事  人  れ  非  彼  久  い  彼  難     立  遇  な  を  ろ                 
  だ  の  以  力  は  し  て  は  儀  そ  っ  わ  こ  し  う  ど              
  っ  力  上  な  微  振  い   ` さ  れ  て  な  と  て  と  う              
  た  を  に  彼  笑  り  た  あ  に  か  き  け  に  し  彼  し           今  
  か  借   ` に  み  に   ゜ ゝ  益  ら  た  れ  な  ま  は  て              
  ら  り  三  と  さ  肉  そ  面  々  の  だ  ば  っ  っ  思  こ           朝  
  で  ず  十  っ  え  体  れ  倒  腹  行  け  い  た  た  っ  ん              
   ` に  八  て  浮  労  で  く  が  動  だ  け   ` と  た  な           の  
  こ   ` 年  は  か  働  も  せ  立  は   ゜ な  ど  い   ゜ こ              
  れ  自  の  重  べ  を  ひ  え  つ  よ     い  う  う  自  と           新  
  で  分  人  労  て  し  と   `  ゜ く     の  し  意  分  に              
  や  一  生  働  い  た  仕  あ  始  覚     だ  て  識  が  な           聞  
  っ  人  の  だ  た  と  事  ゝ  末  え     と  俺  は  と  っ     西        
  と  で  中  っ   ゜ い  終  面  を  て      ` が  な  ん  て           よ  
  俺  や  で  た  実  う  え  倒  す  い     た  こ  か  で  し     山        
  も  り   `  ゜ 際  満  た  く  る  な     だ  う  っ  も  ま           り  
  一  遂  は  い  そ  足  あ  せ  あ  い     た  い  た  な  っ     正        
  人  げ  じ  や  れ  感  と  え  い   ゜    だ  う   ゜ い  た              
  前  た  め   ` は  か  は  と  だ  そ     腹  目  厄  こ  ん     義        
  に  仕  て  そ   ` ら   ` 呟  中  の     が  に  介  と  だ              
                  `        `                                  
                                            

   ┐ 後     妻  除  に  妻  を  あ  こ  皿  つ  た  食  に     こ  ポ     な  
  新   ` い  は  機  倒  は  開  っ  と  だ  け  が  わ  煙  何  ん  ケ  ス  っ  
  婚  彼  つ  起  ま  れ   ` け  た  は  っ  た  頼  な  草  の  な  ッ  コ  た  
  の  は  も  き  で  た  声  た  ウ  な  た   ゜ り  か  を  口  に  ト  ッ  と  
  妻  新  と  上  出   ゜ を  ば  イ  か   ゜ 彼  な  っ  ぷ  論  旨  か  プ  思  
  を  聞  変  が  し  彼  発  か  ス  っ  か  の  い  た  か  を  い  ら  を  っ  
  殺  の  わ  ら  て  は  す  り  キ  た  り  肩  か   ゜ ぷ  し  煙  煙  放  た  
  害  人  ら  な  灰   ` る  だ  |  ろ  に  を  ら  彼  か  て  草  草  り  の  
  遺  と  な  か  を  飛  こ  っ  の  う  当  掠  よ  が  や  い  は  を  投  だ  
  棄  な  い  っ  吸  び  と  た  瓶   ゜ た  め └   何  っ  た  は  取  げ  っ  
  ・  っ  日  た  っ  散  も   ゜ を  彼  っ  た  と  か  た  の  じ  り   ` た  
  容  た  常   ゜ た  っ  な  妻  投  は  た   ゜ 言  言   ゜ か  め  出  手   ゜ 
  疑   ゜ が      ゜ た  く  の  げ  反  と  そ  っ  っ  そ   ゜ て  し  に     
  の  つ  続     振  吸   ` 頭  返  射  し  れ  て  た  の  妻  だ   ` 付     
  会  ま  い     り  殻  そ  に  し  的  て  は   `  ゜ 吸  は  っ  彼  い     
  社  り  た     向  を  の  命  た  に  も  ア  灰  妻  い  苛  た  は  た     
  員  こ   ゜    い  集  ま  中   ゜  ` た  ル  皿  は  方  立   ゜ 一  泥     
  逮  う  一     て  め  ま  し  ま  手  い  ミ  を   ┐ が  た     服  を     
  捕  だ  ト     も   ` 後  た  だ  元  し  の  投  あ  気  し     し  払     
 └    ゜ 月      ` 掃  ろ   ゜ 口  に  た  灰  げ  ん  に  げ     た  う     
                                                      ゜  ゜   


