文藝サイト「西向の山」 HOME猫の部屋>歴代の猫(1)
西向の山に棲む猫ども

タマと最初の子供&ポチ

昭和52(1977)年・春

タマ1977.4

「タマ」−♀、1975年頃の生まれ、1976-1982。

 それ以前、1968、9年頃から、「ピーチ」と「シロ」という猫(ともに♂)が長らくうちにいたが、76年前後に相次いで失踪、行方不明に。当時は去勢や避妊手術をしていなかったので、野性の本能?が多分に残っているのか、どの猫も死期が近づくと、死に場所を求めて家を出ていった。
 それと入れ代わるように来たのがこのタマ。わが家で最期を(事故以外で)看取った最初の猫になる。賢い猫だった。


タマとマル親子

タマの最初の子供「マル」(初代*)♂

生まれつき左前足の指(爪)が1本足らなかった。
生後半年ほどで行方不明に。

*管理人の父が学生時代から飼っていた猫は代々「マル」という名であったが、それらは除いて。


タマの子・マル

「うッ!、ペッペッ」  水面との距離がつかめませんでした。


   タマとマルとポチ     ポチに威嚇するタマ

タマとマルとポチ

 「ポチ」(二代目)−♀、1969年頃の生まれ、1970-1981。
 この頃は犬もいた。「シロ」、初代「ポチ」に続く三代目。
 管理人が小学一年生の時、小学校の校庭の門に繋がれていた。そこが通り道の幼稚園に通っていた妹(と母)が、行きも帰りもいたので、捨て犬と判断、うちで飼うことに。
 のちに、家の前の道で交通事故に遇い、尻尾を切断。以後、放し飼いにしていても、庭から一歩も出なくなる。
 ここではタマに怒られているが、猫とも仲良しで、特に「ピーチ」などは、犬小屋で一緒に寝たりしていた。

戻る     猫の部屋     次へ

玄関表札増改築短説の部屋小説の部屋小川ゼミ日&月随筆散歩子供
短説と小説「西向の山」/HOME Copyright © 2002 Nishi_Mukou_no_Yama. All rights reserved. (2002.10.10-2003.2.10)