短説と小説「西向の山」 ホーム>増改築の記録〈平成17年以降〉>平成16年平成15年平成14年新規ページ一覧

増改築 サイト更新の記録 〈平成17(2005)年以降〉

平成29(2017)年
平成28(2016)年 平成27(2015)年 平成26(2014)年 平成25(2013)年 平成24(2012)年
平成23(2011)年 平成22(2010)年 平成21(2009)年 平成20(2008)年 平成19(2007)年
平成18(2006)年 平成17(2005)年 平成16(2004)年 平成15(2003)年 平成14(2002)年

2017↓

平成29年 6月20日 (火) 16:30 10年前の小川和佑先生フィールドワーク

○「文学散歩」と「小川ゼミの部屋」の共通コンテンツに「小川和佑先生の公開大学フィールドワーク〈その2〉平成19年度」を新規に追加。のべ5日間かけて制作しました。

平成29年 6月 1日 (木) 21:00 古くからのホームページがどんどん消えていきますね

○「他家への門(リンク集−その1〜3)」のリンク切れをチェック、修正。ホームページ開設当時から設置しているリンク集ですが、15年が経過し、ページ(サイト)の閉鎖が相次いでいます。折に触れてリンク切れをチェックしてきましたが、もうキリがないので、更新はこれで最後にします。

↑2017
ページの先頭へ

2016↓

平成28年12月 8日 (木) 13:30 ジョン・レノンの命日に

○「文学散歩」に「おばさんぽ」の新しい記事へのリンクを追加。併せて記事のタイトルを一部変更し、各記事に旅した日付を記載。

平成28年12月 5日 (月) 22:44 母77歳の誕生日に

○「短説の部屋」の作品データ(再録一覧)に下記〈縦書き文庫〉版へのリンクを追加。

・〈縦書き文庫〉に「プア・ガール/プア・ボーイズ」(前者はウェブ上初公開)「箱根の坂」を投稿。

◇これにて、〈縦書き文庫〉版の短説集もひとまず完結です。平成14(2002)年4月5日に制作開始した当「西向の山」のメイン・コンテンツである「短説の部屋」は、14年8か月かけて完結ということになります。〈短説の会〉が実質的に終焉した平成21(2009)年以降の作品は「短説ブログ」にアップし、一覧は「拾遺集」のページに移行しています。いや、そんなことより、新作を書けという話ですよね!

平成28年10月 9日 (日) 21:30 ジョン・レノンの誕生日に(存命なら76歳)

○「短説の部屋」の作品データ(再録一覧)に下記〈縦書き文庫〉版へのリンクを追加。

・〈縦書き文庫〉に「夜の道」「おもしろいもの/実験」(ウェブ上初公開)「海」を投稿。

平成28年 9月29日 (木) 20:00 小川和佑先生と歩いた所

○小川和佑先生の三回忌命日にアップした「小川先生のフィールドワーク〈その1〉」の椿山荘に関する記事を増補しました。

平成28年 9月20日 (火) 17:00 小川和佑先生三回忌の命日に

○「文学散歩」に新たなシリーズとして、「小川和佑先生の公開大学フィールドワーク〈その1〉平成18年度」を作成しました。平成22年の結果的に最終回となる〈その4〉まで続く予定。
○「随筆の庭」のエッセイ短説「二十一世紀、五年目、十年目」に「三島由紀夫生誕九十年の日に」を新たに追加し「二十一世紀、五年目、十年目、十五年目」に改編(ファイル名も変更)しました。
○「間取り」の“西向”画像を変更し、「新規作成ページ」に同画像を新たに設置。
○「他家への門」「当サイトのリンク・ポリシー」の自サイトURLを変更。

◇@niftyの@homepage終了につき、従来のURLからLaCoocan版の新URLへの転送通知を設定しました。従って、本日18時をもって、当サイト開設以来のURL【http://homepage3.nifty.com/masayoko/】以下のページは消滅しました。平成14(2002)年3月21日にホームページ開設を申請して以来、ちょうど14年6か月。@homepage様、たいへんお世話になりました。厚く御礼申し上げます。引き続き、LaCoocan様、宜しくお願い致します。

平成28年 9月 1日 (木) 19:30 五たび堀内幸枝さんのこと

○「随筆の庭」に、新たに「葡萄の季節に、堀内幸枝さんの詩誌『葡萄』」を作成しました。併せて「永遠の少女・詩人堀内幸枝さん」のページを修正。詩人について2ページ構成に。

平成28年 8月30日 (火) 19:00 小川和佑先生三回忌のご案内

○「小川ゼミ通信」に、只今配信した「小川ゼミ通信Vol.38」を転載し、「小川ゼミの部屋」のヘッドラインを更新。

平成28年 4月 8日 (金) 17:00 53歳の誕生日に(出会った頃の小川和佑先生の年齢に追いついてしまいました)

○「小川ゼミ通信」に、本日15時に配信した『小川和佑先生を偲ぶ会』のご案内(「小川ゼミ通信Vol.37」)を転載。
○「小川ゼミ通信(最新版)」から、平成26(2014)年〜27(2015)年までの記事を別ページに分離しました。
○当ホームページ開設から14年。タブレットなどの標準フォントしかインストールされていないブラウザから見た場合の表示のズレを修正すべく、トップページの文字レイアウトを若干変更。

平成28年 3月19日 (土) 22:15 『小川和佑先生を偲ぶ会』のご案内(書状版を郵送しました)

○「小川ゼミ通信」に、本日郵送した『小川和佑先生を偲ぶ会』開催のご案内(「小川ゼミ通信Vol.36」の更新版)を転載し、【二伸】を含めた全文(A4判横書き3枚)をPDF化してアップしました。

平成28年 3月 5日 (土) 20:30 西向の山の外、ソフトボールの部屋

○これも移転措置に伴い、ソフトボールチームのWebスコアブックのcgiやホームページ用の画像を格納するために「softball」のディレクトリを設置。「裏門標」として「もう一つのホームグラウンド」を新設。

