電  シ  |     出   ゜ て   ゜ が  あ  い  き  を  は  
  田   ゜ 掛  何  メ  美  話  ョ  ル     す  だ  い  そ  出  っ  か  は  見  無  
  で  秋  け  人  ッ   ` に  ン  を     と  が  る  れ  て  た   ゜ あ  て  理  
  鈴  村  て  か  セ  さ  は  に  一      `  `  ゜ に  い  と  た  っ   ` だ  
  木  恵  い  の  |  ら   ` 戻  杯     警  そ  そ   ` る  思  し  て  あ  ろ  
  江  は  て  同  ジ  に  母  っ  ひ     察  れ  ち  南   ゜ っ  か  も  れ  う  
  利   `  ` 級  が  連  か  た  っ     は  を  ら  口  そ  た  仙  北  っ   ゜ 
  子  海  ま  生  録  絡  ら   ゜ か     ど  調  の  か  う  が  台  陸  と  彼  
  さ  外  た  に  音  の  二  十  け     こ  べ  方  ら  か   ゜ と  方  思  は  
  ん  旅  改  電  さ  取  件  時   `    ま  て  が  も   ` 京  か  面  っ  時  
                     `                                        
前のページ
次のページ

  真  い  て  も  巳  た  |  ト  か  が  城     積  出     に  を  子  い  か  
  夜  つ  捨  い   `  ゜ か  が  っ   ` や  最  ん  掛  十  し  出  の  う  ら  
  中  の  て  か  新  勝  ら  あ  た  彼  川  初  で  け  二  た  し  実  こ  の  
  の  間  た  な  木  鬨  中  る   ゜ は  崎  は   ゜ た  時   ゜ ま  家  と  留  
  倉  に   ゜ い  場  橋  央  よ  湾  都  側  多      ゜ を     す  に  だ  守  
  庫  か  こ   ゜ と  を  道  う  岸  心  に  摩     数  回     と  だ  っ  電  
  街  埠  こ  ゴ  廻  渡  に  な  エ  へ  な  川     子  っ     報  け  た  を  
  は  頭  ら  ミ  っ  っ  の  所  リ  車  ら  に     の  た     告   `  ゜ 聞  
  荒  の  辺  が  た  て  っ  で  ア  を  捨  で     手  の     し  明  あ  い  
  涼  構  の  散   ゜  ` て  は  と  走  て  も     荷  を     て  日  あ  て  
  と  内  地  乱  ま  晴   ` な  い  ら  場  捨     物  見      ` 警  面  か  
  し  に  理  し  と  海  首  い  っ  せ  所  て     を  計     あ  察  倒  け  
  て  入  は  て  め   ` 都   ゜ て   ` が  よ     入  ら     と  に  く  て  
  い  っ  よ  い  て  豊  高  国  も  湾  あ  う     れ  っ     は  行  さ  み  
  る  て  く  る  捨  洲  を  立  話  岸  る  と     た  て     無  っ  い  た  
   ゜ し  分  所  て   ` 銀  府  題  エ  だ  思     段   `    視  て   ゜ の  
  コ  ま  か  に  る  有  座  中  の  リ  ろ  っ     ボ  彼     す  捜  彼  で  
  ン  っ  ら  分  わ  明  で  イ  ス  ア  う  た     |  は     る  索  は  す  
  テ  た  な  散  け   ` お  ン  ポ  に   ゜  ゜    ル  車     こ  願   ` が  
  ナ  り  い  し  に  辰  り  タ  ッ  向  だ  稲     を  で     と  い  数  と  
      ゜  ゜                                                    
前のページ
次のページ

  写  か  知  る  録  シ  が  布  ペ  何  結  め  の  帳  身  ッ     絡  一  の  
  す   ` の  が  さ  ス   ` だ  ア  の  局  た  土  は  を  グ  最  み  瞬  蔭  
  に  か  も   ` れ  テ  手   ゜ に  鍵  一   ゜ に  バ  全  と  後  合  室  に  
  し  え  の  ア  て  ム  帳  カ  す  か  番  運  埋  イ  部  手  ま  っ  内  ぽ  
  て  っ  で  ド  い  手  は  |  れ  分  始  河  め  ン  出  帳  で  て  灯  つ  
  も  て  あ  レ  る  帳  :  ド  ば  か  末  は  た  ダ  し   ` 残  い  が  ん  
   ` 不  る  ス   ゜ で  :  や  い  ら  に  黒   ゜ |   ` 財  っ  た  つ  と  
  い  都   ゜ の  た  あ   ` 会  い  な  困  々  バ  の  キ  布  た   ゜ い  乗  
  ず  合  こ  一  い  る  実  員   ゜ い  る  と  ッ  つ  |   ` の     た  用  
  れ  な  れ  覧  し   ゜ は  証  現  も  も  し  グ  い  ホ  キ  は     と  車  
  に  の  が  は  た  数  捨  の  金  の  の  て  は  た  ル  |   `    思  が  
  し  か  あ  彼  メ  年  て  類  は  も  が  い  石  カ  ダ  ホ  ル     っ  一  
  ろ   ゜ る  に  モ  前  が  は  も  あ  残  て  を  バ  |  ル  イ     た  台  
  原  そ  と  は  は  か  た  鋏  ち  っ  っ  不  詰  |  は  ダ  ・     ら  停  
  本  れ  後  ほ  な  ら  い  を  ろ  た  て  気  め  の  鍵  |  ヴ      ` ま  
  は  は  々  と  さ  の  も  入  ん  が  し  味  て  み  を   ゜ ィ     中  っ  
  焼  た  便  ん  そ  メ  の  れ  自   ` ま  だ  運   ` 外  財  ト     で  て  
  却  と  利  ど  う  モ  が  て  分  鍵  っ  っ  河  草  し  布  ン     男  い  
  す  え  な  が  で  が  あ   ゜ の  は  た  た  に  む   ` は  の     女  た  
  る  ば  の  未  あ  記  る  だ  財  ス   ゜  ゜ 沈  ら  手  中  バ     が   ゜ 
                     ゜                                        
前のページ
次のページ

  ド  レ  九     て  思  そ  が  夢        の  思  が  何  と  走     が  し  
  ア  ン  時  敏  い  わ  こ  見  か  翌     っ  っ  帰  か   ` っ  潮  あ  か  
  を  ズ  十  伸  る  ず  で  え  と  朝     て  た  る  冷  今  て  見  る  な  
  叩  か  分  は  ん  体  は  た  思   `     ` ら  し  た  日  い  か  が  い  
  く  ら   ゜ ベ  だ  を  っ   ゜ っ  玄     彼   ` か  い  は  る  ら   ` だ  
  音  見  一  ッ   ゜ 硬  と  誰  た  関     は  こ  な  も  久   ゜ 枝  そ  ろ  
  に  て  瞬  ド  ノ  く  し  だ   ゜ を     家  こ  い  の  し  脂  川  れ  う  
  混  み  躊  か  ッ  し  て  ろ  夢  叩     路  は   ゜ が  ぶ  で  に  で   ゜ 
  じ  よ  躇  ら  ク  た  目  う  の  く     に  出  枝  背  り  ぎ  か  は  会  
  っ  う  っ  這  は   ゜ が   ` 中  音     つ  口  川  筋  の  ら  け  な  社  
  て  と  た  い  続  そ  覚  相  で  で     い  だ  か  を  熱  つ  て  ん  に  
   `  ` が  出  い  う  め  手  応  起     た  け  ら  走  帯  く  は  と  行  
  自  玄   ` る  た  だ  た  の  対  こ      ゜ だ  首  る  夜  運  細  な  け  
  分  関  と   ゜  ゜ チ   ゜ 顔  に  さ        っ  都   ゜ だ  河  い  く  ば  
  の  に  り  時     ャ  夢  は  出  れ        た  高  帰  と  を  運  不  シ  
  名  近  あ  計     イ  で  見  て  た         ゜ に  り  い  覗  河  安  ュ  
  を  寄  え  を     ム  は  え  い   ゜       木  の  た  う  い  が  だ  レ  
  呼  っ  ず  見     が  な  な  る  最        場  ろ  く  の  て  何   ゜ ッ  
  ぶ  た  覗  る     壊  い  い  自  初        か  う  な  に  い  本     タ  
  女   ゜ き  と     れ   ゜  ゜ 分  は        ら  と  い   ` る  も     |  
                                                              
前のページ
次のページ

  ん  せ     仕     下  っ  が  る  か  た  か     れ        う     応  の  
  と  っ  相  度  |  り  た  楽   ゜ ら  が  っ  昨  い  |  彼  と  |  ほ  声  
  な  つ  変  な  |  て   ゜ に  彼  そ   ` た  夜  に  |  は  思  |  か  が  
  く  か  わ  さ  ほ  い  胃  な  は  う  い  し  の  片  上  照  っ  ま  に  聞  
  母  れ  ら  い  ら  く  の  っ  迷  い  ざ   ` 留  づ  が  れ  た  だ  誰  こ  
  は  る  ず   ゜  ` 感  底  た  惑  う  母  よ  守  い  ら  笑   ゜ 寝  か  え  
  う  と  せ     ぐ  じ  を  の  そ  予  が  も  番  て  せ  い     て  い  た  
  き  鬱  っ     ず  だ  塞  を  う  感  来  や  電  い  て  す     た  な   ゜ 
  う  陶  か     ぐ  っ  い  認  に  が  て  来  話  る  も  る     の  い  覗  
  き  し  ち     ず  た  で  め  振  あ  み  る  で  じ  ら  し      ゜ か  く  
  し  く  で     し   ゜ い  な  る  っ  る  と  は  ゃ  う  か     ど  確  ま  
  て  も   `    て     た  い  舞  た  と  は  来  な  わ  な     う  認  で  
  い  な  せ     な     鉛  わ  い  よ   ` 思  る  い  よ  か     せ  し  も  
  る  る  わ     い     の  け  な  う  な  っ  と   ゜  ゜ っ     そ  て  な  
  よ  わ  し     で     玉  に  が  な  ん  て  は     あ  た     ん  鍵  い  
  う  け  な      `    が  は  ら  気  だ  も  言     ら   ゜    な  を   ゜ 
  に  だ  い     さ     す  い  も  が  か  い  っ      `       こ  外  母  
  見  が   ゜    っ     ゥ  か   ` し  は  な  て     案        と  し  だ  
  え   ` そ     さ     |  な  気  て  じ  か  い     外        だ  た   ゜ 
  る  な  う     と     と  か  持  く  め  っ  な     き        ろ   ゜ 一  
   ゜                                                          
前のページ
次のページ

  で  で     好           く     ン  ジ     ち  る  れ  処              
  必  は  言  で  |  |  と  っ  |  に  ャ  彼  こ  わ  ば  だ  母  |  |  |  
  要  あ  わ  行  |  |  母  ち  |  履  マ  が  っ  け  い   ゜ が  |  |  |  
  か  る  れ  っ  そ  え  は  ゃ  だ  き  を   ` ち  で  け  そ  今  い  え  あ  
  と  ま  て  た  う   ` す   ゜ め  替  脱  顔  見  は  な  う  立  や   ` ッ  
  思  い  み  方  よ  ス  か     よ  え  い  を  て  な  い  だ  っ   ` な   ` 
  う  し  れ  が   ゜ |  さ      ` る  で  洗  回  い  の   ` て  な  に  そ  
   ゜ 警  ば  い  あ  ツ  ず     そ  と  シ  い  ら  の  で  こ  い  ん  ?  こ  
  が  察  そ  い  あ  ?  言     ん   ` ャ   ` れ  だ  は  の  る  で     は  
   ` や  う  の  い     う     な     ツ  歯  る  ろ  な  カ  の  も     :  
  彼  役  い  よ  う      ゜    格     と  を  と  う  い  |  は  な     :  
  は  所  う   ゜ 所           好     作  磨  ど  が  か  ペ   ` い        
  素  に  気     は           じ     業  き  う   `  ゜ ッ  数   ゜       
  直  行  も     ち           ゃ     着   ` も  部  別  ト  子           
  に  く  す     ゃ            ゜    み  髭  落  屋  に  も  が           
  従  の  る     ん           ス     た  を  ち  の  点  始  倒           
  っ  に  が     と           |     い  剃  着  中  検  末  れ           
  た  そ   `    し           ツ     な  り  か  を  し  し  て           
   ゜ こ  会     た           着     ズ   ` な  あ  て  な  い           
  よ  ま  社     恰           な     ボ  パ  い  っ  い  け  た           
                                       ゜                      
前のページ
次のページ

  た     遅  ず  え  場     し  気  願  い  で     せ  彼  が  る     い  く  
   ┐ 母  い  だ  で  は  外  ま  恥  い  か  は  数  い  は  若  も  ふ  た  見  
  あ  が  が  が  は  マ  に  っ  ず  を   ゜ 会  子  だ   ` 々  の  つ   ゜ る  
  ッ  助   `  ` な  ン  出  た  か  出  も  社  の   ゜ 普  し  だ  う     と  
 └   手  彼  誰  い  シ  る  方  し  す  う  訪  鏡     段  く  が  は      ` 
  と  席  は  か  か  ョ  と  が  さ  の  中  問  台     着  見   ` ス     母  
  大  の  マ  に   ゜ ン  や  無  を  に  年  に  に     だ  え  彼  |     は  
  き  ド  ン  見  あ  の  は  難  覚  母  と  母   `    と  る  の  ツ     訪  
  な  ア  シ  ら  の  真  り  か  え  親  も  親  母     垢   ゜ 場  姿     問  
  声  を  ョ  れ  時  下  人  も  た  同  い  が  と     抜  着  合  よ     着  
  を  開  ン  は   `  ゜ 目  し  が  伴  え  付  自     け  る  は  り     で  
  出  け  を  し  ち  通  が  れ   ` と  る  き  分     ず  も  逆  私      ` 
  し  る  見  な  ゃ  路  気  な  こ  は  大  添  の     野  の  に  服     化  
  た   ゜ 上  か  ん  側  に  い  こ   ゜ の  う  姿     暮  に  ス  の     粧  
   ゜ そ  げ  っ  と  に  な  と  は  さ  男  み  が     っ  こ  |  方     も  
     こ  た  た  確  立  っ  思  も  す  が  た  写     た  だ  ツ  が     厚  
     で   ゜ か  か  て  た  っ  う  が  妻  い  る     く  わ  を  若     め  
     彼      ゜ め  ば   ゜ た  任  の  の  で   ゜    見  ら  着  く     に  
     は     今  た  丸  駐   ゜ せ  彼  捜  は  こ     え  な  た  見     し  
     ま     更  は  見  車     て  も  索  な  れ     る  い  方  え     て  
                                                              
前のページ
次のページ

  休  て                    ひ  か           て  乗  で        し     
  み  い  夏  そ              と  っ  今  |  |   ` せ  警  何  |  た  |  
  を  た  休  れ              呼  た  日  |  |  電  る  察  も  |  の  |  
  取   ゜ み  か              吸   ゜ は  わ  安  車  の  署  考  い  ?  な  
  っ  先  も  ら              お  エ  曇  か  全  に  も  に  え  や     に  
  て  週  終  五     7        い  ン  っ  っ  運  乗  だ  行  ず  :     ?  
  い  出  わ  日              て  ジ  て  て  転  っ   ゜ く  に  :        
  た  勤  り  経               ` ン  い  る  で  て  し  の  車        び  
  り  し   ` っ              彼  を  る  よ  行  と  か  は  の        っ  
   ` て  会  た              は  か   ゜  ゜ っ  い  し  ど  ド        く  
  長  い  社  |              車  け  そ     て  う   ` う  ア        り  
  い  た  は  |              を   ` れ     よ  の  こ  も  を        す  
  休  社  平   ゜             発  ま  で     ね  も  れ  気  開        る  
  暇  員  常                 進  ず  も      ゜ :  か  が  け        じ  
  明  が  通                 さ  窓  車        :  ら  引  た        ゃ  
  け  振  り                 せ  を  内         ゜ 駅  け  が        な  
  と  替  は                 た  開  は           ま  る   `       い  
  い  で  じ                  ゜ け  相           で   ゜ こ         ゜ 
  う  ま  ま                    る  当           歩  母  の        ど  
  こ  だ  っ                     ゜ 暑           い  を  車        う  
                                                              
