文藝サイト「西向の山」 ホーム文学散歩>軽井沢文学散歩<小川ゼミの部屋

小川和佑先生と歩く軽井沢  〔9〕  〈軽井沢編〉    〈信濃追分編〉

〔1〕序〜新軽〜矢ヶ崎大橋〜りんどう文庫 〔2〕ささやきの小径〜旧サナトリウム 〔3〕旧軽銀座〜観光会館〜神宮寺の桜
〔4〕近藤長屋〜つるや旅館〜ショー礼拝堂 〔5〕二手橋〜犀星文学碑〜白鳥文学碑 〔6〕水車の道〜片山別荘〜聖パウロ教会
〔7〕テニスコート〜万平ホテル〜三笠ホテル 〔8〕碓氷峠見晴台〜万葉歌碑〜御風歌碑 〔9〕熊野皇大神社〜吾妻はや〜アリスの丘

熊野皇大神社(熊野神社)

 中山道の難所、旧碓氷峠は標高約1200メートル。その頂上に位置するのが熊野皇大神社。参道はご覧の通りで、峠のまさに頂上におわします。左は昭和61年当時。こうして見較べると、ずいぶん修復されていますね。

熊野神社の参道(昭和61年9月)  熊野神社の参道(平成15年10月)


熊野皇大神社の山門 その歴史はたいへん古く、「古事記」「日本書紀」の伝承にまで遡ります。日本武尊が東征し、その凱旋の際、碓氷の坂で、神武天皇の「即位建都の大詔」を偲び、この社を勧請されたといいます。  

 群馬と長野の県境に跨がって鎮座するという珍しい神社で、本宮・新宮・那智宮の熊野三山が祀られています。
 両県でなぜか名称が異なります。群馬県側では「熊野神社」と呼ばれ、長野県側では「熊野皇大神社」と称されています。住所は、
・群馬県碓氷郡松井田町峠1
・長野県北佐久郡軽井沢町大字峠町碓氷峠1

熊野皇大神社本殿

・本殿中央の県境に跨がって鎮座ましますのが「本宮」(祭神:伊邪那美命・日本武尊)
・上野国・群馬県側(向かって右)に鎮座されるのが「新宮」(祭神:速玉男命〈ハヤタマオノミコト〉)
・信濃国・長野県側に鎮座されるのは「那智宮」(祭神:事解男命〈コトサカノオノミコト〉)

 上記写真の左手少し入った所に、樹齢800年ともいわれるシナノキがあります。説明書きがなくても、一目立派な巨樹で、注連縄が張ってありますので、すぐに御神木だと知れます。
 このシナノキは、比較的高地で見かける広葉樹で、一説には、長野県に多くあるので、「信濃」の語源になったとも言われています。(参照:「熊野皇大神社のシナノキ」)

熊野神社の神楽殿 おもな祭礼は、1月6日の御田遊神事、5月15日の春季例大祭と10月15日の秋季例大祭には、お神楽「碓氷太々神楽七座」が奏上されます。
 また、日本最古といわれる「安政の遠足(とおあし)」が今も毎年5月に行われているそうです。

 ヤマトタケル伝説と中山道の要所に位置したため、古来から皇族はじめ、武家から町民にいたるまで一般の崇敬厚く、追分節にも「碓氷峠の権現様」と歌われています。

 その追分節に、
「碓氷峠の あの風車 たれを待つやら くるくるまわる」
 という一節があります。参道の急な階段を登り切った所にある、苔むした「石の風車」がそれです。
 それから、ここの狛犬は、長野県で最も古いのではないかといわれています。おまえは何物?と言いたくなるような代物ですが、なんとも愛らしいです。(今度写真撮ってきます)

日本武尊の「吾妻はや」

日本武尊の「吾妻はや」の地 ヤマトタケルの命(倭建命・日本武尊)は東征の途上、草薙の剣で焼遺(やきつ)の難を逃れたあと、さらに東国へと走水の海(浦賀水道)を渡った。すると今度は海峡の神が荒波を起こした。そこで、后のオトタチバナヒメの命(弟橘比売命)が我が身を呈して海に入り、荒ぶる神を鎮めた。
 東征の帰途、ある坂(峠)の頂きから遠くの海を眺め、ヤマトタケルの命は、愛妃・オトタチバナヒメの命を偲び、三度もため息をつき、
「あづまはや(ああ、我が妻よ!)」と、嘆いたという。

