職  て  そ     の  土     み  最     蝋  る  平  え  人                
 は  い  の  和  つ  地  流  な  新  間  で  戦  川   `  ゜ 昭             
 郷  た  老  志  て  で  山  一  型  宮  固  闘  は  戦  リ  和             
 土   ゜ 人  丸  で  あ  に  九  ス  の  め  服  羽  時  |  維           流 
 史  若  は  剛   ` る  来  八  カ  運  た   ゜ 織  中  ダ  新             
 家  衆   ` 毅  あ   ゜ て  〇  イ  転  学  間  袴  の  |  を           山 
 だ  の  夥  と  る  地  い  年  ラ  す  帽  宮  に  国  格  夢             
 と  訪  し  名  民  元  た  代  イ  る  を  は  朴  民  の  見             
 い  問  い  乗  族  出   ゜ の  ン  タ  目  ご  歯  服  田  て             
 う  に  古  る  派  身  間  学  に  |  深  く  の  を  端   `            
 が  老  文  い  の  千  宮  生  乗  ボ  に  普  高  模  は  壮             
  ` 人  書  か  老  葉  に  に  っ  ・  被  通  下  し  眼  士             
 間  は  に  に  人  商  と  は  て  チ  っ  の  駄  た  光  気     西       
 宮  気  囲  も  と  大  っ  見  い  ャ  て  学   ゜ 服  鋭  取             
 は  を  ま  老  会  国  て  え  て  |  い  生  麻  を  く  り     山       
 胡  吐  れ  翁  っ  防  は  な  も  ジ  た  服  生  着   ` の             
 散  い  て  然  て  部  初  い   ` ャ   ゜ だ  は  て  口  若     正       
 臭  た  鎮  と  い  の  め   ゜ と  |     っ  い  い  髭  者             
 い   ゜ 座  し  た  平  て     て  付     た  わ  た  を  が     義       
 と  本  し  た   ゜ 川  の     も  の     が  ゆ   ゜ 蓄  四             
                                   `                        
                                                           

 々  れ  時  確  毅  な  ら  っ  で  よ  こ     こ  こ   ┐ っ      ┐ は  思 
 し  育  代  か  も  に  前  た  は  う  う  稲  う  と  で  て  し  そ  い  っ 
 い  っ  の  に  声  は  を   ゜ な  に   ` 穂  に  に  は  い  か  も  な  た 
  ` た  古  見  を  っ  行  麻  か   ゜ そ  の  小  な   ` た  し  そ  い   ゜
 そ  間  戦  た  震  き  く  生  っ  甲  れ  匂  高  り  こ   ゜ い  も   ゜ 天 
 し  宮  場   ゜ わ  り   ゜ が  た  冑  は  い  い   ` れ  も  つ  ヤ  い  下 
 て  に  跡  幻  せ  見  間  引   ゜ 姿  居  が  丘  間  か  う  の  ル  つ  国 
 血  は  ら  影  た  た  宮  き  か  の  た  薫  が  宮  ら  夜  間  タ  も  家 
 腥   ` し  と   ゜ の  は  寄  ら  黒  !  っ  あ  の  幽  も  に  ・  の  を 
 い  も  い  は  |  は  危  せ  だ  い     た  っ  車  霊  更  か  ポ  大  論 
 も  っ  が  思  |  初  う  ら  が  影  ま   ゜ た  で  を  け   ` ツ  言  じ 
 の  と   ` え  あ  め  く  れ  硬   ゜ る  鬱   ゜ 出  見  て  な  ダ  壮  れ 
 の  近  武  な  れ  て  引  る  直  見  で  蒼  農  掛  に  い  ぜ  ム  語  ば 
 よ  し  州  い  は  だ  き  よ  し  た  待  と  道  け  行  た  か  体  が   `
 う  い  多   ゜ 何  と  止  う   ` の  っ  し  脇  た  こ   ゜ 幽  制  は  田 
 に   ` 摩  そ  だ   ` め  に  動  は  て  た  に   ゜ う     霊  が  じ  端 
 感  も  郡  こ  っ  和  た   ` け  間  い  木  駐  田 └      の  :  ま  も 
 じ  っ  に  は  た  志   ゜ ふ  な  宮  た  立  車  圃  と     話  :  る  黙 
 た  と  生  戦  の  丸  こ  ら  く  だ  か  の  す  の  い     に └    ゜ っ 
  ゜ 生  ま  国  か  剛  ん  ふ  な  け  の  向  る  向  う     な        て 
              ゜                       ゜                     

「西向の山」ホームへ Copyright © 2004-2005 Nishiyama Masayoshi. All rights reserved. 向山葉子の短説(2) 西山作品(3)目次 次の短説