平成28年 3月 1日 (火) 18:00 LaCoocan移転の措置に伴いサイト内リンクを修正

○「随筆の庭」と「文学散歩」の目次、「他家への門(リンク集−その3)」を更新。

平成28年 2月28日 (日) 00:45 @homepage終了につきLaCoocanに移転

◇とうとうお前もかという感じで、@niftyの接続会員向けホームページサービス「@homepage」が2016年9月29日(木)15時をもってサービスの提供を終了することになった。すでに提供されている有料の「@niftyホームページサービス(LaCoocan)」に一本化される。つまり無料(といってもプロバイダ料金は払っている)ではなく、有料になる。と懸念されたが、さすがに@niftyとしてもそれは出来なかったのだろう。「ミニ」という特別なプランを新たに設置し、従来の「@homepage」ユーザーは移転の手続きをとれば、そのまま無料で利用できるようにした。そうなれば移転しないわけにはいかないので、2月28日の午前0時45分に移転の登録をした。その顛末は、3/1に短説ブログに書いた。結果、現時点で、わがサイト、短説と小説「西向の山」は、
@niftyの@homepage版:http://homepage3.nifty.com/masayoko/
同じく@niftyのLaCoocan版:http://nishimukou.my.coocan.jp/
さらにYahoo!Japanのgeocities版(こちらには広告が付く):http://www.geocities.jp/nishimukohnoyama/
の三つが存在することになる。@homepage版は今年の9月29日15時で消滅する。その前に、LaCoocan版への移転通知ページに変更することになるが、それも最長で2018年3月29日(木)15時で終了する。

平成28年 2月17日 (水) 21:00 『小川和佑先生を偲ぶ会』を4月29日の生誕86年記念日に開催します

○「小川ゼミ通信」に、本日発信した「小川ゼミ通信Vol.36」を転載。「小川ゼミの部屋」のヘッドラインも変更。

↑2016
ページの先頭へ

2015↓

平成27年12月23日 (水) 10:00 謹んで今上陛下のお誕生日を寿ぎます

○サイトの短説欄本編にアップしていない作品へのリンク集(目次)「西山正義の短説(4)〈拾遺集〉」を新たに設置しました。
○「短説の部屋」の作品データ(再録一覧)に下記〈縦書き文庫〉版へのリンクを追加。

・〈縦書き文庫〉に「取材/報告」(ウェブ上初公開)「悦子」を投稿。

平成27年11月20日 (金) 22:20 リンク集更新

○「他家への門(リンク集−その1/その2/その3)」を更新。リンク切れをチェックし、ちょっと直すつもりが、新規追加、削除、分類変更などけっこうな修繕に。

平成27年11月 7日 (土) 16:16 メールフォーム変更

○またまた@niftyの@homepageで提供されていた「アンケート(メールデコード)機能」が終了(10/28発表、12/10の15時をもって終了)というのを本日知ったので、急遽、FC2メールフォームに乗り換えました。「西向の山」全般用と小川ゼミOB会用の二種類。併せて、短説の会公式サイトのメールフォームも変更。実は一番の目的は、ソフトボールチーム用のもの。これも@nifty/@homepageのメールデコード機能を流用していました。こちらはメールフォーム経由でメールが通じないと困るのだ。
○「短説のご感想・アンケート/フォーム」は作り直さず、そのまま削除。13年間でたった2通しか来ませんでしたとさ。

平成27年11月 3日 (火) 21:21 短説一覧のページを大修整&縦書き文庫に短説をアップ

○「短説の部屋」の作品一覧のテーブル幅を相対数値から絶対数値に変更。最近の標準的な解像度1280px以上の横長画面でも横に間延びしないようにしました。なおかつ800Wでも横スクロールが出ない数値に。
○「小説の部屋」の見出しレイアウトも小変更。
○「短説の部屋」の作品データ(再録一覧)に下記〈縦書き文庫〉版へのリンクを追加。

・〈縦書き文庫〉に「カマドウマ」(ウェブ上初公開)「鉄」「豚」を投稿。

平成27年11月 1日 (日) 20:00 西山正義と向山葉子の短説100選完結!

○向山葉子の短説(1)に「瑠璃色硝子玉」(短説公式サイト掲載の最初期の作品)、子どもをめぐる短説に「冬の夜」(座会にも雑誌にも未発表で、今回まったくの初公開)、
○西山正義の短説(3)に「プア・ボーイズ」(今回急に思いついて複数形に改題)と「箱根の坂」(月刊『短説』終刊号掲載作)をアップしました。

◇これにて、サイト開設以来13年7か月を費やして(なんとまあ悠長なことか)、正義と葉子の短説を各50作(計100作)を、疑似ではありますが縦書き仕様のウェブページにアップロード完了しました。「短説」が創立された昭和60(1985)年から、実質的に解散状態となった平成21(2009)年までの25年間(四半世紀!)の作品を網羅というか、その間の100選ということで、このホームページ上での短説の公開を完結とします。

○すでに更新がストップしている「子供部屋」の「まやよしギャラリー」ですが、1画像1ページの12ページ建てを2ページに再編集。一部画像のサイズを変更し、最新の各種ブラウザでは動作しない画像のロールオーバー効果を廃止しました。

平成27年10月31日 (土) 14:00 小説のページ構成再々変更

○当サイト開設当時(2002年4月)に最初にアップした小説「鳥籠」「箱庭」「夢の吊り橋」「観覧車」の疑似縦書きHTML版は、当初26字×23行詰(初出時のレイアウト)だったのを、同年10月に20字×20行詰に変更。さらに2003年2月と3月に、原稿用紙10枚前後ごとにページを分割しました。が、それをまた元に戻し、1作品1ページに構成を再変更しました。
○従来の分割ヴァージョンは削除し、「間取り」「新規ページ一覧」からも抹消。「小説の部屋」の目次レイアウトも、タイトル画像を廃してすっきりシンプルにしました。

平成27年 9月19日 (土) 20:00 小川和佑先生一周忌の前日に

○「小川和佑先生2005年公開講座」に注釈を追加。
○当サイト開設前に行われた「小川和佑先生公開大学」の2000年後期2001年前期2001年後期の講座案内プログラムをPDFファイルに取り込みアップロードしました。これで、小川先生の明治大学リバティアカデミーでの2005年前期を除く全講座の内容が閲覧できることになりました。

平成27年 9月 1日 (火) 16:45 縦書き文庫に短説をアップ

○「短説の部屋」の作品データ(再録一覧)に下記〈縦書き文庫〉版へのリンクを追加。

・〈縦書き文庫〉に「風のゼリー」「笑顔」「玉」を投稿。やっと10年前に追いつく。

平成27年 8月 1日 (土) 00:00 小川和佑先生一周忌のご案内

○「小川ゼミ通信」に、7月29日に配信した「小川和佑先生一周忌のご案内」(小川ゼミ通信Vol.35)を転載しました。併せて「小川ゼミの部屋」のヘッドラインを更新。
○「文学散歩」に「マダム葉っぱのおばさんぽ」から「鹿児島行」と「大連〜旅順紀行」を追加。

平成27年 4月 7日 (火) 17:30 春の空の下で(明日は僕の誕生日)

○子どもをめぐる短説に、世評に高い向山葉子の「コッキョウ、マタハ、カイノマチ」をようやくアップしました。もう17年前の作品です。三歳だった息子も大学三年生。新学期のガイダンスに出掛けました。
○西山正義の短説(3)に、こちらはちょうど10年前の「春の空の下で」をアップ。

・〈縦書き文庫〉に「春の空の下で」と「雨と寝る桜」を投稿。

平成27年 4月 4日 (土) 20:33 犀星と朔太郎

○「随筆の庭」に、2009年12月と2014年4月にブログに書いたエッセイとメモを編集し、「室生犀星の“家庭をまもれ”と萩原朔太郎メモ」として新規にアップ。
○「随筆の庭」の目次に、ブログ版[未編集]エッセイを追加。

平成27年 3月27日 (金) 20:20 小川和佑先生が出演した桜のテレビが、4/1にさらなる再放送!

