文藝サイト「西向の山」 ホーム文学散歩>軽井沢文学散歩<小川ゼミの部屋

小川和佑先生と歩く軽井沢  〔3〕  〈軽井沢編〉    〈信濃追分編〉

〔1〕序〜新軽〜矢ヶ崎大橋〜りんどう文庫 〔2〕ささやきの小径〜旧サナトリウム 〔3〕旧軽銀座〜観光会館〜神宮寺の桜
〔4〕近藤長屋〜つるや旅館〜ショー礼拝堂 〔5〕二手橋〜犀星文学碑〜白鳥文学碑 〔6〕水車の道〜片山別荘〜聖パウロ教会
〔7〕テニスコート〜万平ホテル〜三笠ホテル 〔8〕碓氷峠見晴台〜万葉歌碑〜御風歌碑 〔9〕熊野皇大神社〜吾妻はや〜アリスの丘

旧軽ロータリー〜旧軽銀座

 高原の木立を抜け、旧軽ロータリーの手前へ合流。そして旧軽銀座へ。もうシーズンオフの平日だというのにもかかわらず、けっこうな賑わいでした。もっとも、モカソフトに行列はできていませんでしたが。
 今年の夏、お盆休みのトップシーズンに家族で来た時は、こういうところが大好きな小学六年の娘に付き合わせられて、旧軽銀座を行ったり来たり。小学三年の息子も、昨年夏に立ち寄った時、同行の知人におもちゃを買ってもらった店を覚えていて、結局今年も買わされました。

現在の軽井沢観光会館   旧・軽井沢郵便局(昭和61年当時の観光会館)

・左は平成8年に新築オープンした現在の観光会館 ・右は17年前(1986年当時)の旧観光会館

軽井沢観光会館(旧郵便局)

 旧館は明治44年(1911)建築の旧・軽井沢郵便局舎をそのまま利用。この建物を惜しむ多数の声により、「明治四十四年館」として塩沢湖畔「軽井沢タリアセン」の園内に移築保存されています。
 旧郵便局というと、私は三島由紀夫の『仮面の告白』や『夜の仕度』を思い出します。
 手前に見える「ブランジェ浅野屋」のファサードテントのデザインは今も変わっていません。ここのパンは、軽井沢の水と天然酵母を使って石窯で焼き上げられています。パン好きの先生は、帰途、一行から離れ、おもむろに店の中へ消えましたとさ。


神宮寺の枝垂れ桜

 表白山釈迦院神宮寺は、旧軽銀座のほぼ真ん中に位置する真言宗の寺。境内には、樹齢400年だという枝垂れ桜の巨木があります。ただしこれは、旧軽銀座から横道に入った側の桜であり、『美しい村』の“彼女”が絵を描きに来た桜の根元ではありません。

神宮寺の枝垂れ桜樹齢四百年の枝垂れ桜

 私はそんな二軒の花屋の物語を彼女に聞かせながら、その私の好きな横町へ、彼女の注意を向けさせた。
 水車の道の上へ大きな枝を擴げてゐる、一本の古い櫻の木の根元から、その道から一段低くなつてゐる花畑の向ふに、店の名前を羅馬字で眞白にくり抜いた、空色の看板が、さまざまな紅だの黄だのの花とすれすれの高さに、しかしそれだけくつきりと浮いて見えてゐる。――そんな角度から見た一軒の花屋の屋根とその花畑を、彼女は或る日から五十號のカンバスに描き出した……。
     ――堀辰雄『美しい村』「夏」――

 むかしは花畑であったという、この一段低くなっている場所は、現在では「神宮寺駐車場」になっていて、この桜がある前あたりには、なんと、簡易トイレなんぞが設置されています。
 実を言うと、当日何も考えずそこを利用させてもらったのですが、今回このページを作るに当たって、久しぶりに『美しい村』と和佑先生の『堀辰雄 その愛と死』を読み返して、あっ、と気づいたのでした。


Prev/軽井沢文学散歩〔2〕 文学散歩 軽井沢文学散歩/Top Next/軽井沢文学散歩〔4〕

西向の山/HOME Copyright © 2003-2004 Nishiyama Masayoshi. All rights reserved. (2003.12.17-2004.12.30)