前のページ
次のページ

     う  て     憂  り  ず  く  た  い  れ  で     感  し  と  わ  二  ケ  と  
  |  言  く  一  鬱  で  で  な  つ  の  ば  仕  先  じ  な  正  し  日  の  も  
  |  っ  る  日  な   ` あ  る  は  悪   ` 事  週  て  か  確  な  目  よ  あ  
  お  た  や  長  日  そ  っ   ゜ 飛  い  誰  が   ` い  っ  に  か  の  う  っ  
  い   ゜ い  い  々  れ  た  こ  び  彼  だ  で  昨  た  た  言  っ  今  な  て  
   `    な  休  が  は   ゜ の  出  だ  っ  き  日  だ  と  う  た  日  状   ` 
  資     や  み  始  も  だ  調  す  っ  て  た  と  け  い  な  と  は  態  初  
  料      ` を  ま  ろ  が  子   ゜ て  気   ゜ 敏  な  う  ら  言  朝  で  日  
  で     挨  取  っ  く   ` で  会   ` 分  仕  伸  の  よ   ` っ  か  フ  の  
  き     拶  っ  た  も  朝  い  社  同  は  事  は  で  り  実  た  ら  ル  昨  
  て     す  て   ゜ 崩  一  き  に  僚  良  が   ` あ   ` 際  方  忙  稼  日  
  る     る  い     れ  番  た  来  に  く  ス  久  る  彼  に  が  し  働  は  
  ん     暇  た     た  の  い  る  軽   ` ム  し  が  が  忙  い  か  し  部  
  だ     も  課      ゜ 課   ゜ の  口  寡  |  ぶ   ゜ 必  し  い  っ  て  内  
  ろ     な  長     そ  長  今  も  の  黙  ズ  り     要  か  だ  た  い  全  
  う     く  が     う  と  日  苦  ひ  で  に  に     以  っ  ろ   ゜ な  体  
  な      `  `    し  の  も  痛  と  人  進  い     上  た  う  い  か  が  
  あ     彼  出     て  や  そ  で  つ  付  ん  い     に  り   ゜ や  っ  休  
   ゜    に  勤     ま  り  の  は  や  き  で  調     そ  せ  も   ` た  み  
  な     こ  し     た  と  は  な  ふ  合  い  子     う  わ  っ  せ  が  ボ  
                                                         `    
前のページ
次のページ

  は  り  な  も  低  躓  に     ろ        が  統     ら     ろ        ん  
  じ  そ  で  朝  血  く  出  朝  よ  |  |  な  計  |  と  |   ゜ |  |  だ  
  め  う  あ  機  圧  と  端  の   ゜ |  |  い  な  |   ゜ |  気  |  |  よ  
  に  い  る  嫌  だ   ` を   `    わ  エ  だ  ん  い     で  が  そ  イ   ` 
  挨  う   ゜ が  か  二  挫  さ     か  え  ろ  だ  い     も  利  れ  い  お  
  拶  言  朝  悪  な  歩  か  あ     っ  え   ゜ か  ん      ` か  じ  え  れ  
  す  い  の  い  ん  目  れ  こ     て   `    ら  だ     一  ね  ゃ   ` の  
  べ  方  挨   ゜ だ   ` る  れ     ん  ま      ` よ     応  え  あ  コ  机  
  き  は  拶  し  か  三  と  か     な  あ     お   `     ` な  で  ピ  に  
  な  な  も  か  知  歩   ` ら     ら  :     れ  も     課  あ  き  |  置  
  の  い  な  し  ら  目  も  仕      ` :     が  う     長   ゜ て  は  い  
  は  だ  に   ` な  も  う  事     さ        確   `    に     い  ま  と  
  彼  ろ  も  休  い  よ  い  だ     っ        認  間     見     る  だ  け  
  の  う  な  み  が  ろ  け  と     さ        し  違     て     と  :  よ  
  方  と  し  明   ` け  な  い     と        た  っ     い     は  :   ゜ 
  か  思  で  け  課  て  い  う     コ        っ  て     た     い     コ  
  も  う   ` の  長  し   ゜ 初     ピ        て  な     だ     え     ピ  
  し   ゜ い  初  は  ま  最  っ     |        し  け     い     な     |  
  れ  い  き  っ  い  う  初  ぱ     揃        よ  り     て     い     は  
  な  や  な  ぱ  つ   ゜ に  な     え        う  ゃ     か     だ     ?  
      `                                   ゜                   
前のページ
次のページ

  陰  で  き  に  作  機  の  で     :  う  と  ろ  い  し  ま  初  ま  ま  い  
  気   ` な  確  れ  の  原  な  い   ゜ が  き  う  や  た  す  の  っ  っ  が  
  だ  ま  い  認  ば  前  簿  く  ず      `  ` と   ` あ └   第  た  た   ` 
  か  た   ゜ す  い  ま  を   ` れ     大  横  彼  し  と  と  一  の  の  最  
  ら  何  そ  れ  い  で  揃  こ  に     き  を  は  か  な   ` 声  だ  で  初  
  彼  を  ん  ば  ん  行  え  れ  し     な  向  思  し  ら  お  は   ゜  ` は  
  も  言  な  い  だ  っ  て  で  ろ     声  い  っ   `  ` 互  大  な  挨  そ  
  陰  わ  こ  い  と  た   ` 調   `    で  て  て  そ  少  い  切  ん  拶  っ  
  気  れ  と  と  な  段  さ  子  仕     す  い  し  れ  々  笑  で  で  す  ぽ  
  に  る  を  こ  る  に  て  ま  事     ぐ  よ  ま  も  の  顔  あ  も  る  を  
  な  か  訊  ろ   ゜ な  コ  で  の     さ  う  う  や  こ  で  る  な  タ  向  
  る  分  け  を  そ  っ  ピ  狂  段     ま  が   ゜ は  と  気   ゜ い  イ  い  
  の  か  ば   ` こ  て  |  っ  取     挨  後  課  り  を  持   ┐ こ  ミ  て  
  か  ら  藪  彼  で   ` を  て  り     拶  ろ  長  自  言  良  お  と  ン  素  
   ` な  蛇  に  す  あ  と  し  が     し  を  が  分  わ  く  は  だ  グ  通  
  彼  い  に  は  か  れ  ろ  ま  狂     て  向  入  が  れ  挨  よ  が  を  り  
  が   ゜ な  そ  さ  ?  う  う  う     い  い  っ  悪  て  拶  う   ` 失  さ  
  陰  課  る  れ  ず     と   ゜ ば     れ  て  て  い  も  を  ご  朝  っ  れ  
  気  長  だ  が  課  何  複  資  か     ば  い  来  の  :  交  ざ  の  て  て  
  だ  が  け  で  長  部  写  料  り     :  よ  た  だ  :  わ  い  最  し  し  
                                             ゜                
前のページ
次のページ

  そ  の  だ  う  違        が     だ     と  ホ  も  な  そ  陰  き  ど  か  
  し  腹  と  会  い  い  |  今  全  ぞ  |  こ  ッ  の  っ  の  に  返  っ  ら  
  て  を  課  議  だ  や  |  日  事   ゜ |  う  チ  部  て  一  籠  せ  ち  課  
  黙  読  長  が  ろ  そ  休  あ  業  全  あ  だ  キ  数   ` 瞬  も  ば  な  長  
  り  ん  の  あ  う  れ  み  る  部  然  の   ゜ ス  で  さ  の  り   ` の  も  
  込  で  機  る   ゜ は  前  な  合  足  な     で  い  ら  躊   ` 課  だ  陰  
  む   ` 嫌  の  だ  確  に  ん  同  り  あ     留  い  に  躇  腹  長  ろ  気  
   ゜ 余  を  は  が  か  言  て  の  な   `    め  の  墓  が  に  だ  う  に  
  上  計  さ  当   ` に  っ  聞  部  い  こ      ` だ  穴   ` 溜  っ  が  な  
  司  な  ら  然  そ  聞  た  い  課  だ  れ     課  ろ  を  大  め  て   ` る  
  に  先  に  予  う  い  ろ  て  長  ろ  か     長  う  掘  袈  る  反  彼  の  
  好  回  損  想  反  て  う  い  会  う  ら     に  と  る  裟  か  射  が  か  
  か  り  ね  さ  論  い   ゜ な  議  ォ  合     持  勝  こ  に  ら  的  明   ゜ 
  れ  を  る  れ  す  な  ま  い  か   ゜ 同     っ  手  と  言  い  に  る  た  
  る  し   ゜ て  れ  い  た   ゜  ゜    会     て  に  に  え  け  応  い  ぶ  
  よ  て  と  し  ば   ゜ ボ     そ     議     い  判  な  ば  な  え  声  ん  
  う  し  彼  か   ` 課  ケ     ん     に     く  断  る  命  い  る  で  ど  
  な  ま  は  る  そ  長  て     な     使      ゜ し   ゜ 取  の  は  軽  っ  
   ` う  相  べ  う  の  ん     会     う     す  て  い  り  で  ず  く  ち  
  愛   ゜ 手  き  い  勘  な     議     ん     る   ` つ  に   ` だ  訊  も  
                     ゜                                ゜       
前のページ
次のページ

  え  ホ        ホ  な     ら  見     れ  い  使  と  ん  ね  ゃ  大  う  嬌  
  て  ッ  そ  と  ッ  い  |  れ  え  そ  る  い  う  し   ` え  な  袈   ゜ の  
  提  チ  し  な  チ  か  |  る  て  し   ゜ か  も  て  す   ゜ い  裟   ┐ あ  
  出  キ  て  る  キ   ゜ お   ゜ く  て      ` の  も  ぐ  海  で  に  え  る  
  す  ス  今   ゜ ス  コ  い     る   `    し  だ   ` や  で  す  驚  |  社  
  る  の  度     は  ピ   `     ゜ 最     よ  ろ   ┐ り  悪  か  い   ` 員  
  と  針  こ     裏  |  な     ど  初     う  う  ば  ま  さ   ゜ て  そ  な  
   ` も  そ     を  も  ん     う  に     が └   か  す  し  ず  み  ん  ら  
     ひ  は     潰  ま  だ     で  不     ね  と  ! └   て  い  せ  な  す  
     と  と     せ  と  よ     も  備     え  怒     と  き  ぶ   ` の  か  
     つ   `    よ  も  こ     い  が     な  鳴  こ   ゜ た  ん   ┐ 聞  さ  
     ひ  コ      ゜ に  れ     い  あ     あ  ろ  の  そ  で  日  課  い  ず  
     と  ピ        と   `    こ  る     と  う  資  う  し  焼  長  て  こ  
     つ  |        れ  曲     と  と      ` と  料  言  ょ  け  こ  ま  う  
     潰  も        な  が     ま   `    笑  し  は  わ  う  し  そ  せ  切  
     し  丁        い  っ     で  ほ     っ  て  当  れ   ゜ て  休  ん  り  
      ` 寧        の  て     文  か     て  も  然  れ  す  ま  み  よ  返  
     耳  に        か  る     句  の     済   ` そ  ば  み  す  ボ  ォ  す  
     を  と        よ  じ     付  粗     ま  ま  れ  課  ま  も  ケ └   だ  
     揃  り         ゜ ゃ     け  も     さ  あ  に  長  せ  の  じ  と  ろ  
         `                                               `    
前のページ
次のページ

  ら  を  中  相  今  っ  る  と  か  い     そ  た  気  事     ん  っ  今     
  帰  お   ゜ 手  ち  て   ゜ を  と  ち  間  の  で  持  が  と  だ  た  ま  |  
  っ  い  折  か  ょ  き  そ  す  う  確  が  埋  ミ  が  万  い  よ  く  で  |  
  て  て  り  ら  っ  て  う  れ  る  認  悪  め  ス  塞  事  う   ゜  ` ず  L  
  く  か  返  電  と   ` な  ば  さ  す  い  合  を  ぐ  で  こ     た  っ  社  
  る  け  し  話  前  取  る   ` が  れ  と  わ  よ  か   ` と     か  と  の  
  と  れ  か  が  に  引  と  先  ら  ば  し  せ  び  ら  ペ  に     が  こ  見  
   ` ば  け  か  出  先  ほ  に  れ   ` か  の   ` 能  |  な     資  れ  積  
  通  席  る  か  掛  に  か  訊   ` そ  言  た  慎  率  ス  っ     料  や  り  
  り  を  と  っ  け  電  の  け  自  ん  い  め  重  は  は  て     作  っ  は  
  道  外  向  て  て  話  タ  ば  分  な  様  に  に  悪  乱  し     る  て  ど  
  に  し  こ  く  し  を  イ  い  の  こ  が  ま  や  く  れ  ま     の  た  う  
  あ  て  う  る  ま  す  ミ  い  判  と  な  た  れ  な   ` う     に  の  し  
  る  い  が  と  い  れ  ン  じ  断  も  い  焦  ば  り  平   ゜    何  か  た  
  別  ま  電  こ  ま  ば  グ  ゃ  で  分  の  る  時   ` 常  こ     時   ゜  ゜ 
  の  す  話  ち  し   ` も  な  間  か  だ  :  間  焦  心  う     間  遅  な  
  会   ゜ 中  ら  た  担  す  い  違  ら  が  :  が  れ  を  な     か  い  に  
  社  納   ゜ が  と  当  べ  か  っ  な   `  ゜ か  ば  失  る     か  よ  ィ  
  か  品  時  電  な  者  て  と  た  い  い     か  焦  い  と     っ   ゜ ?  
  ら  か  間  話  り  は  狂  な  こ  の  ち     り  っ   ` 一     て  ま     
               `                       `                      
前のページ
次のページ

  と  に  で  相  っ  う  て  を     い  い  仕  日  な     の  っ  赤  す  今  
  ど  持  き  手  て  ま  た  出  金  る  て  事  で  も  そ  せ  掛  信  れ  す  
  こ  ち  な  が  集  く  だ  し  曜   ゜  ` の  あ  の  の  い  か  号  ば  ぐ  
  ろ  越  い  あ  中  い  で  て  日     仕  ま  る  だ  悪  で  る  に   ` 来  
  で  さ  こ  る  し  っ  さ  か  に     事  ず   ゜ っ  循  は  よ  ひ  そ  て  
  は  れ  と  こ  て  て  え  ら  な     に  さ  営  た  環  な  う  と  れ  く  
  な  る  も  と  仕  い  忙  一  る     向  よ  業   ゜ は  い  な  つ  は  れ  
  く   ゜ あ  だ  事  る  し  週   ゜    か  り  活  一  午  :  も  引  不   ゜ 
  な  そ  る  か  が  と  い  間  あ     う  も  動  部  後  :  の  っ  要  見  
  っ  ん   ゜ ら  入  思  の   ゜ れ     前  前  と  の  も   ゜ で  掛  に  積  
  て  な  い   ` っ  っ  だ  金  か     に  日  社  取  続      ` か  な  書  
  し  こ  く  そ  て  て  が  曜  ら     す  の  内  引  き     だ  る  っ  を  
  ま  ん  つ  の  き  い   ` は  二     で  気  事  先   `    が  と  た  正  
  っ  な  か  日  た  た  そ  道  週     に  分  務  は  翌      ` 次   ゜ 式  
  た  で  の  の   ゜ ら  れ  路  間     気  が  に  二  日     そ  か  |  な  
   ゜  ` 用  う  残   ` で  も   `    持  尾  追  十  も     れ  ら  |  も  
     数  件  ち  業  夕  も  混  捜     が  を  わ  日  似     は  次  要  の  
     子  は  に  し  方  比  ん  索     引  引  れ  が  た     信  へ  す  に  
     の  翌  対  て  に  較  で  願     い  い  た  締  よ     号  と  る  清  
     こ  週  処  も  な  的  い  い     て  て  が  め  う     機  引  に  書  
               `                       `                 `    
前のページ
次のページ

  い  っ  と  く  分  も  る  妻  た  だ  待     う  そ  直  っ  ら  誘  子     
   ゜ た  彼  な  も   ` ち  と   ゜ し  し  敏  こ  れ  る  て   ` 拐  の  実  
     の  は  っ  変  新  ょ  の  ひ  か  て  伸  と  が  し  い  捜  さ  こ  際  
     で  思  た  わ  婚  っ  性  と  っ  い  は  で  気  か  る  し  れ  と   ` 
     単  い  今  っ  生  と  格  つ  た  た   ` は  に  な   ゜ た  た  は  捜  
     に  た   ` た  活  し  的  屋   ゜  ゜ 結  な  な  い  ど  っ  の  も  索  
     紛  か  再  か  は  た  不  根  し  婚  婚  い  っ   ゜ う  て  で  う  願  
     れ  っ  び  に  や  意  一  の  か  約  を  の  て  そ  足  無  も  手  い  
     て  た  元  見  は  思  致  下  し  か  機  だ   ` う  掻  駄  失  を  を  
     い  が  の  え  り  の  や  に  毎  ら  に  っ  仕  覚  い  な  踪  離  出  
     た   ` 自  た  新  疎   ` 暮  日  結   ` た  事  悟  て  の  し  れ  し  
     だ  生  分   ゜ 鮮  通  価  ら  の  婚  何   ゜ が  は  も  で  た  て  た  
     け  活  に  だ  だ  の  値  し  生  ま  か     手  決  仕  あ  の  し  こ  
     な  が  戻  が  っ  不  観  て  活  で  が     に  め  様  る  で  ま  と  
     の  ひ  っ   ` た  都  の  初  に  と  変     つ  た  が   ゜ も  っ  に  
     か  と  て  数   ゜ 合  違  め  張  に  わ     か   ゜ な  彼  な  た  よ  
     も  ま  し  子  少  は  い  て  り  か  る     な  だ  い  だ  い  わ  っ  
     し  ず  ま  が  し  あ  か  分  が  く  の     い  か   ゜ け  の  け  て  
     れ  変  っ  い  は  っ  ら  か  あ  慌  を     と  ら  開  は  だ  だ   ` 
     な  わ  た  な  自  て  く  る  っ  た  期     い   ` き  知  か   ゜ 数  
            `                                                 
前のページ
次のページ