○「小川ゼミの部屋」と「小川ゼミ通信」に、本日判明した最新情報を追記。

平成27年 3月21日 (土) 21:25 おばさんぽのシリーズものリスト

○「文学散歩」に、「マダム葉っぱのおばさんぽ」のシリーズものをリストアップ(リンクを目次に追加)し、サムネイル的なカット画像を3点(淡路坂/シャンボール城/斜陽館)追加。
○「間取り」に、「随筆の庭」から削除した西向観世音の写真を移植し、新たに西向天神社の幟の写真を追加。

平成27年 3月17日 (火) 20:00 小川和佑先生が出演した桜のテレビが再放送!(3/25夜10時〜NHK)

○「小川ゼミ通信」に、3月11日に発信した「小川ゼミ通信Vol.34」を転載。(「短説ブログ」と「小川和佑先生著書目録」には即日アップ済み)。「小川ゼミの部屋」のヘッドラインにも追記。
○「随筆の庭」のカット画像2点(増上寺の西向観世音から信濃追分の油屋旅館と神田神保町のラドリオに)変更。

平成27年 2月14日 (土) 22:00 僕の愛する風景

○「文学散歩」の「多摩川の万葉歌碑と万葉乙女」を「玉川(多摩川)万葉歌碑と万葉乙女」に改題し、今日撮ったものを含め写真を11枚追加し、ほとんど新規ページを作成したのと同じくらいの大幅増補をしました。

平成27年 2月 8日 (日) 18:30 しろい路、夜の道、4年9か月ぶりにサイト本編に短説をアップ

○向山葉子の短説(1)に最初期(昭和61年)の「しろい路」と同じく(3)に最新作(といっても平成20年)の「たましい」を追加。
○西山正義の短説(3)に平成18年と19年の冬に書いた「悦子」「夜の道」を追加。

↑2015
ページの先頭へ

2014↓

平成26年12月24日 (水) 15:15 縦書き文庫に短説をアップ

○「短説の部屋」の作品データ(再録一覧)に下記〈縦書き文庫〉版へのリンクを追加。

・〈縦書き文庫〉に「たまには恋の歌を」「ちょっと長い散歩」「性と経済(短説三題―「春」「経済効果」「株価連動型」)」を投稿。「ちょっと長い散歩」以外の4作はいづれも雑誌未掲載で、ウェブ上にも初公開の作品です。

平成26年12月 1日 (月)
・〈縦書き文庫〉に「流山」「蓮沼海岸」を投稿。

平成26年11月12日 (水)
・〈縦書き文庫〉に「娘の父」「月」を投稿。

平成26年11月11日 (火) 22:22 小川和佑先生四十九日法要のご報告

○「小川ゼミ通信」に、11月7日配信のVol.33を転載。

平成26年10月10日 (金) 21:00 小川和佑先生の訃報とご葬儀報告

○「小川ゼミの部屋」のヘッドラインをやむなく更新。
○「小川ゼミ通信(最新版)」を新規に作成。平成25(2013)年までの分を「平成20〜25年の通信」として別ページに。

平成26年 9月 8日 (月) 17:48 堀内幸枝さんのこと

○エッセイ「永遠の少女・堀内幸枝さん」に平成24年9月20日の記事を追加。

平成26年 9月 7日 (日) 23:55 八年前の家族小旅行

○今更ですが、ずっと未編集のままだった「江ノ島〜鎌倉(長谷寺の文学碑)」を「文学散歩」にアップしました。

平成26年 6月21日 (土) 15:00 ML座会完全閉鎖

○「他家への門(リンク集−その2)」の「マダム葉っぱのおばさんぽ」の紹介文を加筆訂正し、(リンク集―その1)の「短説の仲間」の項にもコピー。
○「新・短説ML座会のご案内」のヘッド注記を更新。(2014年5月28日をもってYahoo!グループのサービスそのものが終了。よってML座会も完全閉鎖に)

平成26年 4月10日 (木) 21:30 結婚26周年とサイト開設12周年の記念日に

・〈小説家になろう〉に「」を投稿。

○「小説の部屋」に上記「家」へのリンクを追加、ならびにPDF版をアップ。

平成26年 4月 5日 (土) 22:25 縦書き文庫に短説をアップ

○「短説の部屋」の作品データ(再録一覧)に下記〈縦書き文庫〉版へのリンクを追加。

・〈縦書き文庫〉に「息子の一言」「茹で卵」「indirecte」「キャッチボール」を投稿。

平成26年 2月15日 (土)
・〈縦書き文庫〉に「三具一柳子」「桜」「行く末」「息子よりお父さん」を投稿。

平成26年 2月 1日 (土)
・〈縦書き文庫〉に「と、作者は書いた。」「東京人大阪に着く」を投稿。後者はウェブ上に初公開。

↑2014
ページの先頭へ

2013↓

平成25年11月19日 (火) 22:20 増改築の記録として

○「新規作成ページ一覧」を新規作成。

平成25年11月 2日 (土) 22:20 小川和佑先生の新刊

○「小川和佑先生最新情報/新刊案内」のページを、〈2000〜2005〉年分2006年以降を分割し、最新の情報を(まだ編集途上ですが)ようやく追加しました。
○11月 5日(火)/○11月14日(木)記事追加。

平成25年10月 2日 (水) 16:00 ページ整理の一貫として

○「『日&月』の部屋」のレイアウトを修正。
○「他家への門(リンク集−その1〜3)」を更新。旧「猫の集会所(ネコLINK)」から素材屋さんと活きているサイトを移植。

平成25年10月 1日 (火) 23:55 別館を本館に統合(サイトを一本化)

◇別館の「猫と散歩と文学と」を廃止し、「文学散歩」と「猫の部屋」の全ページを本館に統合。旧別館のgeocities版は完全ミラーサイトに変更。総容量12,699,143バイト(約12.7MB)

平成25年 9月25日 (水) 21:00 ページ整理

○「小川和佑リンク集」「猫の集会所(ネコLINK)」ほか隠しページやML座会と猫の部屋のメールフォームを削除&関係ページ修正。
○「他家への門(リンク集−その1)」に「マダム葉っぱのおばさんぽ」を、(その2)に「俺たちの為だけのラジオ!!俺ラジ!!」を追加。

