た  せ  す  に  が     気  た  と  惑  つ  さ  剣  が  が                
 ら  ん   ° 呟   ` そ  に  が   ` っ  け  い  幕  五   ` 夫             
 し  で  夫  い  納  の  も   ` 私  た  よ └   で  分  毎  は             
 い  し  は  た  骨  夫  留  そ  も  も  う  と  怒  で  朝  寝           あ 
 の  た  職  言  も  も  め  の  ヒ  の  が  怒  る  済  の  起             
 で   ° を  葉  済  半  な  う  ス  で  な  鳴  く  ま  決  き           と 
 す  本  転  が  ん  年  く  ち  テ  し  い  り  せ  な  ま  が             
  ° 当  々  日  だ  前  な  適  リ  た  の  つ  に  い  り  悪           五 
 病  は  と  増  こ  に  っ  当  ッ   ° で  け   ` の  文  く             
 気  何  し  し  の  亡  て  に  ク  子   ` ら  し  で  句   `          分 
 で  か  落  に  頃  く  い  対  に  供  結  れ  つ  す  で   ┐            
 倒  や  ち  気  に  な  ま  処  な  に  婚  ま  こ   ° し  あ             
 れ  り  着  に  な  り  し  す  る  手  当  す  く  寝  た  と     西       
  ` た  く  な  っ  ま  た  る  こ  が  初   ° 起  過   ° 五             
 最  い  こ  っ  て  し   ° 術  と  か  は  ど  こ  ご  と  分     山       
 期  こ  と  て   ` た     を  も  か  ず  う  せ  せ  こ └              
 の  と  が  き  夫   °    身  あ  り  い  に  ば  ば  ろ  と     正       
 数  が  あ  た  が  と     に  り  始  ぶ  も   ┐ 物  が  い             
 日  あ  り  の  最  こ     つ  ま  め  ん  手  う  凄  五  う     義       
 は  っ  ま  で  期  ろ     け  し  る  戸  の  る  い  分  の             
                       `                                    
                                        

    一     今  五  な     息  ま     も  の  ら  さ  ら  丈     き  ふ  意 
 思  体  も  で  分  い  そ  を  う  ま  し  で   ` い  言  夫  私  り  い  識 
 え  何  し  は └   か  の  引  と  さ  れ  は  は └   い  よ  は  と  に  も 
 ば  を  そ  そ  待   ° 最  き  は  か  な  な  っ  と   `  ° 思  こ  意  な 
 夢  し  う  う  っ  あ  期  取   °  ` い  い  と  言  夫  誰  わ  う  識  く 
 ば  よ  だ  思  て  れ  の  り  そ  あ   ° か  し  っ  の  も  ず  言  を  な 
 か  う  と  わ  く  は  言  ま  れ  と  厭  :  た  た  手  起  吹  っ  回  り 
 り  と  し  れ  れ   ` 葉  し  か  五  々  :  の  の  を  こ  き  た  復  ま 
 見  思  た  て  と  迫   ° た  ら  分  会   ° で  で  摩  し  出  の  し  し 
 て  っ  ら  仕  言  り  私   ° も  が  社  で  し  す  り  ま  し  で   ` た 
 い  て   ` 方  っ  来  は     の  永  に  も  た  が   ` せ  て  す  私  が 
 る  い  夫  無  て  る  誤     の  遠  行   `  °  `  ┐ ん  し   ° の   `
 人  た  は  い  い  死  解     二  の  く  夢  起  言  ゆ  か  ま  |  手  今 
 で  の   ` の  た  に  し      ` 眠  夢  を  こ  っ  っ  ら  い  |  を  わ 
 し  で  あ  で  の  対  て     三  り  で  見  し  て  く └   ま   ┐ 握  の 
 た  し  と  す  で  し  い     分  に  も  て  た  し  り  と  し  あ  る  際 
  ° ょ  五   ° は  て  た     後  な   ° い  方  ま  お  笑  た  と  と  で 
    う  分     な   ┐ の     に  っ     る  が  っ  休  い   ° 五   `  `
    か  で     い  あ  で     夫  て     の  い  て  み  な   ┐ 分  は  夫 
     °  `    か  と  は     は  し     か  い  か  な  が  大 └   っ  は 
              °                                             

「西向の山」ホームへ Copyright © 1998-2002 Nishiyama Masayoshi. All rights reserved. 子どもをめぐる短説 西山作品(2)目次 次の短説