  い  ら  袈  だ        仕  そ  こ  の  を  年  る     よ  る  間  な  あ     
   ゜ ず  裟  が  そ     事  し  ん  だ  当  間  の  実  う   ゜ は  い  の  結  
  そ   ` な   ` れ     を  て  な  っ  た  ず  だ  の  な  数  一   ゜ 事  局  
  れ  生  尤  茶  で     除  そ  生  た  り  っ   ゜ と   ゜ 子  体  見  件   ` 
  が  真  も  目  も     い  れ  活  が  前  と  生  こ  そ  な  何  合  の  結  
  か  面  ら  っ  捜     て  が  を   ` の  家  ま  ろ  う  ど  だ  い  あ  婚  
  え  目  し  気  す     |  一  し  今  よ  族  れ   ` 思  と  っ  か  と  前  
  っ  に  い  や  ふ     |  番  て  は  う  と  て  妻  う  い  た  ら  も  も  
  て  萎  芝  愛  り      ゜ 気  い  家  に  一  か  が  方  う  の  あ   `  ` 
  成  れ  居  想  は        が  た  族  思  緒  ら  い  が  女  か  の  自  結  
  功  て  は  の  し        楽  よ  も  い  に  結  な  自  も   ゜ 一  分  婚  
  し  い  で  な  な        で  う  鬱   ` 暮  婚  い  然  最  幻  件  は  し  
  て  る  き  い  く        い  な  陶  不  ら  直  方  に  初  の  ま  何  て  
  い  こ  な  彼  て        い  気  し  都  し  前  が  感  か  よ  で  も  か  
  る  と  い  と  は         ゜ に  い  合  て  ま  家  じ  ら  う   ` 変  ら  
  の  し   ゜ し  い        た  な   ゜ も  い  で  に  ら  い  に  こ  わ  も  
  で  か  多  て  け        だ  っ  以  な  て   ` 居  れ  な  思  の  っ   ` 
   ` で  く  は  な        ひ  て  前  く   ` 三  て  る  か  え  八  ち  そ  
  あ  き  を   ` い        と  く  か  き  そ  十  寛   ゜ っ  て  ヵ  ゃ  し  
  る  な  語  大   ゜       つ  る  ら  た  れ  五  げ     た  く  月  い  て  
                           ゜                                  
前のページ
次のページ

  係  た     い  句  か     な  会  の  掛  や  を     に  普  い  る  に  一  
  官   ゜ 捜  い  を  っ  し  い  し  夕  か  友  行  土  見  段  の  の  な  面  
  も  ほ  索  の  言  た  か  だ  た  方  り  人  き  曜  ら  か  で  で  っ  単  
  素  と  願  だ  え   ゜ し  ろ  り  に  も  と  来  日  れ  ら   ` も  て  純  
  っ  ん  い  ろ  た  彼   ` う  も  は  掴  連  し  は  て  何  端  意  い  な  
  気  ど  は  う  筋  に  そ  と  し  晩  め  絡  て  朝  い  を  か  識  る  彼  
  な  事  呆  か  合  と  の  い  た  餐  な  を   ` か  る  考  ら  的   ゜ は  
  い  務  気  と  い  っ  警  う  が  も  い  取  善  ら  の  え  は  に  だ   ` 
  対  手  な  思  で  て  察  こ   ` 兼  以  り  後   ` が  て  不  芝  か  そ  
  応  続  い  っ  は  は  の  と  あ  ね  上  合  策  数  幸  い  自  居  ら  う  
  だ  き  く  て  な  好  対  に  と  て  動  っ  を  子  い  る  然  を   ` い  
  っ  だ  ら  し  い  都  応  な  は   ` き  た  話  の  し  の  に  し  無  う  
  た  け  い  ま  が  合  が  っ  警  ふ  よ  り  し  実  て  か  思  て  理  時  
   ゜ で  簡  う   ` な  全  た  察  た  う  し  合  家  い  分  わ  い  に  は  
  最  あ  単   ゜ こ  の  く   ゜ に  家  が  た  っ  と  る  か  れ  る  ふ  本  
  後  る  に     ん  で  な     任  族  な  が  た  自  と  ら  な  わ  り  当  
  に   ゜ 受     な   ` っ     せ  が  い   ` り  分  も  な  い  け  を  に  
  い  担  理     こ  彼  て     る  一   ゜ 何   ` の  い  い   ゜ で  し  そ  
  な  当  さ     と  は  い     し  堂  日  の  警  実  え  よ  ま  も  て  の  
  く  の  れ     で  文  な     か  に  曜  手  察  家  る  う  た  な  い  気  
                                             ゜     `          
前のページ
次のページ

  り  に  て  者  な  事  う  金  絡  得  出  実  が  す  が  し  念  て  車  な  
   `  ` と  や  い  件  な  沢  を  る  て  際  偽  ぐ   `  ` の  調  可  っ  
  家  明  言  身  だ  に  っ  で  取  わ  す  に  名  に  そ  ほ  た  べ  能  た  
  出  ら  う  元  け  な  て  は  っ  け  ぐ  は  を  お  の  か  め  た  な  状  
  人  か   ゜ 不  で  っ  し  な  て  だ  に  北  使  か  裏  の   ` と  北  況  
  扱  に  子  明   ` た  ま  く  み   ゜ 拉  陸  っ  し  を  交  旧  言  陸  を  
  い  誘  供  の  全  り  っ  石  ま  新  致  に  て  な  取  通  姓  う  方  現  
  な  拐  だ  死  国  ニ  た  川  す  潟  さ  な  バ  こ  っ  機  の  と  面  場  
  の  さ  っ  者  で  ュ  の  県  と   ` れ  ど  ス  と  た  関  飯  そ  へ  検  
  だ  れ  た  の  年  |  だ  警  言  富  た  行  に  に  形  も  田  れ  の  証  
   ゜ た  ら  数  間  ス   ゜ だ  う  山  と  っ  乗  気  跡  当  数  を  夜  す  
  被  と  大  は  に  や  実  ろ  が   ` い  て  っ  づ  は  た  子  鵜  行  る  
  害  か  事  相  し  な  際  う   ` 金  う  は  た  く  な  っ  で  呑  バ  わ  
  状  い  件  当  た  に  問  し  県  沢  こ  お  の  は  い  て  も  み  ス  け  
  況  う  だ  数  ら  か  題   ` 警  の  と  ら  で  ず   ゜ み  調  に  は  で  
  が  の  が  に   ` で  で  福  と  県  だ  ず  な  だ  裏  た  べ  し   ` も  
  は  で   ` 登  行  報  す  井  い  警  っ   ` け  し  を  と  て  て  彼  な  
  っ  な  要  り  方  道  ね  県  う  と  て  自  れ   ` 取  言  貰  い  が  い  
  き  い  す  ま  不  さ  え  は  な  も  あ  宅  ば  数  れ  っ  っ  る  す   ゜ 
  り  限  る  し  明  れ   ` ど  ら  連  り  を   ` 子  ば  た  た   ゜ べ  乗  
                                                              
前のページ
次のページ

  を  仕  い  た  で  も     さ  出  ら     い  す  た  題  の     た  許  し  
  ひ  事  く  が  は  あ  最  れ  さ  電  八  う  る   ゜ は  こ  さ  の  な  た  
  と  は  と   ` な  る  初  た  れ  話  月  思  の  彼  消  と  ら  は  い  事  
  し  ど   ` 義  さ   ゜ は  駅  て  が  三  い  で  は  え  は  に  言  こ  件  
  き  う  気  母  そ  だ  嫌  前  い  あ  十  に  は  ふ  る  ひ  一  う  と  で  
  り  で  さ  は  う  が  な  の  た  り  日  半  な  と  こ  と  週  ま  夥  な  
  し  す  く  す  だ   ` 予  喫   ゜  `  ` 分  い   ` と  つ  間  で  し  け  
  て  か  に  で  っ  電  感  茶  そ  折  日  傾  か  お  な  も   ゜ も  い  れ  
   ` と  手  に  た  話  が  店  れ  り  曜  い  と  れ  く  進  仕  な  が  ば  
  数  か  を  待   ゜ の  し  で  で  入  日  て  思  も   ` 展  事  い   ` 警  
  子   ` 挙  っ  時  様  た  落   ` っ   ゜ い  っ  蒸  依  し  は   ゜ 彼  察  
  の  当  げ  て  間  子   ゜ ち  自  て  前  た  た  発  然  て  相     が  は  
  話  た  て  い  よ  で  母  合  宅  相  日   ゜  ゜ す  と  い  変     内  動  
  題  り   ` た  り  は  親  っ  で  談   `    い  れ  し  な  わ     心  か  
  は  障  天   ゜ 少  そ  の  た  は  が  数     や  ば  て  い  ら     北  な  
  故  り  候  彼  し  う  勘   ゜ な  あ  子      ` す  そ  が  ず     叟  い  
  意  の  の  が  前  い  と     く  る  の     も  べ  こ   ` で     笑   ゜ 
  に  な  話  入  に  う  い      ` と  母     う  て  に  そ   `    ん  全  
  避  い  や  っ  着  こ  う     指  呼  親     そ  解  あ  の  数     で  く  
  け  話   ` て  い  と  の     定  び  か     う  決  っ  問  子     い  心  
                                                              
前のページ
次のページ

  貞  を  た  わ        ん  す  る  お  三  ら        で        で     て  
  だ  知  彼  れ  数  と  し  が  と  か  十  嘘  |  義  す  |  と  し  |  い  
  と  ら  は  た  子  言   `  ` い  し  過  に  |  母  か  |  彼  ょ  |  る  
  は  な   ` の  が  い  む  そ  う  な  ぎ  な  そ  の   ゜ も  が  う  あ  よ  
  思  い  新  で  処  か  し  れ  の  く  ま  り  の  表     し  言  か  の  う  
  っ  と  婚  あ  女  け  ろ  に  で  ら  で  ま  こ  情     か  っ   ゜ ォ  だ  
  て  は  初  っ  じ  て  :  つ  は  い   ` す  と  が     し  て      ` っ  
  い  思  夜  た  ゃ   ` :  い   ` で  恋  が  な  堅     て  も     そ  た  
  な  え  を   ゜ な  彼     て  さ   ` 人   ` ら  く      `  `    れ   ゜ 
  い  な  危  三  く  は     は  す  そ  の  数   ` な     過  言     で     
  だ  い  惧  十  て  顔     あ  が  れ  一  子  気  っ     去  い     折     
  ろ   ゜ し  五   ` を     ま  に  が  人  さ  に  た     の  に     り     
  う  彼  て  歳  実  赤     り  ち  十  や  ん  な   ゜    男  く     入     
   ゜ 女  い  に  の  ら     気  ょ  人  二  ほ  ら        の  そ     っ     
  そ  も  た  し  と  め     に  っ  も  人  ど  な        こ  う     て     
  れ   `  ゜ て  こ  た     し  と  二  い  の  い        と  に     相     
  が  自  数  童  ろ   ゜    て  と  十  な  女  と        じ  し     談     
  結  分  子  貞  彼        い  思  人  い  性  言        ゃ  て     と     
  婚  が  が  だ  は        ま  い  も  方  が  っ        な  い     は     
  に  童  男  っ  救        せ  ま  い  が   ` た        い  る     何     
                                                   ゜          
前のページ
次のページ

  と  思  し  導  そ  笑  れ  上     た  り  ン  の  だ  だ  そ  が     恐  際  
  思  っ  て  い  う  っ  を  が  彼   ゜ に  ト  ?  っ  が  こ   ` そ  れ  し  
  っ  た  か  て  と  た  ど  っ  は     笑   `└   た   ` で  案  し  て  て  
  た  の  ら  く  言  り  う  た  助     っ  信  と   ゜ 彼  の  の  て  も  唯  
  り  よ  も  れ  っ  し  扱  数  か     た  じ   `  ┐ 女  数  定   ` い  一  
  し   ゜ 体  た  て  て  っ  子  っ      ゜ ら  彼  ね  は  子   ` 文  た  気  
  て  わ  を   ゜ く   ゜ て  の  た     そ  れ  女  え  み  の  予  字   ゜ 掛  
 └   た  求   ┐ れ  で  い  乳  と     れ  な  は   ` ご  反  期  通     か  
  と  し  め  だ  れ  も  い  房  思     は  |  心  も  と  応  し  り     り  
   ` の  て  か  ば   ` の  が  っ     軽  い  底  し  に  が  た  必     な  
  そ  こ  こ  ら  い  お  か  揺  た     蔑 └   驚  か  笑  そ  通  死     点  
  れ  と  な  だ  い  っ   ゜ れ   ゜    し  と  い  し  い  の  り  に     で  
  か  好  い  っ  の  か   ┐ て  ベ     た   ` た  て  飛  後  の  取      ` 
  ら  き  の  た  に  し  ご  い  ッ     嗤  泪  風   ` ば  を  失  り     期  
  の  じ  は  の  ィ  い  め  た  ド     い  を  で  初  し  決  態  繕     待  
  数  ゃ  お  ね └    ゜ ん   ゜ の     で  流   ` め  て  定  を  お     す  
  子  な  か  え  と  そ  な  だ  上     は  さ   ┐ て  く  し  演  う     る  
  は  い  し   ゜  ` れ  さ  が  に     な  ん  え  な  れ  た  じ  と     反  
  優  の  い  婚  彼  な  い   ` 起     か  ば   `    た  わ  た  し     面  
  し  か  と  約  を  ら   ` そ  き     っ  か  ホ     の  け   ゜ た      ` 
                                                              
前のページ
次のページ

     で  け  そ  う  と  ま     れ  と        い  え  こ  も  の     急  か  
  数  す  な  れ  な  も  し  |  が  気  |  も  け  た  と   ` 感  だ  に  っ  
  子  ね  話  に  ら  あ  た  |  過  が  |  ち  た   ゜ に  当  謝  か  親  た  
  の   ゜ で   `  ` り   ゜ あ  去  楽  え  ろ  の  そ  な  然  を  ら  し   ゜ 
  母     す  思  夫  得  ド  あ  の  に  え  ん  で  う  っ  の  数  こ  み  お  
  は     よ  い  で  る  ラ   ` こ  な   ` こ  は  だ  た  こ  子  の  が  互  
   `    ね  当  あ  わ  マ  は  と  り  敏  ん  な   ` が  と  に  一  湧  い  
  ア      ゜ た  る  け  み  い  で  ま  伸  な  い  ぼ   ` な  感  件  く  取  
  イ     :  る  私  で  た   ゜ な  す  さ  こ  か  く  彼  が  じ  に  よ  り  
  ス     :  節  が  す  い  実  か  が  ん  と  ?  ら  に  ら  て  関  う  澄  
  コ     何  が  不  も  で  は  っ   ` に  は     は  は  新  い  し  だ  ま  
  |     か  な  甲  の  す  私  た  :  そ  誰  そ  本  そ  妻  る  て  っ  す  
  ヒ     心  い  斐  ね  け  も  ら  :  う  に  れ  当  れ  が   ゜ は  た  必  
  |     当  と  な   ゜ ど  そ  :  で  言  も  が  は  も  リ  そ   `  ゜ 要  
  を     た  い  い  し   ` れ  :  も  っ  言  ど  う  ま  |  の  敏     が  
  も     り  う  の  か  そ  は      ` て  え  う  ま  た  ド  後  伸     な  
  う     が  の  で  し  う  考     も  い  な  し  く  愉  し  の  は     く  
  一     あ  も  :  も  い  え     し  た  い  て  や  し  て  性  最     な  
  杯     る  間  :  し  う  て      ` だ   ゜ :  っ  と  い  生  大     り  
  ず     ん  抜   ゜ そ  こ  み     そ  く     :  て  思  く  活  限      ` 
                                       ゜                      
前のページ
次のページ