平成25年 8月 6日 (火) 22:30 マダム葉っぱのおばさんぽ

○トップページを若干修正のうえ、向山葉子のブログ「おばちゃまたちの青春ソフトボール」改め「マダム葉っぱのおばさんぽ」へのリンクを追加。

平成25年 5月 5日 (日) 03:00 端午の節句に短説を

・〈縦書き文庫〉に「金の卵」「腹痛の理由」「あゝ、匂い」「息子とお父さん」を投稿。
あゝ、匂い」は雑誌未発表作で、サイトにもアップしていませんので、今回の縦書き文庫版が初出(座会を除く)ということになります。

平成25年 5月 3日 (金) 23:45 事実上閉鎖状態のML座会を機能的にもほぼ閉鎖に

○「新・短説ML座会のご案内」のヘッド注記を更新。

平成25年 4月29日 (月) 21:00 小川和佑先生の著書目録

◇本日、小川和佑先生の八十三歳のお誕生日に、長年の懸案だった『小川和佑先生著書目録』をブログ形式でアップ開始しました。

平成25年 4月16日 (火) 21:25 小川和佑先生待望の『戦後文学の回想』

○「小川ゼミ通信」に本日20:00配信の和佑先生の新刊案内(Vol.30)を掲載。

平成25年 4月 4日 (木) 19:00 4/6の花見、最終的な予定

○「小川ゼミ通信」に本日配信の花見最終案内(Vol.29)を掲載。

平成25年 3月26日 (火) 18:00 4/6の花見、場所を見直し中!

○「小川ゼミの部屋」を更新。
○「小川ゼミ通信」の年度別記事のページ構成を変更&「2001年の通信」を新たに編集して追加。(「2002年の通信」→「2001〜2002」、「2003年の通信」→「2003〜2004」、「2004〜2005年の通信」→「2005〜2007」、「最新版(2006〜)」→「最新版(2008〜)」)

平成25年 3月21日 (木) 21:00 4/6に小川ゼミOB会で14年ぶりのお花見を開催!

○「小川ゼミの部屋」を更新。
○「小川ゼミ通信」に3月12日配信の花見開催の案内ほか事務局便り(Vol.27&28)を掲載。
○「小川和佑先生最新情報(講座案内)」を更新(年度別テーマ一覧)。

↑2013
ページの先頭へ

2012↓

平成24年11月 3日 (土) 16:10 明治節/向山祖父二十五回忌の日に

・〈縦書き文庫〉に「あと五分」「意味の中へ」「カラオケBOXにて」「川原の人」「今朝の新聞より/後始末」「スクランブル交差点にて」を投稿。

平成24年10月28日 (日) 18:30 雨の日曜日に

○「間取り」にアップ済みの小説のPDF版へのリンクを追加。
○「他家への門(リンク集−その1〜3)」および「猫の集会所(ネコLINK)」のDead Linkを修正の上、(その2)に「ONちゃんのフォトギャラリー」「研究所のケン」「LOVE ZAVIER」を追加。

平成24年10月 5日 (金) 19:20 ビートルズ・デビュー50周年の日に

・〈縦書き文庫〉に「雪だるまが一つ残った」「お昼まえ」「パリパリ ザクザク」を投稿。

平成24年 9月30日 (日) 20:20 タイムリーヒットを打った嵐の夜に

○「増改築(すなわちこのページ)」をちょこと修正。

平成24年 6月 7日 (木) 21:45 web版の「頌」と「もう一つの福祉」

○「他家への門(リンク集−その1〜3)」を全体的に修正のうえ、(その1)に「web 頌」と「安堂詩集」、(その2)に五十嵐正人さんの「もう一つの福祉」を追加。

平成24年 6月 1日 (金) 21:00 短説の会の現状

○「短説とは何か」「新・短説ML座会のご案内」に短説の会の現状を追記。

平成24年 2月16日 (木) 20:15 サイト内ナビを修正

○トップページの下部にサイト内リンク・ナビゲーションを復活させるとともに、各フロントページのナビを再々修正。(別館はトップページのみ修正)

平成24年 2月 8日 (水) 15:00 森田カオル氏の別ハンドルネームによるブログ

○「他家への門(リンク集−その1)」に楊修@よっし〜氏の「鶏肋的人生」を追加。

↑2012
ページの先頭へ

2011↓

平成23年11月12日 (土) 14:10 娘の二十歳の誕生日に

・〈小説家になろう〉に「観覧車」を投稿。

○「小説の部屋」に上記「観覧車」へのリンクを追加、ならびにPDF版をアップ。

平成23年11月 6日 (日) 19:45 ヨシトラマン

○「ヨシトラマン的日常」に過去ログとして、2008/03/13の「談話室」への投稿を転載。

平成23年11月 3日 (木) 22:00 小説と短説

・〈小説家になろう〉に「カーマイン邪色」を投稿。

・〈縦書き文庫〉に「匂う部屋」「運動会」「一九九七 十二月の街」を投稿。

○「小説の部屋」に上記「カーマイン邪色」へのリンクを追加、ならびにPDF版をアップ。
○「短説の部屋」の作品データ(再録一覧)に上記〈縦書き文庫〉版へのリンクを追加。

平成23年 9月16日 (金) 01:00 小説の部屋を大改造

○「小説の部屋」を7年3ヶ月ぶりに更新しました。〈小説家になろう〉にアップした作品へのリンクを追加、ならびに〈タテ書き小説ネット〉により自動生成されたPDF版を自サイトにアップ。

平成23年 9月14日 (水) 20:00 縦書き表記について

○「短説の部屋」と「小説の部屋」にそれぞれ別個に注記されていた「縦書き表記について」をまとめて、増補の上、ページを独立。

平成23年 9月10日 (土) 11:15 縦書き文庫に作品を追加

○「短説の部屋」の作品データ(再録一覧)に下記〈縦書き文庫〉版へのリンクを追加。

平成23年 9月 9日 (金)
・〈小説家になろう〉に「サーカス」を投稿。
・〈縦書き文庫〉に「文体美人」「オルガナイザー」「本を売る」を投稿。

平成23年 9月 6日 (火)
・〈小説家になろう〉に「コクトーの耳」を投稿。

平成23年 9月 5日 (月)
・〈小説家になろう〉に「夢の吊り橋」を投稿。

平成23年 9月 1日 (木) 23:55 小川先生の後期講座

○「小川和佑先生最新情報(講座案内)」を更新、後期の概要を追記。

平成23年 4月16日 (土) 17:30 ヒヤシンスハウス−こんな隠れ家が欲しいです

○「文学散歩」に「立原道造の風信子荘と別所沼の神保光太郎詩碑」を追加。

平成23年 4月 8日 (金)
・〈小説家になろう〉に「金糸銀糸」を投稿。

平成23年 4月 7日 (木) 19:15 縦書き小説投稿サイトに登録

◇〈小説家になろう〉にユーザー登録(ID:141547/西向の山)。ここには正義と葉子の小説をアップ予定。
・第一弾として「ある夏の一日」を投稿。

・〈縦書き文庫〉に「あの日 あの曲」「ウーマン」「住宅展示場」を投稿。

○「小川ゼミ通信」に桜のテレビ再放送予定を追記。
○「短説の部屋」の作品データ(再録一覧)に上記〈縦書き文庫〉版へのリンクを追加。
○「他家への門(リンク集−その1)」に〈小説家になろう〉グループへのリンクを追加。

