文藝サイト「西向の山」 ホーム文学散歩>軽井沢文学散歩<小川ゼミの部屋

小川和佑先生と歩く軽井沢  〔5〕  〈軽井沢編〉    〈信濃追分編〉

〔1〕序〜新軽〜矢ヶ崎大橋〜りんどう文庫 〔2〕ささやきの小径〜旧サナトリウム 〔3〕旧軽銀座〜観光会館〜神宮寺の桜
〔4〕近藤長屋〜つるや旅館〜ショー礼拝堂 〔5〕二手橋〜犀星文学碑〜白鳥文学碑 〔6〕水車の道〜片山別荘〜聖パウロ教会
〔7〕テニスコート〜万平ホテル〜三笠ホテル 〔8〕碓氷峠見晴台〜万葉歌碑〜御風歌碑 〔9〕熊野皇大神社〜吾妻はや〜アリスの丘

二手橋

二手橋 近藤長屋(前述の如き今はありません)とつるや旅館を抜け、芭蕉句碑を右手に、ショー師の記念碑を左手に見ながら先へ行くと、二手橋に出ます。ここから旧碓氷峠。旅人と村人はここで二手に別れることになります。

碓氷峠の碑

 橋を渡ると、「上信越高原国立公園 碓氷峠」の碑が。これは浅間山の溶岩石でしょうか?

室生犀星文学碑

 碓氷峠の碑の左手に、矢ヶ崎川に沿った脇道があります。川っ淵に降りていくと、室生犀星の文学碑と可愛らしいオブジェ(仏像?)が。早くから軽井沢を愛した文人の代表格である犀星。彼を慕って、萩原朔太郎が、芥川龍之介が、そして堀辰雄が来ることになります。

室生犀星文学碑

我は張りつめたる氷を愛す
斯る切なき思ひを愛す
我はそれらの輝けるを見たり
斯る花にあらざる花を愛す
我は氷の奥にあるものに同感す
我はつねに狭小なる人生に住めり
その人生の荒涼の中に呻吟せり
さればこそ張りつめたる氷を愛す
斯る切なき思ひを愛す

昭和三十五年十月十八日  室生犀星之建

詩集『鶴』巻頭詩「切なき思ひぞ知る」

↑↓写真をクリックすると拡大画像が見られます。

犀星文学碑の夫婦(?)像

 犀星みずから建てた文学碑。ここを訪れる人のために、土手を利用した四阿まで造り、道の突端には可愛らしい仏像のようなものが二体並んでいます。思わず微笑ませてくれます。

 ここまでは多くの人が訪れますが、その先へは軽井沢ユースホステルに用がある人以外ほとんど行きません。ユースのさらに奥。山道を登って行くと……。

正宗白鳥文学碑

 小川ゼミの合宿でも来ませんでした。山の中腹に隠れるように、非常に美しい文学碑があります。やはり軽井沢を愛し、長年居住した作家・正宗白鳥。
 写真がないのが残念ですが、スウェーデン産だという黒御影石の十字型の碑面。設計は谷口吉郎氏。石の下には、白鳥が愛用していた万年筆が納められているそうです。

花さうび 花のいのちは いく年ぞ
時過ぎてたづぬれば 花はなく
あるはたゞ いばらのみ

*今度機会があったら写真を撮ってきます。


Prev/軽井沢文学散歩〔4〕 文学散歩 軽井沢文学散歩/Top Next/軽井沢文学散歩〔6〕

西向の山/HOME Copyright © 2004 Nishiyama Masayoshi. All rights reserved. (2004.12.29)