文藝サイト「西向の山」 ホーム文学散歩>軽井沢文学散歩<小川ゼミの部屋

小川和佑先生と歩く軽井沢  〔7〕  〈軽井沢編〉    〈信濃追分編〉

〔1〕序〜新軽〜矢ヶ崎大橋〜りんどう文庫 〔2〕ささやきの小径〜旧サナトリウム 〔3〕旧軽銀座〜観光会館〜神宮寺の桜
〔4〕近藤長屋〜つるや旅館〜ショー礼拝堂 〔5〕二手橋〜犀星文学碑〜白鳥文学碑 〔6〕水車の道〜片山別荘〜聖パウロ教会
〔7〕テニスコート〜万平ホテル〜三笠ホテル 〔8〕碓氷峠見晴台〜万葉歌碑〜御風歌碑 〔9〕熊野皇大神社〜吾妻はや〜アリスの丘

 小川和佑先生の屋外講義も佳境。さて、お昼です。ランチをどこで摂るか。いずれにしろ、25名の大所帯では一緒というわけにはいきません。教会通りから、再び観光会館前へ。
 午後は自由行動の予定でしたが、皆で一緒に碓氷峠の見晴台に行くことに決定。バスの時間を確認し、いくつかのグループに分かれ食事。先生と公開講座事務局のN嬢、われわれOB連は、観光会館横からテニスコート通りへ。
 どこだか不明ですが、最も軽井沢の高原らしい小径の写真を一枚。昭和61年9月、小川ゼミの最初の軽井沢合宿で撮った写真。

軽井沢の小径/昭和61年9月撮影

軽井沢会テニスコート

 残念ながら、写真を撮りそこねました。かの有名な、今上天皇・皇后両陛下のロマンスの場であらせられます。(因みに、「西向の山」夫婦の結婚式は、両陛下〈当時は両殿下〉のご成婚の儀が挙行された日に合わせました。即ち、29年後の4月10日。思えば昭和最後の春でした)
 ここのコートは、昔からクレイコートだそうです。クレイコートとは、CLAY(土・粘土)の表層に砂を撒いたコートで、管理が大変な分、足への負担が少なく、自然なスライドができ、ボールのバウンドも素直とのこと。夏や冬に行くと分かりますが、夏場は土埃が、冬は霜柱が立ちやすいコートです。
 さすがに窓はアルミサッシュに取り替えられていますが、クラブハウスもほぼ昔のまま。さらに、軽井沢会の集会所は、築100年近く経っていますが、現在でも軽井沢会テニス倶楽部によって、大切に管理・維持されています。

ユニオンチャーチ/諏訪神社

 ロイヤル・ロマンのテニスコートの向かい側には、ユニオンチャーチと諏訪神社があります。狭い範囲内に、教会、神社、仏閣が並んでいるのも軽井沢(いや日本)ならではですね。(これも今度写真撮ってきます)

万平ホテル万平ホテル/昭和61年9月撮影

 いつもダンディな小川先生とランチするなら、やはりここでしょう。10月の半ばでも、さすがに混んでいました。 

 公式サイトの「ホテルの歴史」によると、明和元年(1764)、旅籠「亀屋」として創業。明治27年(1894)、欧米風の外国人専用ホテルに改装し、「亀屋ホテル」と改める。二年後、MAMPEI HOTEL(萬平ホテル)に改称。ホテルとなってからでも、今年(2005)で創業111年になり、いろいろ記念のイベントがあるようです。

ジョン・レノンと軽井沢

 この万平ホテルに宿泊した著名人は枚挙に暇がありません。
 1970年というから、ビートルズ解散直後から、かのジョン・レノンがお忍びで毎年のように泊まっています。もちろん、元はといえば安田財閥のお嬢様であるヨーコ・オノの導きでしょう。
 しかし71年の夏は来たかどうか。この夏は、本国イギリスのアスコット、ティッテンハースト・パーク内に建つ白亜の豪邸である自宅兼スタジオで、例の名作『IMAGINE』をレコーディングしていましたから。ただし、二人の待望の赤ちゃん・ショーンが生まれた前後の75、76年以降は、確かに毎年のように滞在していたようです。