平成23年 4月 1日 (金) 23:25 小川和佑先生4/6NHKテレビ出演

○「小川ゼミ通信」に本日22:00に配信した最新情報(Vol.26)を掲載。

平成23年 3月18日 (金) 00:44 小川和佑先生の新講座

○「小川和佑先生最新情報(講座案内)」を更新。(2011年度明大リバティアカデミー講座の概要)

平成23年 3月16日 (水) 22:33 縦書き文庫と深大寺の写真

○「短説の部屋」の作品データ(再録一覧)に下記〈縦書き文庫〉版へのリンクを追加。
○「深大寺の虚子と草田男の句碑」のページに新たに撮った写真を5点追加。
○「他家への門(リンク集−その1)」に〈縦書き文庫〉を追加。

平成23年 1月14日 (金)
・〈縦書き文庫〉に「常夜燈」と「はじめての逢引」を投稿。

平成23年 1月 9日 (日)
◇〈縦書き文庫〉にユーザー登録(nisimasa/西山正義)。ここには西山正義の短説をアップします。
・第一弾として「蝶むすび」を投稿。

平成23年 1月 6日 (木) 17:50 引き続き、旧「日記」&ブログのエッセイを転載

○「随筆の庭」に「『不惑』どころか『大惑』の四十歳&高幡不動尊」「小川和佑先生への手紙(ニコライ堂前にて)」を追加。

平成23年 1月 4日 (火) 19:00 旧「日記」&ブログのエッセイを転載

○「随筆の庭」に「Paul McCartney 〜Driving Japan〜 2002」「この一世紀−義理の祖母が百歳で死去−」「二十一世紀、五年目、十年目」を追加。

↑2011
ページの先頭へ


2010↓

平成22年12月 1日 (水) 00:45 短説の新しいサイト

○「他家への門(リンク集−その1)」に森田カオル氏の「鶏肋亭」を追加。

平成22年11月23日 (火) 04:00 サイト再構築

○トップページの意匠を若干変更、サイト内リンクを修正し、サイトの構成を変更。
○それにともない「奥座敷」を新規に追加。

平成22年11月22日 (月) 21:00 「猫と散歩と文学と」を復元

○サーバー閉鎖で消滅してしまった「猫と散歩と文学と(Geociteis版)」を、本館の予備用にアップしていたGeoCiteisに移行、修正再構築のうえ復元。

平成22年11月15日 (月) 23:55 短説の会公式サイトへのリンク修正

○短説の会公式サイトのinfoseek版も消滅してしまったので、「短説の部屋」のリンク関係を修正。

平成22年11月 1日 (月) 00:00 infoseek/iswebライトが消滅

◇Lycos Japanの「Tripod」から引き続き利用してきたinfoseekの「iswebライト」が無料ホームページ・サービスの提供を終了した(インフォシーク ユーザーサポート)。サーバー自体が閉鎖されてしまったわけで、「西向の山」の別館:「猫と散歩と文学と(infoseek版)」のページがすべてインターネット上から消滅。

平成22年10月 8日 (金) 01:18 6年ぶりのヨシトラマン

○6年ぶりに「ヨシトラマン的日常」に記事を追加。もちろんヨシトが自ら自発的に執筆・制作。

平成22年 8月15日 (日) 23:55 小川和佑先生八十歳祝賀OB会合宿の詳細

○「小川ゼミ通信」の『小川和佑先生八十歳祝賀合宿のお知らせ』に詳細を追記。

平成22年 7月 5日 (月) 23:45 各目次ページのカウンター変更

○うっかりしていたのだが、「スゴいカウンター」が今年の2月22日で終了していて、見苦しい表示になっていたので、新たに「FC2カウンター」を設置した。(玄関50600・プロフィール800・短説の部屋10200・短説とは何か2600・小説の部屋6200・『日&月』の部屋5300・小川ゼミの部屋7600・子供部屋7300・随筆の庭3000・文学散歩300・猫の部屋3400・猫と散歩と文学と3200・軽井沢文学散歩7000・短説ブログ23000〈63000〉・〈短説の会〉Official Web Site50000)

平成22年 6月15日 (火) 00:15 小川和佑先生八十歳祝賀OB会合宿を企画!

○「小川ゼミ通信」に、6月12日配信のVol.25『小川和佑先生八十歳祝い合宿のご案内』をアップ。
平成22年6月26日 (火)
○「小川ゼミ通信(平成16年〜平成17年)」と「他家への門(リンク集−その2)」の一部記事を削除。

平成22年 5月24日 (月) 12:30 月刊『短説』への惜別

○「短説批評」に「月刊『短説』編集後記(西山正義編集担当号)と、現時点では月刊誌の最終刊にあたる「月刊『短説』平成21年3月号(通巻281号)の拡大画像をアップ。

平成22年 5月 5日 (水) 22:55 端午の節句に短説を

○向山葉子の短説(2)に「月曜日」を、西山正義の短説(2)に「indirecte」をアップ。

平成22年 3月22日 (月) 23:50 堀内幸枝さんのこと

○「随筆の庭」に「永遠の少女・詩人堀内幸枝さん」を追加。

平成22年 2月28日 (日) 18:00 エッセイにワンポイント画像を

○短説の公式サイトに「短説論/作品批評」の目次を増設した関係で、関連する5ページを修正。
○「随筆の庭」の評論・エッセイ6ページに新たに画像10枚を追加。

平成22年 2月23日 (火) 19:10 小川和佑先生十年ぶりの東京学

○「小川和佑先生最新情報(講座案内)」を更新。(2010年度明大リバティアカデミー講座の概要)
○「随筆の庭」に「森鴎外雑感−『雁』ほかと無縁坂のお玉さん−」を追加。

平成22年 1月30日 (土) 23:00 先月末から五年ぶりに怒涛の更新

○向山葉子の短説(2)に「旧正月」を、西山正義の短説(2)に「スクランブル交差点にて」をアップ。
○「短説の部屋」にサブ目次ページ「短説批評」を追加。各批評ページを修正。

