き  る  が  と     そ  じ  感  な     う  い   ┐  ┐ 人   ┐             
  を  の  り  し  銀  れ  ら  が  か  彼  っ  ま  え  ご  に  ど              
   ` を   ゜ て  座  で  れ  希  っ  は  と  す   ` 気  訊  う              
  彼  待  得  い  四  も  た  薄  た  微  し   ゜ あ  分  ね  か           ス  
  は  っ  意  た  丁  歩   ゜ に   ゜ 笑  て  :  あ  で  ら  な           ク  
  見  て  先  の  目  き  ご  な  血  ん  い  :  :  も  れ  さ           ラ  
  る  い  廻  だ  の  出  心  り  の  だ  た  大  :  悪  て  い           ン  
  と  た  り  っ  ス  す  配   ` 気  つ  だ  丈  す  い   ` ま           ブ  
  も   ゜ に  た  ク  こ  な  重  が  も  け  夫  み  ん  彼  し           ル  
  な  車  行   ゜ ラ  と  く  力  失  り  で  で  ま  じ  は  た           交  
  し  の  く  い  ン  が  と  が  せ  だ  す  す  せ  ゃ  は  か           差  
  に  流  と  つ  ブ  で  婦  な  て  っ  か   ゜ ん  な  っ └            点  
  眺  れ  こ  も  ル  き  人  く  い  た  ら  :   ` い  と  と     西     に  
  め  と  ろ  と  交  な  に  な  た  が └   :  あ  ん  な  通           て  
  て  対   ゜ 変  差  か  応  っ   ゜  `    ち  り  で  っ  り     山        
  い  岸  信  わ  点  っ  え  た  自  う     ょ  が  す  た  す              
  た  の  号  ら  を  た  な  よ  分  ま     っ  と  か   ゜ が     正        
   ゜ 人  が  ぬ  渡   ゜ が  う  の  く     と  う └      り              
     の  変  昼  ろ     ら  に  存  い      ` ご        の     義        
     動  わ  下  う      ` 感  在  か     ぼ  ざ        婦              
                                                              
                                                              

  蒸     こ  懐  心  の  放  対     分  の  物  に  瞬  に  平  ボ  き  に     
  発  だ  の  か  の  誰  心  岸  信  か  だ  理  で  間  な  衡  リ  た  視  景  
  す  が  ま  し  隅  で  し  か  号  ら   ゜ 的  は   ` っ  感  ュ   ゜ 界  色  
  る   ` ま  い  で   ` た  ら  が  な  そ  存  な  彼  た  覚  |  雑  が  が  
  に  そ  消  も  分  何  ま  人  青  く  れ  在  く  は   ゜ が  ム  踏  ぼ  や  
  も  う  え  の  か  を  ま  が  に  な  ど  と   ` 自  体  分  を  の  や  け  
  あ  い  失  だ  っ  し  立  押  な  る  こ  い  肉  分  調  か  上  音  け  に  
  る  う  せ  っ  て  よ  ち  し  る   ゜ ろ  う  体  を  が  ら  げ  だ   ` 白  
  種  放  る  た  い  う  尽  寄   ゜ 俺  か  も  的  見  悪  な  た  け  目  っ  
  の  心  こ   ゜ る  と  く  せ  人  は   ` の   ` 失  か  く  よ  が  の  ぽ  
  情  状  と  そ   ゜ し  し  て  々  こ  自  が  物  っ  っ  な  う   ` 焦  く  
  熱  態  は  れ  し  て  て  く  は  の  分  感  理  て  た  り  に  壊  点  見  
  が  は  で  に  か  い  い  る  我  俺  と  覚  的  い  の   `  ` れ  が  え  
  必  長  き  溺  し  た  た   ゜ 先  な  自  で  に  た  で  立  頭  た  合  た  
  要  く  な  れ   ` の   ゜ そ  に  の  分  き   ゜  ゜ は  ち  の  ラ  わ   ゜ 
  な  は  い  た  こ  か  自  れ  歩  か  の  な  自  形  な  眩  中  ジ  な  す  
  の  続  か  か  の   ゜ 分  で  き  ?  関  く  分  而  い  み  を  オ  く  る  
  だ  か  |  っ  感  本  が  も  出     係  な  自  上   ゜ し  渦  が  な  と  
   ゜ な  |  た  覚  当  ど  彼  す     す  っ  身  学  そ  そ  巻  急  っ  次  
     い   ゜  ゜ は  は  こ  は   ゜    ら  た  の  的  の  う  く  に  て  第  
      ゜                                            ゜          

「西向の山」ホームへ Copyright © 1998-2010 Nishiyama Masayoshi. All rights reserved. 前の短説 西山作品(2)目次 次の短説