 私事ですが、1976年の夏、中学一年生の私は、ジョン・レノンに一目会いたいがために、軽井沢行きを計画しました。結局、実現しませんでしたが……。
 お忍びのところ普通では接触できないと考え、ドイツ・ホーナー社のブルース・ハープをポケットに入れ、ジョンが通りそうな所に待ち伏せる。そしていよいよ来たら、知らぬ振りをして、『LOVE ME DO』を吹いているという計画……。
(いやはや何とも。しかし同じようなことはみんな考えたんだろうな。1980年には、これをニューヨークのダコタ・ハウスの前でやるという計画に変更しましたが、これも実現されぬまま、あんなことに……)

 元々避暑地としての軽井沢は、ヨーロッパ(特に北方系)やカナダ系の外国人を中心に発展してきたわけですが、今や軽井沢に関わった最も一般に有名な外国人は、ジョン・レノンといえそうです。
『IMAGINE』のメイキング・フィルム『GIMME SOME TRUTH』の映像を見る限り、イギリスのアスコットは軽井沢に似た感じがあります。ジョンはアイルランド系であり、英国はロイヤルの国です。(ジョンがビートルズ時代に痛烈な皮肉を浴びせたのは、英国王室に対してではなく、それを取り巻くブルジュアに対してでした。しかしジョンの「革命」思想は、本質的にマルキシズム革命とは異なります)
 そんな共通点もあり、ジョンは軽井沢を愛したのでしょう。何より、外国人を珍しがらない風土が良かったのでしょう。


 話が逸れました。というのも、このページ(エリア)にはアップすべき写真が、今のところ手元に一枚しかないのです。それでは淋しいので、ちょっとコースは外れますが、以下を――。 


旧三笠ホテル

 旧軽ロータリーから白糸ノ滝方面へ通ずる、三笠通りは、草軽電車の軌道跡で、カラマツの並木が一直線に続きます。(ここも写真撮りたいですね)

旧三笠ホテル 軽井沢の鹿鳴館とも称される旧三笠ホテルは、昭和55年(1980)、国の重要文化財に指定されました。
 間違ったことを書いてもいけないので、以下の解説は、拝観時にもらえる館の栞から、抜粋・編集させていただきます。

 三笠ホテルは、日本郵船や明治製菓の重役を務めた実業家・山本直良が創業。明治37年(1904)着工。翌年竣工。アメリカで設計を学んだ岡田時太郎の設計で、すべて日本人によってつくられました。ホテルの営業は明治39年5月に開始。電灯によるシャンデリア照明、英国製タイルを張った水洗便所、英国製のカーペットの採用など、当時の最先端・最高級の設備が整えられています。国の重要文化財に指定されたのは、日本人の手による純西洋式木造ホテルという点が高く評価されたもので……。

 公開講座文学ツアーの二ヶ月前、家族で来たときは雨の中の訪問になってしまいました。暑い盛りの筈のお盆休み中でしたが、寒くて寒くて……。 

有島武郎終焉の地

有島武郎終焉の地/昭和61年9月撮影 大正12年7月8日、有島武郎が中央公論社の才媛で美貌の誉れ高い記者・波多野秋子と情死していたのが発見されたと報道され、文壇のみならず世間を驚かせました。有島は妻に先立たれ独身でしたが、秋子は人妻でした。
 旧三笠ホテル近くの脇道から、愛宕山の山腹を少し登っていくと、「有島武郎終焉地」の碑があります。ここに、その心中の舞台となった有島武郎の別荘「浄月庵」があったわけです。
 最初は失踪事件だと思われたが、二人は6月8日の夕刻に新橋を立ち、上野から信越線で軽井沢入り。着いたのはすでに夜半で、その数時間後の未明には縊死していた。発見されるまでにほぼ一ト月が経っていた。有島武郎は満45歳、秋子は29歳であった。
 左側に見えているのは、有島武郎がスイス滞在中に知り合ったシャフハウゼンのホテルの娘ティルダ・ヘックに宛てた英文で書かれた手紙の一説を刻んだ「チルダへの友情」の碑です。

 もう一基その傍らに、東北大学で同僚であったドイツ文学者吹田順介の「混沌の沸乱―有島武郎の霊に捧げる―」からの一聯が刻まれた碑があります。

 

大きなる可能性
エラン・ヴィタル
社会の心臓
さういふ君は
 死んじやつた!
運命の奴め
凄い事を
しやがつたな!

 

Prev/軽井沢文学散歩〔6〕 文学散歩 軽井沢文学散歩/Top Next/軽井沢文学散歩〔8〕

西向の山/HOME Copyright © 2005-2017 Nishiyama Masayoshi. All rights reserved. (2005.1.6-2017.11.12)