平成22年 1月26日 (火) 02:20 近所の文学碑  22:00 「暗黒の井戸」論議

○「文学散歩」に「多摩川の万葉歌碑と万葉乙女」と「深大寺の虚子と草田男の句碑」を追加。
○「随筆の庭」に「いくつかの歌人伝をめぐって」と「中井英夫の「無用者のうた」論から「暗黒の井戸」論議」を追加。

平成22年 1月17日 (日) 01:15 母校明大の創立記念日に

○新規追加の「文学散歩」のコンテンツにさっそく「神田駿河台の坂の名前と石標」を追加。

平成22年 1月12日 (火) 21:30 見かけは小変更ながら、中身は大掛かりにリニューアル

○本館別館ともにトップページのレイアウトを変更。(1月14日再修正)
○目次ページとして新たに「文学散歩」を追加。加えてアップ予定のコンテンツを明記。
○「随筆の庭」を上記とほぼ同仕様のレイアウトに変更。こちらもアップ予定のコンテンツを。
平成22年1月14日 (木)
○上記2頁に写真を追加。
○各フロントページのサイト内リンク・ナビゲーションを再修正。(別館は全ページ修正)

平成22年 1月 6日 (水) 15:25 短説案内を最新版に

○「短説とは何か」と「短説への招待」を最新版に更新。

平成22年 1月 4日 (月) 19:00 サイト案内を改定

○「表札(サイト開設のご挨拶)」と「門標(短説講師プロフィール)」を最新の情報に更新+おまけのページ(西山家年賀状)を追加。
○各フロントページのサイト内リンク・ナビゲーションを修正。

↑2010
ページの先頭へ

2009↓

平成21年12月28日 (月) 22:00 正義&葉子の短説各二作品アップ

○西山正義の短説(1)に「本を売る」と「一九九七・十二月の街」、
○向山葉子の短説(1)に「ランドセルいっぱいの檸檬」と同じく(3)に「お江戸の春」を追加。
暮れも押し迫ってようやく今年最初の実質的な新規作成ページをアップしました。

平成21年11月 9日 (月) 22:40 〈短説の会〉公式サイト移設

※11月5日頃、Lycos Japan/Tripodから引き続き利用してきたinfoseek/iswebのホームページの仕様が変わり(最上部に余計な検索バーが追加された)、Internet Explorer 8で閲覧すると、レイアウトがとんでもなく崩れることになった。Firefoxではこの現象は見られないが、当サイトに限ったことではないようなので、〈短説の会〉公式サイトのサーバーを急遽乗り換えた。
○それに伴い、〈短説の会〉への各種リンクを変更。(「短説とは何か」のページのみあえてそのままとする)
○同じ理由で、「猫と散歩と文学と」のトップページと「猫の集会所」のレイアウトを修正。(リンク集のリンク切れチェック)

平成21年 9月12日 (土) 00:50 小川和佑先生と一泊旅行決定10/10〜10/11

○「小川ゼミ通信」に、9月9日に配信したVol.24『小川和佑先生と初秋の栃木・塩原温泉一泊ゼミ旅行』の決定版をアップ。

平成21年 8月30日 (日) 12:50 小川和佑先生と一泊旅行を計画

○「小川ゼミ通信」に、本日配信したVol.23『小川和佑先生と初秋の栃木・塩原温泉一泊ゼミ旅行』の企画案をアップ。

平成21年 8月10日 (月) 18:00 小川和佑先生の公開講座は後期からも申込可

○「小川和佑先生最新情報(講座案内)」を更新。遅ればせながら2009年度明治大学リバティアカデミー公開講座の詳細をアップ。(後期からの申込みは8月24日から受付開始)

平成21年 6月29日 (月) 18:30 九か月ぶりの更新

○トップページほか「短説ML座会案内」「小川ゼミの部屋」「『日&月』の部屋」のmailtoをすべて廃止し、メールフォームに切り替え。
(「エンジェルス」のメールフォームを設置)

↑2009
ページの先頭へ

2008↓

平成20年 9月18日 (木) 19:00 作品「海」の背景

○西山正義の短説(3)に、「『海』−“その時”の写真をコラージュ」をアップ。作中で写真を撮ったと言及されている、まさにその写真を背景画像としました。1280×960Pixelの画像のため、画面設定によっては全景は表示されません。

平成20年 9月15日 (火) 23:45 新旧二つの短説をアップ

○向山葉子の短説(1)に「気の迷い」、西山正義の短説(3)に「」を追加。前者は昭和61年、今から22年前、懐かしの神保町五十嵐ビル座会で発表されたもの。後者は昨年発表。新旧競作。

平成20年 9月 9日 (火) 00:45 「短説ブログ」へのリンクを追加

○「短説の部屋」の作品データを更新。「短説ブログ」アップ作品の該当ページへのリンクを追加。

平成20年 9月 2日 (火) 01:00 「猫と散歩と文学と」のトップページ変更

○「猫と散歩と文学と」のトップページを若干意匠替え。7月31日で「ハーボット」終了につき、ハーボット・カウンターを軽井沢のイメージ画像に変更。

平成20年 3月26日 (水) 22:44 小川先生今年は三島を

○「小川和佑先生最新情報(講座案内)」を更新。2008年度明治大学リバティアカデミー公開講座の詳細をアップ。

平成20年 1月 5日 (土) 03:03 一年ぶりに短説をアップ

○「子どもをめぐる短説」に西山正義作「竹藪のある庭で」、向山葉子の短説(3)に「忘れ物」を追加しました。前者はちょうど10年前の平成10年3月29日、我孫子市に短説館がオープンしたのを記念して開催された「こぶし祭り」に材を取ったものです。
○プロフィールページからすでにサービス終了のinfoseekプロフィールなどへのリンクを削除。
○「他家への門(リンク集−その1)」を更新。

↑2008
ページの先頭へ

2007↓

平成19年11月 6日 (火) 17:50 五か月(実質七か月)ぶりに更新

○といっても、「短説の部屋」の作品データの一部に最新情報を追加したのみ。

平成19年 5月31日 (木) 04:08 5月19日、五十嵐正人さんの『日&月』別館オープン

○「『日&月』の部屋」と「他家への門(リンク集−その1)」を更新。

平成19年 4月10日 (火) 18:00 サイト開設五周年

○「他家への門(リンク集−その1〜3)」を更新。

平成19年 3月20日 (火) 17:30 五十嵐正人さんが長編小説を上梓

○「小川ゼミ通信」を更新。
(仏文科OBの五十嵐正人さん書き下ろし長編小説『三人暮らし』の出版を祝う集いを開催します)
○「他家への門(リンク集−その2)」を更新。(「裕子ねーんね」ブログへ移行)