  の     一  で  て  実  を  彼  呟  彼  難     だ  て  識                 
  泥  ス  人  や   ` 際  動  は  い  は  儀  そ  と  俺  は  と              
  を  コ  前  り  は  そ  か  微  て   ` さ  れ   ` が  な  ん              
  払  ッ  に  遂  じ  れ  し  笑  い  あ  に  か  た  こ  か  で           後  
  う  プ  な  げ  め  は  て  み  た  ゝ  益  ら  だ  う  っ  も              
   ゜ を  っ  た  て  重  労  さ   ゜ 面  々  の  た  い  た  な           始  
  そ  放  た  仕  人  労  働  え  そ  倒  腹  行  だ  う   ゜ い              
  し  り  と  事  の  働  し  浮  れ  く  が  動  腹  目  厄  こ           末  
  て  投  彼  だ  助  だ  た  か  で  せ  立  は  が  に  介  と              
  彼  げ  は  っ  け  っ  と  べ  も  え  つ  よ  立  遇  な  を              
  は   ` 思  た  を  た  い  て  ひ   `  ゜ く  っ  わ  こ  し              
  一  軍  っ   ゜ 借   ゜ う  い  と  あ  始  覚  て  な  と  て              
  服  手  た  こ  り  三  充  た  仕  ゝ  末  え  き  け  に  し     西        
  し  を   ゜ れ  ず  十  実   ゜ 事  面  を  て  た  れ  な  ま              
  た  外     で  に  八  感  久  終  倒  す  い  だ  ば  っ  っ     山        
   ゜ す     や   ` 年  が  し  え  く  る  な  け  い  た  た              
  こ   ゜    っ  自  生  あ  振  た  せ  あ  い  だ  け   ` と     正        
  ん  ズ     と  分  き  っ  り  あ  え  い   ゜ っ  な  ど  い              
  な  ボ     俺  一  て  た  に  と   ` だ  そ  た  い  う  う     義        
  に  ン     も  人  き   ゜ 体  は  と  中  の   ゜ の  し  意              
                           `     `                            
                                            

  取  が  上     の  命  た  に  も  ア  灰   ┐     ┐ い  か        丹  旨  
  っ  ら  が  彼  ま  中   ゜  ` た  ル  皿  あ  妻  な  方  と  妻     念  い  
  て   ` ら  は  ま  し  ま  手  い  ミ  を  ん  は  ん  が   ` が     に  煙  
  い  掃  な   ` 後  た  だ  元  し  の  投  た  聞  だ  気  苛  た     揉  草  
  た  除  い  飛  ろ   ゜ 口  に  た  灰  げ  が  き  そ  に  立  て     み  は  
   ゜ 機   ゜ び  に  妻  を  あ  こ  皿  つ  頼  逃  の  食  た  続  †  消  は  
     を   ┐ 散  倒  は  開  っ  と  だ  け  り  さ  態  わ  し  け     し  じ  
     出  し  っ  れ   ` け  た  は  っ  た  な  な  度  な  げ  に     て  め  
     し  よ  た  た  声  た  ウ  な  た   ゜ い  か  は  か  に  煙      ` て  
     て  う  吸   ゜ を  ば  イ  か   ゜ 彼  か  っ └   っ  煙  草     携  だ  
     き  が  殻     発  か  ス  っ  か  の  ら  た  彼  た  り  に     帯  っ  
     て  な  を     す  り  キ  た  り  肩  よ   ゜ は   ゜ を  火     用  た  
      ` い  集     る  だ  |  ろ  に  を └   急  ぽ     吐  を     灰   ゜ 
     一  な  め     こ  っ  の  う  当  掠  と  に  つ     き  つ     皿  吸  
     心  ァ  た     と  た  瓶   ゜ た  め  一  顔  り     出  け     に  い  
     に └    ゜    も   ゜ を  彼  っ  た  声  色  と     す  た     捨  終  
     灰  と  妻     な  妻  投  は  た   ゜ 怒  を  言      ゜  ゜    て  わ  
     を  言  は     く  の  げ  反  と  そ  鳴  変  っ     そ  ぷ     た  る  
     吸  い  起      ` 頭  返  射  し  れ  っ  え  た     の  か      ゜ と  
     い  な  き     そ  に  し  的  て  は  て   `  ゜    吸  ぷ         ` 
                                    `                         

この短説から発展した小説「彼の日常(あるいは非日常)」
「西向の山」ホームへ Copyright © 1998-2003 Nishiyama Masayoshi. All rights reserved. 前の短説 西山作品(2)目次 次の短説