れ  の  か  ま  て  し  だ  し  疲  わ  い  な  て  ゃ  い  だ             
 て  時  ら  あ  外  て  っ  れ  れ  よ  で  さ  じ  ん  っ  か             
 る  間  許  そ  回  る  て  な  て  ね  よ  い  ゃ  と  て  ら             
 か  な  し  れ  り  営  あ  い  る  男  い  よ  あ  聞  る  ね           カ 
 ら  ん  て  は  の  業  る  わ  っ  の  つ  ほ  今  か  の  そ           ラ 
 ほ  か  あ  勤  時  マ  で  よ  て  人  も  ら  あ  な  よ  う           オ 
 ん  な  げ  め  は  ン  し  で  そ  は  そ  い  た  い  わ  い           ケ 
 と  い  る  人  て  を  ょ  も  り  逃  う  え  し  の  か  う           B 
 面  ん  け  の  き  よ  団  な  ゃ  げ  や  な  が  は  る  タ           O 
 倒  だ  ど  さ  と  く  地  に  あ  る  っ  い  な  失  だ  イ           X 
 臭  か  あ  さ  う  み  の  か  仕  場  て  で  ん  礼  い  ド           に 
 い  ら  た  や  に  か  か  と  事  所  逃  し  て  じ  た  が           て 
 わ  朝  し  か  サ  け  げ  気  は  が  げ  ょ  い  ゃ  い  気     西       
 ち  だ  は  な  ボ  る  に  が  仕  あ  る  ち  っ  な  ね  に             
 ょ  っ  一  息  れ  わ  車  ま  事  っ  ん  ょ  た  い  ぇ  く     山       
 っ  て  日  抜  る  あ  と  ぎ  で  て  だ  っ  か  聞  人  わ             
 と  み  中  き  ん  な  め  れ  大  シ  か  と  い  い  の  な     正       
 な  ん  ジ  だ  で  た  て  る  変  ゴ  ら  逃  っ  て  話  い             
 ん  な  ブ  ろ  し  だ  昼  こ  か  ト  い  げ  て  る  を  っ     義       
 で  ず  ン  う  ょ  っ  寝  と  も  で  い  な  み  っ  ち  て             
                                                            
                                        

 五  ら  ど  わ  せ  な  色  る  あ  れ  き  キ  ま  っ  幼  か  ぐ  な  だ  テ 
 分  も  う  よ  め  い  気  っ  な  て  ゃ  を  も  て  稚  ら  ず  た  っ  レ 
 ね  う  せ  つ  て  の  が  て  た  寝  な  迎  な  カ  園  お  ぐ  と  て  ビ 
 じ  そ  教  ま  話  よ  な  あ  の  か  ら  え  く  ッ  に  し  ず  サ  い  つ 
 ゃ  ん  養  ら  ぐ  な  い  た  夜  せ  な  に  お  パ  送  め  し  キ  い  け 
 あ  な  な  な  ら  ら  綺  り  食  た  い  い  昼  き  っ  と  て  用  わ  る 
 一  時  い  い  い  家  麗  ま  で  ら  し  っ  よ  て  て  り  る  の  よ  の 
 曲  間  わ  話  聞  事  に  え  し  あ  す  て  一  買  雨  か  し  お  わ  よ 
 ぐ  サ  よ  す  い  や  し  よ  ょ  た  る  ミ  年  い  の  え  ヒ  弁  か  野 
 ら  キ  エ  る  て  っ  て  そ  ウ  し  と  ク  生  物  日  て  ロ  当  っ  球 
 い  迎  ッ  な  よ  て  お  う  ワ  も  も  の  は  に  は  お  が  作  て  で 
 歌  え  延  っ  聞  よ  け  い  キ  う  う  友  す  掃  大  っ  ワ  っ  る  す 
 っ  に  長  て  い  エ  で  う  も  ぐ  晩  だ  ぐ  除  変  ぱ  ァ  て  の  っ 
 て  い  し  本  て  ス  す  問  せ  っ  ご  ち  帰  洗  な  い  |  あ  朝  て 
 い  か  ま  も  く  テ  っ  題  ず  た  飯  く  っ  濯  の  あ  ワ  な  だ  そ 
 こ  な  す  読  れ  に  て  じ  に  り  で  れ  て  ほ  よ  げ  ァ  た  っ  ん 
 う  き  か  め  れ  い  娼  ゃ  帰  よ  お  ば  く  っ  ヒ  て  |  も  て  な 
 か  ゃ  っ  な  ば  く  婦  な  っ  そ  風  み  る  と  ロ  サ  さ  ミ  ね  の 
 し  あ  て  い  い  か  じ  い  て  れ  呂  て  し  す  お  キ  わ  ク  ぇ  ど 
 ら  と  あ  し  い  ら  ゃ  の  く  で  い  な  サ  る  ぶ  を  ぐ  も  あ  う 
                                                            

「西向の山」ホームへ Copyright © 1998-2002 Nishiyama Masayoshi. All rights reserved. 前の短説 西山作品(2)目次 次の短説