桜  ヨ  て  周  っ     南  寺  し  行  統  に  っ  い                   
 の  シ  桜  道  た  春  よ  崖  て  し  あ  な  て  っ  こ  高             
 ト  ノ  で  路  道  で  り  線  過  て  っ  っ  い  た  の  樹             
 ン  は  あ  で  は  あ  の  の  ご  走  て  た  る  軌   ┐ 朝           桜 
 ネ   ` る  も   ` る  府  方  し  っ   ` あ   ° 跡  は  子             
 ル  今   ° あ  多   ° 中  で  た  て  こ  の  大  で  け  は             
 に  が  樹  り  摩  桜  崖   ` 旧  い  こ   ┐ 岡   `└    `            
 す  ま  齢   ` 川  が  線  い  家  る  調  は  昇  武  と   ┐            
 る  さ  四  両  住  満  に  ま  が   ° 布  け  平  蔵  は  は             
  ° に  十  側  宅  開  属  朝  あ  武  市 └   の  野   ` け             
    花  年  の  と   ° す  子  っ  蔵  に  で   ┓ 台  古 └              
    の  ほ  歩  い  こ   ° が  た  野  は  あ  武  地  代  の             
    盛  ど  道  う  の     歩   ┐ 夫  こ  る  蔵  に  多  道     西       
    り  に  の  大   ┐    い  は  人  の   ° 野  崖  麻  を             
    で  な  街  き  は     て  け  道  二  こ  夫  線  河  歩     山       
     ` っ  路  な  け     い └   子  つ  れ  人  を  が  い             
    こ  た  樹  団 └      る  は  が  が  に ┗   か  南  て     正       
    の  ソ  は  地  下     の   ` 悶  ほ  は  で  た  下  い             
    道  メ  す  の  に     は  国  々  ぼ  二  有  ち  し  た     義       
    を  イ  べ  外  沿      ` 分  と  並  系  名  造  て   °            
                                                            
                                        

 思     い  な  そ  た     認  で  感  的  そ     火  す  て     私  げ    
 わ  桜  わ  が  れ  い  し  め   ` じ  な  う  桜  照  る   ` 息  は  た  朝 
 ず  が  と  ら  は  よ  か  る  子  る  快  思  の  っ   ° そ  を  い   ° 子 
 朝  ま  言  中  色  う  し  の  育  快  感  っ  精  て  官  う  深  ま  午  は 
 子  た  っ  年  艶  な  朝  は  て  感  で  た  が  く  能  豊  く  桜  後  胸 
 は  匂  て  女  も  感  子  や  真  に  あ   ° か  る  が  か  吸  を  の  を 
 あ  う  や  の  よ  覚  は  は  っ  近  っ  あ  ら  の  刺  で  い  独  物  大 
 た   ° り  よ  く  に   ` り  最  か  た  か  だ  が  戟  は  込  占  憂  き 
 り  ぶ  た  う   ` 襲  腰  な  中  っ  が  ら  の  わ  さ  な  む  し  い  く 
 を  る  か  に  が  わ  か  ん  の  た   ` さ  中  か  れ  い   ° て  時  反 
 見  っ  っ   ° っ  れ  ら  と  朝   ° 幼  ま  に  っ  た  が  薄  い  間  ら 
 回  と  た  私  し  た  砕  な  子  だ  児  に  入  た   ° 形  い  る   ` し 
 し  か   ° は  り   ° け  く  に  が  が  言  っ   ° か  の  ブ   ° 人   `
 た  ら     こ  と  幹  て  躊  と   ` そ  え  て     ら  い  ラ     影  満 
  ° だ     ん  し  に  し  躇  っ  子  れ  ば  く     だ  い  ウ     も  開 
    が     な  て  手  ゃ  わ  て  を  と   ` る     の  乳  ス     途  の 
    震     ん  い  を  が  れ   ` 二  知  そ   °    内  房  を     切  桜 
    え     じ  た  つ  み  た  そ  人  ら  れ  朝     部  が  透     れ  を 
    た     ゃ   ° く  込   ° れ  産  ず  は  子     か  隆  か     た  見 
     °    な  さ   ° み     を  ん  に  性  は     ら  起  し      ° 上 
                                              

短説と写真のコラボレーション「桜」
「西向の山」ホームへ Copyright © 2000-2003 Nishiyama Masayoshi. All rights reserved. 前の短説 西山作品(2)目次 次の短説