平成19年 2月 6日 (火) 15:00 小川先生と東京の花めぐりを

○「小川和佑先生最新情報(講座案内)」を更新。2007年度明治大学リバティ・アカデミー公開講座の予定をアップ。

平成19年 2月 1日 (木) 00:00 小川和佑先生の『三島由紀夫少年詩』

○パソコンを探っていたら、懐かしい解説文が出てきたのでアップすることにしました。「随筆の庭」を更新するのは二年五か月ぶりです。「小川和佑著『三島由紀夫少年詩』仮想文庫版解説」は、十年前、秘かに試みていた小川和佑先生の著書の文庫化に際しての解説文で、残念ながら仮想のものです。

平成19年 1月 5日 (金) 14:00 葉子ワールド短説を二つ

○向山葉子の短説(2)に「」、(3)に「J196」を追加しました。どちらも向山葉子氏の“性向”が如実に顕れていて、“彼”?としては、ちょっとキツイ作品です。

↑2007
ページの先頭へ

2006↓

平成18年11月30日 (木) 00:50 三か月半ぶりにちょこっと更新

○「短説の部屋」の作品データを修正&記事追加。(平成18年版〈年鑑特集号〉刊行により)

平成18年 8月15日 (火) 19:00 リンク集メンテナンス

○「他家への門(リンク集−その1〜3)」を更新。リンク切れチェック&メンテナンス。

平成18年 8月 1日 (火) 01:30 短説の英語訳

○西山正義の短説(3)に、「」の英語訳"Pig"を追加しました。初の英訳に挑戦したものです。
○「小川ゼミの部屋」と「小川和佑先生最新情報(講座案内)」を更新。

平成18年 7月 5日 (水) 05:25 「鉄」と「豚」

○西山正義の短説(3)に、個人的に愛着のある「」と、月刊『短説』3〜4月号の芦原修二氏の「短説逍遥」にも取り上げられた「」を追加しました。

平成18年 7月 3日 (月) 11:00 20,000アクセス

*本日午前中に20,000アクセス突破。

平成18年 5月30日 (火) 03:15 こんなことをしている場合ではないのだが……

○トップページの意匠を若干変更。(ナビゲーション・ボタンの縮小版を追加)

平成18年 5月28日 (日) 23:45 雨で運動会もソフトボールも中止(久しぶりに休養の日曜日)

○ナビゲーション・ボタンの画像貯蔵ディレクトリを変更。

平成18年 5月 5日 (金) 15:00 子供の日に「子どもをめぐる短説」を

○「子どもをめぐる短説」に、向山葉子作「さがす」と「ラジオ」をアップ。前者は息子の、後者は娘の近況を題材にしたものです。

◇プロバイダの都合で、旧「増改築の記録」で使っていた「noteブック@homepage」は五月末で消滅します。すでにこのページに移行しているわけですが、最終日まで稼働させておきます。が、追加記事書き込みは本日を持って終わりとします。四年間お世話になりました。

平成18年 4月25日 (火) 23:00 小川和佑先生の新刊『名作が描く昭和の食と時代』

○「小川和佑先生最新情報」を更新。
・「新刊案内」に、五日前に発売されたばかりの『名作が描く昭和の食と時代』を追加。
・「講座案内」に、同上新刊をテキストとした明大リバティ・アカデミー夏季集中講座の詳細をアップ。
○この「増改築の記録」(更新履歴)を「noteブック@homepage」からサイト内HTMLページへ移行。
(使用容量:5.002MB)

平成18年 4月 5日 (水) 03:00 小川和佑先生の最新情報

○「小川ゼミ通信」を更新しました。

平成18年 3月28日 (火) 19:50 さくら咲く・羽毛下通りのソメイヨシノ

○西山正義の短説(2)に、「短説と写真のコラボレーション『桜』」をアップ。作品の舞台を写真でコラージュしてみました。

平成18年 3月 3日 (金) 01:40 桃の節句

○「小川和佑先生最新情報・講座案内」をアップ。平成18年度の明治大学リバティ・アカデミー 教養・文化講座の詳細です。

平成18年 2月17日 (金) 21:08 “つばさ”ちゃん追悼

○「猫の部屋」に「“つばさ”と“ひかり”(3)」を追加。

平成18年 2月11日 (土) 02:30 フォトアルバムを公開

○nishimukohnoyamaのYahoo!フォトに貯蔵されている写真・画像を「写真室(画像倉庫)」として公開設定にしました。

平成18年2月9日 (木) 19:25 “つばさ”ちゃん永眠

■平成18年2月8日午前6時12分前後、わが家の愛猫“つばさ”ちゃんが静かに息を引き取りました。
○葬儀も終えたので、追悼に「わが家の猫/つばさ(5)」をアップ。

平成18年 2月 6日 (月) 07:30 “つばさ”ちゃん危篤

○わが家のお姫様“つばさ”ちゃんがいよいよ弱ってきてしまったので、「わが家の猫/つばさ(4)」と「“つばさ”と“ひかり”(2)」を、緊急にアップ。

平成18年 2月 5日 (日) 21:25 「笑顔」と「玉」

○西山正義の短説(3)に、月刊『短説』12月号巻頭作「笑顔」と、同じく11月号の巻頭作で、推敲に推敲を重ねた「」を追加しました。(使用容量:4.509MB) 

平成18年 2月 4日 (土) 21:03 短説の神髄は合評と推敲

○「西山正義短説作品『玉』批評と推敲の過程」を追加しました。

平成18年 1月 9日 (月) 20:45 子供のイラストを追加

○「まやよしギャラリー」の構成を変更。作品ごとにページを分割しました。
○加えて、最近の摩耶のイラストを三点追加。

↑2006
ページの先頭へ

2005↓

平成17年12月15日 (木) 23:50 トップページをリニューアル

○トップページの意匠をちょっと修正。1024×768Pixelの画面で見た時に、全コンテンツのメニュー欄がスクロールすることなしに一望できるようリニューアルしました。

平成17年12月14日 (水) 02:48 小川和佑先生の新刊『唱歌・讃美歌・軍歌の始源』

○小川和佑先生の「新刊案内」に10月31日アーツアンドクラフツ社より刊行された『唱歌・讃美歌・軍歌の始源』の紹介を追加。
○遅ればせながら、「小川和佑先生2005年公開講座(後期のみ)」を新規にアップ。
○「小川ゼミの部屋」「最新講座案内」を更新、その他修正。

平成17年12月 8日 (木) 19:15 ジョン・レノン命日(あれから四半世紀!)

