文藝サイト「西向の山」 HOME猫の部屋>歴代の猫(3)
西向の山に棲む猫ども/HOME

タマ、ターコとミーコ一家

昭和54(1979)年・夏

ターコ、アンジー、マル、ミーコ、ロクサーヌ

左からターコ、アンジー、マル、ミーコ、ロクサーヌ

 タマが四度目の出産で一匹、「マル」♂(二代目)を、
ミーコが初産で二匹、「ロクサーヌ」♂と「アンジー」(初代)♀を産む。
 タマは神経質で、毎回天井裏に潜んで産んだが、ミーコは、当時高校生の管理人と一緒に寝ている間に産んでいた。朝起きたら、ベッドの中に仔猫が!


子煩悩なミーコ

ミーコはかなり若い母親だったが子煩悩で、タマの産んだマルも一緒に育てていた。


アンジー、マル、ロクサーヌ

左からアンジー、マル、ロクサーヌ

 ところで、それ以前の猫(犬)は、タマ、シロ、クロ、マル、ポチ、ミーコ等、古典的というか、しごく芸のない名前だったが、アンジーとロクサーヌだけ異彩を放っている。
 これは管理人が名付けた。アンジーはローリング・ストーンズ、ロクサーヌはポリスのあの名曲から。当時、後者はまだ半年前のヒット曲だった!

初代ジュン       タマ

 タマの旦那、ターコの父「ジュン」(初代)の大あくび。   「あら、あんた帰ってきたの」
 放浪の旅に出ていて、ほとんど家にいなかった。


戻る     猫の部屋     次へ

玄関表札増改築短説の部屋小説の部屋小川ゼミ日&月随筆散歩子供
短説と小説「西向の山」/HOME Copyright © 2002 Nishi_Mukou_no_Yama. All rights reserved. (2002.10.10-2003.2.10)