う  な  足  在     ち  し  棒  と  け  立  懸  そ  に  娘                
 か  い  で  す  生  の  て  を  持  た  て  命  っ  傷  が  部             
  ゜  ゜ 腹  る  殖  土  い  あ  ち  ら  か  に  と  が  道  屋             
 傷  あ  を  一  の  の  る  と  上   ` け  吸  の  あ  端  の           コ 
 を  る  掻  匹  道  中   ゜ ず  げ  飛  ら  っ  ぞ  る  で  隅             
 受  と  く  の  を  へ  他  さ  る  ん  れ  て  い   ゜ 拾  の           ク 
 け  し   ゜ 虫  遮   ゜ に  っ   ゜ で  た  い  て  メ  い  虫             
 た  た  甲   ゜ ら     は  て  が  い  棒  る  み  ス  上  籠           ワ 
 時  ら  虫  彼  れ     誰   `  ` く  に   ゜ る  は  げ  の             
  `  ` に  は  て     も  暗  彼  か  よ  満   ゜ 近  た  中           ガ 
 彼  痛  痒  時   `    い  が  は  も  じ  足  蜜  く   ` で             
 は  み  み  に  四     な  り  電  し  登  す  に  で  小  密           タ 
 身  も  が  そ  角     い  へ  灯  れ  っ  る  顔  死  さ  や     向       
 を  ま  あ  の  い     籠  と  に  な  て  と  を  ん  な  か             
 よ  た  る  と  世      ゜ 身  脅  い  い   ` つ  で  ク  な     山       
 じ  あ  の  げ  界     ひ  を  か   ゜ く  の  っ  い  ワ  音             
 っ  る  か  と  の     と  隠  さ  蓋   ゜ そ  こ  た  ガ  が     葉       
 た  の  は  げ  中     り  そ  れ  を  蓋  の  ん  と  タ  す             
 ろ  だ  知  し  に     ぼ  う  て  そ  を  そ  で  い   ゜ る     子       
 う  ろ  ら  た  存     っ  と   ` っ  開  と   ` う  尻   ゜            
                                           ゜                    
                                        

 よ  め  も  で  腐  屋     足  夫  し     遺  飛  る  虫     だ  い  喜  か 
 う  の  っ  水  葉  で  い  を  は  た  翌  伝  び   ゜ の  小  け  い  び   ゜
 だ  虫  と  を  土  か  ま  懸   `  ゜ 日  子  立  虫  怒  さ  な  こ   ` 虫 
  ゜  ゜ 居  与  を  さ   ` 命  受  尻   ` を  つ  の  り  な  の  と  虫  の 
    こ  心  え  敷  こ  私  に  け  に  息   ` が  僥  に  息  か  に  の  痒 
    の  地  ら  き  そ  の  動  取  傷  子  次  い  倖  触  子  も   ` 悩  み 
    虫  の  れ  つ  と  部  か  っ   ゜ が  の  い   ゜ れ  が  し  誰  み   `
    に  い  て  め  さ  屋  し  て  つ  ま  世   ゜ そ  る   ` れ  も   ゜ 虫 
     ` い   ゜ ら  さ  の  て   ` ま  た  代  私  の   ゜ 虫  な  気  抽  の 
    夫  籠  私  れ  や  隅  い  陽  み  庭  に  の  固  は  を  い  づ  象  痛 
    は   ゜ の   ` か  に  る  に  上  で  手  籠  い  ず  弄   ゜ か  的  み 
    愛  独  部  蜜  な  虫   ゜ 透  げ  コ  渡  に  殻  み  ん     な  で   `
    着  り  屋  を  生  籠     か  た  ク  す  い  か  で  で     い  現  虫 
    を  身  に  も  を  は     し  虫  ワ  が  た  ら  虫  い     ふ  実  の 
    持  の  い  ら  営  な     て  を  ガ  い  コ  羽  は  る     り  味  悲 
    ち  虫  た  い  ん  い     み  夫  タ  い  ク  を  解   ゜    を  が  し 
    は   ` 時   ` で   ゜    る  に  を   ゜ ワ  広  き  そ     し  な  み 
    じ  男  よ  霧  い  夫      ゜ 見  見     ガ  げ  放  の     て  い   `
    め  や  り  吹  る  の     虫  せ  い     タ  て  た  指     い  の  虫 
    た  も  も  き   ゜ 部     は  る  だ     の   ` れ  が     る  を  の 
           `                 ゜                              

「西向の山」ホームへ Copyright © 1998-2005 Mukouyama Yoko. All rights reserved. 前の短説 向山作品(2)目次 次の短説