に  た     貧  生  的  担     た  標  太     そ  出      ┐            
 も  時  明  弱   ° に  任  最   ° 高  郎  昭  も  さ  大  本             
 見  は  ら  で  充  段  に  初  二  二  の  和  そ  な  介  当             
 当  ほ  か   ` 分  階  も  は  人  〇  二  五  こ  い  は  に           茹 
 た  か  に  精  に  を  報  親  と  一  人  十  は  が  内  こ             
 ら  に  コ  密  準  踏  告  も  も  七  は  二   `  ` 心  の           で 
 な  も  |  な  備  ん  し  心  十  メ   ` 年  も  倫  そ  道             
 い  登  ス  地  し  で  て  配  四  |  東  の  は  太  う  で           卵 
  ° 山  ア  図  た  き  あ  し  歳  ト  京  十  や  郎  思  い             
 自  者  ウ  を  つ  て  っ  て   ° ル  ・  二   ┐ も  っ  い             
 分  が  ト  持  も  い  た  い  越  の  埼  月  道  同  て  ん             
 た  い  し  っ  り  た   ° た  年  雲  玉  三 └   じ  い  だ             
 ち  た  て  て  だ   ° 登  が  登  取  ・  十  で  思  た  ろ     西       
 だ  の  い  い  っ  が  山   ` 山  山  山  一  は  い   ° う             
 け  に  た  な  た   ` の  二  で  を  梨  日  な  だ  お  か     山       
 が   `  ° か  が  そ  経  人  あ  目  に   ` か  ろ  互 └              
 遅  今  登  っ   ` こ  験  で  る  指  跨  大  っ  う  い        正       
 れ  や  り  た  装  は  も  説   ° し  が  介  た   ° 口                
 を  ど  始   ° 備  中  計  得     て  る  と   ° そ  に        義       
 と  こ  め     は  学  画  し     い   ` 倫     も  は                
                       `                                    
                                        

  ┐ っ  な  面  は  二     倫  う  で  か  を  っ     と  寒  こ  な  い  っ 
 よ  た  い  を   ` 人  も  太  ま   ` っ  く  て  倫  い  く  は  険  蹲  た 
 し   ° と  あ  腕  と  う  郎  い  腹  た  れ  い  太  う  も  ま  し  る  と 
 !  大  い  っ  を  も  一  の   ° は   ° た  た  郎  二  な  と  い  よ  い 
└   介  う  と  伸  斜  つ  お  も  減  が   ° 大  が  文  っ  も  山  う  う 
 と  も  よ  言  ば  面  ど  母  う  っ   ` 大  介  ち  字  て  な  で  に  こ 
 二  笑  り  う  し  の  う  さ  一  て  早  介  は  ょ  が  き  登  は  し  と 
 人  っ   ` 間  た  不   ` ん  口  い  め  は  ほ  っ  浮  た  山  な  て  で 
 は  た  可  に  大  安  と  の   ° た  に  茹  っ  と  か   ° 道  い  登  は 
 同   ° 笑  転  介  定  倫  顔  う   ° 弁  で  と  休  ん  大  で  は  っ  な 
 時     し  げ  の  な  太  が  ま  塩  当  卵  し  も  で  介  は  ず  て  さ 
 に     か  落  指  位  郎  浮  い  を  を  は  た  う  き  の  な  だ  い  そ 
 立     っ  ち  先  置  が  か   ° か  食  あ   ° と  た  脳  い   ° た  う 
 ち     た  て  か  に  卵  ん  泣  け  べ  ま  倫  言   ° 裡   ° ど   ° だ 
 上      ° い  ら  い  を  で  け   ` て  り  太  っ     に  三  う  雲   °
 が     倫  っ  こ  た  差  き  て  一  し  好  郎  た     は  時  考  取  ほ 
 っ     太  た  ぼ  た  し  た  き  口  ま  き  が   °     ┐ を  え  山  と 
 た     郎   ° れ  め  出   ° そ  食  っ  で  茹  先     遭  過  て  は  ん 
  °    が  勿   `  ` し     う  べ  た  は  で  に     難  ぎ  も  そ  ど 
       笑  体  斜  卵  た     だ  る  の  な  卵  立    └    ` こ  ん  這 
                    °     °  °                              

「西向の山」ホームへ Copyright © 2001-2002 Nishiyama Masayoshi. All rights reserved. 前の短説 西山作品(2)目次 次の短説