て  霊  は  靡  構     を  新  主  な  見  て  歴     ク                
 海  の  確  し  造  時  模  た  旨  色  つ  い  史  僕  ル  ま             
 に  話  か  て  主  は  索  な  と  彩  め  た  ・  ら  の  た             
 も  と  に  い  義  ジ  す  個  し  は  る  が  民  が  合  幽           蓮 
 入  は  受  た  と  ョ  る  対  て  な  会   ` 俗  作  宿  霊             
 ら  関  け  頃  ニ  |  と  個  は  い └   自  ・  っ  で  の           沼 
 な  係  て  で  ュ  ジ  い  の   `  ゜ と  分  文  た   ` 話             
 か  な  い  あ  |  ・  う  コ  従  一  名  た  化  サ  外  で           海 
 っ  い  た  る  ・  オ  も  ミ  来  口  乗  ち  研  |  房  あ             
 た  し  が   ゜ ア  |  の  ュ  の  で  っ  で  究  ク  の  る           岸 
 と   `  ` ポ  カ  エ  で  ニ  組  説  て  は  会  ル  蓮   ゜            
 い  僕  も  ス  デ  ル  あ  ケ  織  明  い   ┐ と  で  沼  大             
 う  ら  ち  ト  ミ  の  っ  |  の  す  た  自  い  あ  海  学     西       
 こ  は  ろ  ・  ズ   ┓ た  シ  あ  る   ゜ 分  う  る  岸  二             
 と  青  ん  モ  ム  1   ゜ ョ  り  の  政  の  こ   ゜ に  年     山       
 で  白   ` ダ  が  9     ン  方  は  治  中  と  大  行  の             
 は  い  そ  ン  一  8     の  を  難  ・  の  で  学  っ  夏     正       
 な  顔  れ  の  世  4     あ  否  し  宗  社  登  側  た   `            
 い  を  と  影  を ┗      り  定  い  教  会  録  に   ゜ サ     義       
  ゜ し  幽  響  風  年     方  し  が  的  を  し  は     |             
                 ゜        `  `           `                  
                                                           

 た  警  |     幽  イ  野  か     蛇  そ  か  道  丈     に  に  |  ぷ    
  ゜ 察  フ  そ  霊  シ  と  け  ま  行  の  ら  に  の  三  も  は  シ  り  朝 
 事  に  ァ  の  !  が  殆  た  さ  し  道  の  出  高  日  そ  目  ョ  泳  の 
 故  連  |  夜     あ  ど  木  に   ` は  親  る  い  目  う  を  ン  い  う 
 現  絡  同   ` 草  る  同  製  黄  道   ` 友   ゜ 葦   ` い  見  と  だ  ち 
 場  し  士  宿  野  辺  時  の  昏  幅  海  ・  横  に  夕  う  張   `  ゜ 一 
 は  た  の  の  と  り  だ  電  だ  も  岸  草  切  囲  焼  話  る  奥  関  回 
  ` り  正  前  顔   ゜ っ  柱  っ  狭  線  野  れ  ま  け  題  も  村  百  目 
 例  し  面  で  を  ほ  た  が  た  く  ら  と  ば  れ  を  に  の  靖  合  の 
 の  て  衝  自  見  の   ゜ あ   ゜ な  し  最  民  た  背  興  が  子  子  討 
 電  い  突  動  合  白  ち  っ  宿  っ  く  後  宿  小  に  ず  あ  が  の  論 
 柱  た   ゜ 車  わ  く  ょ  た  の  て   ` 尾  の  径  海  る  っ  相  均  会 
 の  が  僕  事  せ  漂  う   ゜ 前  い  そ  に  前  を  か  連  た  当  整  を 
 真   ` は  故  て  う  ど  見  庭  る  の  い  庭  抜  ら  中  が  な  の  し 
 下  草  民  が  頷  も  電  上  西   ゜ 辺  た   ゜ け  上  で   ` グ  と   `
 だ  野  宿  あ  き  の  線  げ  側     り   ゜ 僕   ` が  は  男  ラ  れ  日 
 っ  が  の  っ  あ  が  を  た  に     で  埃  は  宿  っ  な  同  マ  た  中 
 た  指  電  た  っ  あ  繋  の   `    大  っ   ` の  て  か  士  |  プ  は 
  ゜ 差  話   ゜ た  っ  ぐ  は  傾     き  ぽ  中  前  き  っ  の  な  ロ  た 
    し  で  サ   ゜ た  ガ  草  き     く  い  学  の  た  た  時  の  ポ  っ 
                 ゜                          ゜  ゜            

「西向の山」ホームへ Copyright © 2005 Nishiyama Masayoshi. All rights reserved. 前の短説 西山作品(3)目次 次の短説