  が  っ  か  が  も  の  は  身  噂  め  し  て  て  知  る  っ           つ  
  出  た  ら  や  し  は  断  だ  は   ` か   ` い  り  共  て  そ  と  |  注  
  て  の  は  っ  か   ` っ  と  そ  故  し  交  た  合  学  い  れ   ` |  文  
  き  で   ` と  し  彼  て  い  れ  郷   ` 際  こ  っ  の  た  は  話  実  し  
  た  す  手  分  た  と   ` う  切  に  彼  の  と  た  大  女  こ  し  は  て  
  の  が  紙  か  ら  の  娘   ゜ り  帰  が  仕  が   ` 学  子  う  始  ね   ` 
  で   ` も  っ  今  失  が  お  出  っ  就  方  あ  そ  が  短  だ  め  :  そ  
  :  一  年  た  で  恋  そ  恥  な  て  職  も  る  こ  あ  大   ゜ た  :  れ  
  :  枚  賀  ん  も  が  れ  ず  く  か  し  真   ゜ の  っ  の  数   ゜    が  
   ゜ だ  状  で  好  原  か  か  な  ら  た  面  そ  三  て  隣  子        来  
     け  も  す  き  因  ら  し  っ  は  在  目  れ  つ   ` に  は        る  
     帰  来   ゜ で  で  男  い  た   ` 京  な  は  年  サ   ` 学        の  
     郷  て  彼  :  は  性  話  が  娘  の  も  結  上  |  同  生        を  
     し  い  が  :  な  遍  で   ` の  会  の  構  の  ク  じ  時        待  
     た  な  郷   ゜ い  歴  す  彼  口  社  だ  長  学  ル  学  代        っ  
     年  か  里  福  か  を  が  は  か  を  っ  く  生  か  校   `       て  
     の  っ  に  井   ゜ し   ` 福  ら  数  た  続  と  な  法  彼         ` 
     年  た  帰  の  そ  て  と  井  も  年  と  い  交  に  人  女           
     賀  と  っ  住  し  い  義  の  彼  で  い  て  際  か  に  が           
     状  思  て  所  て  く  母  出  の  辞  う  い  し  で  よ  通           
                  `                 ゜                         
前のページ
次のページ

  た  も  い  倫     鈴           す     :  も  直  っ  ら  い     だ     
  の  ち  る  し  数  木  |  |  |  が  |  :  し  接  て  電  や  |   ゜ と  
  は  ょ   ゜ て  子  江  |  |  |   ` |     か  行  い  話  そ  |      ゜ 
   ` っ  奥  い  は  利  つ  え  新  実  そ     し  っ  る  を  れ  そ     だ  
  直  と  さ  た   ` 子  い   ` 潟  は  れ     た  て  の  割  は  う     が  
  接  し  ん   ゜ 一  さ  最  ご  の  ほ  と     ら  み  な  り  口  で      ` 
  に  た  に  ひ  年  ん  近  存  件  か   `    と  る  ら  出  実  す     そ  
  は  騒  知  と  半  か  で  知  で  に  本     ん  し   ` し  で  か     れ  
  そ  ぎ  れ  廻  ほ  ら  す  で  は  も  当     だ  か  知  た  :   ゜    で  
  れ  に  る  り  ど  伺  け  し  な  ま  に     濡  な  ら  と  :  彼     自  
  が  な  と  以  前  い  ど  た  い  だ  あ     れ  い  ぬ  し   ゜ が     分  
  原  っ  こ  上  ま  ま   ` の  で  あ  な     衣  で  存  て  た  自     に  
  因  た  ろ  も  で  し  S  ?  す  る  た     か  し  ぜ  も  だ  殺     ど  
  で   ゜ と  年   ` た  社     か  ん  に     も  ょ  ぬ   `  ` し     う  
  あ  彼  な  上  あ   ゜ で      ゜ で  は     し  う  で  も  住  た     し  
  る  女  り  で  る     同        す  恐     れ  ね  し  し  所  っ     ろ  
   ゜ が   `  ` 上     僚         ゜ 縮     ま   ゜ ょ  数  や  て     と  
  そ  退  社  子  司     だ           な     せ  で  う  子  名  い     言  
  の  職  内  供  と     っ           の     ん  も  か  を  前  う     う  
  一  し  で  も  不     た           で     し   ` ら  匿  か   `    の  
                                             `                
前のページ
次のページ

     関  が  る  手  よ  ち     ざ  :  い  で     に     し  し  上  と  年  
  し  し   `  ゜ 帳  り  ろ  興  い   ゜ う  す  |  で  |   ` て  司   ` 後  
  か  て  な  男  で   ` ん  信  ま  お  の  か  |  も  |  今  い  は  い  に  
  し  は  る  の  も  無  自  所  す  っ  な  ら  い  依  警  も  る   ` と  敏  
   ` 別  ほ  名  見  駄  分  な   ゜ し  ら   ゜ え  頼  察  勤   ゜ 新  も  伸  
  三  に  ど  前  た  な  で  ん  こ  ゃ   ` も   ` し  に  め  だ  潟  あ  と  
  つ  驚  そ  と   ゜ こ  調  か  の  っ  私  し  そ  よ  調  て  が  営  っ  見  
  年  か  う  い  そ  と  べ  に  年  て  が  数  れ  う  べ  い   ` 業  さ  合  
  上  な  い  う  こ  だ  る  調  賀  い  至  子  は  か  て  る  も  所  り  い  
  と  か  う  だ  に   ゜ 気  べ  状  た  ら  さ  私  と  も  は  ち  に  と  し  
  い  っ  こ  け  は  福  な  ら  は  だ  な  ん  が   ゜ ら  ず  ろ  飛  結   ` 
  っ  た  と  で  電  井  ど  れ  お  い  か  が  調     え  で  ん  ば  婚  友  
  た   ゜ か  は  話  の  毛  た  預  て  っ  昔  べ     な  あ  自  さ  し  人  
  ら      ゜ 分  番  住  頭  ら  か   ` た  の  ま     い  る  殺  れ  た  た  
   `    敏  か  号  所  な  堪  り  あ  せ  男  す     な   ゜ は   `  ゜ ち  
  自     伸  ら  も  は  い  ら  し  り  い  に   ゜    ら     し  そ  そ  に  
  分     は  な  書   `  ゜ な  ま  が  で  走  夫      `    て  の  し  言  
  と     そ  か  い  数  と  い  す  と  す  っ  の     興     い  後  て  わ  
  同     れ  っ  て  子  い   ゜  ゜ う  し  た  務     信     な  離  そ  せ  
  い     に  た  あ  の  う  も     ご  :  と  め     所     い  婚  の  る  
                                                              
前のページ
次のページ

  さ  い  に                 福  し  先  の  う     い  う  う  た  過  年  
  っ  う  警  九              井  ろ  も  か  で  数   ゜ 焼  も  が  去  で  
  ぱ   ゜ 察  月              に   ` そ   ゜ あ  子  そ  き  の   ` の  は  
  り  ひ  か  も              行  調  う  実  っ  が  の  餅  を  ど  男  な  
  分  ど  ら  二              っ  べ  い  の  た  生  男  と  覚  ん  を  い  
  か  い  電  週     8        て  る  う  母  の  き  の  い  え  な  具  か  
  ら  訛  話  目              み  ポ  こ  親  か  て  青  う  た  男  体   ゜ 
  な  で  が  に              よ  |  と  や   ゜ い  春  の   ゜ な  的  そ  
  か  最  あ  入              う  ズ  は  友  そ  た  !  と  が  の  に  れ  
  っ  初  っ  っ              か  は  あ  人  う  と  が  は   ` か  想  が  
  た  は  た  た              |  し  り  が  い  し  妬  違  そ   ` い  学  
  が  何   ゜ 十              |  な  得  危  う  て  ま  う  れ  は  描  生  
   ` を  富  日               ゜ く  た  ぶ  可   ` し   ゜ は  じ  い  時  
  こ  言  山  の                 て  の  む  能  実  か  数  普  め  た  代  
  う  っ  県  木                 は  か  よ  性  際  っ  子  通  て  こ  に  
  い  て  警  曜                 い   ゜ う  は  の  た  云  の  嫉  と  :  
  う  い  か  日                 け  い  に  な  と   ゜ 々  意  妬  は  :  
  こ  る  ら   `                な  ず   ` か  こ     で  味  心  な   ゜ 
  と  の  だ  会                 い  れ  こ  っ  ろ     は  で  と  か  妻  
  だ  か  と  社                  ゜ に  の  た  ど     な  言  い  っ  の  
   ゜                                                          
前のページ
次のページ

  の  少  の  れ  当  が  特  い  の  か  く  確  い  の  ち  い  も  自  相     
  で  な  方  た  た  あ  徴  て  に  ら  説  認  る  F  ら   ゜ な  殺  次  黒  
   ゜ く  は  の  っ  る  が  い   ゜ 来  明  し  と  署  も  黒  く  と  い  部  
  因  と  可  は  て  と  似  る  そ  い  さ  て  い  か  二  部   ` 思  で  の  
  み  も  能  一  お  思  て  う  れ  と  れ  ほ  う  ら  十  の  携  わ  女  山  
  に  三  性   ト  り  っ  い  ち  に  い  る  し  あ  照  代  方  帯  れ  性  中  
   ` ヵ  が  月  ま  た  れ  に  こ  う  前  い  な  会  後  は  品  る  の  と  
  奥  月  低  ほ  し   ゜ ば   ` こ  の  か   ゜ た  の  半  な  そ  が  遺  能  
  様  は  い  ど  て  :   ` ほ  は  か  ら  安  の  あ  か  か  の   ` 体  登  
  は  経  で  前   ` :  身  か  会   ゜ う  置  奥  っ  ら  ば  他  損  が  半  
  虫  っ  し  で  奥  実  代  に  社  数  ん  所  様  た  三  白  か  傷  発  島  
  歯  て  ょ  し  様  は  わ  身  だ  子  ざ  は  で   ` 十  骨  ら  が  見  の  
  の  い  う  た  が  ほ  り  元  ぞ  で  り  :  は  行  代  化  も  激  さ  付  
  治  る   ` ね  行  か  に  引   ゜ あ  し  :  な  方  と  し  身  し  れ  け  
  療  と  こ   ` 方  の  す  受  だ  る  て   ゜ い  不  み  て  元  く  た  根  
  を  思  ち  す  不  ご  る  人  が  は  い  彼  か  明  ら  い  が   `  ゜ の  
  し  わ  ら  る  明  家  と  が   ` ず  た  は   ` に  れ  る  分  遺  ど  P  
  て  れ  は  と  に  族  い  現  話  が   ゜  ` 遺  な   ` が  か  書  ち  浜  
  お  ま  死  黒  な  に  う  れ  を  な  こ  詳  体  っ  東   ` ら  な  ら  で  
  り  す  後  部  ら  も  手  ず  聞  い  れ  し  を  て  京  ど  な  ど  も   ` 
                        `                                     
前のページ
次のページ

  族  た  猜  う  も  な  例  と  け  は     番  X  ま  す  で  P  い  れ  ま  
  が  い  疑  の  は  っ  の  こ  で  報  会  号  で  せ  ぐ  し  浜  え  て  す  
  た  警  の  は  や  て  調  ろ  は  告  社  は  も  ん  に  て  の   ` い  で  
  っ  察  入  穏  :  い  子  が  な  し  に  :  い  か  行   ゜ 遺  黒  ま  し  
  た  も  り  当  :  た  で   ` い  て  は  :  た   ` け  わ  体  部  す  よ  
  今  無  交  で   ゜  ゜ あ  休   ゜ い   `  ゜ だ  ど  る  か  は  の   ゜ う  
  事  神  じ  は  だ  そ  っ  み  最  な  妻     け  こ  か  り  歳  方  そ  か  
  故  経  っ  な  が  し  た  明  初  い  が     れ  を  ど  ま  恰  で  れ   ` 
  に  だ  た  い   ` て  の  け  は   ゜ 行     ば  お  う  し  好  す  は  右  
  遇   ゜ 視   ゜ 警  時  で  課  課  言  方      ゜ 訪  か  た  だ   ゜ 水  の  
  っ  な  線  電  察  間   ` 長  長  う  不     も  ね  :   ゜ け  で  死  上  
  た  ぜ  を  話  か  が  言  が  に  つ  明     う  す  :  仕  で  は  体  の  
  と  会  感  中  ら  経  い  出  言  も  に     会  れ   ` 事   ` 黒  の  奥  
  か  社  じ   ` 電  っ  そ  て  う  り  な     社  ば  案  が  ま  部  方  歯  
  い  に  続  社  話  て  び  き  べ  が  っ     で  い  内  あ  だ  は  で  に  
  う  か  け  内  が  し  れ  た  き  な  て     結  い  図  り  詳  違  し  金  
  の  け  た  の  あ  ま  た  初  だ  か  い     構  の  と  ま  細  い  ょ  が  
  で  る   ゜ 好  る  う  ま  日  ろ  っ  る     で  か  か  す  は  ま  う  被  
  は   ゜ だ  奇  と  と  ま  か  う  た  こ     す  F  あ  の  不  す  か  せ  
  な  家  い  と  い   ` に  ら   ゜ わ  と      ゜ A  り  で  明  ね   ゜ ら  
                                                `     ゜       
前のページ
次のページ

     る  け  も  付  な        長  惑  う  課  か  事  の     適  で  ど  い  
  富  と  取  ら  け  か  翌     の  か  に  長  不  業  事  受  当   ` ん  の  
  山   ` 引  い  の  っ  日     前  け  身  の  敵  部  務  話  な  不  な  だ  
  行  そ  先   ` 立  た   `    に  な  を  デ  な  内  処  器  名  穏  内   ゜ 
  き  の  の  ボ  会  が  ど     立  い  引  ス  笑  の  理  を  前  な  容  一  
  の  足  現  ス  い   ` う     っ  か  い  ク  い  視  の  置  を  空  で  般  
  件  で  場  ト  が  よ  し     た  ら  た  に  が  線  た  き  名  気  あ  人  
  は  富  に  ン  あ  う  て      ゜  ゜  ゜ 向  込  が  め   ` 乗  が  れ  の  
   ` 山  行  バ  っ  や  も        彼  大  か  み  一  多  立  れ  流   ` 感  
  数  へ  き  ッ  た  く  外        は  丈  う  上  斉  く  ち  ば  れ  警  覚  
  子  向   ` グ  の  契  せ        妙  夫   ゜ げ  に  の  上  い  る  察  を  
  の  か  午  を  で  約  な        な  だ  課  て  集  社  が  い   ゜ か  わ  
  親  っ  前  駅   ` が  い        力  よ  長  く  ま  員  っ  じ  本  ら  き  
  に  た  中  の  直  成  と        を   ` は  る  る  が  た  ゃ  人  電  ま  
  は   ゜ に  ロ  行  立  い        得  あ  一  の   ゜ 社   ゜ な  が  話  え  
  報     仕  ッ  直  し  う        た  ん  瞬  を  彼  内  五  い  出  と  て  
  告     事  カ  帰  た  わ        よ  た  怯  感  は  に  ・  か  る  い  い  
  す     を  |  に  機  け        う  に  ん  じ   ` い  十   ゜ ま  う  な  
  べ     終  に  し  器  で        に  は  だ  た  な  た  ・     で  だ  い  
  き     え  預  て  据  は        課  迷  よ   ゜ ぜ   ゜ 日     は  け   ゜ 
                                                      `       
前のページ
次のページ

     振  男  う     え  の  敏  し  れ  る  こ  い  彼  今  れ     ば  は  だ  
  |  り  性  と  案  と  匂  伸  か  が   ゜ れ  た  が  朝  て  遺  身  ず  ろ  
  |  な  が  し  内  し  い  は  し  こ  死  か   ゜ 到  県  い  体  代  は  う  
  す  が   ` た  し  た  が  案   ` ん  体  ら  だ  着  警  た  は  わ  な   ゜ 
  み  ら   ┐ と  て  陰  た  内  も  な  な  溺  い  し  本  が  い  り  く  だ  
  ま  走  き  き  き  気  だ  さ  し  こ  ど  死  ぶ  た  部   ` っ  に   ` が  
  せ  っ  み   ` た  な  よ  れ  こ  と  二  体  日  と  の  富  た  と  無   ` 
  ん  て   ` 廊  係  処  っ  て  れ  を  度  を  が  き  霊  山  ん  い  駄  そ  
   ゜ き  き  下  官  で  て  霊  が  し  と  見  短  は  安  大  現  う  な  の  
  ご  て  み  の  が  あ  き  安  数  な  見  る  く   ` 室  学  場  こ  労  遺  
  説   `  ` 向  扉  る  た  室  子  け  た  の  な  辺  に  で  近  と  力  体  
  明  敏  駄  こ  の   ゜  ゜ の  に  れ  く  か  っ  り  移  司  く  に  だ  が  
  し  伸  目  う  把     見  前  似  ば  な  と  た  は  さ  法  の  な   ゜ 数  
  ま  に   ` か  手     る  に  て  な  い  思   ゜ も  れ  解  警  れ  そ  子  
  す   ` 駄  ら  に     か  立  い  ら   ゜ う  夜  う  て  剖  察  ば  れ  の  
  の     目  白  手     ら  っ  れ  な  ど  と  に  暗  き  さ  署  :  に  も  
  で    └   衣  を     に  た  ば  い  う  気  な  く  た  れ  に  :   ` の  
   `    と  を  掛     冷   ゜ :  ん  し  が  っ  な  と  た  安   ゜ よ  で  
  と     手  着  け     え  線  :  だ  て  滅  て  っ  い  後  置     し  あ  
  り     を  た  よ     冷  香   ゜  ゜ お  入   ` て  う   ` さ     ん  る  
                                             ゜                
前のページ
次のページ