○「他家への門」(リンク集−その1〜3)に、「井本節山ホームページ」「障害者ヘコハムの 『処世術』&『グルメ情報』」「83レンタル掲示板」を追加。ほかリンク切れチェック・修正。

平成17年12月 7日 (水) 21:40 向山葉子の短説を二篇/談話室(掲示板)を建て替え

○「子どもをめぐる短説」に「仙台のお姉ちゃん」、向山葉子の短説(2)に「木下くん」を追加。
○サイト開設以来3年8ヶ月使用した契約プロバイダ純正の掲示板(@nifty「メッセージボード@homepage」)を廃止し、新たに「83レンタルBBS」の掲示板を設置。

平成17年11月 5日 (土) 18:40 僕の二大ヒーロー

○西山正義の短説(3)に、今年春から初夏にかけての新作「雨と寝る桜」と「風のゼリー」を追加。

(11月6日・日)
○二年ぶりに「猫の部屋」に新規ページを追加−わが家の猫/“つばさ”と“ひかり”(1)

(11月7日・月)
○「文芸Webサーチ」移転のため、再登録。

(11月8日・火)
○外部スタイルシート(文字間隔と行間隔)を微妙に修正。
○「他家への門」(リンク集−その1〜3)の表示を修正。

平成17年11月 2日 (水) 12:20 更新記録を過去ログに

※この「増改築の記録」(更新履歴)で使っている「noteブック@homepage」が、2006年5月31日をもって消滅する。@niftyがサービスの提供を終了するというのだ。よって、「増改築の記録」を年ごとに分割し、過去ログとして保存。スタイルシートでレイアウトを整え、本編にアップしました。(このページは消滅の日まで使用)
西向の山/増改築の記録(平成14年)(平成15年)(平成16年) (使用容量:4.200MB)

平成17年 9月 6日 (火) 23:45 向山の父命日

○向山葉子の短説(3)を増設し、今年になって発表された新作「ふなたび」と、二年ほど前に書かれて未発表だった「岩屋入洞」を「子どもをめぐる短説」に追加。

平成17年 8月25日 (木) 03:40 久々の新作短説をアップ

○西山正義の短説(3)を増設し、今年発表した新作「流山」と「蓮沼海岸」を追加。
○上記に伴って、「短説の部屋」のメニュー欄のレイアウトを変更。

(8月26日・金)
○「『日&月』の部屋」の案内文を、現状に則したものに修正。同様に、
○「子供部屋」の案内に、現状を鑑みたコメントを付記。

(9月1日・木)
○「猫の集会所(ネコLINK)」を更新(閉鎖されたサイトのリンクをカット)

平成17年 6月 3日 (金) 04:54 軽井沢文学散歩の〈軽井沢編〉がひとまず完結

「軽井沢文学散歩」〔9〕(熊野皇大神社〜吾妻はや〜アリスの丘)を追加。ツアーから1年8ヶ月、ようやく〈軽井沢編〉がひとまず完結しました。

平成17年 5月 6日 (金) 13:30 短説のブログが続々登場

○「他家への門(リンク集−その1)」に短説のブログ関係のリンクを追加。

(5月7日・土)
○「他家への門(リンク集−その3)」のリンク切れチェック・URL修正。

(5月20日・金)
○短説の一部ページ、NetscapeとOperaでの表示不具合を修正。
○「今月のピックアップ短説」を更新。(「桜」→「常夜燈」)

(5月31日・火)
○「他家への門(リンク集−その1)」に「梅郷通信」を追加。
「短説の仲間」のレイアウトを若干変更(カテゴリー別に三つのパートに分ける)

平成17年 4月 8日 (金) 04:44 42歳の誕生日&サイト公開三周年

○向山葉子の短説(2)に「コクワガタ」を追加。

平成17年 4月 1日 (金) 10:40 五年ぶりの《ゼミ合宿》!

○「小川ゼミ通信」に「第16回 小川ゼミOB会合宿のお知らせ」を追加。磐梯へ:7月30日(土)〜31日(日)

平成17年 2月15日 (火) 00:15 息子の十歳の誕生日を祝して

○「子どもをめぐる短説」と「短説ブログ」に「行く末」(西山正義作)を同時アップ。

平成17年 2月 8日 (火) 22:40 詩マガジン「PO」が堀辰雄を特集

○「小川ゼミ通信」に記事を追加(「PO」115号特集「堀辰雄」に小川和佑先生が解題と五十嵐正人さんが論文を寄稿)
○「2003年版小川ゼミ通信」に「PO」109号と110号の表紙写真を追加。

平成17年 1月25日 (火) 00:33 短説二作と軽井沢「りんどう文庫」&分去れの常夜燈

○西山正義の短説(2)に「三具一柳子」、
○向山葉子の短説(2)に「慈母」、
○「軽井沢文学散歩」〔1〕に「りんどう文庫」の記事と写真を追加しました。

(1月27日・木)
○短説「常夜燈」へのコラボレーションとして、実際の常夜燈の写真をアップ。全景を写した「中山道追分宿の分去れ」は昭和61年9月、常夜燈のアップをとらえた「分去れの道標と常夜燈」は、17年後の平成15年8月の撮影。
○「表札」におまけの画像(管理人17歳の雄姿?)を追加。(使用容量:4.041MB)

平成17年 1月10日 (月) 16:25 「短説[tansetsu]ブログ」開始

(1月9日・日)
◇@niftyの「ココログ」に登録。「WEB版『短説』編集長がお届けする、四百字詰原稿用紙二枚の世界=短説」と題して「短説[tansetsu]ブログ」を始めました。

(1月21日・金)
○「小川ゼミの部屋」の「小川和佑先生紹介」欄に、『詩歌人名事典』(新訂第2版)2002年7月〈編集・発行/日外アソシエーツ〉の記述を追加。

(1月24日・月)
○「短説の部屋」の意匠をほんのちょっと修正。

平成17年 1月 8日 (土) 22:33 夜重いのはniftyのせいです

「軽井沢文学散歩」〔8〕(碓氷峠見晴台〜万葉歌碑〜御風歌碑)を追加。

平成17年 1月 6日 (木) 20:50 昨年末、思潮社からよもやの新書「詩の森文庫」が創刊

○本日未明、「軽井沢文学散歩」〔7〕(万平ホテル〜旧三笠〜有島武郎/ジョン・レノンのことなど)を追加。

平成17年 1月 1日 (土) 02:45 謹賀新年

あけましておめでとうございます。本年も、どうぞ当サイトを宜しくお願い申し上げます。

(1月4日・火)
○「他家への門(リンク集−その2)」に、小川ゼミの友人・柳澤徹氏制作の「とおる美術館」と、「青空文庫」を追加。

(1月5日・水)
○「軽井沢文学散歩」〔4〕の「ショーハウス」の解説を補筆。

↑2005
ページの先頭へ

|増改築の記録|平成14年平成15年平成16年平成17年〜最新版新規ページ一覧

表札 短説の部屋 小説の部屋

西向の山/HOME Copyright © 2005-2017 Nishiyama Masayoshi. All rights reserved. (2005.1.1-2017.6.20)