さ  追  た  た  電     背  に  け  そ     に  も  い  わ                 
  れ  い  し   ゜ 話  僕  中  も  に  の  そ  人  あ  ま  っ  女              
  る  越  て  と  を  は  の  見  な  細  の  が  る  し  て  が              
  と  そ  女  こ  い  立  な  え  っ  い  前  ま  古  た  い  前           夜  
  困  う  が  ろ  じ  ち  か  る  て  一  を  ば  い  が  ま  を              
  る  と  す  が  っ  止  ほ  ワ  い  本  女  ら  町   ` し  歩           の  
  と  速  ぐ  次  た  ま  ど  ン  ま  道  が  に  並  僕  た  い              
  思  度  前  の  り  り  ま  ピ  し  を  行  な  み  が   ゜ て           道  
  っ  を  を  角   `  ` で  |  た  歩  く  っ  を  帰  駅  い              
  た  上  歩  を  し  タ  あ  ス   ゜ い  の  て  行  る  を  ま              
  の  げ  い  道  ば  バ  り  を  女  て  で  い  っ  ア  降  し              
  で  ま  て  な  ら  コ   ` 着  は  い  し  く  た  パ  り  た              
  す  し  い  り  く  に  大  て   ` る  た  の  先  |  た   ゜    西        
  が  た  ま  に  や  火  柄  い  緑  の   ゜ で  に  ト  時  夜              
   `  ゜ し  曲  り  を  で  ま  に  は  気  し  あ  は  は  の     山        
  一  何  た  が  過  つ  し  し  も  僕  が  た  り   ` 大  十              
  気  か   ゜ る  ご  け  た  た  紫  ら  つ   ゜  ` 農  勢  一     正        
  に  勘  今  と  し   `  ゜  ゜ に  二  く     辻  家  の  時              
  追  違  度   ` ま  携     髪  も  人  と     ご  な  人  を     義        
  い  い  は  果  し  帯     が  黒  だ   `    と  ど  が  ま              
                                                              
                                          

  駆  は  い  女  し     り  差  ま  美      ┐ た  し  は  分     に  て  抜  
  け  物  に  は  た  女  切  し  し  し  振  あ   ゜ た  川  の  女  し  き  き  
  て  凄  追  み   ゜ が  り  伸  た  い  り  な  す   ゜ 原  ア  は  て  ま  ま  
  行  い  い  る  足  追   ` べ   ゜ 女  向  た  る  僕  で  パ  ど  い  し  し  
  き  ス  つ  み  に  っ  も  ま   ┐ で  く  も  と  は   ` |  こ  る  た  た  
  ま  ピ  か  る  は  て  と  し  こ  し  と  そ  女  そ  蘆  ト  ま  の   ゜  ゜ 
  し  |  れ  迫  自  き  来  た  ち  た   ` ち  が  の  が  を  で  か  暗  す  
  た  ド  る  っ  信  ま  た   ゜ ら   ゜ 女  ら  駆  手  繁  過  も  も  い  る  
   ゜ で  と  て  が  し  道  僕  へ  し  が  に  け  前  り  ぎ  つ  し  夜  と  
     僕  思  く  あ  た  へ  は └   か  間  曲  て  を  行  て  い  れ  道  女  
     を  っ  る  り   ゜ 引  不  と  し  近  が  き  右  き  い  て  な   ゜ は  
     追  た  の  ま  僕  き  気  い   ` に  っ  て  に  止  ま  き  い  む  僕  
     い  そ  で  し  は  返  味  う  異  い  て   ` 曲  ま  し  ま  と  し  と  
     抜  の  し  た  全  し  に  よ  様  ま  し  こ  が  り  た  し  思  ろ  同  
     き  時  た   ゜ 速  ま  な  う  な  し  ま  う  ろ  に   ゜ た  い  女  じ  
      ` で   ゜ と  力  し  り  に  妖  た  う  言  う  な  も   ゜ ま  は  速  
     闇  し  そ  こ  で  た   ` 女  気   ゜ の  い  と  っ  う  と  し  僕  度  
     の  た  し  ろ  逃   ゜ 女  が  を  色  で  ま  し  て  そ  う  た  を  で  
     中   ゜ て  が  げ     を  手  感  白  す  し  ま  い  の  に   ゜ 頼  つ  
     に  女  つ   ` ま     振  を  じ  の  か  た  し  ま  先  自     り  い  
                                  └    ゜                      

「西向の山」ホームへ Copyright © 2007-2015 Nishiyama Masayoshi. All rights reserved. 前の短説 西山作品(3)目次 次の短説