  っ  て  途  て  彼  敏  地     状  組  こ  大  す     す        う     あ  
  て   ` 中  い  で  伸  図  と  況  目  の  騒  よ  |   ゜ |  |  な  と  え  
  い  時  か  る  六  に  を   ` か  で  春  ぎ   ゜ |     |  |  顔  き  ず  
  た  々  ら  の  組  は  指  指  ら  す  ま  に  結  は     も  ご  を  れ  こ  
   ゜ 口   ` か  目  ど  し  揮  ご   ゜ で  な  局  っ     し  家  し  い  ち  
     を  制   ` と  う  示  棒  説  ど  私  っ  人  き     そ  族  て  な  ら  
     挟  服  そ  い  で  し  の  明  う  も  て  違  り     う  の  い  標  の  
     む  を  れ  う  も  な  よ  い  ぞ  東  し  い  し     な  方  る  準  部  
     の  着  と  こ  い  が  う  た  お  京  ま  だ  て     ら  で  と  語  屋  
     だ  た  も  と  い  ら  な  し  掛  に  っ  っ  か      ` す   ` で  へ  
     が  年  通  は  こ  説  も  ま  け  い  て  た  ら     夫  よ     言  ど  
      ` 配  常   ` と  明  の  す  下  ま   ゜ の  見     と  ね     っ  う  
     こ  の  こ  身  だ  を  で   ゜ さ  し  東  で  ら     い   ゜    た  ぞ  
     ち  警  ん  元  っ  始   `    い  た  京  す  れ     う         ゜  ゜ 
     ら  察  な  確  た  め  壁      ゜  ゜ の  が  た     こ        敏     
     は  官  も  認   ゜ た  に     ま  あ  方   ` 方     と        伸     
     ひ  も  の  に  し   ゜ 貼     ず  な  で  午  が     に        が     
     ど  加  な  難  か  そ  ら     現  た  す  前  い     な        怪     
     く  わ  の  航  し  れ  れ     場  で  ね  中  い     り        訝     
     訛  っ  か  し   ` は  た     の  六   ゜ も  で     ま        そ     
            ゜                                                 
前のページ
次のページ

  す  で  か  も  最  す           れ     矯  り     は  覚     り  片     
  が  は  ら  相  初  と  |  あ  |  が  |  正  ま  | └   え  わ  ま  に  |  
   ` な  能  当  は  言  |   ` |  矯  |  し  す  |  と  が  か  す  な  |  
  た  い  登  :  分  っ  そ  こ  で  正  妻  た   ゜ こ   ` あ  り  か  っ  そ  
  だ  か  半  :  か  て  う  れ  は  さ  は  よ  そ  こ  頭  る  ま   ゜ て  れ  
   `  ` 島  そ  ら  い  で  で   ` れ   ` う  れ  と  蓋  と  せ     し  で  
  残  石  の  の  な  い  す  駄  盲  た  歯  な  か   ` 骨  も  ん     ま   ` 
  っ  川  も  :  か  の  か  目  腸  も  並  形  ら  こ  の  な  ね     っ  こ  
  て  県  っ  :  っ  か   ゜ だ  の  の  び  跡   ` こ  模  い   `    て  れ  
  い  警  と  魚  た   ` :   ゜ 手  か  は  が  ど  に  型  と  と     い  が  
  た  に  突  に  ん  奥  :  数  術  ど  き  あ  う   ` を  も  首     ま  着  
  内  も  端  や  で  様  お  子  は  う  れ  り  や  虫  机  言  を     す  て  
  蔵  照  か  ら  す  で  め  の  ?  か  い  ま  ら  歯  の  え  捻     が  い  
  を  会  ら  れ   ゜ は  で  お     は  で  す  八  の  上  な  る     :  た  
  調  し  流  て  お  あ  と  腹     :  し   ゜ 重  治  に  い  し     :  も  
  べ  て  れ  ま  腹  り  う  は     :  た     歯  療  置   ゜ か      ゜ の  
  る  い  て  し  の  ま  ご  き         ゜    を  の  い   ┐ な     見  で  
  と  る  き  て  あ  せ  ざ  れ        た     抜  痕  て  そ  い     覚  す  
   ` の  た   ゜ た  ん  い  い        だ     い  が   ` れ   ゜    え   ゜ 
  盲  で  の  だ  り  ね  ま  だ        そ     て  あ     で  見     あ  破  
                  ゜     ゜              `                      
前のページ
次のページ

  て     う  浮  像  な     だ  る  と  れ  子  ま                 で  腸  
  い  翌  な  か  し  か  心   ゜  ゜ ボ  で  に  っ  そ     と  |  な  す  だ  
  た  朝  気  ぶ  て  っ  身     福  ロ  い  仕  た  の     言  |  ん  ね  け  
   ゜ は  も   ゜ し  た  と     井  が  い  立   ゜ 夜     っ  お  と   ` が  
  ホ  結  し  ど  ま   ゜ も     に  出  の  て  死  は     て  世  応  奥  き  
  テ  局  て  ん  い  死  に     行  る  か  る  体   `     ` 話  え  様  れ  
  ル  チ  く  な   ` 体  疲     っ   ゜ も  こ  を  富     警  に  て  じ  い  
  を  ェ  る  女  い  を  れ     て  明  し  と  見  山     察  な  い  ゃ  に  
  出  ッ   ゜ だ  ろ  見  て     み  日  れ  も  な  市     署  り  い  な  な  
  た  ク     っ  い  な  い     よ  は  な  で  く  内     を  ま  の  く  い  
  と  ア     た  ろ  か  た     う  土  い  き  て  の     あ  し  か  て  ん  
  き  ウ     の  お  っ  が     か  曜   ゜ な  済  ビ     と  た  分   ゜ で  
  は  ト     か  ぞ  た   `     ゜ 日  余  か  ん  ジ     に   ゜ か     す  
   ` ぎ      ゜ ま  の  や     北   ゜ 計  っ  だ  ネ     し     ら      ゜ 
  福  り     見  し  が  は     陸  も  な  た  わ  ス     た     な     で  
  井  ぎ     て  い  か  り     本  う  こ   ゜ け  ホ      ゜    か     も  
  に  り     み  姿  え  寝     線  一  と  い  だ  テ           っ     良  
  行  ま     た  が  っ  つ     で  泊  を  や  が  ル           た     か  
  く  で     い  目  て  か     一  で  す   `  ` に           が     っ  
  気  寝     よ  に  想  れ     本  き  る  こ  数  泊            `    た  
                                                              
前のページ
次のページ

  い  に  ホ  そ  は  さ  迂  そ  半  観  場  い     ま  連  昔  と  そ  か  な  
  ろ  行  テ  れ  敬  ん  回  う  島  光  な  た  北  で  絡  の  を  う  知  ど  
  迷  こ  ル  も  遠  あ  し  だ  に  す  ど  場  陸  雲  し  男  忘  な  ら  な  
  っ  う  が  観  さ  る  な   ゜ 行  る  に  所  方  隠  な  に  れ  気  な  く  
  て  か  い  光  れ  よ  い  能  っ  よ  な  が  面  れ  い  走  て  が  い  な  
  い   ゜ い  ホ  る  う  と  登  て  う  っ  気  に  す  と  る  い  す  が  っ  
  る  黒   ゜ テ  と  だ  行  島  み  な  て  に  は  る  い  の  る  る   ` て  
  う  部  と  ル  聞  が  け  に  よ  所  い  な  来  必  う  は   ゜  ゜ そ  い  
  ち  も  な  で  い   ` な  渡  う  で  る  っ  た  要  の  い  自  数  の  た  
  に  い  れ  は  て  民  い  る  か  は  ふ  た  こ  は  は  い  分  子  男   ゜ 
  面  い  ば  な  い  宿   ゜ の   ゜ な  つ   ゜ と  な  ど  と  の  の  を  行  
  倒  か  金  く  る  や  そ  も  七  さ  う  だ  が  い  う  し  も  母  見  っ  
  く  も  沢   `  ゜ 旅  れ  い  尾  そ  の  が  な  だ  い  て  と  も  た  て  
  さ  し  か  ビ  気  館  に  い  湾  う  海  そ  か  ろ  う  も  か  友  ら  ど  
  く  れ   ゜ ジ  楽  は   `  ゜ の  だ  岸  こ  っ  う  こ   ` ら  達  殺  う  
  な  な  や  ネ  な  一  民  し  辺  っ  線  は  た   ゜ と  家  逃  も  し  な  
  っ  い  は  ス  ホ  人  宿  か  り  た  で   `  ゜    だ  族  げ  大  て  る  
  た   ゜ り  向  テ  旅  は  し  は   ゜  ` 海  昨      ゜ に  出  事  し   ゜ 
   ゜ い  福  け  ル  の  た  相  面  能  特  水  日     そ  ま  し  な  ま  な  
  結  ろ  井  の   ` 客  く  当  白  登  に  浴  聞     こ  で  て  こ  い  ぜ  
                                                   `          
前のページ
次のページ

  た  産        者  や  の  山  二  ほ  渓  だ  た  メ  陰     た  特  で  局  
  こ  を  マ     か   ` を  の  人  ど  谷  ろ  こ  |  に  や   ゜ に  直   ` 
  と  持  ン     も  そ  見  中  の  死  か  う  と  ジ  は  は     観  通  帰  
  を  っ  シ     し  の  て  へ  女  に  ら  な  は  で  行  り     光  の  り  
  ま  て  ョ     れ  女  お  入  は  誘  :  と   ` し  っ  日     も  特  の  
  ず   ` ン     な  に  い  っ   ` わ  :  い  今  か  た  本     せ  急  便  
  詫  数  に     い  興  て  て  ど  れ   ゜ う   ` な  こ  海     ず  に  を  
  び  子  戻     |  味  も  行  う  そ  そ  こ  海  い  と  を     に  乗  考  
   ` の  り     |  を  良  っ  い  う  の  と  を   ゜ が  見      ` り  え  
  事  実   `     ゜ 覚  か  た  う  だ  風  だ  見  し  あ  て     午   ` て  
  の  家  ひ        え  っ  の  気   ゜ 景  っ  た  か  っ  お     前  名   ` 
  顛  を  と        た  た  か  持  自  が  た  ら  し  た  く     中  古  高  
  末  訪  息         ゜ か   ゜ で  殺  美   ゜  `  ` が  べ     の  屋  山  
  を  れ  つ        た  も  水  海  だ  し  黒  き  ず   ` き     新  駅  本  
  一  た  く        と  し  死  に  と  け  部  っ  っ  北  だ     幹  近  線  
  部   ゜ と        え  れ  体  飛  い  れ  に  と  と  陸  っ     線  く  で  
  始  黙   `       ば  な  と  び  う  ば  行  飛  考  の  た     で  で  名  
  終  っ  富         ` い  い  込   ` 美  け  び  え  海  か     帰  一  古  
  報  て  山        犯   ゜ う  み  あ  し  ば  込  て  は   ゜    京  泊  屋  
  告  い  土        罪  い  も   ` の  い   ` む  い  イ  山     し  し  ま  
                                                         `    
前のページ
次のページ

     か  言     敏  ら  ぶ  で  は  現  移     嗤  は  っ  当     な  う  し  
  と   ゜ っ  |  伸  怖  り  唯  営  し  っ  昼  わ  き  た  然  月  形  に   ` 
  声     て  |  の  い └   一  業  た  た  休  れ  っ   ゜ 会  曜  跡  は  福  
  を     く  お  肩  顔  と  気  で   ゜ 五  み  て  と  へ  社  日  は  調  井  
  低     れ  い  を  を  敏  を  ペ  五  島  の  い   ` ん  中  出  な  べ  に  
  め     な   ` ぐ  し  伸  許  ア  島  英  鐘  る  新  に  に  社  い  ら  も  
  て     か  本  い  て  が  せ  を  は  二  が  の  婚  労  知  す  と  れ  行  
   `    っ  当  っ  小  手  る  組   ` 郎  鳴  だ  早  ら  れ  る   ゜ な  っ  
  し     た  か  と  走  を  同  ん  同  が  る  ろ  々  れ  渡  と     か  て  
  か     ん   ` 掴  り  挙  僚  で  期   ` と  う  妻  る  っ   `    っ  き  
  し     だ  奥  み  に  げ  だ  い  入  敏   ` な  に  の  て  自     た  た  
  強     よ  さ  な  駆  る  っ  た  社  伸  現  と  逃  も  い  分     が  と  
  い      ゜ ん  が  け  と  た  こ  で  の  在  思  げ  面  て  た      ` 告  
  口     水  の  ら  て   `  ゜ と  歳  い  は  う  ら  映   ` ち     数  げ  
  調     臭  こ   ` き  五   ┐ も  も  る  別   ゜ れ  ゆ  妙  夫     子  た  
  で     い  と     た  島  や  あ  同  部  の     た  い  な  婦     が   ゜ 
  言     じ   ゜     ゜ は  あ  り  じ  署  事     男  が  雰  の     い  探  
  っ     ゃ  な     そ  な   `  `  ` に  業     と   ` 囲  こ     る  偵  
  た     な  ん     し  に  久  社  一  姿  部     し  蔭  気  と     よ  の  
   ゜    い  で     て  や  し  内  時  を  に     て  で  だ  は     う  よ  
                  `                                `          
前のページ
次のページ

  線     ろ     間  話  い  こ  っ  で  心  五  れ  往  と  形  輩  ん  た     
  か  と  う  |  知  が  か  ん  ぽ  き  安  島  た  左  の  で  で  で   ゜ 敏  
  ら   ` け  |  ら  対  と  な  い  た  く  に   ゜ 往  折  あ   ` い  い  伸  
  敏  五  ど  聞  ず  話  い  こ  話   ゜ し  は  仕  す  衝  っ  五  た  つ  は  
  伸  島  さ  い  を  と  う  と  も  そ  て  デ  事  る  ま  た  島  と  も   ` 
  を  は   ゜ た  素  し  心  を  五  れ  い  リ  上  敏  で  の  は  き  気  彼  
  庇  敏  ま  と  直  て  配  言  島  は  た  カ  の  伸  ど  に  メ  は  持  に  
  う  伸  あ  こ  に  成  を  っ  は  誠  の  シ  こ  を  ん   ` カ   ` を  だ  
  よ  の   ` ろ  認  立  し  た  真  に  で  |  と  さ  な  車  ニ  本  引  け  
  う  背  い  で  め  し  な  ら  面  得   ` が  だ  り  に  の  ッ  来  き  は  
  に  を  い   ` る   ` く  馬  目  難  彼  あ  け  げ  助  運  ク  営  立  恐  
  廊  押   ゜ ど  こ  彼  て  鹿  に  い  と  っ  で  な  け  転  部  業  て  縮  
  下  し  メ  う  と  の  よ  に  受  こ  は  た  は  く  ら  を  員  で  て  せ  
  に  て  シ  に  が  前  か  さ  け  と  ふ   ゜ な  フ  れ  は  と  は  く  ざ  
  連   ` 喰  も  で  で  っ  れ  止  で  つ  そ  い  ォ  た  じ  し  敏  れ  る  
  れ  同  い  な  き  は  た  る  め   ` う  れ   ゜ ロ  こ  め  て  伸   ` を  
  出  僚  に  ら  た  自  の  の  て  少  に  が  何  |  と   ` 随  の  一  得  
  し  ら  行  な   ゜ 分  で  で  く  々  会  敏  よ  し  か  取  行  方  緒  な  
  た  の  こ  い     の   ` は  れ  理  話  伸  り  て   ゜ 引  す  が  に  か  
   ゜ 視  う  だ     世  対  な  た  屈  が  を  も  く  右  先  る  先  組  っ  
         ゜                 ゜                                  
前のページ
次のページ