 その場所は、「古事記」では足柄の坂、「日本書紀」では、この碓氷の坂になっています。たしかにここからは東国(あづまの国)が一望できます。しかし、さすがに海は見えません。連想的には、そう嘆いたのは足柄峠の方がふさわしいようにも思えますが、「日本書紀」の方が東征のルートが長く、ようやくここに辿り着き、地平線の遥か向こうの海を思い、亡き妻を偲んだとしても不思議はありません。


〔ひとまず完結〕 ふーう、やっとここまで辿り着きました。平成15年10月17日、小川和佑先生の明大リバティ・アカデミー公開講座で行なわれた「軽井沢文学ツアー」。
 一行は、最後に熊野神社を参拝し、峠の茶屋前のバス停から、再び軽井沢観光会館前へ戻りました。旧軽井沢から新軽井沢へ、電車の時間を気にしつつ、それでも買い物したりしながら。結局、信濃追分には泊まらずに、みな帰京。
 午前10時から午後4時半頃まで。現地にいたのは、わずか6時間あまり。その模様をホームページにアップするのに、1年半以上かかってしまいました。

忘れんぼのバナナケーキ

 私は車で来ていたので、駅でみなを見送った後、パーキングに戻り、そして、家人との約束を果たすべく、ある場所へ。
 国道18号バイパスに出て、追分方面へ。本当はすぐの所で反対車線にUターンするのですが、かなり行き過ぎてしまい、どうせならと、追分まで行き、夏に来た時に取り損なった写真が撮れたので収穫でしたが、焦りました。目的の店には、なんとか閉店間際に滑り込むことができました。
 その店とは「アリスの丘ティールーム」。作家・森村桂さんと旦那さんのM・一郎氏が経営する手作りケーキとジャムのお店。妻と娘に、一人だけ軽井沢で楽しんでくるのだから、必ず「忘れんぼのバナナケーキ」を買ってくることと念を押されていました。
 本当に閉店間際で、別荘の建築の打ち合わせをしているらしいお客がいるだけで、私が最後の客でした。そんな時間に一人で焦りながら店に入ってきた、40過ぎ(いえ、この時はジャスト40でした)の男の客。何と思われたでしょう。お土産用が残っているかどうか心配でしたが、最後の一つがありました。最近はあまり店に出られていないとも伺っていた、森村桂さん自らケーキを切ってくれました。それがお目にかかれる最後になろうとは。
 それから1年しない翌平成16年の9月27日、森村桂さんが自ら命を絶ったというニュースには驚きました。「天国にいちばん近い島」どころか、「天国」そのものに逝ってしまいました。
 このティールームには、小川和佑先生のゼミとも関わるいくつかの思い出がありますが、それはまたの機会に。「アリスの丘」は、その遺志を継いで、その後も変わらず営業されています。  

〔さて〕 目論見としては、この「軽井沢文学散歩アルバム」は、今回の公開講座での旅に留まらず、むしろ軽井沢より思い入れのある〈信濃追分編〉へと続くべくところなのですが、いつ着手できることやら。中軽、北軽、塩沢湖周辺も見所はたくさんあります。旧軽方面も、もちろんこれだけではありません。今後も増補したいと思っています。しかし、ひとまずは完結ということで。

 最後に、信濃追分編の予告として、今から19年前、小川ゼミの合宿の下見に行った時のことを書いた短説「常夜燈」を読んでいただければ幸いです。作品へのコラボレーションとして、「分去れ」と「常夜燈」の写真も今年1月にアップしました。(平成17年6月3日・西山正義)


Prev/軽井沢文学散歩〔8〕 文学散歩 軽井沢文学散歩/Top 小川ゼミの部屋

西向の山/HOME Copyright © 2005 Nishiyama Masayoshi. All rights reserved. (2005.6.3)