い  し  何  時  七     だ  十     は  道  ピ  ト  は                   
 出  か  か  間  時  飛   ° 三  結  久  子  |  ロ   ` 午                
 せ  し  忘  進  だ  行  そ  に  婚  し  が  ス  ピ  な  後                
 な   ` れ  め   ° 時  う  な  し  ぶ  こ  を  カ  ん  三              時 
 か  思  も  る  一  間   ` っ  て  り  ん  着  ル  と  時                
 っ  い  の  |  時  は  た  た  十  の  な  込  カ  な   °             差 
 た  巡  を  |  間  三  だ   ° 年  こ  に  ん  ラ  く  南                
  ° ら  し  突  の  時  そ  僕   ° と  若  で  |  浮  の                
    し  て  然  時  間  れ  た  道  だ  々   ` の  き  島                
    て  き   ` 差   ° だ  ち  子   ° し  隣  花  立  へ                
    み  た  奇   ° だ  け  は  は     く  の  柄  っ  向                
    て  よ  妙  僕  が  の  ほ  三      ` 席  を  た  け                
    も  う  な  は   ` こ  ん  十     愛  で  プ  雰  て        向       
     ` な  感  空  現  と  の  に     ら  は  リ  囲  飛                
    忘  気  覚  港  地  だ  少  な     し  し  ン  気  び        山       
    れ  が  に  で  到   ° し  り     く  ゃ  ト  だ  立                
    も  し  囚  時  着     疲   `    見  い  し   ° っ        葉       
    の  た  わ  計  時     れ  僕     え  で  た  道  た                
    は  の  れ  を  刻     た  は     た  い  ワ  子  機        子       
    思  だ  る  一  は     の  三     の  る  ン  は  内                
        °  °                       °     `                  
                                                            

 い  私     間  に  い  ま     な  徊  っ  憶  確  え  年  少  い  掠  原    
 の  た  あ  は  い   ° だ  海  か  し  て  の  か  た  は  年  た  め  色  道 
 よ  ち  ら  ど  た  僕  三  か  っ  た  い  中  に   °  ` を   ° ら  の  子 
  ° の   ` こ  は  は  分  ら  た  が  た  に  そ  見  ち  見  そ  れ  ガ  は 
 道  中  時  に  ず  少  と  上   °  `  ° 少  の  知  ら  た  の  な  ッ  浜 
 子  に  間  消  な  な  経  が     も  僕  年  少  ら  り   ° 最  が  シ  辺 
 の  あ  な  え  の  く  っ  る     う  は  は  年  な  と  南  中  ら  ュ  で 
 声  る  ん  て  だ  と  て  と     彼   ` い  を  い  僕  の   `  ` で  甲 
 は  連  て  し   ° も  な  道     の  少  な  知  少  に  島  僕  透  彩  羅 
 奇  続  人  ま  :  た  い  子     姿  年  か  っ  年  笑  に  は  明  色  干 
 妙  し  間  っ  :  っ  わ  は     を  を  っ  て  だ  い  そ  珊  な  さ  し 
 に  た  が  た  い  ぷ  よ  驚     見  追  た  い  っ  か  ぐ  瑚  海  れ  を 
 朗  時  決  の  っ  り   ° い     つ  っ  が  る  た  け  わ  礁  の  た  し 
 ら  間  め  だ  た  一  そ  た     け  て   `  `  °  ` な  の  散  よ  て 
 か  と  た  ろ  い  時  ん  よ     る   ` 僕  と  け  珊  い  傍  歩  う  い 
 だ  は  も  う   ` 間  な  う     こ  海  は  感  れ  瑚  白  に  を  な  る 
  ° 関  の  ?  僕   ` は  に     と  の  少  じ  ど  の  い   ` 楽  魚   °
    係  だ     の  海  ず  言     は  底  年  た  僕  蔭  肌  細  し  に  僕 
    が  も     一  の  は  っ     で  を  を   ° は  に  の  身  ん  躰  は 
    な  の     時  中  な  た     き  徘  知  記   ` 消  少  の  で  を   `
        °              °                                    

「西向の山」ホームへ Copyright © 1989-2002 Mukouyama Yoko. All rights reserved. 前の短説 向山作品(1)目次 子どもをめぐる短説