  よ  の  ド  だ  け  ん  の  き     し  貞  敏  い  も     こ  彼     店     
  り  だ  し  か  の  で  で  る  そ  た  で  伸  て  彼  思  と  に  五  で  |  
  敏  が  て  ら  印  く  は  と  う  ら  あ  に  の  だ  え  は  ま  島  な  |  
  伸   ` も   ` 象  れ  な  決  だ  五  る  は  ア  っ  ば  言  で  と  ん  実  
  の  そ  ら  尻  か  た  か  ま   ` 島  こ  あ  ド  た  数  え  嘘  こ  か  は  
  立  れ  え  に  ら  し  っ  っ  飯  は  と  り  バ   ゜ 子  な  を  う  買  お  
  場  は  ば  敷   `  ` た  た  田  見  ま  が  イ  結  と  い  つ  し  っ  れ  
  を  自  い  か  五  結  か  と  数  抜  で  た  ス  婚  の   ゜ く  て  て  弁  
  正  分  い  れ  島  婚   ゜ き  子  い  は  か  も  に  結     の  話  き  当  
  確  た  ん  た  は  披  そ   ` さ  て  言  っ   ` 伴  婚     は  す  て  な  
  に  ち  じ  ふ   ┐ 露  れ  猛  ん  い  え  た  内  う  を     気  の  く  ん  
  射  夫  ゃ  り  気  宴  を  烈  と  た  な   ゜ 心  さ  一     が  は  れ  だ  
  当  婦  な  し  が  で  五  に  い  か  か  さ  不  ま  番     引  久  な  よ  
  て  の  い  て  強  の  島  嬉  う  も  っ  す  安  ざ  慶     け  し  い   ゜ 
  て  関 └    ` そ  新  は  し  女  し  た  が  を  ま  ん     た  ぶ   ゜ 悪  
  い  係  と  う  う  婦  本  い  性  れ  が  に  抱  な  で     が  り  庭  い  
  た   ` 評  ま  な  を  心  と  と  な   ` 自  え  雑  く      ` だ  で  け  
  と  と  し  く  奥  見  か  思  結  い  も  分  て  事  れ     本  っ  喰  ど  
  い  い  た  リ  さ  た  ら  っ  婚   ゜ し  が  い  に  た     当  た  お   ` 
  え  う  も  |  ん  だ  慶  た  で     か  童  た  つ  の     の   ゜ う  売  
                                                         ゜    
前のページ
次のページ

  だ  ど     ぼ        い  親  べ  に        な  し     だ     て  よ  る  
  っ  さ  |  く  |  |  じ  に  つ  走  |  |  あ  ち  |  な  |  い └    ゜ 
  た  あ  |  だ  |  |  ゃ  も  に  っ  |  |   ゜ ゃ  |   ゜ |  た  と  そ  
  じ   ` う  っ  そ  そ  な  連  負  た  お  そ     っ  見     そ  は  彼  し  
  ゃ  親  ん  て  れ  れ  い  絡  け  と  姑  ん     て  な     れ  ず  に  て  
  な  同   ゜ 考  に  も   ゜ し  惜  い  さ  な      ゜ か     で  な  釘   ┐ 
  い  士  ち  え   ` そ     な  し  う  ん  も     ち  っ      ` の  を  な  
   ゜ の  ょ  な  も  う     い  み  の  や  ん     ょ  た     そ  に  刺  に  
     関  っ  い  し  だ     で  と  は  友  見     っ  け     の  :  さ  は  
     係  と  こ  本  な     行  か  可  達  な     と  ど     土  :  れ  と  
     で  気  と  当   ゜    方  じ  能  が  い     見   `    左   ゜ て  も  
     何  に  で  に        を  ゃ  性  疑  方     て  か     衛     い  あ  
     か  な  は  そ        眩  な  低  う  が     み  え     門     た  れ  
     あ  っ  な  う        ま  く  い  よ  い     た  っ     は     こ   ` 
     る  て  い  い        さ  て  と  う  い     い  て     見     と  最  
     っ  い  し  う        な   ` 思  に  よ     気  へ     な     は  初  
     て  た   ゜ こ        く  だ  う   `  ゜    も  ん     か     肝  が  
     い  ん     と        て  っ  ん  昔        あ  に     っ     に  肝  
     う  だ     な        も  て  だ  の        っ  想     た     銘  心  
     話  け     ら        い   `  ゜ 男        た  像     ん     じ  だ  
               `                                              
前のページ
次のページ

     呟     あ     あ  子     い     の  し  ど  ら  事  し  少  に  時     
  君  く  君   ゜ |  る  供  |  く  |  状   `  ` ぼ  業   ゜ な  し  政  |  
  に   ゜ に     |  だ  な  |  ら  |  況  第  そ  く  上  親  く  た  略  |  
  も     は     そ  ろ  ら  た  な  じ  で  一  れ  の  有  父  と  っ  結  あ  
  心     分     れ  う   ` だ  ん  ゃ  は  最  と  勝  益  が  も  て  婚  あ  
  の     か     に  け  ロ   ` で  あ  な  初  結  手  だ  彼  う  そ  と   ` 
  暗     ら     し  れ  リ  身  も   ` か  に  婚  な  と  女  ち  う  い  あ  
  い     な     て  ど  コ  代  す  や  っ  話  と  自  判  の  の  い  う  る  
  部     い     も   ` ン  金  ぐ  っ  た  が  は  惚  断  家  親  う  こ  に  
  分     さ      ` 事  趣  目  に  ぱ  わ  あ  関  れ  し  の  は  つ  と  は  
  は      ゜    き  件  味  的  分  り  け  っ  係  な  た  工  そ  も  で  あ  
  あ     と     み  と  の  の  か  事  だ  た  な  の  か  場  ん  り  も  る  
  る      `     ` い  男  誘  る  件  か  と  い  か  ら  を  な  は  な  け  
   ゜    敏     や  っ  に  拐  だ  か  ら  き  :  も  で  買  つ  な  い  れ  
  い     伸     け  て  と  で  ろ   ゜ ね  は  :  し   ゜ い  も  い  し  ど  
  つ     は     に  も  い  も  う  事   ゜  ` と  れ  も  取  り  と   `  ` 
  も     心     冷  ね  う  な  し  故     そ  思  な  し  っ  じ  思  彼  で  
  ポ     の     静  え  こ  い  な  な     こ  い  い  か  た  ゃ  う  女  も  
  ジ     中     だ  :  と  し  あ  ら     ま  た  け  し  の  な  よ  の   ` 
  テ     で     な  :  も   `  ゜  `    で  い  れ  た  は  い   ゜ 親  今  
                                                `             
前のページ
次のページ

     ち  た  革  部  と  営  だ  文  が  か  け  思  ね  ぼ  に  も  振  く  ィ  
  君  の  ら  を  を  言  業  っ  系  ら  ら  る  わ   ゜ く  ど  や  る  に  ブ  
  は  課   ` す  い  う  マ  た  出   ` 営  人  ず  で  に  う  は  舞  は  な  
  優  長  君  る  っ  間  ン  ん  身 ┌┐ 業  だ   ` も  は  い  り  う  分  君  
  し  は  は  ん  た  に  と  だ  の  実  に   ゜ 逆  君  時  う  暗  の  か  は  
  い  降  課  だ  ん  課  し  ね  営  の  半  理  境  は  々  も  い  は  る   ` 
  ね  格  長  ろ  全  長  て   ゜ 業  と  分  工  に   ` そ  の  部  意  よ  人  
   ゜ で  だ  う  て  補  も  た  部  こ  リ  学  も  物  う  か  分  識   ゜ に  
  人   `  ゜  ゜ 解  佐  め  と  員  ろ  ス  部  め  怖  い  ま  は  し  君  は  
  を  ぼ  た  新  体  だ  き  え  を  あ  ト  出  げ  じ  う  で  あ  て  は  そ  
  思  く  ぶ  し  し   ゜ め  ば  リ  の  ラ  身  ず  も  素  は  る  の  役  う  
  い  は  ん  い  て  来  き  ぼ  ス  リ  さ  な   ` せ  顔  推  ん  こ  者  は  
  や  馘  間  事   ` 春  頭  く  ト  ス  れ  の  前  ず  を  し  だ  と  だ  思  
  る  か  違  業  大  に  角  の  ラ  ト  た  に  向   ` 見  量   ゜ で  ね  わ  
  こ  も  い  部  々  は  を  よ  す  ラ  よ   ` き  失  せ  り  そ   `  ゜ れ  
  と  し  な  体  的   ` 現  う  る  は  う  研  に  敗  て  か  れ  君  君  な  
  が  れ  い  制  な  今  し  な  の   ` に  究  生  を  く  ね  が  の  が  い  
  で  な  よ  に  組  の   ` :  が  本  な  開  き  屁  れ  る  具  内  陽  が  
  き  い   ゜ な  織  事  あ  :  目  当  り  発  て  と  た  が  体  面  気   ` 
  る   ゜ う  っ  改  業  っ └┘ 的  は  な  部  い  も  よ   ` 的  に  に  ぼ  
                        `                                     
前のページ
次のページ

  英     う  わ  も  裏  の  頼  避  足  め  ら  君     と  ん  い  じ  ら  人  
  二  昼  だ  け  い  切  友  れ  け  手  人  仕  と  ご  な  な  真  ゃ  だ  だ  
  郎  休  い  だ  い  っ  達  な  て  ま  と  事  い  め  ら  風  似  な  よ   ゜ 
  の  み  も   ゜ 大  て  に  い  い  と  し  も  る  ん  ね  に  で  い   ゜ で  
  後  が   ゜ い  切  し  な  ん  た  い  て  で  と  よ  :  生  き  よ  企  も  
  ろ  終  そ  や  な  ま  れ  だ  の  に  の  き  ど   ` :  き  な   ゜ 業  そ  
  姿  わ  し   ` 友  っ  る   ゜ は  な  能  そ  う  君   ゜ た  い  人  人  れ  
  に  り  て  友  達  た  と  同  悪  る  力  う  し  に     い  さ  間  と  は  
   `  ` 妻  達  を  ね  思  僚  か  だ  も  な  て  も     よ   ゜ と  し   ` 
  敏  別  を  だ   `  ゜ っ  と  っ  け  怪  気  も  本      ` 逃  し  て  君  
  伸  の  !  け  ぼ  ほ  た  い  た  か  し  が  頼  当     ぼ  げ  て  優  が  
  は  棟     で  く  と  ん  う   ゜ も  く  す  っ  の     く  も  ね  秀  人  
  頭  へ     は  は  ん  だ  の  で  し  な  る  て  こ     だ  隠   ゜ だ  間  
  を  去     な  失  ど  が  を  も  れ  っ  が  し  と     っ  れ  ぼ  と  と  
  下  っ     い  っ  唯   ` 越   ` な  て   ` ま  が     て  も  く  言  し  
  げ  て      ゜ て  一  ぼ  え  も  い  き  だ  う  言      ゜ し  に  っ  て  
  た  い     親  し  と  く  て  う  ね  た  ん   ゜ え     で  な  は  て  優  
   ゜ く     や  ま  い  の   ` 誰   ゜ か  だ  君  な     き  い  と  い  秀  
     五     き  っ  っ  方  本  に  君  ら  ん  と  く     る   ` う  る  だ  
     島     ょ  た  て  が  当  も  を   ` 勤  な  て     こ  そ  て  ん  か  
                                          ゜                   
前のページ
次のページ

  て  イ  上  は  ら  る  た     り  ろ  か  と                 は  だ     
  い  ナ  は   ` 変  世  が  長   ` 仕  っ  秋  九               ` っ  君  
  く  ス  そ  好  わ  紀   ` 引  急  事  た  分  月              ぼ  て  は  
  金  で  れ  調  っ  末  も  く  に  の   ゜ の  の              く   ` も  
   ` あ  ほ  な  て  を  は  不  ど  入  休  日  第              じ  寂  う  
  つ  る  ど  部  し  目  や  況  た  り  日  が  三     9        ゃ  し  何  
  ま   ゜ 落  門  ま  前  不  と  ば  方  の  挟  週              な  そ  か  
  り  忙  ち  が  っ  に  況  い  た  が  せ  ま  と              く  う  気  
  浪  し  て  あ  た  控  と  う  し  不  い  り  第              て  だ  づ  
  費  く  い  っ  の  え  い  言  た  安  だ   ` 四               ` も  い  
  す  て  な  た  だ   ` う  葉  り  定  け  仕  週              君  の  て  
  る  も  い  の   ゜ 経  の  も  と  で  で  事  は              の   ゜ い  
  労  忙  が  で  幸  済  で  い   ゜  ` は  が   `             方  そ  る  
  力  し   `  ` い  の  は  い     妙  な  中  週              だ  う  か  
  は  く  実  見  敏  構  な  加     に  い  途  日              よ  だ  も  
  一  な  質  掛  伸  造  く  減     手   ゜ 半  に              ね   ` し  
  緒  く  的  け  の  が   ` 聞     が  こ  端  敬               ゜ 寂  れ  
  だ  て  に  上  会  根  い  き     空  の  に  老                 し  な  
   ゜ も  は  の  社  底  わ  飽     い  と  忙  の                 い  い  
  こ  出  マ  売  で  か  ゆ  き     た  こ  し  日                 の  ね  
                                                            ゜ 
前のページ
次のページ

  ん  不  と  無  け  次  そ  い     し  最  い  事  生  治  突  で  ど  題  れ  
  忙  思  ん  視  な  か  う  な  :   ` 終  と  は  き  云  き   ` こ  で  は  
  し  議  ど  で  い  ら  い  ら  :  そ  的  い  一  方  々  詰  日  の  あ  も  
  い  と  機  き   ゜ 次  う  忙  そ  こ  に  っ  層  そ  の  め  本  企  り  う  
  の  ミ  械  な  こ  へ  時  し  れ  が  は  て  厄  の  段  て  経  業   ` 個  
  に  ス  的  い  の  と  は  い  は  全  や  も  介  も  階  い  済   ` 業  人  
  体  も  に  の  時  仕   ` で  そ  て  は   ` な  の  で  く  全  ど  界  の  
  が  出  仕  が  も  事  あ   ` れ  の  り  そ  の  が  は  と  体  ん  に  責  
  慣  な  事  火  の  を  れ  か  と  出  個  う  で  問  な   ` の  な  も  任  
  れ  い  を  事  を  こ  こ  え  し  発  人  は  あ  題  く  現  問  業  変  で  
  て  の  す  場  言  な  れ  っ  て  点  個  言  る  に   ` 代  題  界  革  は  
  し  だ  る  の  う  し  考  て   ` に  人  っ   ゜ な  人  で  だ  で  が  な  
  ま   ゜ こ  馬  の  て  え  い  目  も  に  て  個  っ  間  は   ゜ も  求  い  
  う  そ  と  鹿  が  い  て  い  が  な  跳  ら  人  て  ひ  も  し  似  め   ゜ 
  と  れ  に  力  経  か  い  場  回  る  ね  れ  の  く  と  は  か  た  ら  会  
   ` は  な  で  験  な  る  合  る   ゜ 返  な  責  る  り  や  し  よ  れ  社  
  疲   ` っ  あ  と  く  暇  が  ほ     っ  い  任   ゜ ひ  経   ` う  る  全  
  れ  い  て  る   ` て  は  あ  ど     て  の  で  だ  と  済  そ  な   ゜ 体  
  も  っ  も   ゜ 案  は  な  る  忙     く  だ  は  か  り  や  れ  も  い  の  
  あ  た   ` ほ  外  い  く   ゜ し     る   ゜ な  ら  の  政  を  の  や  問  
                     `                                   `    
前のページ
次のページ

