に  い  集     た  そ  の  グ  ・  そ  手  こ     唯  柔                  
  待  た  ま  香  さ  の  表  リ     の  に  の  次  一  ら  身              
  機   ゜ っ  水  を  感  面  |     冷  取  日  に  の  か  仕              
  し  だ  て  は  想  触  を  ン     た  っ  の  昔  高  そ  度           は  
  て  が   ゜ 暗  像  に  愛  の     さ  た  た  の  級  う  を              
  い  眠  神  い  し  ま  撫  容     が   ゜ め  海  な  な  整           じ  
  る  っ  秘  密  た  だ  し  器     心  硬  に  軍  小  栗  え              
   ゜ て  的  室   ゜ 知  手  を     地  い  買  兵  道  色  る           め  
  蓋  い  な  で     ら  触  物     良  硝  っ  学  具  の   ゜             
  を  て  沈  ま     ぬ  り  珍     か  子  て  校  で  髪  そ           て  
  外  も  黙  だ     女  を  し     っ  の  お  風  あ  を  の              
  す  猫   ゜ 瞑     の  し  気     た  壜  い  な  る   ` や           の  
   ゜ の  そ  っ     肌  ば  に      ゜ は  た  学  黄  少  や     西        
  す  よ  れ  て     の  ら  眺     濃  手  オ  生  揚  年  長           逢  
  る  う  は  い     滑  く  め     い  に  |  服  の  の  め     山        
  と  に  毬  る     ら  楽  な     エ  冷  デ  を  櫛  持  に           引  
  瞬  そ  藻   ゜    か  し  が     メ  た  コ  着  で  っ  伸     正        
  時  れ  に  静     さ  ん  ら     ラ  か  ロ  る  梳  て  ば              
  に  は  似  か     と  だ   `    ル  っ  ン  と  い  い  し     義        
  粧  常  て  に     冷   ゜ そ     ド  た  を   ` た  る  た              
                                 ゜        ゜                   

  今  仰  け  大     人  る  は     ま  の  た  仔  服  持     た  て     っ  
  日  い  る  き  自  の  と  ち  最  だ  う  が  細  の  ち  一   ゜ つ  少  て  
  に  だ  時  く  分  少  自  ょ  後  毎  ち   ` に  乱  物  体  香  け  年   ` 
  限   ゜ ふ  深  の  年  然  っ  に  朝  に  も  調  れ  を  い  料  て  は  自  
  っ  東  と  呼  部  に  に  と  少  剃  綺  う  べ  を  何  つ  は  み  目  ら  
  て  向  思  吸  屋  目  笑  気  し  刀  麗  気  た  直  度  ま  朝  る  の  の  
  丁  き  い  し  を  配  み  取  離  を  に  に   ゜ す  も  で  の  香  眩  使  
  寧  の  付  て  一  せ  が  っ  れ  当  剃  す  面   ゜ 点  時  匂  水  む  命  
  に  壁  い  か  通  す  こ  て  て  て  っ  る  皰  そ  検  間  い  を  思  の  
  二  に  て  ら  り  る  ぼ  ポ  姿  る  て  ほ  が  し  し  を  が  学  い  た  
  拝  は  立  部  眺  よ  れ  |  全  必  お  ど  ま  て   ` か  し  生  で  め  
  二  神  ち  屋  め  う   ` ズ  体  要  い  で  だ  鏡  鏡  け  た  服  ホ  に  
  拍  棚  止  を  渡  に  向  を  を  は  た  は  所  の  の  れ   ゜ の  ッ  舞  
  手  が  ま  出  す  ニ  こ  つ  鏡  な  の  な  々  中  前  ば     内  ク  い  
  一  掛  り  た   ゜ ッ  う  け  に  か  で  い  に  の  に  気     側  を  上  
  礼  か   `  ゜ そ  と  側  て  写  っ  大   ゜ 残  自  立  が     に  解  が  
  し  っ  壁  居  し  笑  の  み  す  た  丈  髭  っ  分  ち  済     振  き  る  
  た  て  を  間  て  っ  も  る   ゜  ゜ 夫  は  て  の   ` む     り   `  ゜ 
   ゜ い  振  を  一  た  う   ゜ 少     だ  昨  は  顔  髪  の     か  初     
     る  り  抜  つ   ゜ 一  す  年      ゜ 晩  い  を  や  か     け  め     
      ゜                                         ゜             

〔発表:昭和62年2月・第18回東京座会/初出:昭和62年3月号「短説」(月刊化第1号)
/初刊:昭和62年7月『年鑑短説集〈1〉旅のはじまり』海とユリ社刊〕
「西向の山」ホームへ Copyright © 1987-2002 Nishiyama Masayoshi. All rights reserved. 前の短説 西山作品(1)目次 次の短説