る  望  か  り     史  産     備  き  々     る  た                   
 よ  み  っ  扱  卵  以  ま  金  わ  は  し  黄  こ  し  卵  は             
 う   ` た  わ  は  来  れ  の  っ  内  か  金  と   ` も  じ             
 殻  金   ° れ  村  初  て  卵  て  部  っ  色  を  人  自  め           金 
 の  の  卵  た  人  め  い  は  い  か  た  に  疑  々  分   `            
 中  鳥  自   ° の  て  た   ` る  ら   ° 輝  わ  も  が  金           の 
 で  と  身  子  誰  だ  が  毎  よ  発  見  く  な  彼  金  の             
 待  し  も  供  か  っ   ` 年  う  せ  る  そ  か ┌┐ の  卵           卵 
 機  て  じ  ら  ら  た  こ  ど  に  ら  者  の  っ  ま  卵  は             
 し   ` っ  も  も   ° の  こ  思  れ  を  卵  た  た  で  金             
 て  で  く  こ  大     村  か  え  た  恍  は   ° は  あ  の             
 い  き  り  の  事     か  の  た  も  惚   `    彼  る  卵             
 た  る  熟  卵  に     ら  村   ° の  と  見     女  こ  と     西       
  ° だ  成  に  さ     産  で     で  さ  れ    └┘ と  し             
    け  さ  は  れ     ま  一      ` せ  ば     が  を  て     山       
    高  れ  悪   `    れ  つ     特  た  見     金  自  あ             
    く  る  さ  慎     る  や     別   ° る     の  覚  っ     正       
    羽  こ  を  重     の  二     な  そ  ほ     卵  し  た             
    搏  と  し  に     は  つ     力  の  ど     で  て   °    義       
    け  を  な  取     有  は     が  輝  神     あ  い                
                                                            
                                        

 た  く  に  て  の     に  す     の     な  金  忘  っ     の     卵    
 だ  思  は   ` を  金  か  ぎ  こ  卵  い  も  色  れ  た  時  ま  し  も  金 
 の  わ   ` 一  待  の  た  た  れ  は  つ  の  も  が  ろ  が  ま  か  そ  の 
 卵  れ  自  気  っ  卵  だ  し  で  い  ま  ま  次  ち  う  経  で  し  の  卵 
 に  る  分  に  て  は  の   ` は  つ  で  で  第  に  か  つ   `  ` 期  は 
 は  こ  で  飛  い   ` 卵  食  何  ま  も  つ  に  な   °  ° 金  い  待  村 
 な  と  も  翔  た  そ  以  べ  の  で  金  く  色  っ  さ  時  の  つ  に  の 
 れ  も  本  す   ° れ  下  る  役  も  の  始  褪  た  す  ば  鳥  ま  応  希 
 な  あ  当  る  金  で  に  に  に  金  卵  末  せ   ° が  か  に  で  え  望 
 い  っ  に   ° の  も  な  食  も  の  は   °  ` 輝  に  り  な  た  る  で 
 の  た  金  そ  雛  金  っ  べ  立  卵  金     埃  か  村  が  る  っ  べ  あ 
 で  が  の  の  に  の  て  ら  た  で  の     が  し  人  経  こ  て  く  り 
 あ   ` 卵  準  な  鳥  い  れ  な  し  卵     溜  い  も  つ  と  も  修   `
 っ  金  で  備  る  と  た  な  い  か  で     ま  ば  金   ° は  金  練  期 
 た  の  あ  も  の  し   ° い   ° な  あ     り  か  の  ど  な  の  を  待 
  ° 卵  る  あ  を  て      ° 売  か  っ      ` り  卵  れ  か  卵  積  の 
    は  の  っ  飛  孵     い  る  っ  た     垢  だ  の  く  っ  は  ん  星 
     ` か  た  び  化     つ  に  た  が     の  っ  こ  ら  た  金  だ  だ 
    今  怪   ° 越  す     の  は   °  `    よ  た  と  い   ° の   ° っ 
    更  し  時  え  る     間  遅     金     う  黄  を  経     卵     た 
                                                           °

「西向の山」ホームへ Copyright © 1999-2002 Nishiyama Masayoshi. All rights reserved. 前の短説 西山作品(2)目次 次の短説