  れ  う  周  て     だ  し  忙  憶  て  き  ∧  社  つ     い  た  も  パ  ま  
  た  に  り  い  つ  が  か  し  は  あ  る  モ  間  も  自  か  い   `  ` り  
  か  な  は  る  ま   ` し  く  あ  る  は  |  も  迷  分  な  し  ひ  パ  感  
  ら  っ  彼  う  ら  彼   `  ` ま  の  ず  ド  な  い  が  い  た  と  ッ  じ  
  と  た  を  ち  な  自  こ  大  り  だ  で  ∨  い  な  や  の  確  つ  パ  ず  
  い   ゜ 腫  が  い  身  う  き  な   ゜ あ  に  新  が  っ  だ  認  ひ  と   ` 
  う  そ  れ  華  こ  が  中  な  い  バ  る  入  人  ら  て  っ  を  と  い  気  
  こ  れ  物  だ  と   ゜ 途  仕  が  ブ   ゜ っ  で  仕  い  た  し  つ  い  持  
  と  は  に  っ  で     半  事   ` ル  い  て  は  事  る   ゜ な  の  加  も  
  だ  単  で  た  ミ     端  も  そ  の  や  し  な  を  こ     く  こ  減  充  
  け  に  も  の  ス     だ  こ  れ  恩   ` ま  い  し  と     て  と  に  実  
  で   ` 触  で  が     と  な  で  恵  や  え  の  て  に     も  に  処  し  
  は  新  れ  あ  続     |  し  も  に  っ  ば  だ  い  自      ` 集  理  て  
  な  婚  る  る  い     |  て  そ  与  て   ` か  る  信     間  中  し  く  
  そ  の  よ   ゜ た      ゜ い  の  っ  い  そ  ら  敏  が     違  し  て  る  
  う  妻  う  あ   ゜    仕  た  時  た  た  れ   ` 伸  持     っ  て  い  か  
  で  に  に  れ  怒     事  の  期  と  こ  な  そ  で  て     た  い  る  ら  
   ` 逃  扱  以  鳴     も  だ  は  い  と  り  う  も  ず     方  る  よ   ` 
  彼  げ  う  来  ら     そ  っ  相  う  だ  に  い   `  `    に  の  う  パ  
  に  ら  よ   ` れ     う  た  当  記  っ  で  う  入  い     は  で  で  ッ  
                        ゜                             `       
前のページ
次のページ

  は  ら  識  に  ち  当  他  電  ず  三  き     ぐ  動  触  方  寡  存  動  も  
  警  問  し  埋  で  た  か  話  れ  十  た  そ  さ  き  は  で  黙  在  が  問  
  視  い  た  め  あ  り  ら  だ  の  前   ゜ ん  ま  は  薄  も  で  全  怪  題  
  庁  合  わ  て  る  前   ` け  場  後  そ  な  仕  益  れ  気  は  体  し  が  
  か  わ  け  や   ゜ で  ど  の  合  の  し  折  事  々  て  ま  あ  か  く  あ  
  ら  せ  で  っ  だ  あ  ち  や  も  身  て   ` に  ぎ  い  ず  っ  ら  な  り  
  で  が  は  た  か  る  ら  り   ` 元  ど  石  影  こ  く  く  た  発  っ  そ  
  な  こ  な  の  ら   ゜ も  と  今  不  う  川  響  ち   ゜ な  が  す  て  う  
  け  よ  い  だ   ` 数  明  り  度  明  い  県  し  な  会  っ   ` る  き  だ  
  れ  う  が   ゜ せ  子  ら  で  は  の  う  警  て  く  社  て  陰  雰  た  っ  
  ば  が   ゜ い  め  は  か  事  現  女  わ  か  く  な  に  く  湿  囲  と  た  
  い   ` そ  や  て  東  に  が  地  性  け  ら  る  っ  居  る  で  気  い   ゜ 
  い  東  う   ` も  京  違  済  に  の  か  も   ゜ て  づ   ゜ は  が  う  も  
  の  京  な  そ  と  生  っ  ん  飛  遺  山   `    い  ら  当  な  :  の  ち  
  で  の  の  ん  し  ま  て  だ  ぶ  体  梨  同     き  く  然  か  :  で  ろ  
  あ  Q  だ  な  て  れ  い   ゜ ま   ゜ 県  様      ` な  人  っ   ゜ は  ん  
  っ  署   ` こ  東  の  た  特  で  し  警  の     そ  る  間  た  も  な  直  
  た   ` ど  と  京  東  か  徴  も  か  か  照     れ   ゜ 的   ゜ と  い  ち  
   ゜ ま  こ  を  都  京  ら  そ  な  し  ら  会     が  彼  な  彼  も  が  に  
     た  か  意  内  育  だ  の  く  い  も  が     す  の  接  の  と   ` 言  
                     ゜     `     ゜                            
前のページ
次のページ

  は  と  不  に  会     も  数  参  窓  で     席  数  が  ね  の  で  り     
  必  飯  自  は  食  法  子  子  加  会  あ  同  し  子  便  て  で  だ  彼  二  
  然  田  然  誰  す  要  連  と  で  が  っ  じ  た  の  乗  行   ` か  の  十  
  的  家  で  も  る  は  れ  は  き  開  た  頃   ゜ 代  し  わ  命  ら  伯  三  
  に  の  あ  触   ゜ 法  で  小  る  か   `  `    理  た  れ  日  と  父  日  
  数  ふ  る  れ  飯  要  駆  学  よ  れ  そ  下     と  か  た  の  い  の  の  
  子  た   ゜ な  田  と  け  校  う  て  し  北     し  た   ゜ 近  っ  三  秋  
  の  家  親  い  夫  し  つ  か  な  い  て  沢     て  ち  母  い  て  回  分  
  こ  族  戚   ゜ 妻  て  け  ら  配  る  楽  で     数  で  方  父  は  忌  の  
  と  が  ら  そ  に  恙  て  高  慮   ゜ し  は     子  あ  の  方  な  の  日  
  に  残  と  の  配  な  い  校  が  会  み   `    の  る  浅  の  ん  法   ` 
  な  っ  別  こ  慮  く  る  ま  し  場  に  数     両   ゜ 見  祖  だ  要  敏  
  る  た  れ  と  し  終  こ  で  て  は  し  子     親  馬  家  母  が  が  伸  
   ゜  ゜  ` 自  て  了  と  一  あ   ` て  が      ` 場  の  の   ` 営  の  
  も  そ  最  体   ` し  だ  緒  る  子  い  出     飯  家  法  十  宗  ま  母  
  ち  う  後  が  数   ` ろ  の  ら  供  た  席     田  長  事  三  派  れ  の  
  ろ  な  に  か  子  親  う  植  し  連  中  す     夫  男  に  回  も  た  兄  
  ん  れ  馬  え  の  戚   ゜ 松  の  れ  学  る     妻  の  馬  忌  同   ゜  ` 
  話  ば  場  っ  話  ら     智  で  で  の  は     も  嫁  場  も  じ  つ  つ  
  が  話  家  て  題  と     美   ` も  同  ず     出   ` 家  兼  な  い  ま  
                                                              
前のページ
次のページ

  人  い  っ  に  子  数  新  し  新  そ  辞  て  同     じ  か  も  拐     弾  
  ル  な  た  数  の  年  し  て  潟  し  め  き  僚  新  め  な  も  ・  数  む  
  |  い  か  子  影  来  い  い  営  て   ` た  だ  潟  て  い  た  拉  子  よ  
  ト  こ  も  の  も  S  彼  る  業  そ  地   ゜ っ  に  い  問  れ  致  の  う  
  で  と  し  母  形  社  氏   ゜ 所  こ  元  氏  た  左  る  題  た  等  行  な  
   ` が  れ  の  も  新  な  そ  に  の  の  は  鈴  遷   ゜ が  わ  で  方  会  
  福  露  な  耳  な  潟  の  の  出  主  小   ` 木  さ     生  け  は  が  話  
  井  呈  い  に  い  営  だ  社  張  人  料  今  江  れ     じ  だ  な  知  に  
  の  す  が  入   ゜ 業  が  員  し  と  理  年  利  た     て  が  く  れ  は  
  元  る   ` っ  こ  所   ` と  て  し  屋  の  子  元     く   `  ` な  な  
  恋   ゜ 敏  た  の  の  そ  い  き  て  の  七  が  不     る  ど  家  く  ら  
  人  ま  伸   ゜ 情  御  の  う  た  収  女  月  最  倫      ゜ う  出  な  な  
  氏  た  が  当  報  用  小  の  社  ま  将  い  新  氏     そ  も  ・  っ  い  
  か   ` こ  然  は  達  料  が  員  っ  と  っ  の  の     れ  そ  失  て   ゜ 
  ら  短  ち   `  ` だ  理  即  が  て  再  ぱ  情  件     に  れ  踪  一     
   ` 大  ら  福  敏  と  屋  ち  そ  い  婚  い  報  は     皆  で  と   ト     
  ス  時  は  井  伸  い  は  江  れ  る  し  で  を   `    気  は  い  月     
  |  代  調  に  よ  う   ` 利  を  と  て  会  仕  そ     づ  納  う  半     
  ち  の  べ  は  り   ゜ こ  子  目  い  い  社  入  の     き  得  疑   `    
  ゃ  友  て  行  先  数  こ  の  撃  う  た  を  れ  後     は  い  い  誘     
                              ゜  ゜        `                   
前のページ
次のページ

     か  発  な  と  く  い     る  格  仮  め  の  結  か  連  込  れ  が  ん  
  こ  ?  点  い  し  と   ` あ  と  か  に  に  だ  果  に  絡  め   ` あ  い  
  の     を   ゜ て   ` そ  ら  は  ら  そ  と  が  的  双  し  る  家  っ  な  
  ふ     疑  誰  も  警  し  ゆ  考  推  う  思   ` に  方  な  余  業  た  く  
  た     え  も   ` 察  て  る  え  し  い  い  そ  は  の  い  地  も   ゜ な  
  家     ば  疑  最  に  そ  ケ  に  量  う  詰  れ  飯  親  と  が  順  彼  っ  
  族     :  っ  後  任  の  |  く  れ  こ  め  が  田  同  は  あ  調  に  ち  
  に     :  て  に  せ  疑  ス  い  ば  と  る  目  家  士  何  ろ  だ  は  ゃ  
  は      ゜ い  行  る  い  を   ゜  ` が  よ  的  の  か  事  う  と  こ  た  
   `    数  な  き  し  を  想     そ  あ  う  で  窮  ら  だ   ゜ い  の  ん  
  女     子  か  着  か  ひ  定     う  っ  な  は  地  出   ゜ い  う  夏  だ  
  が     は  っ  く  な  と  し     い  た  結  な  を  た  敏  ず   ゜ 四  っ  
  五     本  た  と  い  つ  て     う  に  婚  か  救  話  伸  れ  ど  人  て  
  人     当   ` こ  領  ず   `    思  し  で  っ  う  で  と  に  こ  目  と  
  い     に  そ  ろ  域  つ  そ     い  ろ  は  た  こ  は  の  し  に  の  秋  
  る     家  も  は  は  晴  の     詰   ` な  し  と  あ  縁  ろ  数  子  村  
   ゜    を  そ  一  な  ら  全     め  数  か   ` に  っ  談   ` 子  供  恵  
  敏     出  も  つ  お  し  て     方  子  っ  家  な  た  は  親  の  が  に  
  伸     た  の  し  残  て  を     を  の  た  の  っ  し   ` に  入  生  電  
  の     の  出  か  る  い  疑     す  性   ゜ た  た   ` 確  も  り  ま  話  
                                                              
前のページ
次のページ

  い  の  妻  る  は     い  感  ず  ち  答  な  い  女  も  の  て  刻  い  母  
  わ  は  の  か  な  実  く  情  で  ょ  え  い  と  期   ` か  い  そ  わ   ` 
  ば  確  こ   ゜ い  際  ら  が  あ  っ  ら  か  思  を  第   ` な  う  ゆ  弟  
  私  か  と  だ  だ  問  な  な  る  と  れ  ら  う  脱  三  嗅  い  に  る  の  
  生  だ  で  が  ろ  題  ん  け   ゜ 目  な   `  ゜ し  者  覚   ゜ 思  苦  嫁  
  活  っ   `  ` う  と  で  れ  し  先  い  そ  一  て  的  が  だ  案  虫   ` 
  に  た  だ  そ   ゜ し  も  ば  か  を  が  の  番  い  な  あ  が  し  を  妹  
  関  が  ん  の  そ  て  と   ` し  変   ` 根  怪  な  立  る   ` て  噛   ` 
  し   ` だ  解  れ   ` い  身   ` え  冷  拠  し  い  場   ゜ 女  い  み  数  
  て  し  ん  決  と  永  う  内  も  れ  静  は  い  数  に  肌  た  る  潰  子  
  は  か  追  と  も  久  思  の  と  ば  に  と  の  子  い  で  ち  が  し  の  
  楽  し  い  は  時  に  い  者  も  本  考  問  は  の  る  感  に   ` た  母  
  観  敏  詰  ど  間  隠  が  と  と  当  え  わ  |  妹  弟  じ  は  そ  よ  と  
  視  伸  め  ち  が  し  あ  し  敏  は  れ  れ  |   ゜ の  る  独  の  う  妹  
  し  は  ら  ら  解  通  る  て  伸  見  ば  れ   ゜ 何  嫁  も  特  実  な   ゜ 
  て   ` れ  に  決  せ   ゜ は  に  え   ` ば  感  か  と  の  の  何  顔  男  
  い  そ  つ  傾  し  る      ` 対  て  あ   ` 覚  が   `  ゜ 勘  も  を  ど  
  た  う  つ  く  て  も     ま  し  く  る  明  で  お  ま  な  と  分  し  も  
   ゜ し  あ  の  く  の     さ  て  る  い  快  し  か  だ  か  い  か  て  は  
  と  た  る  か  れ  で     か  悪  は  は  に  か  し  少  で  う  っ  深   ` 
            ゜           `                                     
前のページ
次のページ

  つ  そ  し  所  そ  会  も  も  い  あ     拒  い  ま  も  う  が     い  い  
  う  ち  て  の  ち  脱   ` あ  と  っ  確  否  で  で  行  な   ` そ  な  う  
  に  ら  い  な  ら  落  ほ  る  い  た  か  と  き  一  き  も  会  れ  か  よ  
  学  の  な  い  の  者  か   ゜ う   ゜ に  い  た  度  た  の  社  な  っ  り  
  校  方  い  彼  方  に  に  甘  わ  し  彼  う  の  も  く  が  は  ら  た   ` 
  を  が  こ  と  が  は  生  え  け  か  は   〃 だ  登  な  あ  辞  会   ゜ 胃  
  卒  楽  と  し  恐  脱  き  て  で  し  世  選  っ  校  い  っ  め  社  や  が  
  業  だ  に  て  ろ  落  る  い  は   ` の  択  た  拒  と  た  ら  な  は  痛  
  し  っ  は  は  し  者  道  る  な  あ  中 〃    ゜ 否  ず   ゜ れ  ど  り  く  
   ` た  生   ` か  な  は   ゜ い  ら  に  が  本  に  っ  思  な  辞  問  な  
  会  わ  き  と  っ  り  あ  自  だ  ゆ  順  あ  当  も  と  え  い  め  題  る  
  社  け  ら  り  た  の  っ  立  ろ  る  応  っ  は  出  思  ば  と  て  は  よ  
  に  だ  れ  あ   ゜ 厳  た  で  う  社  で  た   ` 社  っ   ` い  し  仕  う  
  勤   ゜ な  え  自  し  ろ  き   ゜ 会  き  の  登  拒  て  学  う  ま  事  な  
  め  と  か  ず  分  い  う  な  性  に  な  で  校  否  い  校  脅  え  で  憂  
  る  り  っ  何  の  道   ゜ い  格  適  い  は  拒  に  な  に  迫  ば  あ  鬱  
   ゜ あ  た  か  中  が  だ   ゜ 的  応  と  な  否  も  が  も  観  い  る  は  
  み  え   ゜ に  に  あ  が  そ  な  で  こ  い  や  な  ら  会  念  い   ゜ 感  
  ん  ず  い  帰  拠  る   ` れ  欠  き  ろ  か  出  ら   ` 社  の  の     じ  
  な  ふ  や  属  り   ゜ 社  で  陥  な  が   ゜ 社  な  今  に  よ  だ     て  
         `                                                    
前のページ
次のページ

  し  遅  し  て     あ  目  だ  命  身  抱  だ  さ        べ  同  た  る  と  
  て  い  て  し  と  っ  の  っ  運  に  え  っ  す  九     き  じ  よ  舞  同  
  い  時  い  ま  こ  た  前  た  を  と  て  た  が  月     だ  こ  う  っ  じ  
  る  間  た  っ  ろ   ゜ の   ゜ 占  っ  い  が  に  二     っ  と  だ  て  よ  
   ゜ に   ゜ て  が     仕  私  う  て  た   ` 朝  十     た  を   ゜ き  う  
  技  な  そ  い   `    事  生  バ  も   ゜ 忙  か  五     の  し  み  た  に  
  術  っ  れ  る  も     だ  活  ロ   ` 内  し  ら  日     だ  な  ん   ゜ し  
  的  て  に  の  は     け  の  メ  彼  容  さ  忙  は      ゜ く  な  だ  て  
  な  い  気  か  や     に  ご  |  の  的  だ  し   `       て  と  が  い  
  方  た  づ   ` 彼     集  た  タ  課  に  け  か  給        も  同  そ  れ  
  面   ゜ い  と  か     中  ご  |  全  厄  で  っ  料        い  じ  れ  ば  
  に  課  た  ん  ら     し  た  に  体  介  な  た  日        い  よ  も  い  
  明  長  と  で  は     て  は  も  に  な  く   ゜ の        生  う  限  い  
  る  は  き  も  一     い  一  な  と  う   ` 物  金        き  に  界   ゜ 
  い  と  は  な  本     る  切  る  っ  え  厄  理  曜        方  で  に  そ  
  係  っ   ` い  ネ      ` 忘  重  て  に  介  的   ゜       を  き  近  う  
  長  く  も  ミ  ジ     つ  れ  要  も   ` な  に  こ        模  な  づ  精  
  は  に  う  ス  が     も  て  な   ` 敏  仕  も  の        索  い  い  一  
   ` 退  夜  を  外     り  い  仕  そ  伸  事  そ  日        す  な  て  杯  
  別  社  も  犯  れ     で  た  事  の  自  も  う  は        る  ら  き  振  
                        ゜                             `       
前のページ
次のページ

