文藝サイト「西向の山」 ホーム文学散歩>軽井沢文学散歩<小川ゼミの部屋

小川和佑先生と歩く軽井沢  〔6〕  〈軽井沢編〉    〈信濃追分編〉

〔1〕序〜新軽〜矢ヶ崎大橋〜りんどう文庫 〔2〕ささやきの小径〜旧サナトリウム 〔3〕旧軽銀座〜観光会館〜神宮寺の桜
〔4〕近藤長屋〜つるや旅館〜ショー礼拝堂 〔5〕二手橋〜犀星文学碑〜白鳥文学碑 〔6〕水車の道〜片山別荘〜聖パウロ教会
〔7〕テニスコート〜万平ホテル〜三笠ホテル 〔8〕碓氷峠見晴台〜万葉歌碑〜御風歌碑 〔9〕熊野皇大神社〜吾妻はや〜アリスの丘

水車の道

作兵衛水車跡 犀星文学碑から一旦旧軽方面へ引き返し、つるやの手前を右折します。旧軽銀座を迂回する形でほぼ平行に走るその小径は、”Water Wheel Road”(水車の道)と呼ばれています。
 しかし今は水車はありません。今どころか、少なくとも20年以前からありません。昭和の初め頃までは水車は廻っていたとのことですが、戦後はすでになくなっていたのかもしれなせん。

 写真の真ん中やや右側、藪に隠れ暗くなった辺りから一段低くなっていて、そこで廻っていたそうです。こんな所まで案内してくれるのも小川和佑先生ならではです。

…… この水車はつるやがまだ升形の茶屋だった時代の名物の「しっぽくそば」や「うどん」の粉を挽く水車だった。つるやの当主は代々「仲右衛門」を世襲し、隠居すると「作兵衛」を名乗って水車小屋を隠居所にした。水車は「作兵衛水車」と呼ばれていたが、大正の中頃からはそういう呼び名も忘れられていった。  ――小川和佑著『堀辰雄 その愛と死』より――

片山広子別荘

片山広子別荘/昭和61年9月撮影 この水車跡近くに、芥川龍之介の秘めたる恋の相手、かの「越し人」と目される歌人・片山広子の別荘があります。
 彼女は、外交官の娘として生まれ、のちに日本銀行の理事となる片山貞次郎に嫁すという、生粋の上流階級に育った女性。女流文芸誌『火の鳥』を主宰したりと、豊かな学殖と教養に加えて、美貌と気品を兼ね備えた貴人でした。
 馬込文士村の住人でもありました。アイルランド文学の翻訳家、エッセイスト・村松みね子としての名の方が通りがいいかもしれません。
 ここから聖パウロ教会方面とは逆に行くと、西洋人たちが”Organ Rocks”と呼んだ天狗岩が見える愛宕山への散歩道になります。堀辰雄がよく通ったコースです。

聖パウロ教会

 さて、かの有名な聖パウロ教会。昭和10年、イギリス人牧師ウォワードが設立したカトリックの教会。正式には聖パウロカトリック教会。
 設計はアメリカ建築界の巨匠アントニン・レイモンドが担当。のちにアメリカ建築学会賞を受賞したそうです。建物自体の竣工は昭和9年のようです。

1986年の聖パウロ教会残念! 「木の十字架」がよく写っていません。

 左の写真、手前左から二人目。紫っぽい服を着て振り向いているのが、23歳の若き日の私です。(とすると、この写真は誰が撮ったんだ?)

2004年の聖パウロ教会/十字架がきれいに撮れました。向かって左側面から/銅板の屋根

 外観は、チェコスロバキアの伝統的な教会を模しながらも、随所にレイモンドの創意が施されているとのことです。特徴的なのは、丸太露出の梁と丸太の椅子、そして銅板の屋根。
 見所がたくさんある軽井沢の中でも随一の名所といっていいですが、本来教会ですから、物見遊山での見物は慎みたいところです。

小川和佑先生の野外講義外壁のランプ

 この教会を堀辰雄はどのように描いたかを解説する小川和佑先生。昼食の時間も忘れ歩き回り、やっとここまで辿り着きました。平成15年10月17日、明大リバティ・アカデミー公開講座、秋のフィールドワークの一コマ。

簡素な木造の、何処か瑞西の寒村にでもありさうな、朴訥な美しさに富んだ、何ともいえず好い感じのする建物である。(中略)――町の裏側の、水車のある道に沿ふて、その聖パウロ教会は立つてゐる。小さな落葉松林を背負ひながら、夕日なんぞに赫いてゐる木の十字架が、町の方からその水車の道へはいりかけると、すぐ、五六軒の、ごみごみした、薄汚ない民家の間から見えてくるのも、いかにも村の教会らしく、その感じもいいのである。
    ――堀辰雄『木の十字架』――

 この作品に憧れて、一体どれくらいの人がここを訪れたことでしょう。全文読んでみたい方はこちらへ。→堀辰雄『木の十字架』(青空文庫)


Prev/軽井沢文学散歩〔5〕 文学散歩 軽井沢文学散歩/Top Next/軽井沢文学散歩〔7〕

西向の山/HOME Copyright © 2004 Nishiyama Masayoshi. All rights reserved. (2004.12.29-12.30)