文藝サイト「西向の山」 HOME猫の部屋>つばさ(1)>(2)(3(4)(5)
西向の山に棲む猫ども

つばさ ♀(〜2000.8〜2006.2.8) Part 1


つばさ2000.8.20

 2000年8月頃、突然わが家の玄関先にあらわれる。明らかに飼い猫で、放浪の果てにうちに辿り着いたという様子でもないので、猫屋敷として知られるわが家を当てにして、意図的に捨てられたのだろう。
 命名は、当時五歳の息子。その辺の事情は、娘が書いた「短説」に詳しい。


つばさ2001.4.19

「むッ! 不細工に撮れた写真載せないでよッ」

うちに来る前は、おそらく室内オンリーで飼われていたのだろう。
最初の一年は、一歩も外へ出ようとせず。
避妊手術もされているようで、臆病でおとなしい。


つばさ2001.3.14

猫は寝るのが仕事だが、それにしてもよく寝る。
人間と一緒に蒲団の中で寝るのが好き。
人がごろっと横になると、すかさずその上に乗ってくる。
かなりものぐさな猫である。


戻る     猫の部屋     次へ

玄関表札増改築短説の部屋小説の部屋小川ゼミ日&月随筆散歩子供
西向の山/HOME Copyright © 2002 Nishi_Mukou_no_Yama. All rights reserved. (2002.10.10-2006.2.9)