     損  か  定  月 ┌┐ よ  な  っ  は     が  た  な  を  れ  は  は  会  の  
     失  え  が  曜  こ  う  い  た  あ  本  な  が  か  し  か  月  ず  の  得  
     を  っ  変  日  れ  に   ゜  ゜ っ  当  い   ` っ  た  ら  曜  の  真  意  
     免  て  更  の  は  し  あ  も  た  に   ゜ 今  た  と  彼  日  相  っ  先  
     れ  好  に  朝  後  て  と  う  は  そ     と   ゜ し  が  蓋  手  最  の  
     る  都  な   ` 日  会  は  タ  ず  う     な  一  て  駆  を  と  中  接  
     こ  合  り  相  談  社  ど  イ  だ  な     っ  瞬  も  け  開  も   ゜ 待  
     と  で   ` 手  に  を  う  ム  が  の     て   `  ` ず  け  連  部  で  
     に  あ  彼  側  な  あ  に  カ   ` か     は  五  そ  り  た  絡  長  出  
     な  る  の  の  る  と  で  |  敏   ゜    そ  島  れ  廻  ら  が  も  掛  
     る  ば  ミ  一  が  に  も  ド  伸  少     れ  に  で  り  :  取  い  け  
     の  か  ス  方   ` し  な  を  に  し     も  相  解   ` :  れ  な  て  
     で  り  は  的  実  た  れ  押  は  で     で  談  決  土   ゜ な  い  行  
     あ  で   ` な  は   ゜ と  し  思  も     き  し  で  日  事  い   ゜ っ  
     っ  な  会  都  こ      ゜ て  い  善     な  よ  き  も  は   ゜ 手  た  
     た  く  社  合  の     彼   ` も  処     い  う  る  休  し  こ  を   ゜ 
     が   ` に  で  仕     は  帰  寄  す      ゜ か  問  ま  か  の  回  今  
     :  大  と  急  事     逃  る  ら  る     為  と  題  ず  し  ま  す  頃  
     :  き  っ  遽  は     げ  し  な  方     す  思  で  仕   ` ま  べ  は  
    └┘ な  て  予   `    る  か  か  法     術  っ  は  事  こ  で  き  宴  
      ゜                                                       
前のページ
次のページ

  で  れ  い  わ  破  ス  な     か  て  よ  気  が  い  ッ  日  い  心  籠     
  は  な  も  け  り  よ  か  あ  来  い  な  に  電  う  セ  の   ゜ に  も  翌  
  な  り  の  だ   ` り  っ  と  た  る  あ  な  話  一  |  同  電  引  っ  土  
  い  に  だ  が  数  ず  た  は   ゜ が   ゜ っ  機  言  ジ  窓  話  っ  て  曜  
   ゜ 魅  と   ` 子  っ   ゜  ` が   ` 付  た  に   `  ` 会  に  掛  い  日  
  オ  力  は  気  に  と  相  や   ` 定  近   ゜ 録  山  た  の  も  か  た   ` 
  ナ  あ  思  を  よ  い  手  る  じ  か  の  あ  音  梨  ぶ  報  出  る   ゜ 馬  
  ニ  っ  わ  つ  っ  い  は  こ  っ  な  景  そ  さ  県  ん  告  な  も  そ  場  
  |  た  な  か  て  で  関  と  と  地  色  こ  れ  警  父   ` か  の  れ  敏  
  し  が  か  う  初  は  係  と  し  理  は  は  た  か  の  沼  っ  が  自  伸  
  て   ` っ  ば  め  な  な  い  て  は  目  ま   ゜ ら  だ  尾  た  あ  体  は  
   ` 思  た  か  て  い  い  っ   ` よ  に  さ  山  の  と  妙   ゜ る  は   ` 
  数  い   ゜ り  生  か  の  た  そ  く  は  か  梨  再  思  子  植  の  苦  一  
  子  通  彼  で  身   ゜ だ  ら  れ  分  っ  山  県  度  う  の  松  で  痛  日  
  の  り  女   ` の  長  か  オ  も  か  き  梨  警  の   ` 素  智  は  で  中  
  パ  に  の  そ  女  年  ら  ナ  や  ら  り  県  と  問  あ  っ  美  落  は  部  
  ン  な  肉  れ  を  の   ` ニ  り  な  焼  じ  い  い  れ  頓  か  ち  な  屋  
  ツ  る  体  ほ  知  童  セ  |  過  い  き  ゃ  う  合  ッ  狂  ら  着  い  に  
  で  も  は  ど  っ  貞  ッ  し  ご   ゜ 付  な  の  わ   ` な  の  か   ゜ 閉  
  も  の  そ  い  た  を  ク  か  す  誰  い  い  は  せ  と  メ  先  な  が  じ  
                           ゜                             `    
前のページ
次のページ

     会  て  人  あ  引  約  小  地  自     い  だ  場                 被  
  ま  な  く  数  の  き  束  母  域  分  事  う  が  敏  平              っ  
  だ  ん  れ  が  小  に  さ  さ  運  の  件  わ   ` 伸  成              て  
  好  か  な  足  母  出  せ  ん  動  家  か  け  ま  は  十              早  
  景  大  い  り  さ  る  ら  か  会  に  ら  に  る   ` 年              々  
  気  嫌  か  な  ん  こ  れ  ら   ゜ も  五  は  で  思  九     10        と  
  の  い   ゜ く  だ  と  て   ` 同  居  十  い  何  い  月              ふ  
  頃  な  冗  な   ゜ に  い  気  じ  ら  一  か  事  の  二              て  
   ` ん  談  っ  扉  な  た  晴  マ  れ  日  な  も  ほ  十              寝  
  会  だ  じ  た  に  っ   ゜ ら  ン  な  目  か  な  か  七              す  
  社   ゜ ゃ   ` メ  て  敏  し  シ  か   ゜ っ  か  す  日              る  
  で     な  年  モ  い  伸  に  ョ  っ  七  た  っ  っ   ゜             し  
  も     い  代  が  た  は  出  ン  た  週   ゜ た  き  日              か  
  運      ゜ 別  挟   ゜  ` て  の   ゜ 間     か  り  曜              な  
  動     も  リ  ま  昨  百  み  例  今  と     の  と  日              か  
  会     と  レ  っ  日  足  な  の  日  二     よ  目   ゜             っ  
  を     も  |  て  来  競  い  世  は  日     う  が  未              た  
  し     と  に  い  た  争  か  話  地   ゜    に  覚  明               ゜ 
  て     運  も  た  の  と  と  焼  元  も      ` め   ゜                
  い     動  出   ゜ は  綱   ` き  の  う     と  た  馬                 
                                          ゜                   
前のページ
次のページ

  て  い     れ  し  ド  い        じ  君  く  は  社     の  は  普  リ  た  
  お   ゜ 行  な  に  ア  う  敏     め  は  も  ま  内  そ  だ  白  段  レ   ゜ 
  い  東  く  く  行  に  ち  伸     て  今  若  だ  で  う   ゜ 衣  足  |  五  
  た  へ  当  な  く  は  に  は     き  で  か  二  も  さ     を  を  で  島  
  方  行  て  っ  の   `  `  `    た  も  っ  十  本   `    着  鍛  は  英  
  が  け  な  た  で  妻  車  手     け  充  た  代  気  君     て  え  常  二  
  よ  ば  ど  と   ` が  で  早     ど  分   ゜ だ  で  が     い  て  に  郎  
  い  都  な  書  申  見  出  く     さ  若  い  っ  嘆  結     る  い  ア  は  
   ゜ 心  か  き  し  つ  発  身      ゜ い  や  た  い  婚     開  る  ン  す  
  南  に  っ  付  訳  か  し  仕        よ   ` ね  て  す     発  は  カ  ば  
  へ  出  た  け  な  っ  た  度         ゜ 三   ゜ い  る     部  ず  |  ら  
  行  る   ゜ を  い  た   ゜ を        白  人  懐  た  っ     が  の   ゜ し  
  く  だ  北  挟  が  か  小  整        髪  の  か  女  て     三  営  五  く  
  し  け  へ  ん  運  も  母  え        が  子  し  が  決     年  業  島  足  
  か  だ  は  で  動  し  さ   `       少  持  い  い  ま     連  部  の  が  
  な   ゜ 行  お  会  れ  ん  夜        し  ち  よ  た  っ     続  に  い  速  
  い  西  き  い  に  な  の  が        目  に   ゜ よ  た     で   ` る  か  
   ゜ は  た  た  は  い  部  明        立  し  君   ゜ と     勝  い  お  っ  
     や  く   ゜ 出   ` 屋  け        ち  て  も  あ  き     っ  つ  蔭  た  
     め  な     ら  捜  の  な        は  は  ぼ  れ   `    た  も  で   ゜ 
                                    `                    `    
前のページ
次のページ

  自     た  様  察        と  ん     れ  っ     ぎ     本  を  南  南     
  分  し   ゜ 子  署  彼  自  も  か  こ  れ  た  そ  る  途  当  通  西  へ  南  
  の  か  正  を  の  は  首  会  よ  れ  ば   ゜ う   ゜ 中  に  っ  だ  と  へ  
  こ  し  面  う  前   ` し  社  り  だ   ` 自  だ  自   ` そ  た   ゜ い   ` 
  と  |  玄  か  に  一  よ  の  監   ゜ 明  首   ` 首  何  う  っ  地  っ  南  
  は  |  関  が  引  度  う  こ  獄  そ  日  す  な  し  度  か  て  理  た  へ  
  こ   ゜ は  っ  き  通   ゜ と  の  れ  会  れ  ん  よ  も  し  同  に  っ   ` 
  れ  駄  も  た  返  り     は  方  な  社  ば  で  う  派  ら  じ  は  て  彼  
  で  目  う   ゜ し  過     こ  が  ら  に  い  今  か  出  ?  だ  不   ` は  
  解  だ  そ  そ  て  ぎ     れ  ま  文  行  い  ま  と  所      ゜ 案  湘  車  
  決   ゜ こ  し  き  た     で  し  句  か  ん  で  思  や  と  目  内  南  を  
  す  や  だ  て  た  神     解  で  な  な  じ  そ  う  警  彼  的  だ  に  走  
  る  っ   ゜  `  ゜ 奈     決  は  い  く  ゃ  れ   ゜ 察  は  な  が  出  ら  
  が  ぱ     つ  数  川     だ  な  だ  て  な  に     署  首  ど   ` て  せ  
  :  り     い  回  県      ゜ い  ろ  い  い  気     の  を  な  道  も  た  
  :  で     に  車  警        か  う  い  か  が     前  振  い  な  仕   ゜ 
   ゜ き     車  で  小         ゜  ゜ !   ゜ つ     を  っ  の  ん  様  し  
     な     を  往  田        少  会     逮  か     通  た  だ  て  が  か  
     い     降  復  原        な  社     捕  な     り   ゜ か  ど  な  し  
      ゜    り  し  警        く  な     さ  か     過     ら  こ  い   ` 
               `                                   ゜     ゜    
前のページ
次のページ

  粗  道  陸        く     か  だ  顔        あ  す  を  が  走  ぐ        
  末  の  に  国     れ  ご   ゜  ゜ で  水  で  る  る  見  見  っ  に  熱     
  な  よ  入  道     !  め     あ  は  平  も  よ   ゜ る  え  て  国  海     
  ガ  う  る  一        ん     れ  な  線   ` う  太  な  て  き  道  を     
  |  な   ゜ 三         ゜    に  い  の  本  な  陽  ん  き  た  を  越     
  ド  所  彼  六        ス     お   ゜ 向  当  科  が  て  た  の  来  え     
  レ  も  は  号        |     れ  初  こ  に  白  眩  ず   ゜ か  た   `    
  |  通  な  線        ち     は  め  う  眩  だ  し  い  美  分  の  伊     
  ル  り  お  は        ゃ     魅  て  に  し  と  い  ぶ  し  か  で  豆     
  し  抜  も  石        ん     か  会   ` い  彼   ゜ ん  い  ら  は  の     
  か  け  海  廊         `    れ  っ  数  ん  は  ど  久  と  な  な  半     
  な   ` 岸  崎        ご     た  た  子  だ  苦  こ  し  思  い  か  島     
  い  岸  線  の        め     ん  と  の  ね  笑  か  ぶ  っ   ゜ っ  に     
  曲  壁  を  手        ん     じ  き  顔   ゜ し  で  り  た  と  た  入     
  が  を  目  前         ゜    ゃ  の  が  君  た  聞  の   ゜ に   ゜ っ     
  り  目  指  か        も     な   ` 浮  は   ゜ い  よ  自  か  ど  た     
  く  指  し  ら        う     か  あ  か  美     た  う  然  く  こ   ゜    
  ね  し  た  や        許     っ  の  ぶ  し     こ  な  の  海  を  真     
  っ  た   ゜ や        し     た  笑   ゜ い     と  気  景  岸  ど  っ     
  た   ゜ 私  内        て     の  顔  死  よ     の  が  色  線  う  直     
                                    ゜                         
前のページ
次のページ

     も  化     ら     壁  察  決  え  き     ハ  つ  分     飛  あ  あ  岸  
     動  し  彼  い  太  は  署  め  て  か  も  ン  の  で  し  ぶ  る  と  壁  
     け  た  は  い  陽  ど  は  な  い  け  う  ド  間  は  か  ん  い  も  を  
     ず  太   ` ん  よ  こ  ど  く  る  て  一  ル  に  猛  し  だ  は  う  見  
     に  陽  海  だ   ` だ  こ  て  ん  い  度  操  か  ス   `  ゜ 対  少  下  
     い  を  岸   ゜ 教   ゜ だ  は  だ  た  峠  作  ブ  ピ  ど     向  し  ろ  
     た  見  線  時  え  ほ   ゜ い   ゜  ゜ に  も  レ  |  う     車  ア  す  
      ゜ つ  に  よ  て  か  飛  け  と  ど  登  誤  |  ド  し     が  ク  道  
        め  沈   ` く  に  び  な  に  う  っ  ら  キ  で  て     突  セ  を  
        な  ま  止  れ  道  下  い  か  し  た  な  を  走  も     っ  ル   ` 
        が  ん  ま   ゜ は  り   ゜ く  て   ゜ い  踏  っ  足     込  を  彼  
        ら  と  っ  お  な  る  こ   ` お  車   ゜ ん  て  が     ん  強  は  
         ` す  て  れ  い  の  こ  お  ま  を     で  い  離     で  く  何  
        そ  る  く  は  の  に  か  ま  え  降     い  る  れ     く  踏  度  
        の  真  れ  一  か  都  ら  え  は  り     た  つ  て     れ  め  も  
        場  っ   ゜ 体   ゜ 合  一  が  そ  る      ゜ も  し     ば  ば  往  
        か  赤     ど     の  番  沈  ん   ゜    不  り  ま      ゜ い  復  
 ┌┐    ら  に     う     い  近  む  な  日     思  が  う     飛  い  し  
  了     一  肥     し     い  い  前  に  は     議   `  ゜    べ  の  た  
 └┘    歩  大     た     岸  警  に  燃  傾     と  い  自      ` だ   ゜ 
                              `                          ゜    
前のページ
奥付


中篇小説(188枚)

『彼の日常(あるいは非日常)』

作:西山正義


〔初出〕
第一部:『日&月』第7号(平成11年8月発行)
第二部:『日&月』第8号(平成12年6月発行)

〔改稿版初出〕
WEBサイト「西向の山」平成15年2月1日〜7月12日
〈一括掲載version〉
Upload:2004.1.20



「西向の山」HOME西山正義の小説目次|*|第一部[1]1頁[2]15頁[3]23頁[4]53頁

第二部[1]59頁[2]66頁[3]71頁[4]76頁[5]98頁[6]117頁[7]136頁[8]155頁[9]172頁[10]184頁奥付189頁

短説と小説「西向の山」/HOME Copyright © 1999-2000, 2003 Nishiyama Masayoshi. All rights reserved. 関連の短説 小説の部屋(扉) 先頭へ戻る