の  も  と  続      ┐ 扉  も  関  え  と  く  ジ  聞  け                
 夏  話  は  く  か  よ  は  と  か  た  て  聞  オ  こ  放  朝             
 草  を   `  ゜ ら   ゜ あ  も  ら   ゜ も  き  な  え  た   `            
 の  し  ほ  す  は  今  と  と  飛  私  遠  に  の  て  れ  木           木 
 生  た  と  ぐ  じ  日  何  廃  び  は  い  く  か  く  た  下             
 い  こ  ん  後  ま  も  日  屋  出  足  場  い   ` る  窓  く           下 
 茂  と  ど  ろ  り  ま  も  に  し  取  所   ゜ 音  こ  の  ん             
 っ  が  毎  か   ` た  持  近  て  り  か  不  が  と  向  の           く 
 た  な  日  ら  彼  逆  た  い  く  を  ら  思  う  が  こ  家             
 廃  い  顔  出  の  上  な  建  る  少  発  議  ね  あ  う  の           ん 
 屋   ゜ を  て  賑  が  い  物  の  し  信  な  っ  る  の  前             
 に  こ  会  く  や  り  だ  な  を  緩  さ  音  て   ゜ ラ  を             
  ` の  わ  る  か  の  ろ  の  待  め  れ  階  雑  感  ジ  通     向       
 い  兄  せ  中  な  特  う  で  つ   ` て  を  音  度  オ  り             
 つ  の  な  学  お  訓  と   ` と  木  い  も  が  の  か  か     山       
 の  存  が  生  し  だ  思  彼  も  下  る  つ  入  よ  ら  か             
 間  在  ら  の  ゃ  か  わ  の  な  く  よ  旋  り  く   ` る     葉       
 に  が   ` 彼  べ  ら  れ  勢  く  ん  う  律   ` な  音  と             
 か   ` 一  の  り  な  た  い  待  が  に  で  ひ  い  楽   `    子       
 住  あ  言  兄  が └    ゜ に  つ  玄  思   ` ど  ラ  が  開             
                          ゜                                 
                                                                                

  ┐ 赤     だ   ┐ に  何  か  け     つ  た  こ  々     取   ┐ な  し  み 
 俺  く  言  ろ  そ  日  と  け  に  あ  の  仕  か  と  木  る  お  っ  て  つ 
 は  腫  い   ゜ ん  本  言  た  寄  る  目  事  へ  仕  下  よ  ば  た  い  い 
  ` ら  ざ  俺  な  語  っ  時  っ  日  的  を  そ  分  家   ゜ ち   ゜ た  て 
 ど  し  ま  は  に  で  て   ` た   ` を  そ  れ  け  の  う  ゃ      ゜ い 
 こ  た  扉  行  帰  は  い  中  時  木  め  れ  を  を  営  ち  ん     夏  た 
 に  目  を  か  り  な  る  か  の  下  ざ  ぞ  運  し  業   `  ゜    草  木 
 も  を  開  な  た  か  の  ら  こ  く  し  れ  び   ` マ  リ  い     の  下 
 行  し  け  い  い  っ  か  兄  と  ん  て  に  去  父  ン  サ  ら     庭  一 
 か  て  た  か  な  た  わ  の  で  が  い  こ  っ  親  は  イ  な     は  家 
 な  笑  木  ら  ら   ゜ か  怒  あ  欠  る  な  た  と  優  ク  い      ` の 
 い  っ  下 └    `    ら  鳴  る  席  よ  し   ゜ 兄  秀  ル  も     す  謎 
 か  た  く     勝     な  り   ゜ し  う  て  お  は  だ  屋  の     ぐ  め 
 ら   ゜ ん     手     か  声  扉   ` に   ` 互  軽  っ  だ  あ     に  い 
  `    は     に     っ  が  の  プ  見  一  い  ト  た  か  っ     廃  た 
 な      `    帰     た  聞  把  リ  え  家  に  ラ   ゜ ら  た     品  印 
└      私     れ      ゜ こ  手  ン  た  は  与  ッ  母  さ  ら     置  象 
       を     ば     明  え  に  ト   ゜ 何  え  ク  親 └    `    き  を 
       見     い     ら  た  手  を     か  ら  で  は     引     場  象 
       て     い     か   ゜ を  届     一  れ  ど  黙     き     に  徴 
                                                            

「西向の山」ホームへ Copyright © 2000-2005 Mukouyama Yoko. All rights reserved. 前の短説 向山作品(2)目次 次の短説